アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー1章10話「残余」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

ドーベルマン
ドーベルマン

レユニオンの障害を突破した!

二アール
二アール

だが――彼らは――

二アール
二アール

…私は..ぐっ…。

ドーベルマン
ドーベルマン

静かに。

ドーベルマン
ドーベルマン

…アーミヤには見せるな。

二アール
二アール

アーミヤはよく分かっているはずだ!彼女は私達が思っているよりもずっと成熟している…!

アーミヤ
アーミヤ

…あ…。

アーミヤ
アーミヤ

…え…?

ドーベルマン
ドーベルマン

そうだったとしても、彼女には見せることは出来ない!

ドーベルマン
ドーベルマン

彼女の心を更に苦しめることは賢明なことじゃない。彼女は背負っている荷物が…多すぎるんだ。

ドーベルマン
ドーベルマン

…やめてくれもう…彼らの努力が無駄になってしまう!

ドーベルマン
ドーベルマン

彼らが私達を生き延びさせてくれた以上、ドクターとアーミヤは私達が守って…無事に帰還させるんだ。

二アール
二アール

…。

二アール
二アール

ああ。

ドーベルマン
ドーベルマン

まだ落胆している場合ではない。

ドーベルマン
ドーベルマン

耀騎士はいつの時でもみんなを導く光なのだろう?

二アール
二アール

――

二アール
二アール

私には分からない。だが、私は私がすべきことをやろう。

二アール
二アール

部隊を再編成しろ!たるんではいけない!もうすぐ着くぞ!

ドーベルマン
ドーベルマン

ドーベルマン
ドーベルマン

くっ…。

ドーベルマン
ドーベルマン

安心させてくれる言葉を掛けてくれた人は誰一人帰ってこなかったな。

 

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

○○○ドクター…?何があったんですか…何が…

アーミヤ
アーミヤ

お、お願いです、私を…私を降ろして下さい…。

アーミヤ
アーミヤ

はい、大丈夫です。自分で歩けます…。

アーミヤ
アーミヤ

私は…意識を失いましたが…大丈夫です。

アーミヤ
アーミヤ

…私達は逃げられたのですか?

アーミヤ
アーミヤ

ACE達は…

プレイヤー
プレイヤー

…。

アーミヤ
アーミヤ

そうですか。

アーミヤ
アーミヤ

大丈夫です。ACEならきっと大丈夫です。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスのみなさんは強いですから。

アーミヤ
アーミヤ

もう南の出口に着きます。チェルノボーグから撤退さえすれば私達は…。

アーミヤ
アーミヤ

私…たちは…

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター…あの…少しもたれかかっても良いですか…。

アーミヤ
アーミヤ

ほんの少し…ほんの少しだけで良いので…。

アーミヤ
アーミヤ

…。

 

タルーラ
タルーラ

ーーー

タルーラ
タルーラ

面倒だ。

メフィスト
メフィスト

…。

メフィスト
メフィスト

どうやって…あそこから…あいつら…

メフィスト
メフィスト

街の半分は炭になり、広場は火の海なんだぞ…。鉄は溶けてまた固まるほどなのに…

メフィスト
メフィスト

しかしあいつらは何故…あそこまで戦えるんだ?

???
???

骨となるまで奮闘する――素晴らしいですね。

タルーラ
タルーラ

覚えたぞ。

タルーラ
タルーラ

…ロドスアイランド。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました