アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】百練ガヴィル(百炼嘉维尔 Gavial The Invincible)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス前衛/強襲者レアリティ★★★★★★
性別身長163cm
精通医療、精神的激励出身サルゴン
戦闘経験歴11年種族アダクリス
誕生日5月1日所属機関ロドスアイランド
イラストレーターLLCCV諏訪彩花
オリパシー感染状況

体表に源石結晶の分布を確認。メディカルチェックの結果、感染者に認定。
客観的経歴
ガヴィルは現在もロドス医療部の一員ではあるが、ロドスにて医学的素養では無く、戦力を発揮する必要がある時は戦斧を手にして突撃している。

基本ステータス

ブロック数2→3攻撃速度1.2s
初期コスト20最大強化時コスト24
再配置時間70s  
特性
ブロック中の敵全員を同時に攻撃

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期13253091650
初期最大16994302360
昇進1最大21795823200
昇進2最大29067663910
信頼度最大 +50+60 

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1素質1効果強化攻撃力+28素質2効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
戦地の巨斧昇進1攻撃力と防御力+5%(+2%)、敵を1体ブロック毎に更に+3%(+1%)
昇進2攻撃力と防御力+10%(+2%)、敵を1体ブロック毎に更に+4%(+1%)
医学的背景昇進2自身の受ける治癒効果が25%(+5%)上昇、HPが半分以下であれば45%(+5%)に上昇。

スキル効果

スキル1

精密痛撃自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1102525攻撃力+30%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの25%回復。
2攻撃力+35%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの25%回復。
3攻撃力+40%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの25%回復。
4攻撃力+45%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの30%回復。
5攻撃力+50%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの30%回復。
6攻撃力+55%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの30%回復。
7攻撃力+60%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの35%回復。
特化1攻撃力+65%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの35%回復。
特化2攻撃力+70%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの35%回復。
特化3攻撃力+80%、攻撃時、自身の体力を与ダメージの40%回復。

スキル2

チェーンソーアサルト自動回復
手動発動
SLv初期SP必要SP持続効果
1254530攻撃範囲拡大、攻撃力+80%、防御力+30%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
24431攻撃範囲拡大、攻撃力+90%、防御力+30%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
34332攻撃範囲拡大、攻撃力+100%、防御力+30%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
44233攻撃範囲拡大、攻撃力+110%、防御力+35%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
54134攻撃範囲拡大、攻撃力+120%、防御力+35%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
64035攻撃範囲拡大、攻撃力+130%、防御力+35%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
73936攻撃範囲拡大、攻撃力+140%、防御力+40%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
特化13837攻撃範囲拡大、攻撃力+150%、防御力+40%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
特化23738攻撃範囲拡大、攻撃力+165%、防御力+40%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。
特化33540攻撃範囲拡大、攻撃力+180%、防御力+50%、ブロックされていない時を攻撃時、相当の力で引き寄せる。

スキル3

密林の魂自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1204025攻撃力+70%、攻撃速度+40、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
2攻撃力+75%、攻撃速度+40、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
3攻撃力+80%、攻撃速度+40、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
4攻撃力+85%、攻撃速度+60、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
5攻撃力+90%、攻撃速度+60、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
6攻撃力+95%、攻撃速度+60、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
72139攻撃力+100%、攻撃速度+80、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
特化12238攻撃力+110%、攻撃速度+80、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
特化22337攻撃力+120%、攻撃速度+80、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。
特化32535攻撃力+140%、攻撃速度+100、ブロック数+2、スキル発動中は受けるダメージ-50%、残りのダメージはスキル終了後まで持ち越し。
スキル終了後、20秒間同量のHP減少効果を付与。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
前衛エキスパートα 初期訓練室訓練室で協力者として配置時、前衛の訓練速度+30%
実践指導昇進2訓練室訓練室で協力者として配置時、前衛の訓練速度+30%。特化ランク3への訓練をサポートする場合、訓練速度がさらに+65%
オーバートレーニング昇進2訓練室訓練室で前衛の特化ランク3への訓練の協力者として配置時、体力消費が1時間ごと+1

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/COST+2/スキル「チェーンソーアサルト」習得/素質「戦地の巨斧」開放
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC初級源岩初級アケトン
50300005124
昇進2強化内容ステータス上限解放/COST+2/ブロック数+1/スキル「密林の魂」習得/素質「医学的背景」開放/素質「戦地の巨斧」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級前衛SoCナノフレーク融合ゲル
80180000436

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】標準
【生理的耐性】優秀
【戦術計画】標準
【戦闘技術】優秀
【アーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

百練ガヴィルの潜在能力を高めるために使用する。

密度が非常に高い合金製ダンベル。携帯性が高いように見える。ガヴィルがこれをあなたに渡した時、ダンベルの重さは教えなかったため、ガヴィルはあなたの腰を30分掛けて処置しなければならなかった。

求人契約

あなたがよく知っているガヴィルは戦斧を手にした。

ボディーランゲージを駆使して相手に情熱を表現、心地よく相手に迎え入れてもらう事に秀でている。

 

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】15.3%
ロドスを訪れた頃と大差は無いため、心配の必要は無い。

 

【血液中源石密度】0.27u/L
アタシの体はアタシ自身がよく知っているが、症状をこんなにもコントロール出来て、医療部のみんなもアタシを助けてくれる。時間を見つけてみんなでアカフラに行くのも悪くねーな。
――ガヴィル

第一資料

文章表示

オペレーターのほとんどはガヴィルがアカフラから戻ってきた時の装備が印象的で、ガヴィル医師が以前に部族から受け継いだ装備だという噂がある。

噂はますますとんでもない方向に進んでいき、最終的には「ガヴィルはその大きな斧でアカフラの最高峰の滝を一撃で割ったことがある。その滝はアカフラの名所となった」などというバリエーションも出てきた。

噂の出所はもう考えられないが、オペレーターのトミミはどう見ても、こういったでたらめな話が好きなようで、物語の伝播と進化の過程に一役買っているのは言うまでも無い。

トミミの個人的な興味はさておき、実際の所、ガヴィルのこの装備は完全にユーネクテスの手によるものだ。アカフラにて災害が発生する可能性があるというトミミからの手紙を受けた後、ガヴィルは新しい装備の交換を申請した。そこで、ユーネクテスは最高の材料で武器から鎧、アクセサリーまでの装備一式を急ごしらえで作成した。しかし、ガヴィルが一目惚れしたのは、大きくて力強い斧であり、しかもそれを上手く振り回す事も出来たのだ。

第ニ資料

文章表示

トミミが言及したアカフラ全体に波及する大災害とは基本的にはスティッチ・キャンバス(現ロドスオペレーターであるミニマリスト)がでっち上げたものだが、アカフラにの地下にあるドゥリンの都市であるエルゼルエルツァは確かに壊滅的な災難に見舞われた。

幸いなことに、地元住民とロドスオペレーターの協力のもと、ゼルエルツァの住民全員は災害が発生する前に地上に上がって来る事が出来たため、事件での人命被害は無かった。

特筆すべきはガヴィルが今回の事件で極めて重要な役割を果たしたという事だ。彼女は最初にドゥリン人を地上に避難させる考えを提案し、計画の反対者を説得、結果的にゼルエルツァからの避難を完遂、ドゥリン人達の地上集落の建設過程では秩序を保ち、予定時間内に集落を完成させた――今回の事件に参加できなかったオペレーターにはガヴィルの言葉巧みな姿を想像する事は難しいが、その場にいた者からすれば医者と戦士という二つの身分が奇妙だが調和を失わない形でガヴィルの中で見事に調和し、自然に起こったことを考えれば不思議では無いのだろう。

「方法が無いとは言え、誰がガヴィルを呼んだんだか」

第三資料

文章表示

とはいえ、医療部の同僚たちは、ガヴィルに微妙な変化が起きている事を実感している。これは決して彼女がより心配性になったり、そういった方向に変化しているというわけでは無い。彼女はより自信を持つようになり、より饒舌になり、そして自分の故郷の事を話す事が好きになっただけに過ぎない。

ロドスに加入したばかりの頃も、彼女は自分の故郷に何ら触れてはならない部分が無かった事は予め言及しておこう。彼女にとって、そこは故郷であり、そこを強調する必要も、語る事を避ける必要も無い。ただロドスは彼女の過去について徹底的に聞くつもりがない以上、彼女もアカフラの事を口にする必要も無い。

しかし、その奇妙な熱帯雨林での休暇を皮切りに、ロドスにはアカフラ出身のオペレーターが増え、ガヴィルの故郷に関する話も徐々に聞くようになってきた。

それにより、私達もこの地域に対する認識が日が経つ毎に増えてきたのだ。かつては無人の地とされていたジャングル、大小の部族、戦いを好むティアカウ、そして緩慢ではあるものの、不可逆的に進む工業化の流れ……今では地下から押し寄せてきた数十万人のドゥリン人も加わっている。

これだけの要素が一同に揃ってしまうと、この大地で最も先見性があるプランナーだったとしても、アカフラの未来を考えると頭が痛くなるのでは思わざるをえない。

しかし、ガヴィルは全くそれを感じなかった。

彼女から見れば、自分がいて、トミミがいて、ズゥママがいて、イナムがいて、有能なティアカウがいればアカフラが直面しているすべての困難には解決策があるからだ。

仲間たちは彼女を信頼してやまないが、彼女も心から仲間達を頼りにしている。どんなに険しい道だろうと、彼女が本当にアカフラで最も高い所にある滝を切り開かなければならなかったとしても、仲間たちの全力の支持の下であれば手の届かない事は何も無い。であれば、彼女が故郷の事を誇りに思わない理由は何処にあろうか。

もちろん、仲間達から医療よりも彼女の拳を信頼しているという事はどうしようも無い事ではある。それが幸せな悩みというものだろう。

第四資料

文章表示

【権限記録】
短期的にはドゥリン人の今回の移動ではアカフラには明らかな影響を与える事は無かった。巧みな偽装とカモフラージュによって、サルゴンの支配者が派遣したスパイはアカフラの工業化の過程を察知する事は出来ず、最初のドゥリン人が地上に到着する前に宮廷に帰還した。

これにより、サルゴン上層部はアカフラの変化について全く知らない状態となり、イナムはアカフラの王族として認められる事となり、領土、人、生産能力を求める他の首長と対等な立場となり、アカフラを守る法的根拠を得る事にもなった。

地上のティアカウと地下のドゥリン人の仲が良いままであれば、この状況は今後も続くはずだが、エルゼルエルツァにはもう戻る事は出来ない。過度な人口増加曲線はアカフラの資源の枯渇を招く事になり、ユーネクテスの一族はドゥリンの技術の大きな恩恵を受けている。長期的に見ればアカフラの変化は隠し通す事は不可能だ。彼らはいつか外部からの圧力に直接直面する事になるだろう。

ガヴィルがドゥリン人を地上に避難させるアイデアを出した時にそこまで考えていたかどうかは分からないが、彼女は明らかにこの決定の背後に隠された重い責任を鋭敏に感知していた。でなければ、彼女はアカフラの酋長を決める時に珍しく迷うという事も無かっただろう。彼女はロドスの医療オペレーターであるため、病人を治すという理想とアカフラの将来という間で中々決断を下す事が出来なかったのだ。

重要な局面で友人たちは身を挺してガヴィルをジレンマから解放させはしたものの、これはガヴィルが天秤のどちらかを放棄したという訳では無い。彼女は自分にとってもアカフラにとっても最も快適かつ、適切な解決策を選んだに過ぎないからだ。

もしこのような結論に疑問を持つ物がいるのであれば、自分でアカフラを回って、ティアカウの口から伝わるカヴィルの本当の事績を聞き、アカフラの中心にあるどんどんと大きくなっていく完成間近のモニュメントを見れば、ガヴィルという名前がアカフラではどれほどの相乗効果を生み出すものなのか感じてみるのも面白いかもしれない――まあ、ガヴィル自身の力を除いての話ではあるが。

アカフラが乗り越えられない困難に直面すればガヴィルは一目散に戻り、自分の鉄拳と斧で新しい道を切り開く事だろう。

昇進2解放

文章表示

【速達】
イナムへ:
石材で記念碑や像を建てるよりも、もっと実用的なものを作ったほうがいいと思うぜ。ただまあ、ティアカウたちの反発の声もメチャクチャ大きいとは思う。そこはアタシは理解しているつもりさ。アタシだって面と向かって反論なんてしたくねえからな。

彫像の詳細についてなんだけど、何人作るのか、どんな造形をするのかとかをティアカウ達はデゥリン人を真似して投票で決めようとしたみたいだな。結局、あいつらは殴り合いで決めようしてたらしいけども。

言っておくけどな!

私は彫像にぶっとい尻尾を着けるのは断固として反対だからな!

繰り返すけど、仮に太尻尾派が投票に勝ったとしても、団体戦に勝ったとしても絶対に認めないからな!

そんな重大な決定、せめて本人の意見位は聞いておけ!

次の手紙には彫像の尻尾の最終結果を貼り付けておけよ。太尻尾派が優勢なら、急いで休暇を取ってアカフラに戻って、アタシ直々にお前たちを”説得”してやらねえとダメだからな!

――ガヴィル

 

モジュール

X

モジュール効果を表示
  モジュール名
STAGE強化内容特性/素質
1  
2  
3  
モジュール解放任務 
 
解除条件及び必要素材解除条件STAGE1必要素材
昇進2 Lv.
信頼度100%
モジュールデータ

龍門幣
STAGE2必要素材STAGE3必要素材
  
基本情報
 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命 
会話1 
会話2 
会話3 
昇進後会話1 
昇進後会話2 
信頼上昇後会話1 
信頼上昇後会話2 
信頼上昇後会話3 
放置 
入職会話 
経験値上昇 
昇進1 
昇進2 
編成時 
隊長任命 
作戦準備 
戦闘開始 
選択1 
選択2 
配置1 
配置2 
作戦中1 
作戦中2 
作戦中3 
作戦中4 
星4で戦闘終了 
星3で戦闘終了 
星2以下で戦闘終了 
任務失敗 
基地配属 
タッチ 
信頼タッチ 
タイトル 
挨拶 

オペレーター紹介文

 

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました