アークナイツアークナイツ アップデート情報

【明日方舟】統合戦略#3「ミヅキと群青の樹」12月の更新内容

スポンサーリンク

追憶映写「見守る者」

ただ彼のみが白昼の如く灼熱だった。

生態系譜 上限レベル開放

生態系譜の上限レベルを95まで開放

12月の目玉となる報酬「海辺イメージ家具コレクションバッグ その1」

仲間たちと集まった時のミヅキは自分の素性を隠す事は無い。
それ故に彼は忙しく動き回っている。
今は生存の問題は後回しにしよう。
一緒に夏を楽しむ時だ。

今月の依頼板 更新

「今月の依頼覧」が更新され、依頼が上書きされます。
依頼更新後は先月までの依頼の進捗は引き継がれません。

今月中に使用可能な4回の未完了依頼の更新機会が表示されます。
更新機会はタップして更新した後に、再び同じ等級の委託を獲得する事が可能です。

浜辺の逸話

A

「追憶映写 – ランタンの人」をプレイしたドクターで

  • 59.9%のドクターは全ての追憶を収集した。
  • 38.54%のドクターは映写対象を使用してエンディングを迎えた。

B

イベント【シーボーン学者】にて、 85.89%のドクターは恐魚の死体が用いられた試作装備品を受け取った。あの老人の言いつけを忘れてはならない。

イベント【海辺で歌う者】にて、90.98%のドクターが立ち止まって孤独な恐魚が暗礁に伏せて歌う最後の歌に耳を傾けた。

イベント【海外進出】にて、 51.76%のドクターはいつものオリジムシ醸造ビールを飲んだ。 今度こそボスのボブが早く釈放されることを願うとしよう。

影の奥深くよりとある人物が現れた。彼女の全身は黒いローブに覆われ、手には銀色に光るレイピアが握られている。

この灯火は審問官の象徴であり、裁判官の意志によって灯される。

あなたの前にある道…そしてイベリアの前にある道にはより多くの光が必要なのです。

かつての裁判官はそう言い、頭を挙げて漆黒に染まる潮へと向かった。海岸線を誰かが守ってさえいればイベリアが容易く死ぬことは無いし、私が容易く死ぬなんて事はあり得ませんと言いながら。

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました