【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー3章2話「記憶」

チェン
チェン

ようやく着いたか、星熊。

星熊
星熊

すみません、長いあの敵に足止めされてしまって。

チェン
チェン

怪我はないか?

星熊
星熊

大丈夫です。

星熊
星熊

しかしあの感染者の力には驚きました。

星熊
星熊

特別警察局は龍門本区の守備を強化しています。

星熊
星熊

私が先程連れてきたのが現在利用できる部隊全てです。

チェン
チェン

…特別警察局は本当に敵1人に足止めされていたのか?

星熊
星熊

自分の目で見るまでは私も信じられませんでしたよ。

星熊
星熊

あいつには確実にそれだけのレベルの力があります。

星熊
星熊

そしてあいつは…心ここにあらずといったようでした。

星熊
星熊

ところで周りの方たちは――。

星熊
星熊

ロドスアイランドの方たちですか?

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官、こちらの方は…。

チェン
チェン

特別警察局の精鋭、星熊だ。

星熊
星熊

あなた方がロドスアイランドですか?

星熊
星熊

えっと、このような小さな子もロドスアイランドなのですか?

チェン
チェン

彼女はリーダーだ。

アーミヤ
アーミヤ

チェ、チェン長官。

星熊
星熊

あーっと..。

星熊
星熊

他のことは置いておきましょう。

星熊
星熊

今、何か考えはありますか?

アーミヤ
アーミヤ

私達の特別行動隊員2名が既に拉致実行者の行方を見つけました。

アーミヤ
アーミヤ

彼女達は今レユニオンを追跡しています。彼女達の案内に従って行動できます。

星熊
星熊

良いですね。

星熊
星熊

チェンさん、この前はアイディアを褒めていましたよね。

星熊
星熊

この人達はとても素晴らしいと。

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官が…私達を褒めていた?

チェン
チェン

ふん。

チェン
チェン

星熊、近衛局の全小隊を集めろ、移動するぞ。

チェン
チェン

ロドスは先導してくれ。

アーミヤ
アーミヤ

――了解です。レユニオンは断続的に戦闘員を残していっているようですね

アーミヤ
アーミヤ

彼らはルート上で待ち伏せしているようです――。

星熊
星熊

容易いことです。

アーミヤ
アーミヤ

はい、私達は慎重に行動して彼らの姿を見つけ次第、先制攻撃をしましょう。

星熊
星熊

はい。

星熊
星熊

私に見せて下さい、ロドスアイランドが戦闘も心得ているのかどうかを!

(戦闘)

 

 

レユニオン構成員
レユニオン構成員

君がミーシャ?

ミーシャ
ミーシャ

レユニオン構成員
レユニオン構成員

こんにちは。

ミーシャ
ミーシャ

…?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…スカルスマッシャーがよく話していたよ、今日ようやくあなたに会うことが出来た。

ミーシャ
ミーシャ

…あなたも…感染者…?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

そうだよ。

ミーシャ
ミーシャ

どうして…レユニオンに入ったの?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

どうしてかって?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

――――。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

私の妻や子供…みんなチェルノベルクのやつらの手で死んでいった。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ウルサスでの感染者の待遇は家畜よりもひどかった。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

チェルノベルクの破壊――?あれは復讐だ、復讐としては足りなすぎるくらいだ…

レユニオン構成員
レユニオン構成員

どれだけの感染者が血を流すことになった?!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ミーシャ、やつらは俺たちを恐怖に陥れ、愚弄し、侮辱し、迫害した――

レユニオン構成員
レユニオン構成員

――ただ俺たちが感染者というだけで。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

たったそれだけので理由でだ。

ミーシャ
ミーシャ

…。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

興奮してしまった、忘れてくれ。

ミーシャ
ミーシャ

…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

イヴァン、怪我人を迎えに行ってくれ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

分かりました。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

この廃炭鉱を仮拠点にし、ここで少し整えよう。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

時が来たらチェルノベルクに戻るぞ。

ミーシャ
ミーシャ

…。

ミーシャ
ミーシャ

…ア――。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

いや。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

私はその名前はもう捨てたんだ。

ミーシャ
ミーシャ

どうして…?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

あの人は昔にもう死んだんだ。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

今はスカルスマッシャーと呼んでくれ。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

君――怯えているのか?

ミーシャ
ミーシャ

スカル…スマッシャー?…どうして?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

はあ……君にもわかるだろう。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

皆は君が龍門の手に落ちたと知ってから、自ら進んで君を救いに来てくれたんだ。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

龍門で、私達は多くの感染者を受け入れた。

ミーシャ
ミーシャ

――でもあなたは…他の人を傷つけていた。

ミーシャ
ミーシャ

私は嫌…そんなことしたくない..。

 

 

 

 

ミーシャ
ミーシャ

どうして感染者同士が…

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

目には目を、当然の理屈だ。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

ウルサス人は身内にはまるで春のように暖かく接する…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

敵に対しては――――。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

…。

ミーシャ
ミーシャ

どうしたの?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

…君は知っているか?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

いや――君は――知らないだろう。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

彼らは私を捕まえる時、私は家から引きずり出されたんだ…。

ミーシャ
ミーシャ

どうして?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

私は母さんが私の手を握っているのを見た…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

君は見ていた。

ミーシャ
ミーシャ

…いえ…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

君はきっと――。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

やつらは母さんのことを殴った。でも母さんは手を離すことを拒否した…

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

やつらは雪の上に一本の血の道を引いた。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

もしもレユニオンが…もしも感染者が…もしも――――!

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

もしももっと早く、もっと早ければ!

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

私達感染者はこんなにも多く苦しむことは無かったんだ!

ミーシャ
ミーシャ

私…私は…勇気が無かった…。

ミーシャ
ミーシャ

…私…ぐす…

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

ミーシャ…

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

良くなるよ…何もかもが良くなる。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

私は君のことは責めない。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

あんな時に…誰が勇気を出せる?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

でも少なくとも今はレユニオンが私に勇気をくれるんだ。

ミーシャ
ミーシャ

ア…

ミーシャ
ミーシャ

スカルスマッシャー…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

君は選ぶことが出来る。僕たちを信じないということも。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

――もし私達を信じてくれたとしても、君は私達に加わらなくても良い。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

だけどそれでも君は1人の感染者だ。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

レユニオンは…きっと感染者の自由のために戦い続ける。

ミーシャ
ミーシャ

でもあなた達は…チェルノベルクを破壊した。

ミーシャ
ミーシャ

たくさんの無実の人が亡くなった――。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

――無実?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

はっ、誰が無実なんだ?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

チェルノベルクが隔離制度を実行した時、誰が反対してくれたんだ?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

私達は鉱場に連れ込まれて、ウルサスが私達が鉱場で厳しい冬の寒さの中で死んでいく中、誰が反対してくれたんだ?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

誰が立ち上がって反対してくれたんだ?!

ミーシャ
ミーシャ

私、知らなかった…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

…レユニオンは長い間ウルサスと戦ってきた2人のリーダーがいる。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

彼らは言ったんだ。ウルサス人にも感染者のためにウルサスと戦っている人はいると。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

しかし彼らはチェルノベルクにはいなかった

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

チェルノベルクは冷たい眼差しで私達が死ぬのを見てたんだ――

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

いや、チェルノベルクは私達が死ぬ様を見て喜んでいたんだろう!!

ミーシャ
ミーシャ

…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

チェルノベルクはぶっ壊してしまうべき都市だったんだ!

ミーシャ
ミーシャ

私は感染者を助けている他の人達と会ったの…彼らは…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

ロドスアイランドか?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

感染者でありながら龍門を手伝い私達を傷つける奴らか?

ミーシャ
ミーシャ

…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

私達の同胞を殺し、私達の兄弟を殺す奴らだろう?

ミーシャ
ミーシャ

ちがう…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

君は事実を見ていないだけだ。だが今に見ることになるだろう…

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

…ごめん。興奮してしまった。

ミーシャ
ミーシャ

大丈夫…私…。

ミーシャ
ミーシャ

…あなたのことは分かった…

ミーシャ
ミーシャ

これまでの長い間、あなたは…とても大変だったんだよね?

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

誰もが苦しんできた。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

でも今は、少なくとも誰もが希望を持っている。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

タルーラ、彼女は感染者を導き、全ての残虐な行為と戦っている。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

レユニオンムーブメントは私達の希望だよ。

ミーシャ
ミーシャ

…それでも誰もがまだ苦しみ続けている。

ミーシャ
ミーシャ

…レユニオンが本当に彼らを守れるのであれば…。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

もちろんだ。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

レユニオンは皆を守ることが出来る…私も君を守ってみせる。

スカルスマッシャー
スカルスマッシャー

二度と君を傷つけさせはしない。

ミーシャ
ミーシャ

――――スカルスマッシャー…

 

 

 

 

エクシア
エクシア

あ、見つけた――!。

テキサス
テキサス

見た所やつらの損害は小さくはなかったみたいだな。

エクシア
エクシア

会社に戻って無くて良かったよ…戻ってたら一周してまた仕事をしないといけないところだった…。

テキサス
テキサス

レユニオンの撤退ルートを予測しよう。

テキサス
テキサス

大方のルートと方位をあわせて、アーミヤに全部送ろう。

エクシア
エクシア

すぐ出来るよ!

テキサス
テキサス

――ああ。

テキサス
テキサス

レユニオンに暇を与えてはいけないからな。

エクシア
エクシア

ええと、たぶん..ここは…こうで…こうかな。そろそろだよ!

テキサス
テキサス

準備は出来たか、エクシア?

エクシア
エクシア

どうする?なにする?

テキサス
テキサス

まずはウォーミングアップだ。

テキサス
テキサス

やつらの見張所から始めよう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました