アズールレーン アズールレーン解説

ネプテューヌコラボイベント艦「パープルハート」&「ブラックハート」総評

スポンサーリンク

軽巡 パープルハート

耐久装甲装填火力雷装回避対空航空
3293軽装甲156145273762760
軽巡主砲125%/145%
魚雷140%/150%
対空100%/100%

ステータスだけで見ると同じコラボキャラであるネプテューヌの女神化という設定を受けてかネプテューヌの正当な強化でネプテューヌと同じくリアンダー改やベルファストといったロイヤル陣営の雷装持ち軽巡の性能に近い。

スキルは「クロスコンビネーション」「ビクトリィースラッシュ」「ブレイズブレイク」の3つ。

スキル

クロスコンビネーション

主砲攻撃最短6回ごとに発動し、自身の次の主砲攻撃が必ずクリティカルするようになる。パープルハートが所持しているスキルの中でも優先してレベルのあげたいスキルで最も有用性が高い。

ビクトリィースラッシュ

戦闘開始後115秒後にスキルレベルにて威力が変わる超強力な弾幕を1回の戦闘で1回のみ発動するスキル。弾幕そのものは非常に強力なものとなっており、特殊な弾道を描くこともあり、どの場所にいても大体相手にヒットする。

ただ問題はスキル発動までの時間で115秒というのは海域でS評価を取れる120秒以内ギリギリの時間のうえ、演習ではまず2分間も前衛が生存していること自体少ない。いわゆるロマン砲に近いスキルのためスキルのレベル上げは「クロスコンビネーション」が終わってからで良いだろう。

ブレイズブレイク

20秒毎に最大40%の確率でスキルレベルによって威力が変わる強力な弾幕を展開、被弾した相手は低確率で12秒間炎上するスキルとなっている。スキルとしては全弾発射に近く、パープルハートの前方にやや拡散する感じで炎上効果が低確率で発生する弾を連射するというもの。

ただこちらは全弾発射とは違い確定では無く20秒毎に確率で発動するものとなっているため、全弾発射よりは汎用性は低い。こちらも「クロスコンビネーション」のスキル上げが終わってから上げると良いだろう。

総評

全体的な総評としてはステータスに関しては高水準にまとまっているものの、スキル自体が「ビクトリィースラッシュ」や「ブレイズブレイク」の使い勝手がやや悪いこともあり可もなく不可もなくといったところに落ち着いている。

イベントが終了してしまうと滅多に入手出来ないであろうコラボ艦としては良いバランスといったところだろう。実用性で言うとどうしても他にも強力な艦が目白押しの軽巡としては不満点が出てしまうが「ビクトリィースラッシュ」というロマン砲のために使うのもまた一興ではないだろうか。

重巡 ブラックハート

耐久装甲装填火力雷装回避対空航空
3611中装甲148219190331680
軽巡主砲125%/130%
魚雷140%/165%
対空110%/110%

ステータスだけを見ると愛宕や高雄といった雷装持ち重桜重巡の中でも攻撃型とされる重巡の雷装値を下げ対空値を上げたような性能となっている。

スキルは「トリコロールオーダー」「レイシーズダンス」の2つ。

スキル

トリコロールオーダー

自身の主砲のダメージが敵の装甲の種類に影響されなくなり、スキルレベルによって主砲ダメージが増加していくスキル。ブラックハートの目玉は何と言ってもこのスキルだろう。

相手の装甲を無視して全ての装甲補正を100%にしてしまうという重装甲艦キラーとも言えるスキル。現状ではスキルの恩恵を大きく受けることは出来ないが、今後通常弾で基本スペックが高い重巡主砲が実装されるとなれば間違いなくブラックハートは輝くだろう。

レイシーズダンス

20秒毎に最大40%の確率でスキルレベルによって威力が変わる強力な弾幕を展開するスキル。通常弾を扇状にばら撒いた後に、徹甲弾と榴弾をばら撒くため非常に範囲が広い。ただ、こちらも全弾発射とは違い確定では無く20秒毎に確率で発動するものとなっているため、全弾発射よりは汎用性は低い。「トリコロールオーダー」のスキル上げが完了してからで良いだろう

総評

全体的な総評としてはやはり現状ではステータス面から見ても特段光る部分も無く、不遇とされている雷装持ち重巡のため、どうしても扱いづらいという印象が前に出てしまう。

副砲持ち重巡であれば「トリコロールオーダー」が強力なスキルなこともあり、一目置くような重巡となっていたが、やはりコラボイベント艦のため雷装持ちでバランスを取ったということなのだろう。

ただ現状では「トリコロールオーダー」の性能を100%発揮するような重巡主砲がまだ実装されていないこともあり、今後実装される装備によっては真価を発揮する可能性はある。

タイトルとURLをコピーしました