アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ムリナール(玛恩纳 Mlynar)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス前衛/解放者レアリティ★★★★★★
性別身長191cm
精通騎士格闘(剣術)出身カジミエーシュ
戦闘経験歴17年種族クランタ
誕生日12月3日所属機関カジミエーシュ
イラストレーター竜崎いちCV小山力也
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴

ムリナール・ニアール。ニアール家の前主人。オペレーターであるニアールとブレミシャインの叔父。今まで騎士の称号を得た事は無い。

カジミエーシュメジャーから約2ヶ月、ロドスの協力要請を受け、ロドスがカジミエーシュ地域での諸事務を処理する事に協力している。

基本ステータス

ブロック数2→2→3攻撃速度1.2s
初期コスト10最大強化時コスト12
再配置時間70s  
特性
特性:通常時は攻撃せずブロック数が0となり、攻撃力が+200%まで上昇していく(最大値になるまでの時間は40秒)
スキル終了時、特性による攻撃力上昇効果をリセットする。

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期194516123915
初期最大256023133215
昇進1最大324130142615
昇進2最大390635550215
信頼度最大+360+30  

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1素質1強化攻撃力+25素質2強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
遊侠昇進1敵攻撃時の攻撃力が105%(+3%)に上昇、周囲に敵が3体以上いる場合、攻撃力が110%(+3%)に上昇、受けるダメージ10%低下。
昇進2敵攻撃時の攻撃力が110%(+3%)に上昇、周囲に敵が3体以上いる場合、攻撃力が115%(+3%)に上昇、受けるダメージ10%低下。
無関心昇進2配置時、敵から攻撃されやすくなり、味方【カジミエーシュ】が攻撃される度ムリナールの攻撃力の15%の確定ダメージで敵に反撃する

スキル効果

スキル1

声無き怒り自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1104020通常攻撃は攻撃力の130%の物理ダメージを与え、防御力+20%
2通常攻撃は攻撃力の135%の物理ダメージを与え、防御力+20%
3通常攻撃は攻撃力の140%の物理ダメージを与え、防御力+20%
4153525通常攻撃は攻撃力の145%の物理ダメージを与え、防御力+30%
5通常攻撃は攻撃力の150%の物理ダメージを与え、防御力+30%
6通常攻撃は攻撃力の160%の物理ダメージを与え、防御力+30%
73030通常攻撃は攻撃力の170%の物理ダメージを与え、防御力+40%
特化1通常攻撃は攻撃力の180%の物理ダメージを与え、防御力+45%
特化2通常攻撃は攻撃力の190%の物理ダメージを与え、防御力+50%
特化3通常攻撃は攻撃力の200%の物理ダメージを与え、防御力+60%

スキル2

解けない悲しみ自動回復
手動発動
SLv初期SP必要SP持続効果
1104020攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の100%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
2攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の110%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
3攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の120%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
435攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の130%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
5攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の140%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
6攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の150%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
730攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の160%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
特化1攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の170%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
特化2攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の180%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。
特化325攻撃間隔延長(+0.3)、攻撃範囲拡大、通常攻撃は攻撃力の190%2回連続攻撃を行う。スキル発動中に敵を倒した場合、スキル終了時に特性によるリセット効果は発動せず、手動でスキルを停止となる(手動でスキルを停止可能)。

スキル3

照らされない栄光自動回復
手動発動
SLv初期SP必要SP持続効果
11055 

攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の110%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の8%確定ダメージを受ける。

2 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の115%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の8%確定ダメージを受ける。
3 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の120%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の8%確定ダメージを受ける。
41550 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の125%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の10%確定ダメージを受ける。
5 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の130%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の10%確定ダメージを受ける。
6 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の140%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の10%確定ダメージを受ける。
72045 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の150%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の11%確定ダメージを受ける。
特化1 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の160%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の11%確定ダメージを受ける。
特化2 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の170%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の11%確定ダメージを受ける。
特化342 攻撃範囲拡大、特性効果が2倍となる(敵を1人倒す度に特性倍率-10%)。敵最大5体を同時に攻撃力の180%の物理ダメージを与える。範囲内の全ての敵は味方【カジミエーシュ】に攻撃される度、ムリナールの攻撃力の12%確定ダメージを受ける。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
一方的初期制御中枢制御中枢配置時、制御中枢内全員の体力が1時間ごとに+0.05回復
公正無私昇進2制御中枢

制御中枢配置時、一部施設内仕事中状態のオペレーターの体力が1時間ごとに+0.1。制御中枢内一部スキルは更にその他の施設内仕事中のオペレーターの体力を回復出来る(1時間毎に+0.05)

※一部施設:発電所、事務室、応接室

※一部スキル:腹心、S.W.E.E.P、おやつネット、執行協定、影武者、責任感、小さなリーダー、一方的

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/COST+2/スキル「解けない悲しみ」習得/素質「遊侠」開放
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC初級エステル初級源岩
5030000588
昇進2強化内容ステータス上限解放/スキル「照らされない栄光」/素質「無関心」解放/素質「遊侠」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級前衛SoCD32鋼上級熾合金
80180000444

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】卓越
【生理的耐性】優秀
【戦術計画】標準
【戦闘技術】卓越
【アーツ適正】優秀

関連アイテム

潜在上昇の印

ムリナールの潜在能力を高めるために使用する。

一本の古典的な形をしたペーパーナイフ。多くの喜びや悲しみを聞いてきた。長い間、これが彼の手の中では最も鋭いものだった。

求人契約

カジミエーシュ騎士一家の流離人、ムリナール。彼は常に剣を身に着けていた。

彼は全ての人からカジミエーシュから脱出するよう忠告されていたが、自ら離れる事は決してしなかった。

 

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
鉱石病の兆候は見られない。

 

【血液中源石密度】0.14u/L
長い間野外で活動を行ってきた経験があるため、大騎士領の一般的な数値よりもやや高いものとなっている。。

対象がこの方面の注意を必要としないかもしれないとしても、医療部は慣例に従って野外行動時の防護アドバイスを行った。

第一資料

文章表示

本艦でムリナールに会う機会は多くは無いが、もしあなたが運良く彼に出会えて、たまたま手が空いていたのであれば、訓練場で簡単なアドバイス程度であれば応えてくれるかもしれない。

ムリナールは征戦騎士に公式に加入していたという経歴は履歴書には記載されていないものの、彼の戦闘技術は明らかに最も典型的なカジミエーシュ騎士のものを踏襲している。ニアール家の伝統的な訓練は騎士がよく使ういくつかの武器を身につけるのにそれだけ十分なものだと推測される。

少年期、彼は弟子として父キリル・ニアールの側で騎士団に従って遠征をした経験は多くの傑出した騎士から戦闘の経験を貰う機会を得た。

しかし、訓練用の騎士盾を置いて片手剣だけを使った時、誰もがそれが真の自身の武器であるという事は誰の目から見ても明らかだ。他の長い歴史を持つ騎士家の伝統を参考とするに、一家の若者は成人に近づくと一人で度に出て、修練を行って技と心を磨くという選択を取る事が多い。

その後、彼らの多くは騎士団に参加し、伝統的な方法でカジミエーシュのために働く。ただ、ムリナールは放浪者として旅をしている間に、今のような剣の腕を歩むようになったようだ。

……オリジニウムアーツは協力テスト時に一度は見せたものの、騎士同士の苛烈な決闘といった信念を賭けない限りは使う事は無い様子。

私たちはニアールとブレミシャインのアーツを見たことがあります。その光はこの上無く輝き、炎のようであり、純粋なものでもある。

しかし、意外にもムリナールのオリジニウムアーツの第一印象は確かに「優しい」というものだった……。

しかし、水を流すような金色の光にどういった怒りが含まれているのかを意識すると、今後の修復に手間を取らせないためにはムリナールの予定していた剣術は中止せざるを得なかった。

第ニ資料

文章表示

耀騎士とは異なってムリナールの行動範囲のほとんどは大騎士領以外の地域にある。ロドス本艦に乗船して協定を締結した直後、彼は再びカジミエーシュに戻る旅を再開したものの、ロドスのカヴァレエルキ駐在事務所には姿を見せず、大騎士領内の自身の会社は手紙で辞職を行った。

大騎士領の内部では常に多くの人が彼を脅威と見なしているのは明らかではあるが、ムリナール本人の陳述によれば彼が関与しているいくつかの最近の事件も確かに一部の人の利益に触れていると判断できる。

しかし、冤罪による一部の企業や貴族の没落は街の潮流に投げ込まれた一石に過ぎない。現在ではムリナールはニアール家への銃弾や暗矢を気にしているというよりも彼はこの町に10年滞在した結果、ここに残って暗流に身を飛び込ませても何かが変わるとは思っていない。

「私達の作戦に協力してくれた事はとても光栄に思っています。彼と協力する事はその雰囲気ほど難しいものでは無いでしょう。私は彼が少し貴族的で威張っているのか、伝統的な騎士の教条を強く守っているのかと思っていましたが……。ただし、彼はあなたの話を聞き、あなたとの義務を果たし、あなたが大きな間違いを犯す前にあなたを連れ戻してくれる、それだけに過ぎません。

唯一慣れないといけない事はあなたと話す時の彼はあなたの事をコードネームで呼ばない事です。カジミエーシュのオペレーターの何人かは騎士競技の称号をコードネームにしているので、彼はそれに対してわだかまりを持っていたとしてもおかしい話ではありません。

「……それでも、彼と共に仕事をしている時にミスをしたら、誰だろうと罪悪感を抱かない訳にはいきません。当時、危うく作戦を失敗しそうになったので、私たちはその後は大人しく彼に決定権を渡しました」

「彼は整然とした計画を立てることが出来る一方で、あなたがそれを完遂出来るかどうかにあまり興味は無いようです。彼は私達に何人かの商業騎士からの追跡を阻止するために二手に分かれてくれと言っていました。しかし、どうやって見つけ出すのか、どうやって足止めするのか、どうやって撃退するのか、道路を破壊しても良いのか。私達に一切の相談はありませんでした」

「彼は単独行動に慣れているんでしょうね。つまり、全員が単独で行動し、それぞれが自身の目標を達成する事で、コミュニケーションを取らずとも自然に完遂出来る……すごく気になるのですが、彼のこのスタイルに馴染める人はどういう人なのでしょう?或いはどういった人がこのようなスタイルを身に着けさせているのでしょう?」

第三資料

文章表示

【権限記録】
現在残されている公開資料を見るに、ニアール夫妻が戦場で活躍していた時期は短い。25年前の征戦騎士によるウルサス襲撃では二人は同じ騎士団の旗の下で共に頭角を現し、スニッツは重要な戦いにて重傷を負った騎士団長の指揮権を一時的に引き継ぎ、カジミエーシュとウルサス双方の軍隊に深い印象を残した。

しかし、その後の彼らは名字入りで記録を残すことはなかった。10年以上前に2人が完全に姿を消したことが、今のニアールの運命の転換点となったようだ。ロドスがニアール捜索に対して情報提供といった協力的な態度だったため、ムリナールはロドスに相談する事とした。

話を菊に、ヨランタ・ニアールは同じくカジミエーシュのとある古い騎士家の出身で、幼い頃からニアール家と仲が良かった事が分かった。征戦騎士に入隊した後、彼女はシルバーランスペガサス騎士団の一員になる予定だったが、スニッツは銀槍を手にして突撃するよりも弓で射るほうが彼女に適していると主張した。

「それは彼女が初めて弓を引いた瞬間に下された判断だ」。ムリナールはそれ以上も、それ以下も説明はしなかった。その後の戦いでヨランタが収めた戦功によってこの判断の正しさは証明されたが、彼女はオリジニウムアーツにおいて珍しい素質とオリジニウムアーツの本質に対する洞察力を持っており、特に戦場全体を見渡す位置を占めるのに適していた。

兄のスニッツ・ニアールについては、「彼は私の兄弟だ」と一言だけ答えた。

そんな二人の事を知ってか、実の娘であるマーガレットとマリアを始め、誰もがニアール夫妻は亡くなったという可能性をほとんど受け入れていたにも関わらず、これだけの時間が経過してなお、ムリナールは一人で二人の行方を追っていたのだ。

現時点で何か新たな手掛かりはあるのかと聞くと、彼は首を横に振ったが、この件に対しての疑念はいつにも増して強いようだった。

第四資料

文章表示

ロドスに加入前、ムリナールは建材を主な事業とする中規模企業に勤務していた。この企業はメシュコグループが持ち株会社で、比較的安定した業績を維持しており、重大な犯罪に問われたこともなければ、貴族的な背景もなく、カジミエーシュにおいては極めて普遍的ないくつもある企業の一つだった。

ニアール家の次男が監正会や騎士協会に入会し、病気を療養していたキリルからニアール家の家長が乗っていた称号を受け取るという当時の憶測が広く流布していたにも関わらず、ムリナールが実際に行った選択は何らかの外的条件の影響を受けているように見え、カジミエーシュに失望している自身の態度も含まれていたのかもしれない。

しかし、私たちは多くの失望した人を見た事がある。これよりも更に質問に値する事は彼はなぜこのタイミングで行動を再開したのかという事だ。ロドスはどの程度このオペレーターの力を借りることが出来るのだろうか。

ムリナールはツヴォネク付近での感染者暴動事件後にロドスに合流した。この騒動について監察会は情報を跡形もなく抹消し、いかなる勢力もそれを利用出来ないようにし、ムリナール本人も彼個人の観点から多くの情報を提供する事はしなかった。ただしばらくした後、人事部が書類整理のために再び彼にこのことを話した時、彼は「私はただ考えていただけだ。カジミエーシュにはまだ道があるという事を証明しなければと」と突然返事をした。

また、ロドスとの提携合意後、ニアール、ウィスラッシュ、プラチナの事を一度も自発的に持ち出す事は無かった。

カジミエーシュにいた時はフレイムテイルらと関わる事も無かった。一度だけ、ウィスラッシュが自発的に面会を要求をした後、ムリナールはウィスラッシュ、ブレミシャインと10分弱話をしたのみだ。

具体的な話の内容は分からないが、エンジニア部のオペレーター達は何かの結び目が解けたようにブレミシャインが急にやる気になっていたという。

それでも、ムリナールはカジミエーシュと関係の深い他いロドスのオペレーターにはあまり目を向けないようにしていた――耀騎士と同じく彼に注目している人物が多くいるにも関わらずだ。

私たちは、彼がロドスに答えを求めているのではなく、おそらく自分でも答えがあるとは思っていないのだろう。しかし、ムリナールがロドスの一連の感染者問題解決の協力時に示した責任感は、職業への尊重だけから来るものでは無かった。

騎士の国は騎士の幻想的な物語を受け入れる余地は無くなり、果てしない波が都市を飲み込むと信じている人もいるかもしれないが、次の物語がどのように書かれるのか、次の都市がどこに建てられているのか、それが完成するまで誰も知りはしない。

昇進2解放

文章表示

【古い手紙1通】

……気にしませんよ、父さん。騎士は自分の力を証明するために勝つ必要があるのでしょうか。競技場に立つ者が、いくら多くの敵を倒してもより崇高になっているとは思えません。

騎士は追い詰められた人、両手に物を持たない人の側に立つべき、これは私が唯一の信念なんです。常に弱者の側に立っていると敗北する事はあまりにも多い。ですが、私はむしろ、騎士道には勝利を楽しむよりも敗北の忍耐のほうが含まれているべきだと思うんです。

苦難と闇を畏れるべからず」。家訓にもある通りじゃないですか。

 

モジュール

X

モジュール効果を表示
  モジュール名
STAGE強化内容特性/素質
1  
2  
3  
モジュール解放任務 
 
解除条件及び必要素材解除条件STAGE1必要素材
昇進2 Lv.
信頼度100%
モジュールデータ

龍門幣
STAGE2必要素材STAGE3必要素材
  
基本情報
a

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命 
会話1 
会話2 
会話3 
昇進後会話1 
昇進後会話2 
信頼上昇後会話1 
信頼上昇後会話2 
信頼上昇後会話3 
放置 
入職会話 
経験値上昇 
昇進1 
昇進2 
編成時 
隊長任命 
作戦準備 
戦闘開始 
選択1 
選択2 
配置1 
配置2 
作戦中1 
作戦中2 
作戦中3 
作戦中4 
星4で戦闘終了 
星3で戦闘終了 
星2以下で戦闘終了 
任務失敗 
基地配属 
タッチ 
信頼タッチ 
タイトル 
挨拶 

オペレーター紹介文

 

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました