【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー2章9話「裏工作」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

リスカム
リスカム

――

リスカム
リスカム

どうしてこんなにもレユニオンがいるのですか!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

おっと!

フランカ
フランカ

…。

フランカ
フランカ

敵がどんどん増えていってる感じがするのは私だけ?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

あがっ!

リスカム
リスカム

錯覚ではありませんよ。明らかにレユニオンの増援が来ています。

アーミヤ
アーミヤ

まずいですね、まだ彼らに反撃すら出来ていないのに――!

リスカム
リスカム

それどころかロドスが先に倒されてしまいます。

リスカム
リスカム

フランカ、見て下さい。

リスカム
リスカム

東側の出口に隠れているのはレユニオンの術師かもしれません。

フランカ
フランカ

正面の通路、両側の高層ビルにも多くのレユニオンが集結しているわ――

フランカ
フランカ

…私達が触れるまで気づかないフリをしたいのね。

フランカ
フランカ

あそこは…ビルの屋上ね。

フランカ
フランカ

いくら敵がいようとも、ここでやられたらおしまいだわ。

フランカ
フランカ

馬鹿にされたような気分だけどレユニオンはここをわざわざ選んで私達と戦っているようね…。

アーミヤ
アーミヤ

レユニオンは一斉攻撃を仕掛けるつもりなのでしょうか?

アーミヤ
アーミヤ

全体員、陣形整列!

フランカ
フランカ

ちょっと待って――。

フランカ
フランカ

前に見たレユニオンの指揮官かしら?

 

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

…。

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

…ロドスアイランド。

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

お前たちが彼女を龍門に引き渡したのか?

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

(フランカ、レユニオン達に先にショックを与える必要があります!)

アーミヤ
アーミヤ

(彼らが攻め続ける勇気が無いうちに低層に移動しましょう!)

アーミヤ
アーミヤ

(今は戦地を拡げなければいけません!)

フランカ
フランカ

(分かったわ、走りながら始めましょう!)

アーミヤ
アーミヤ

あなたに何の関係があるのですか?

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

…お前!

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

…。

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

我が同胞たちよ、やってしまえ!

(戦闘)

 

アーミヤ
アーミヤ

これが最後のレユニオン達です!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…うわああ!

リスカム
リスカム

確保!

リスカム
リスカム

オールクリア!

フランカ
フランカ

敵の指揮官は?

リスカム
リスカム

――このグループにはいませんでした。

フランカ
フランカ

ずっと潜伏しているようね….観察しながら私達を尾行するつもりかしら。

フランカ
フランカ

私達の体力を削って勝ちを確信してから襲ってくるのかしらね?

アーミヤ
アーミヤ

レユニオンは敵に対して奇襲を行うのが得意です。

アーミヤ
アーミヤ

チェルノベルクでそのことを学びました。

アーミヤ
アーミヤ

今のうちに撤退を――

リスカム
リスカム

退路の安全が確認出来ていません。

リスカム
リスカム

もし彼らが建物を破壊し退路を封鎖してしまったら危険です。

アーミヤ
アーミヤ

――すぐに他のルートを調査してください!隠されていれば隠されているほど良いです!

リスカム
リスカム

アーミヤ、4時の方向、あの下の道に下る階段はどうですか?

フランカ
フランカ

あそこは歩きにくいわよ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ああ!ロドスアイランド!

アーミヤ
アーミヤ

待ち伏せです!気を付けて下さい!

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

追い続けろ。

スカルシュレッダー
スカルシュレッダー

やつらに息をつく暇を与えるな。

 

ミーシャ
ミーシャ

…長官。

ミーシャ
ミーシャ

――貧民区に…感染した子どもたちがいるんです。

ミーシャ
ミーシャ

もし出来るのであれば…。

ミーシャ
ミーシャ

お願いです…あの子達の世話をしてくれませんか。

チェン
チェン

龍門を守ることが近衛局の責任だ。

チェン
チェン

感染者は龍門の市民ではない。

ミーシャ
ミーシャ

…。

チェン
チェン

…。

チェン
チェン

しかし龍門の感染者は依然として龍門に住んでいる。

チェン
チェン

私はお前に保証する理由は何も無いが私は職務を全うする。

チェン
チェン

なにしろ――

ミーシャ
ミーシャ

彼らは前にも言っていました――。

チェン
チェン

これが私達がずっとやってきていることだからだ。

ミーシャ
ミーシャ

ミーシャ
ミーシャ

ありがとうございます…。

チェン
チェン

…。

チェン
チェン

――我々がお前を探していた理由は知っているのか?

ミーシャ
ミーシャ

…分かりません。

ミーシャ
ミーシャ

私にはあなた達が私を追う理由が思いつきません。

ミーシャ
ミーシャ

ですが、もしかしたら…。

ミーシャ
ミーシャ

原因は私ではなく――。

ミーシャ
ミーシャ

――私の父。

チェン
チェン

――――そうだ。

チェン
チェン

お前の父はチェルノベルクで最も有名な科学者だ。

チェン
チェン

同時に彼はチェルノベルクでは重要な政治家の一人でもある。

チェン
チェン

もしかすると、お前は持っているのかもしれない…。

チェン
チェン

――

チェン
チェン

そうでないかもしれない。

チェン
チェン

だが、我々はお前がレユニオンの手に渡ることを許すことは出来ない。

W
W

ふふ、見つけたわよ。龍門近衛局。

W
W

あなた達に恨みは無いけど――。

W
W

私の手の中には面白い脚本があるのよ。

W
W

つまらないことを面白くするために、あなた達を参加させる必要があるの。

W
W

始めましょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました