アズールレーン アズールレーン解説

【アズールレーン】軽巡洋艦「オーロラ」は演習に蔓延る駆逐と軽巡達を蹴散らす存在?演習艦隊の新たな定番メンバーとなり得るのか

2月12日のメンテナンス後、小型建造に恒常で入手可能になった軽巡洋艦「オーロラ」。

実装時にピックアップもされなかったことから排出確率が低く、現在でも入手出来たプレイヤーが少なく当初はあまり注目されていなかった「オーロラ」だが実は非常に強力な艦なのではないかということが囁かれているので紹介。

スポンサーリンク

オーロラのステータス

基礎ステータス

耐久装甲装填火力雷装回避対空航空消費
オーロラ2568軽装甲16914124476295010

耐久力は低耐久高火力艦として知られる「エイジャックス」よりも低く、回避は平均的と軽巡全体として見ると非常に脆いという訳ではないものの、やや脆い性能となっている。火力と雷装も平均的な性能となっているが一方で装填は「神通改」に続き、現状では軽巡2位に位置しているため潜在的な火力は高い。

対空値も対空特化艦には及ばないものの、軽巡としては8位に位置しておりロイヤル艦としてはトップとなる性能のため、耐久を除いた他のステータスは軽巡全体としてもバランス良く高水準にまとまっている。

装備種/装備補正

装備補正艦載機数
軽巡主砲135%1
魚雷155%2
対空130%1
設備
設備

装備補正に関しては中間的でバランス良くまとまった数値となっており、補正値だけで見てしまうと特筆すべき点は無い。しかし元々の対空値が高いうえに高い基礎ステータスを持っている艦にありがちな低い装備補正という訳ではないため、対空面では重要な艦となるだろう。

スキル

シルバーファントム自身の駆逐艦・輸送艦・魚雷艇・自爆ボートへのダメージが10.0(20.0)%アップ
暁の光自身が戦闘可能である限り、敵の駆逐艦・軽巡洋艦の回避率が10.0(20.0)%ダウン
全弾発射-アリシューザ級I自身の主砲で12回(IIで8回)攻撃する度に、全弾発射-アリシューザ級Iを行う

「オーロラ」の注目すべき点はやはりステータスや装備補正よりもスキル。

「シルバーファントム」は駆逐艦・輸送艦・魚雷艇・自爆ボートへのダメージは最大で20.0%アップするというものとなっており、通常海域では対象となる艦はほぼ全ての海域にて登場するため非常に活躍しやすいスキルといえる。

演習においては駆逐艦以外の対象は出現しないが、後述するスキル「暁の光」に効果もあり、駆逐艦に対しては圧倒的なポテンシャルを持っており、最早駆逐艦キラーと呼べるレベル。元々耐久が低い駆逐艦は敵弾を避けることが前提となっているため、ダメージアップスキルを持つ「オーロラ」は十分脅威の存在になり得る。

そして「オーロラ」が強力とされているのはスキル「暁の光」にある。このスキルは「オーロラ」が戦闘可能である限り敵駆逐艦と軽巡洋艦の回避率を最大で20.0%減少させるというもの。

つまり駆逐や軽巡の耐久力の要とも言える回避率を直接下げるという効果のため相手の前衛が駆逐や軽巡で構成されていた場合、前衛全体の耐久力低下に繋がる。特にロイヤル駆逐艦や「寧海改」、「平海改」といった回避に特化することで耐久力を高めている艦には絶大な効果を誇るだろう。現状では演習では駆逐と軽巡で構成されていることが大半のため、「オーロラ」が戦闘可能状態であれば敵前衛が健在なのであれば常時発動状態にあることもメリットといえる。

総評

総評としてはやはり「暁の光」は現状の駆逐や軽巡が蔓延る演習では非常に強力なスキルといえる。

エルドリッジ」のスキル「レインボー・プラン」も赤城と加賀を中心とした高速攻撃が可能な艦隊編成を行うことで「レインボー・プラン」が発動する前に完封することも可能。「ジュノー(軽巡)」のスキル「戦争の悲劇」もジュノーを早々に倒してしまうことで面倒な主力回復を無駄打ちさせるということも出来るという現状で面倒な相手と呼ばれる艦のスキルを有効な場面になる前にその艦を倒すというかなり強引な方法でだが封じることが出来るのが強みだろう。

一方で「暁の光」にも弱点が無いという訳ではなく、「オーロラ」が戦闘可能な状態でしか発動しないという点がデメリット。「オーロラ」は自身を守るような防衛スキルを所持していないうえに、耐久力も低い部類に入るので火力を伸ばすというよりも耐久や回避を伸ばすことが重要となっておりステータス的には耐久を除いてはバランスの良い鑑だが役目としては他艦のサポートが中心となる。

赤城や加賀といった速攻を得意とした艦と一緒に編成し、戦闘の決着を早々につけるのか、それともクイーン・エリザベスを主体としたロイヤル艦隊で全体的な耐久力を上げ、じわじわと相手の体力を削っていくのかはお好みで。

タイトルとURLをコピーしました