アークナイツ アップデート情報

【明日方舟】統合戦略#3「ミヅキと群青の樹」1月の更新内容

スポンサーリンク

追憶映写「星辰の泡沫」

衝動に駆られるかもしれない。
私達を縛っている重力と故郷を裏切ることを促され、
海と星空に身を投げる事に。

 

生態系譜 上限レベル開放

生態系譜の上限レベルを110まで開放

1月の目玉報酬

「海辺イメージ家具コレクションバッグ その2」

ミヅキとその仲間達の口述を元に再現。
海辺の小屋はだんだんと様になってきた。
ここには人々を楽しませる「夏の風物詩」が詰まっている。
風景を演出する「砂浜のデコレーション」も。

モジュールデータ統合箱

データ内容の統合、システム工学の結晶化。
オペレーターの能力を強化したり、彼らの作戦方式の補助が可能。
あなたが今すぐこれを使う?
それとも懐にしまっておいて、もっと適切なタイミングを待つべき?

今月の依頼板 更新

「今月の依頼覧」が更新され、依頼が上書きされます。
依頼更新後は先月までの依頼の進捗は引き継がれません。

今月中に使用可能な4回の未完了依頼の更新機会が表示されます。
更新機会はタップして更新した後に、再び同じ等級の委託を獲得する事が可能です。

浜辺の逸話

「追憶映写 – 見守る者」をプレイしたドクターで

  • 67.42%のドクターは全ての追憶を収集した。
  • 44.51%のドクターは映写対象を使用してエンディングを迎えた。

与太話

イベント【無知の幸福】では16.85%のドクターが数回の探検で全ての説明書類を読んだ。しかし、どれも読む事は出来なかった。

イベント【少しばかりの星火】では28.53%のドクターが冒険精神に惑わされながも、少し先の道を照らす悠々と輝くランタンを見つけた。

イベント【残存する微光】では3.08%のドクターがこの裁判官にランタンを手渡した。彼女はあなたのために前にある道を照らす事はこれで最後だという事を知っている。

ぐるぐると回る珊瑚色の生物は視界の届く数海里の範囲で翻弄されていた。
滑らかな貝殻の生物は、波の軌跡に沿ってカチカチと音を立てている。
彼は崖の上に座り、自己紹介を始め、穏やかな人生を語った。
誰も答えはしない。風が岸辺にあるおかしな形のヤシの木を揺らし、珊瑚状の山脈の穴を吹き抜けるだけだ。
波は答えない。イベリア最後の見守る者が口を開く事はもう無い。

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました