【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー2章2話「兵は刃に接せず」

チェン
チェン

入れ。

アーミヤ
アーミヤ

…ケルシー先生!

ケルシー
ケルシー

ーーアーミヤ…。

ケルシー
ケルシー

…○○○。

ケルシー
ケルシー

来たのか。

プレイヤー
プレイヤー

…。

チェン
チェン

コホン。

チェン
チェン

ウェイ長官。ロドスの他の代表2名も到着されました。

ウェイ
ウェイ

おお、ちょうどいい。

ウェイ
ウェイ

どうぞ掛けてくれ。今の状況をケルシーさんから聞いておったところだ。

ケルシー
ケルシー

では続けましょう。現在の状況についてはウェイさんもよくご存知だと思います。

 

ケルシー
ケルシー

龍門の情報網は毎日大量のレユニオンに関する情報を収集しているようで、このことに対しては極めて重要視していることと思います。

ケルシー
ケルシー

ですが、これだけでは龍門は依然としていくつかの肝心な情報が不足したままです。

チェン
チェン

…。

ケルシー
ケルシー

簡単な感染者の検疫だけではレユニオンに対抗できないことは龍門近衛局もご存知かと思います。

ケルシー
ケルシー

レユニオンは大人しく検査を受けてはくれないでしょうし、当局の反応を待ってから行動をするということはありません。ですのでーー

ケルシー
ケルシー

ロドスの協力が無ければ、龍門は現在の感染者対策に頼っていると、次のレユニオンの攻撃をによって大きな損失を受けることになるでしょう。

チェン
チェン

すまないが一言言わせてもらいたい。

チェン
チェン

龍門の防衛網に関しては、龍門近衛局のほうがロドスよりも詳しい。レユニオンによる侵略に対してもすでに準備は出来ている。

チェン
チェン

それに龍門には機密行動に関しての方針をロドスに伝える義務もないはずだ。

ウェイ
ウェイ

ウェイ
ウェイ

ケルシーさん、続けておくれ。

ケルシー
ケルシー

龍門は確かに武器を持たない感染者に対処した経験ならあるでしょうが、今のところ暴徒と化した感染者の集団に直面した経験がないため、龍門に不必要な損失をもたらす恐れがあるのです。

ケルシー
ケルシー

ロドスの経験則から言うとーー感染者には感染者だけが対抗できます。

ウェイ
ウェイ

では、ロドスはレユニオンに対して実際に効果的となる経験を積んでいるということかな?

ケルシー
ケルシー

あるだけです。専門家であると自称することは出来ないでしょう。

ウェイ
ウェイ

ほうーー?

ケルシー
ケルシー

ロドスがチェルノベルグでの事件に巻き込まれたことはお聞きかと思いますが、そこで彼らは他にもレユニオンから多くの情報を得たと聞いています。

ケルシー
ケルシー

ウェイさんがどこからこのニュースを得たのかは関係なくーー

ケルシー
ケルシー

これは現段階では龍門と交換出来る情報では無く単なる経歴です。ここに立ち、ウェイさんと話し合う資格と言えるでしょう。

ウェイ
ウェイ

貴方たちと利益交換するかを決めるのは龍門だ。この程度の情報しかロドスから提供されないのであればーー。

ウェイ
ウェイ

ふむ。

ウェイ
ウェイ

龍門はあなた達の本当の実力とやらを信用することは出来ないだろう。

ケルシー
ケルシー

ウェイさん、私の口からでは言葉が足らないと思います。

ケルシー
ケルシー

ただ強調しておきたいのはーーロドスが提供する情報は自身の実力によって手に入れたものです。

チェン
チェン

だが、そうだとしても龍門は同じ感染者の集団であるロドスを信用することは出来ない。

ケルシー
ケルシー

チェンさんが龍門がこの先も安泰だと思うのであれば、感染者に対して盲目的に処罰を加える事のほうが大事なことではないでしょうかーー

ケルシー
ケルシー

そうなのであれば私はすぐに現地の法令に従い、チェンさんに逮捕していただき、そして牢獄の中で龍門がレユニオンによって焼き尽くされていく様を眺めるとしましょう。

ケルシー
ケルシー

今は龍門に他の選択肢はありません。

チェン
チェン

ーー龍門は不遜な人だからといって善意を拒絶する都市ではないーー

チェン
チェン

しかし無駄話をするだけの慈善団体を受けるような場所でもない。

ウェイ
ウェイ

チェン警官。

チェン
チェン

ウェイ長官、外の感染者を龍門の機密任務に参加させることは妥当では無いと思います。

ウェイ
ウェイ

冷静に、チェン警官。彼らは客人だ。

ウェイ
ウェイ

ーー私の客人だ。

チェン
チェン

チェン
チェン

はい。

チェン
チェン

彼らが龍門の法律に反しないのであれば私は寛大です、長官。

ウェイ
ウェイ

ああ、すまない。思い出した。この言葉をーー

ウェイ
ウェイ

ーー間違いない、うむ…

ウェイ
ウェイ

私が大切にしているのは一点だけ。

ウェイ
ウェイ

実力だ。

ウェイ
ウェイ

私が知っている限りだとロドスは近隣の感染者の掃討に関わっているのだろう?

ウェイ
ウェイ

チェン警官。今のところ確かに分かる情報でロドスの軍事力はどう思う?

チェン
チェン

…私が見たロドスの行動状況を端的に説明します。

チェン
チェン

ーー詳細は以下のとおりですーー

(戦闘)

 

チェン
チェン

ーー以上が今回の戦闘での全てです。

ウェイ
ウェイ

お主の評価は?

チェン
チェン

彼らの実力は確かなものかと。

チェン
チェン

しかし、ウェイ長官。彼らの戦略レベルはどうであれ、彼らの身分について私は思うところがあります。

チェン
チェン

龍門近衛局は次の任務でも完全に遂行することは出来ます。

ウェイ
ウェイ

犯罪と侵略に対して近衛局は十分に対応出来るだろう。

ウェイ
ウェイ

ロドスも多くの可能性を提供してくれているのだ。だが…

ウェイ
ウェイ

ロドスが要求する”ブツ”と同じものはある。だがそれは今ロドスが差し出している条件とは到底交換出来るものではない。

ウェイ
ウェイ

仮防衛での協力だけでは全く同等とは言えない。それに比べるとロドスの「値段」は高すぎるのだ。

ウェイ
ウェイ

ケルシーさんとアーミヤさんはよく存じているだろう。

ケルシー
ケルシー

ウェイさん、防衛だけでは足りません。レユニオンに関してはあなたがまだ知らない情報はたくさんあります。

ケルシー
ケルシー

私達が交戦した状況から推測するに、積極的な措置を取らなければレユニオンは数週間で龍門を陥落させるでしょう。

チェン
チェン

….脅しているだけだ。何の証拠もないーー

ケルシー
ケルシー

チェン警官、チェルノベルグが一晩で陥落した本当の原因をご存知ですか?

チェン
チェン

…。

ウェイ
ウェイ

話してくれ。

ケルシー
ケルシー

アーミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

あ…はい。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスはチェルのベルグでの事件を経験しただけでなく…私達は天災も経験し、天災の中を生き延びてきました。

ウェイ
ウェイ

全く、本当に、立派なことだ。

ウェイ
ウェイ

命知らずの狂人を除いて天災から生き延びた人がどれほどいるか、私は実際に見たことはない。アーミヤさん、続けて。話を聞こう。

アーミヤ
アーミヤ

…私達はレユニオンの指導者と交戦しました。

チェン
チェン

ーー。

ウェイ
ウェイ

うむ?彼女の名前は何だったかな?

ウェイ
ウェイ

よく覚えとらん…。

プレイヤー
プレイヤー

タルーラ

ウェイ
ウェイ

ああ、そうそう、タルーラ

ウェイ
ウェイ

チェン警官は何かあるかな?

チェン
チェン

ーーー

チェン
チェン

私はーー知っています。

アーミヤ
アーミヤ

…以上がロドスのチェルノベルクでの経験です。天災に見舞われた地域はウルサスの支配からは外れたようですがーー

アーミヤ
アーミヤ

彼らは拡張する必要がありますが、まだ物量とは大きなギャップがあります。龍門は彼らの踏み台という訳です。

アーミヤ
アーミヤ

龍門は確かに一連の破壊行動を阻止することは出来るでしょうが、将来積極的に反撃出来なければレユニオンによる龍門の攻撃は続くでしょうーー。

アーミヤ
アーミヤ

そして…最も不明瞭なのは都市を失ったウルサス帝国のこれらのことに対する態度です。

ウェイ
ウェイ

ああ..お嬢さん。確かにあなたの言うとおりだ。

ウェイ
ウェイ

情勢が緊迫しているといえど龍門近衛局の人手は限られている。これまでの臨時協議を元に具体的なプランを考えようじゃないか。

ウェイ
ウェイ

だが先程私が言った通りーー。

ケルシー
ケルシー

…。

ケルシー
ケルシー

…ロドスの提示している価格が高すぎる、ということですか?

ウェイ
ウェイ

そうだ。

ウェイ
ウェイ

龍門の支出を補うために簡単な条件が2つだけある。

ウェイ
ウェイ

第一にロドスは近衛局に協力してレユニオンの龍門に対する脅威を取り除いてもらう。その中には龍門内の脅威の確認と都市に関する問題の処理も含まれている。

ウェイ
ウェイ

感染者の侵入状況もだ。とにかくどのような有益な情報であっても龍門に共有してもらおう。

ケルシー
ケルシー

それで、第二の要件は何ですか?

ウェイ
ウェイ

第二についてだが、最初の任務が完了するまでは待ってもらおう。

ウェイ
ウェイ

当然だが、私からの要求はロドスの能力と業務内容から超えることはない。

ケルシー
ケルシー

私には理解できません。ウェイさんにはもう少し詳しく説明頂きたいです。

ウェイ
ウェイ

では言わせていただこう。レユニオンがロドスの予想を越えた損害をもたらした場合ーー

ウェイ
ウェイ

私の希望としては近衛局に協力し、適切に対応したうえで、一部の後始末にも参加してほしい。もちろんあなた達の能力の範囲内で。これはおおかたの内容だが。

ケルシー
ケルシー

…。

ウェイ
ウェイ

この点についてはまだ詳しくは話せないがロドスには選択肢は無いことは忘れなさるな。

ウェイ
ウェイ

もし受け入れられないのであれば、先程の条件とあなた達が欲しいものは全て…。

ケルシー
ケルシー

アーミヤは?

アーミヤ
アーミヤ

ケルシー先生…。

アーミヤ
アーミヤ

ウェイさん、このことも契約書に書かせていただきたいのですが…。

アーミヤ
アーミヤ

”条件の解釈に当たっては、双方が共同で会議に参加する”ーーーこれも良いですか?。

ウェイ
ウェイ

ふむ、ふむ…もちろんだ。龍門は尊重するぞ。アーミヤさん。

ウェイ
ウェイ

チェン警官、あなたの意見は?

チェン
チェン

ーー私も今回の行動は賛同します。

ウェイ
ウェイ

ほう。

ウェイ
ウェイ

チェン警官も自身の目標を持っているのだな。

チェン
チェン

…。

ウェイ
ウェイ

それではーーおめでとう皆さん。龍門はあなた達を信頼する。チェン警官はあなたたちとの協力に対し全責任を負う。

ウェイ
ウェイ

しかし、感染者が自由に行動するとなれば市民たちはパニックとなるであろう。

ウェイ
ウェイ

任務を遂行する際は、龍門近衛局の指示に従うことを私は所望するぞーー。

ウェイ
ウェイ

特にチェン長官の命令にはなーー

ウェイ
ウェイ

龍門のゲートはロドスに向けて開かれた。あなた達の行動が軌道にのらんことを。

 

アーミヤ
アーミヤ

う…あー…!あのおじいさん一筋縄でいかないですね…。

アーミヤ
アーミヤ

話し方はとても静かなのですが、全く動じないというか…。

ケルシー
ケルシー

アーミヤ、あなたは彼らと交渉する方法を学ぶ必要があるな。

ケルシー
ケルシー

最後にあなたがしたことは悪くはなかったが。

アーミヤ
アーミヤ

ふふ…。

ケルシー
ケルシー

言うなればーー。

ケルシー
ケルシー

…。

ケルシー
ケルシー

…君は…。

プレイヤー
プレイヤー

・私はあなたを知っているのか、ケルシー?
・…こんにちはケルシー先生
・はじめまして、Dr.ケルシー

ケルシー
ケルシー

…。

アーミヤ
アーミヤ

ケルシー先生、ドクターを困らせないでくださいねーー。

ケルシー
ケルシー

はあーー。

アーミヤ
アーミヤ

…。

ケルシー
ケルシー

…ふむ

ケルシー
ケルシー

私達のこれまでの犠牲が…報われることを願っているぞ。

ケルシー
ケルシー

こんにちは、Dr.○○○。

ケルシー
ケルシー

おかえりなさい。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました