新たに追加された「寧海改」と「平海改」「逸仙」のトリオは前衛最強の編成になる?個人的攻略解説

 

2月12日アップデートで実装された「寧海改」「平海改」「逸仙」とは

日本版では2月12日のアップデートにて実装された「寧海改」「平海改」、そして「逸仙」。中国版では昨年の12月23日に「寧海改」「平海改」が、「逸仙」に関しては9月20日に中型イベント「鉛色の追憶」にて実装されており、特に「逸仙」に関してはイベントをスルーしたうえ、かなり間を置いて実装されたこととなる。

今回はこのトリオが非常に強力だとSNSにて話題となっているので紹介。

基礎ステータス

耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 航速 消費
寧海改 1996 中装甲 164 182 203 102 269 0 23 10
平海改 1967 中装甲 164 182 203 99 239 0 21 10
逸仙 1698 中装甲 159 105 0 63 308 0 19 10

「寧海改」「平海改」に関しては改造前とほぼ変わらず、同じような耐久、回避、対空、航速以外は全く同じステータスとなっており、耐久と回避、航速に関してもほぼ誤差とも言えるステータスとなっている。

「寧海改」「平海改」共に耐久と航速が非常に低く、軽巡としては航速はワースト2と3、耐久は改造前である寧海と平海を含めてワースト5と6。回避は軽巡トップ1と2にランクインしているということや中装甲ということを考えても、非常に低耐久という印象。一方で火力はトップ2と3にランクインしていることや後述するスキル編成もあり、かなり攻撃的な軽巡となっている。

「逸仙」に関しては耐久と回避は最下位となっており、「寧海改」「平海改」以上に脆く、基礎ステータスの数値上では恐らく全艦中最も脆い艦となっている。しかし後述するスキルが「寧海改」「平海改」にとって非常に重要になることや他2艦と比べると対空が高くなっているため「逸仙」はあくまでもサポート艦としての意味合いが強い。

装備種/装備補正

寧海改,平海改

装備 補正 砲座数
軽巡主砲 145% 1
魚雷 155% 2
対空 135% 1
設備
設備

「寧海改」と「平海改」の装備種や装備補正に関しては対空補正が雷装型軽巡としては対空非特化型と比べるとやや高い位でそこまで特筆すべきことは無く、特に主砲補正率と魚雷補正率は雷装型軽巡としては至って平均的な補正率と言える

逸仙

装備 補正 砲座数
軽巡主砲 130% 1
軽巡主砲 120% 1
対空 80% 2
設備
設備

「逸仙」は「寧海改」や「平海改」とは打って変わって非常に特徴的な装備となっており、軽巡主砲を2つ装備することが出来る。クリーブランド等の駆逐主砲を副砲とする副砲型軽巡と比べるとどうしても手数という面では劣ってしまうことや両用砲を装備出来ないため対空増加の恩恵を受けることが出来ないため使い勝手はやや悪い。あくまでも独自性があるということや2種類の軽巡主砲が扱えることによる低い火力の補完という点で見ることになるだろう。

一方対空に関しては基礎ステータスの高さや改造を行うことで砲座数が2に増加するため補正率80%という数値によらず優れた対空性能を持つ。軽巡としては決して高くない対空値である「寧海改」「平海改」をこういった面でもサポートすることが出来る艦といえる。

スキル

寧海改、平海改のスキル一覧
姉妹の絆 寧海と一緒に出撃する時、自身の火力性能が15.0(35.0)%アップ
東煌のために 重桜陣営のキャラに与えるダメージが5.0(25.0)%アップ
尚武の魂 速力が3(8)アップし、火力が3.0(15.0)%アップする
全弾発射-寧海級 自身の主砲で12回(IIで8回)攻撃する度に、全弾発射-寧海級Iを行う
逸仙のスキル一覧
東煌の絆 寧海、平海と同じ艦隊で出撃した時、味方の逸仙・寧海・平海が受けるダメージを8.0(20.0)%軽減し、回避率を15.0(30.0)%上昇させる
東煌のために 重桜陣営のキャラに与えるダメージが5.0(25.0)%アップ
全弾発射I
自身の主砲で18回(IIで12回)攻撃する度に、全弾発射Iを行う

「寧海改」「平海改」「逸仙」の特筆すべき点は基礎ステータスや装備補正の数値では無く、各艦が持つスキル。「寧海改」「平海改」が持つスキル「姉妹の絆」は「寧海改」「平海改」を同時に出撃させることで元々軽巡ではトップクラスに高い火力値を更に上昇させ、改造することで得られるスキル「尚武の魂」でも火力が最大15%上昇し、火力一点振りともいえる火力お化けとなる。

さらに「尚武の魂」では「寧海改」「平海改」欠点ともいえる速力もアップするため、欠点を補完するという側面も強い。

一方で「逸仙」は「寧海」「平海」と同じ艦隊で出撃した際に「逸仙」「寧海」「平海」の被ダメージを軽減し、回避率を上昇させるというこちらもやはりとんでもないスキルとなっている。単純な話、常時スキルレベルが最大の煙幕が発動しているようなもので、「寧海改」「平海改」に関してはもともと回避が高いこともあり、複縦陣で出撃することで回避率が90%まで上昇する。最早当たるほうが珍しいというレベルになるだろう。

ただ、問題点として「寧海改」「平海改」の回避率は飛躍的に上がるものの「逸仙」自体の耐久と回避があまりにも低いため過信は禁物。油断するといつの間にか「逸仙」がいなくなっていたということになりかねない。「逸仙」がいなくなってしまうと「寧海改」「平海改」の回避率も下がるのでボロボロと崩れていくことになってしまう。

「東煌のために」は重桜陣営に対してしか発動しないものの、通常海域では現状全ての海域にてボスは重桜陣営艦のため絶大な効果を誇る。通常海域の攻略では頼もしいスキルとなるだろう。

おすすめ装備

ビーバーズエムブレム

耐久 75
回避 35
艦隊速力が20%アップ

「寧海改」「平海改」「逸仙」を運用するのであれば最早必須とも言える設備。「寧海改」「平海改」は「逸仙」と同時に出撃するのであれば回避は頭打ちとなっているため、是非とも「逸仙」に装備させたい。

改良型缶

耐久 245
速力 8

ただ耐久を上げるだけなのであれば応急修理装置やバルジ等に軍配が上がるが、「寧海改」「平海改」「逸仙」は航速がネックとなっているため改良型缶のほうが採用するメリットは大きい。

155mm三連装砲

威力 18×6 火力 45
基本速度 4.12s/回 対空 0
射程 50 射角 120
 拡散範囲 24 弾薬 榴弾

軽巡主砲としては最早言わずもがなの最強装備。出来れば「寧海改」「平海改」「逸仙」全ての艦に装備させたい。特に「逸仙」に関しては2つ装備することで火力が+90され、並の軽巡まで火力を底上げすることが出来る。

「寧海改」「平海改」「逸仙」のデメリット

改造図を大量に消費する

「寧海改」「平海改」はどちらもSR軽巡からSSR軽巡への改造となるため非常に多くの改造図を集める必要がある。
それぞれで改造に必要なアイテムは以下のとおり

  • 巡洋改造図T1x13
  • 巡洋改造図T2x14
  • 巡洋改造図T3x11
  • 汎用パーツT3x50
  • 艦砲パーツT3x50
  • 資金x31100

上記の必要なアイテム数はあくまで「寧海改」か「平海改」のどちらかを改造する際に必要な数となっており、両方改造するのであれば上記の2倍のアイテム数が必要となる。今からアイテムを集めるということになると全て揃うのはかなり先になるだろう。特に巡洋改造図T3は合成で入手出来ないことや元々入手出来る確率も低いのでかなり厳しい。

スキルレベル上げが苦行

「寧海改」「平海改」「逸仙」を運用するのであれば最低でも「寧海改」「平海改」の「姉妹の絆」「尚武の魂」と「逸仙」の「東煌の絆」のスキルレベルは最大にしておきたいところ。スキルレベル上げに関してはどうやっても時間短縮は出来ないので完成させるにはかなりの時間が掛かる。

総評

改造図を大量に消費することやスキルレベルを最大まで上げることにかなりの時間が掛かるという点では現状でのエンドコンテンツの1つと言える。ただ、それだけに前衛だけで考えるのであれば間違いなく「寧海改」「平海改」「逸仙」のトリオは最強の一角と言える編成となる。完成した暁には苦労に見合った対価を得ることが出来る。特に通常海域攻略では非常に頼もしい存在になるだろう。

コメント

  1. 名無しさん より:

    個人的な使用感ではありますが、改良型缶より消火装置のほうが有効な場合が多いと感じます。7海域以降は炎上が痛いので。

タイトルとURLをコピーしました