ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー0章8話「狩猟」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

クラウンスレイヤー
クラウンスレイヤー

…。

クラウンスレイヤー
クラウンスレイヤー

メフィスト?

???
???

君が拒否する理由は何?うっかり飛んできた羽虫達を…自分で追いかけたいの?

???
???

僕の部隊は既に君から情報を受け取った。君は責任の全てを果たしたはずだよ。

???
???

持ち場に戻ってよ。君が担当している地域は中心区とその周辺でしょ…

クラウンスレイヤー
クラウンスレイヤー

余計なことをするな…!

???
???

君には他にやることがある。そうでしょ?

クラウンスレイヤー
クラウンスレイヤー

――

クラウンスレイヤー
クラウンスレイヤー

いいだろう。好きにしろ。

クラウンスレイヤー
クラウンスレイヤー

お前が惨敗するところが待ちきれないな

???
???

はは…

クラウンスレイヤー
クラウンスレイヤー

退くぞ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

――

アーミヤ
アーミヤ

…どうして…あの人は一部を連れて撤退したのでしょうか?

ドーベルマン
ドーベルマン

あいつは何をしているんだ?

ドーベルマン
ドーベルマン

だが警戒心を緩めてはいけない…敵の数は相変わらず私達の何倍もいるぞ!

???
???

ええっと、クラウンスレイヤーの話し方あまり良くなかったよね。彼女の代わりに謝るよ。

???
???

僕のことはメフィストと呼んでよ。

ドーベルマン
ドーベルマン

お前たちレユニオンは一体何がしたいんだ?。

メフィスト
メフィスト

何も無いよ。実は君たちをここに置いて離れても良いんだよね。始めたばかりで君たちはレユニオンの目標でもないし。

アーミヤ
アーミヤ

私達がレユニオンの目標ではないのであれば、なぜ…。

メフィスト
メフィスト

だけど、君たちの戦いを見ることが出来て僕は幸運だよ。

メフィスト
メフィスト

君たちの戦闘形式や人員配置は非常に面白い。

医療オペレーター
医療オペレーター

…面白い?

医療オペレーター
医療オペレーター

戦場での殺戮が…面白いですって?

メフィスト
メフィスト

ロドスアイランド…君たちの情報は拝見させてもらったよ。

メフィスト
メフィスト

もともと僕は君たちを普通の企業だと思ってたんだ。

メフィスト
メフィスト

でも今を見ると、君たちが関わっているのは明らかに試験管いじりの枠を超えているよね?

メフィスト
メフィスト

それに君たちを簡単に行かせても意味は無いよね?

メフィスト
メフィスト

僕は君たちと祭事の競争をしたいんだ。

ドーベルマン
ドーベルマン

…私達は知恵の足りない子供に時間を浪費したくはないのだが。

ドーベルマン
ドーベルマン

(アーミヤ、準備をしろ。私達はここを突破しなければならない)

ドーベルマン
ドーベルマン

(私がやつの注意をひきつけておく…!)。

アーミヤ
アーミヤ

(あ、はい!)

(信号弾発射の音)

 

メフィスト
メフィスト

…今のは何?誰に何を合図したの?

ドーベルマン
ドーベルマン

お子様には関係無いだろう。

ドーベルマン
ドーベルマン

(アーミヤ?)

メフィスト
メフィスト

あれ、ビジネスパーソン同士での会話では礼儀に注意しないといけないっていうのは分からない?

ドーベルマン
ドーベルマン

この世界にはお前みたいなやつが増えてきたし、お前たちが使う言葉をもっと勉強しないといけないかもな!

ドーベルマン
ドーベルマン

(アーミヤ、何が起きた?)

アーミヤ
アーミヤ

(ドーベルマン…私達の撤退ルートは彼の部隊によって封鎖されています!)

ドーベルマン
ドーベルマン

(そんなははずはない!わずか数分で奴は――)

メフィスト
メフィスト

良くないなあ。

メフィスト
メフィスト

僕は心を込めてお迎えするのに…。

メフィスト
メフィスト

君たちは考えてるんだよね…。

メフィスト
メフィスト

――逃げる方法を?

ドーベルマン
ドーベルマン

くっ!

メフィスト
メフィスト

実は君たちが勝てば安全に僕の狩場から離れることは出来るんだ。

メフィスト
メフィスト

でも、ここにいる僕の友達は君たちを次から次に殺そうとする。。

メフィスト
メフィスト

君たちは生きてさえいれば勝ち!どう?簡単なルールでしょ?。

ドーベルマン
ドーベルマン

Ace!

ACE
ACE

既に強行突破する準備は出来ている!

ACE
ACE

俺たちはこの包囲網を抜けなければならない!

アーミヤ
アーミヤ

――

アーミヤ
アーミヤ

もうすぐ天災がやってきます!早く都市から離れないとみんなが――。

メフィスト
メフィスト

何を言っているの…。

メフィスト
メフィスト

天災が落ちてくるときこそが…一番のお祝いをする時じゃないか。

アーミヤ
アーミヤ

…あなたは…

メフィスト
メフィスト

高貴なお客様方がこのゲームに参加してくれて僕はとても光栄だよ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

あぁ…あぁ…!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

殺せ…殺せ!!殺せ…奴らを!!。

ドーベルマン
ドーベルマン

アーミヤ!気を付けろ!

メフィスト
メフィスト

分かった、分かった…。

メフィスト
メフィスト

実は僕たちは君たちが中心区で何をしていたか知っているんだ。

アーミヤ
アーミヤ

――!

メフィスト
メフィスト

君たちが中心区から救い出したのはずっと顔を隠している人…。とても気になるんだよね。

アーミヤ
アーミヤ

――?!

メフィスト
メフィスト

クラウンスレイヤーは君たちがこの後何をするかだけに関心を持っているんだ。何処に行くつもりなのかってことをね?

メフィスト
メフィスト

でも僕は違う。僕が興味あるのは…

メフィスト
メフィスト

君は何なの?どこから来たんだい?

メフィスト
メフィスト

そう、今僕を見ている君のことだよ。…君は僕達とはちょっと違うみたいだね。

メフィスト
メフィスト

あの施設には一体どんな機器があって、何で生命を維持していたの?

メフィスト
メフィスト

とても興味があるんだ。

メフィスト
メフィスト

僕もそこまで冷たい人じゃない…

メフィスト
メフィスト

ねえ、ロドスアイランドのお客様達。あの男をプレゼントとして残してくれないかな?

メフィスト
メフィスト

そうしてくれれば、僕は君たちを置いていっても良いよ?

アーミヤ
アーミヤ

ドクター――

アーミヤ
アーミヤ

――私の後ろに下がって下さい!!

 

タイトルとURLをコピーしました