【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー0章4話「混戦」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。
ドーベルマン
ドーベルマン
Ace!
ACE
ACE
みんな無事だったようだな
ドーベルマン
ドーベルマン
ここはまだ合流地点では無いはずだが…どうして一人なんだ?
レユニオン構成員
レユニオン構成員
あいつらが中心区から脱出した奴らだ!絶対に逃すな!。
ドーベルマン
ドーベルマン
ふん、追手が来たようだ!
ドーベルマン
ドーベルマン
E2チーム、位置に――。
ACE
ACE
ドーベルマン、不要な戦闘はするな、撤退を優先しろ!
ACE
ACE
アーミヤ、Dr.○○○!急げ!
ドーベルマン
ドーベルマン
ここも安全ではないぞ。
ACE
ACE
分かっている。次の合流地点まで移動を続けるぞ。
ドーベルマン
ドーベルマン
お前のチームはどうした?
レユニオン構成員
レユニオン構成員
どこに隠れている?奴らを探し出せ!
ドーベルマン
ドーベルマン
また来るか!
ACE
ACE
Dr.○○○、命令をしてくれ。
ACE
ACE
前と同じようにな。
プレイヤー
プレイヤー
・….?
アーミヤ
アーミヤ
あ、Ace…。
アーミヤ
アーミヤ
実は少し小さな出来事があったのです。
アーミヤ
アーミヤ
ドクターは…記憶を失ってしまいました。
ACE
ACE
…なるほどな。
アーミヤ
アーミヤ
すみません、Ace…物事は以前と比べて大きく変わってしまったのです。
ACE
ACE
そうか。だがお前が謝る必要はないぞ。
ACE
ACE
ドクターの指揮能力は記憶喪失の影響を受けているのか?
アーミヤ
アーミヤ
…以前と変わりありません。
アーミヤ
アーミヤ
ドクターの決定力は非常に信頼出来るものです。私が保証します。
ACE
ACE
それならいい。俺はドクターの指示を受けるぞ。
ACE
ACE
失ったものは取り戻せる。
ACE
ACE
今はもっと厄介な問題が俺たちが解決することを待っているのだからな。
レユニオン構成員
レユニオン構成員
奴らがここにいるぞ!急げ、急いで攻撃しろ!
ドーベルマン
ドーベルマン
話は済んだか?私はもう戦い始めるぞ!
ACE
ACE
Dr.○○○、命令してくれ。
レユニオン構成員
レユニオン構成員
放て!家畜を放ち、やつらを噛みちぎってしまえ!
ドーベルマン
ドーベルマン
ドクター!Ace!敵はすぐ近くにいる!
ACE
ACE
――
プレイヤー
プレイヤー
・直ちに行動しろ! ・…良いだろう。 ・今のうちに敵の計画を壊してしまおう。
ACE
ACE
了解。
ACE
ACE
E3チーム!ドーベルマンを支援しろ!
レユニオン構成員
レユニオン構成員
待ち伏せ?!!
ドーベルマン
ドーベルマン
E3チーム…ずっと姿を隠して私達と挟み撃ちをするつもりだったのか。
ACE
ACE
通信が妨害されているのであればチームは合流地点の近くで行動するべきだからな。例え俺や偵察オペレーターが事故にあってもな…。
ACE
ACE
全体としての撤退計画は依然として正常に実施されている。それが俺の判断だ。
ドーベルマン
ドーベルマン
言い換えればACE、お前は合流地点にチームを残して一人で…。
ACE
ACE
結局のところ最も重要なことは合流地点の脅威を取り除くことだ。
ACE
ACE
お前たちの状況を優先的に確認するのは冒険となってしまう。俺はチーム全員を連れて行くことは出来なかった。
ACE
ACE
チームの存在目的は戦術を有効にするためであって、足止めするだけでは足手まといになるからな。
ドーベルマン
ドーベルマン
ほう。では続けて実戦でレユニオンを解決しようか!
ACE
ACE
アーミヤ、頼んだぞ。
アーミヤ
アーミヤ
分かりました。ドクターを補佐し、アーツで支援します!
ACE
ACE
最後になるが…。
ACE
ACE
Dr.○○○。ロドスアイランドの指揮を頼んだぞ。
タイトルとURLをコピーしました