アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】エーベンホルツ(Ebenholz 黑键)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス術師/秘術師レアリティ★★★★★★
性別身長173cm
精通音楽、オリジニウムアーツ出身リターニア
戦闘経験歴無し種族キャプリニー
誕生日6月5日所属機関リターニア
イラストレーター竜崎いちCV逢坂亮太
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、感染者に認定。
客観的経歴
リターニア市民、ヴィシェハイム事件で鉱石病に感染し、ハイビスカスの紹介を経てロドスにて治療、オリジニウムアーツの面では非凡な素質を示した。テストを経た後、外勤オペレーターとしてロドスに加入した。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度3.0s
初期コスト23最大強化時コスト25
再配置時間70s  
特性
敵に術ダメージを与える
攻撃の対象がいない場合はエネルギーをチャージして(最大3回)
次の攻撃時に一斉発射する

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期7326115110
初期最大10468738710
昇進1最大1359113412015
昇進2最大1678140013520
信頼度最大 +150  

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+52素質2強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
デュナーミク昇進1チャージした攻撃エネルギーのダメージが120%まで上昇、エリートやボスを攻撃する時のみ攻撃エネルギーを追加で1つチャージ出来る。

昇進2

 

チャージした攻撃エネルギーのダメージが135%まで上昇、エリートやボスを攻撃する時のみ攻撃エネルギーを追加で1つチャージ出来る。
フレムデトーン昇進2攻撃目標の周囲に他の敵がいないのであれば、攻撃に攻撃力の15%の術ダメージを追加する。

スキル効果

スキル1

アッチェレランドプレスト自動回復
手動発動
SLv初期SP必要SP持続効果
15255攻撃範囲変化、攻撃間隔が大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の30%の術ダメージを与える
224攻撃範囲変化、攻撃間隔が大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の31%の術ダメージを与える
323攻撃範囲変化、攻撃間隔が大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の32%の術ダメージを与える
422攻撃範囲変化、攻撃間隔が大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の35%の術ダメージを与える
521攻撃範囲変化、攻撃間隔が大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の36%の術ダメージを与える
620攻撃範囲変化、攻撃間隔が大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の37%の術ダメージを与える
719攻撃範囲変化、攻撃間隔が大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の40%の術ダメージを与える
特化118攻撃範囲変化、攻撃間隔が超大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の43%の術ダメージを与える
特化217攻撃範囲変化、攻撃間隔が超大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の46%の術ダメージを与える
特化315攻撃範囲変化、攻撃間隔が超大幅に短縮、通常攻撃時、敵に攻撃力の50%の術ダメージを与える

スキル2

荒廃の反響自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1016全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に140%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
2全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に150%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
3全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に160%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
415全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に170%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
5全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に180%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
6全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に190%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
714全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に200%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
特化1全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に215%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
特化213全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に230%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。
特化3全ての攻撃エネルギーを消費し、攻撃範囲内の配置可能マスに消費エネルギー数+1の「旧日の残影(30秒継続)」を召喚、旧日の残像は敵接近時に活性化し、周囲の敵に245%の術ダメージを与え、敵を自身の中心に普通の力で引き寄る。

スキル3

靜寂の音自動回復
手動発動
攻撃範囲
SLv初期SP必要SP持続効果
152530

攻撃速度+40、攻撃力+35%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが115%上昇する。
手動でスキルを停止可能

2攻撃速度+50、攻撃力+38%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが118%上昇する。
手動でスキルを停止可能
3624攻撃速度+50、攻撃力+40%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが120%上昇する。
手動でスキルを停止可能
4攻撃速度+50、攻撃力+43%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが123%上昇する。
手動でスキルを停止可能
5723攻撃速度+60、攻撃力+45%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが125%上昇する。
手動でスキルを停止可能
6攻撃速度+60、攻撃力+48%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが128%上昇する。
手動でスキルを停止可能
7822攻撃速度+60、攻撃力+50%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが130%上昇する。
手動でスキルを停止可能
特化19攻撃速度+70、攻撃力+55%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが133%上昇する。
手動でスキルを停止可能
特化221攻撃速度+70、攻撃力+60%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが136%上昇する。
手動でスキルを停止可能
特化31020攻撃速度+80、攻撃力+65%、エリートとボスのみを攻撃目標とし、素質1のダメージが140%上昇する。
手動でスキルを停止可能

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
音感初期貿易所貿易所配置時、宿舎内に配置されているオペレーター1人辺り知覚情報+11知覚情報1無声の共鳴に転化される。
徘徊する旋律初期貿易所貿易所配置時、無声の共鳴4つ毎に受注効率+1%
昇進2貿易所貿易所配置時、無声の共鳴2つ毎に受注効率+1%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/コスト+2/スキル「荒廃の反響」習得/素質「デュナーミク」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級術師SoC初級アケトン初級装置
5030000573
昇進2強化内容ステータス上限解放/スキル「靜寂の音」習得/素質「デュナーミク」強化/素質「フレムデトーン」習得
必要素材/LvLv龍門幣上級術師SoCD32鋼上級精錬溶剤
80180000447

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】標準
【戦場機動】普通
【生理的耐性】普通
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【アーツ適正】卓越

関連アイテム

潜在上昇の印

エーベンホルツの潜在能力を高めるために使用する。

一枚の穴の開いたリターニアのコインだが、穴を開ける技術はまだ粗いものがある。彼だけが熟練工がその穴を開けるためにどれだけの汗を流したのか知っている。

求人契約

術師オペレーターのエーベンホルツは自分の名前の前に余計な接頭詞を付ける事を拒否した。

彼は探している間に多くを失ったにも関わらず、自分の道を見つけ出そうとしている。

 

プロファイル

健康診断

文章表示
造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】5%
体表に少量の源石結晶が見られる。

【血液中源石密度】0.22u/L
感染後、初期治療は受けられなかったため、鉱石病は軽微な拡散の兆候が見られるものの、現在は安定している。

第一資料

文章表示

近寄りがたそうなキャプリニーの青年

彼に時間を聞いてみれば、時計を見て、今何時何分なのか丁寧に教えてくれます。

それをきっかけに彼ともっと話をしたかったとしても、彼はすぐに丁寧な言葉で全ての会話を終わらせてくるかもしれない。

ドクターと少数のオペレーターだけが彼の心を開くことができる。彼らと話をしていると、エーベンホルツはあまり人に見せない一面を見せ、気兼ねなく自分の意見を発表する。

しかし、どんな話をしても、彼の話にはほとんどの場合に陰険な雰囲気がある。何を話すにしても、自分の話であってもそれは変わらない。

たまにエーベンホルツが楽器を演奏する姿を見る事がある。目撃者の話によれば、エーベンホルツはほとんど全ての楽器を自在に操ることが出来るが、彼が最もよく演奏しているのはチェロであり、弦の音は悲しく、遠く離れた人や出来事を思い出させる。

フルートもエーベンホルツの得意な楽器のひとつという噂もあるが、ロドスで吹いている姿を見る事は無いのだという。

第ニ資料

文章表示

リターニアが公式に発行した説明文書によると、エーベンホルツはリターニアの中規模都市ヴィシェハイム出身で、都市内にある大学で音楽とオリジニウムアーツの技術学位を取得している普通の大学生だ。ヴィシェハイムで起きた不幸な事件で鉱石病に感染し、学業を中断してロドスに向かい、医者を求めなければならなかった。

 

【権限記録】

残念ながら、その説明には事実はあまり含まれていない。

エーベンホルツはヴィシェハイム生まれではない。これまで、彼の人生のほとんどの時間は破敗した小都市ウルティカで過ごしてきた。

エーベンホルツは庶民では無い。少なくともウルティカでは。

実際、ロドスに旅立つまでは彼はウルティカ伯爵だった。彼に割り当てられた保護者は大人になってもウルティカ伯爵代理として命令を下した。

他の貴族の子供たちと同じように、エーベンホルツはリターニア貴族にとって不可欠な教育を受けた。礼儀、文学、オリジニウムアーツ、そしてオリジニウムアーツと密接で分ける事が出来ず、時にはより重要な音楽を。

多くの親は自分の子供のためにより良い音楽教師を雇えるように努力をしており、これらの教師も貴族の子供の成長の中で重要な役割を果たし、一部の貴族は音楽に啓蒙高い先生の名声の高さを人物を評価する基準の一つとしている。

しかし、エーベンホルツ本人によると、彼の保護者はそうしたくなかったという。

「その先生は私の前にいくつかの楽器を置いて、何に興味があるのか優しく尋ねくれた」

「私はバイオリンをつかんでしばらく弾いた。彼は望外の喜びで、私の事を天才だと連呼したが、私は彼の賛美の言葉に答える暇がなかった。それらの楽器を見ながら、全く知らない概念と操作方法が私の頭に押し寄せてきたからだ。まるで実在の人が私に命令を下しているかのようだった」

「それでも嬉しかった。ウルティカに来てからというもの、こんなに熱烈に私を褒めてくれる人は初めてだったからだ。ああ、あんなに心のこもったリップサービスでは無い褒め言葉を聞いたのに覚えてはいないんだ」

「翌日、私はまたあの先生に会ったが、彼の私を見る目には嫌悪感しか残っていなかった。明らかに、私の代理人はいくつかの事実を彼に話したのだ」

記録を担当した人事部幹部はリターニアの情勢に詳しくなかったため「どのような事実ですか」と尋ねた。

「ウルティカは巫王の伝承地、ではウルティカ伯爵とは何者だ?」

第三資料

文章表示

【権限レコード】

新旧の政権交代の節目にリターニアは激動を経験した。巫王の惨害を受けた人々は巫王に関係する全ての人や物事に怒りを投げつけ、エーベンホルツの両親は巫王との遠い血縁のためにその時期に死亡した。

一方で古い時代の終わりを好まない人も少なくはない。彼らは双子の女帝の支配に様々な方法で抵抗し、その中で最も急進的なものは「巫王の残党」と呼ばれている。

彼らはエーベンホルツを両親と同じ運命から救った一方で、エーベンホルツを大きな渦中に引きずり込んだのも彼らだ。

エーベンホルツは彼らが自分に何をしたのかを一言で説明した。「彼らは私の頭の中にヴェルトリッヒ・メロディエンを詰め込んだ」

医療部は何度もエーベンホルツの脳を検査したが、ヴェルトリッヒ・メロディエンがどのような形でエーベンホルツの脳に存在するのかはまだ分からない。確かなことはヴェルトリッヒ・メロディエンは確かに存在し、激しい頭痛を引き起こし、エーベンホルツの生まれつきのような音楽の才能とオリジニウムアーツに密接に関係しているが、私たちはそれが一体「何なのか」を特定することは出来ない。

エーベンホルツの紹介で、私たちはツェルニーが研究する原稿のコピーをいくつか手に入れた。原稿の中のぼんやりとした記述によると、ヴェルトリッヒ・メロディエンは巫王が興して演奏した旋律であり、これらの旋律は宮廷楽士に記録され、ヴェルトリッヒ・メロディエンとなった。

「では、ヴェルトリッヒ・メロディエンは楽譜やテープではないでしょうか」

「私の頭の中には紙切れやプラスチックが入っているとでも?」

最終的に医療部はエーベンホルツの解釈を一時的に受け入れざるを得なかった。

「それは旋律であり、自分が知らないうちに飲み込まれるのではないかと心配するほどの強い旋律だ」

「人が旋律に飲み込まれる?それは本当に可能なんですか?」

「私は全力を尽くして……二度とこのようなことが起こらないようにするとしか言いようが無い」

その後、エーベンホルツは私たちとこの問題について議論を続けることを拒否した。

第四資料

文章表示

【権限レコード】

ロドスに来たばかりの頃、エーベンホルツは幹部のハイビスカスやツェルニーの記述のような酷薄さや言葉の攻撃性をあまり示していなかった。

ほとんどのオペレーターはロドスに静かで礼儀正しいリターニアのオペレーターが来たという事を知るのみだった。

その時のエーベンホルツは自分から人と話をせず、時々誰もいない時にぼんやりしながら、彼はほとんど手放す事の無いチェロを見つめていた。心配で助けが必要かどうかを尋ねたオペレーターにも、軽く首を横に振っただけだった。

エーベンホルツの転換は彼が初めて外勤をした後に起きた。それは極めて成功した任務であり、ロドスは非常に状況の悪い福祉施設から十数人の孤児を救出、鉱石病に感染していない子供のために信頼できる機関に連絡し、感染者を受け入れた。

特筆すべきは、福祉施設の管理者の偽装を見破ることから、救出活動におけるオリジニウムアーツの支援まで、エーベンホルツの全ての過程が重要な役割を果たしていたことだ。

ロドスに戻った後、エーベンホルツは少しずつ以前の状態から変化を始め、彼は自ら自身を探しに来た人と会話を始め、ロドスの全てを知り始め、自分の見えないものを辛辣に評価し始めた――もちろん、ドクターと少数のオペレーターに限られてはいるが。

オペレーターらが自ら主催した読書会にも参加し、会議後に数人のオペレーターと通信関係を築いた。

ロドスのほとんどのオペレーターはエーベンホルツの変化に中々気付かないだろうが、誰もが目にしていることがある。

エーベンホルツは今ではチェロを見つめていない。彼がよくやっている事は、それを弾き、弦の音に軽く口ずさんでいるという姿だ。それはまるで友人と会話しているようだった。

昇進2解放

文章表示

「自堕落を華やかな言葉で包み込んでも、お前の短視を隠すことは出来やしない、私の愚かな血脈よ」

「お褒め頂き感謝するよ、ジジイ」

「お前はまだ自分を疑っている。お前は自分が不公平な義憤に満ちていると思い、お前はまた自分の義憤を疑う事は本意で無いと思っている。結局はお前はこの疑念を受け入れ、お前は自分が演じた思い、お前はずっと演じなければならない……滑稽、滑稽!」

「ご教授頂き感謝する。お前の話を綺麗さっぱり忘れる時間を所望するよ」

「ほう……」

「お前が発言している間、私が黙れと言わなくなった事を不思議に思っているのではないか?」

「言うが良い」

「まず、叫ぼうがお前を黙らせる事も私の頭痛を緩和する事が出来ない事も悟った体。今私が心配している事はもう一つにある」

「もう一つは私はまだお前が何なのか、ヴェルトリッヒ・メロディエンの残響なのか、それとも私自身の幻聴なのか分からない。いつの日か、何か私が思いつかない理由で、私もクライデのように耳障りな旋律の中で私自身を完全に失ってしまうかもしれない」

「でも私はもうお前を恐れていはいないぞ、ジジイ。それは簡単な事だからだ」

 

モジュール

MSC-X

MSC-Xモジュール名
STAGE強化内容特性/素質
1攻撃力+58
攻撃速度+3
特性更新:敵に術ダメージを与える
攻撃の対象がいない場合はエネルギーをチャージして(最大4回)
次の攻撃時に一斉発射する
2攻撃力+75
攻撃速度+4
素質「デュナーミク」更新
チャージした攻撃エネルギーのダメージが140%まで上昇、エリートやボスを攻撃する時のみ攻撃エネルギーを追加で1つチャージ出来る。
3攻撃力+90
攻撃速度+5
素質「デュナーミク」更新
チャージした攻撃エネルギーのダメージが143%まで上昇、エリートやボスを攻撃する時のみ攻撃エネルギーを追加で1つチャージ出来る。
モジュール解放任務 
 
解除条件及び必要素材解除条件STAGE1必要素材
  
STAGE2必要素材STAGE3必要素材
  
基本情報
a

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命 
会話1 
会話2 
会話3 
昇進後会話1 
昇進後会話2 
信頼上昇後会話1 
信頼上昇後会話2 
信頼上昇後会話3 
放置 
入職会話 
経験値上昇 
昇進1 
昇進2 
編成時 
隊長任命 
作戦準備 
戦闘開始 
選択1 
選択2 
配置1 
配置2 
作戦中1 
作戦中2 
作戦中3 
作戦中4 
星4で戦闘終了 
星3で戦闘終了 
星2以下で戦闘終了 
任務失敗 
基地配属 
タッチ 
信頼タッチ 
タイトル 
挨拶 

オペレーター紹介文

巫王による支配が終結した後、双子の女帝はその柔軟な政治手腕で国内外の各勢力を周旋、対外的にはリターニアの大国としてのイメージを維持、対内的には混乱と恐怖に支配された時局を一掃、リターニアの安定と繁栄を今日まで続けてきました。

しかし、巫王の名を掲げて双子の女帝に反対する勢力が本当の意味で消滅したという訳ではありません。

噂、密謀、利益の交換、弾圧された反乱、道徳の底を破る研究……20年以上もの間にリターニア国内で発生した多くの悪質な事件の背後にはその者たちの姿があったのです。

そこの挙手をした学生さん、どうぞお話下さい。ですが、その前に、あなたの事は何と呼べば良いでしょうか?

……

良い鋭い観点ですね、エーベンホルツさん。

反対勢力には在りし日の幻の夢に溺れた狂人もいれば、現状に不満を持つ野心家、権力者に巻かれ身を任せる者さえもいます……彼らの内部での対立は激しいものなのです。

そして、2つ目の質問についてですが…。申し訳ありません、漠然とした断言しか出来ないのが残念な所です。

ですが、一介の者がそのような渦に巻き込まれた際、その者の人生は必ず本来の軌道から大きく外れてしまうことでしょう。

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました