アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳「騎兵と狩人」 GT-6「金三角」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

ビッグボブ
ビッグボブ

数年前、私達は感染者となった。

ビッグボブ
ビッグボブ

私達は隠れ、平穏な生活は一夜にして贅沢なものとなった。

ビッグボブ
ビッグボブ

私達はレユニオンとなることで生活が改善できると思った。だが…

ビッグボブ
ビッグボブ

私達にパンを売ってくれる店は無いし、泊まることが出来る場所も無い。

ビッグボブ
ビッグボブ

だから私と兄弟たちはそこから離れて、あちこちを放浪した。だが財宝の話が飛び込んできて、ここに来たのだ。

ビッグボブ
ビッグボブ

今こそ、財宝を奪うことさえ出来れば――。

ビッグボブ
ビッグボブ

私達はクルビアに向かうことが出来る。遠い土地だが、感染者がまだ自分の町や畑を持っているんだ。

ビッグボブ
ビッグボブ

だから、グラニ。私は兄弟のためにこの宝を絶対に手に入れてみせる。

ビッグボブ
ビッグボブ

宝がそう遠くないことは知っている。君は良い人だったが、仕方がない――――

レユニオン構成員
レユニオン構成員

女だ!お前――

スカジ
スカジ

どきなさい。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ぎゃあ!

ビッグボブ
ビッグボブ

スカジ
スカジ

私はあなたが何者であろうと気にしないわ。何をしようとも。

スカジ
スカジ

あなた達はすぐに私の視界から消えるのだから。

 

ビッグボブ
ビッグボブ

君を敵にしなければならないというなら、スカジ…今日は最後まで戦うぞ。

スカジ
スカジ

こんな人がグラニのパートナーなのかしら?

グラニ
グラニ

あなた達が宝を持っていったら、滴水村はどうすればいいの?

ビッグボブ
ビッグボブ

いずれにせよ彼らはまだ生きていくことは出来る。私達にはもう道が無いんだ。

ビッグボブ
ビッグボブ

君とは知り合ってまだ間もないが、君がどんな人なのかは分かる。

ビッグボブ
ビッグボブ

君は君の周りの化物と違って、私達感染者をよそ者として扱わなかった。

グラニ
グラニ

(スカジは私達全員が仲間だと思って倒しに来ただけだろう。多分部外者であると思わなかっただけのはず…)

ビッグボブ
ビッグボブ

グラニ、キャロルがどこにいるのか教えてくれ!

ビッグボブ
ビッグボブ

この宝が私達にとって何を意味するのか分かるだろう!

グラニ
グラニ

ごめんなさいビッグボブ、もう依頼は受けているんだ。

グラニ
グラニ

私の任務はたった一つだけ。宝をキャロルに渡し、彼女を助け、村に平穏を取り戻すこと。

スカジ
スカジ

私には関係はないわ。キャロルを私に渡しなさい。

ビッグボブ
ビッグボブ

あの女の子に何をさせるつもりなんだ、化物さんは?

ビッグボブ
ビッグボブ

彼女の皮膚を剥いで、血でも飲みたいのか?

ビッグボブ
ビッグボブ

それ以前に、君もこの小さな子から聞いただろう。いずれにせよ、彼女は絶対に村長を君には渡すことはない!

ビッグボブ
ビッグボブ

だが私は違う、宝が必要なだけなんだ。彼女を傷つけることは絶対にしない!

スカジ
スカジ

本当にうんざりするわね…グラニ、キャロルはどこなの?

グラニ
グラニ

キャロルは村を守りたいだけなんだ。宝物なんてそもそもそれほど気にはしていない。

ビッグボブ
ビッグボブ

それなら私に宝をくれ!

スカジ
スカジ

レユニオンと賞金稼ぎなんて同じようなものよ。

ビッグボブ
ビッグボブ

私とお前たち賞金稼ぎは同類では無い!

ビッグボブ
ビッグボブ

私も以前はスカジのような馬鹿だったが、今では全て理解することが出来た。

ビッグボブ
ビッグボブ

今の世の中、どんな富や地位であろうとばかげた事なのだと。

ビッグボブ
ビッグボブ

私達はただその宝で生きたいだけ、それだけなんだ!

スカジ
スカジ

もう一度言うわ、キャロルを渡しなさい。

グラニ
グラニ

キャロルだろうと、宝だろうと絶対にあなた達には渡さない。

グラニ
グラニ

それが私の任務だ。

ビッグボブ
ビッグボブ

グラニ!まだチャンスはある!私はあなたと戦いたくはない!

ビッグボブ
ビッグボブ

宝さえ手に入れば、誰も苦しむことはないんだ!

グラニ
グラニ

この宝には君の取り分もあるんだよ、ビッグボブ!

ビッグボブ
ビッグボブ

私には兄弟がいるんだ!先に宝を見てからそれは話す!

スカジ
スカジ

武力を使うのであればあなた達は力の差がどれくらいあるのか分かっているはずよ。

グラニ
グラニ

自信は無いけど、あなたたちと同時に戦うくらいなら私にも出来るよ。

ビッグボブ
ビッグボブ

少なくとも私達の間の問題は解決できるはずだ、グラニ!

グラニ
グラニ

いいや。

ビッグボブ
ビッグボブ

まずは彼女を解決しようじゃないか!

スカジ
スカジ

話は終わった?

グラニ
グラニ

君とここで戦うのであれば、もう後戻りは出来ないよ!

ビッグボブ
ビッグボブ

私は――――。

???
???

グラニ!

???
???

良かった、見つけました!宝を見つけましたよ!。

キャロル
キャロル

やっとのことで全部の箱を引っ張り出すことが出来ました―――

キャロル
キャロル

ボブさん!

キャロル
キャロル

無事でよか――。

グラニ
グラニ

来ないで!

キャロル
キャロル

え?!

スカジ
スカジ

…ちっ!

ビッグボブ
ビッグボブ

はあ…はあ…。

ビッグボブ
ビッグボブ

私達は…もう振り向かない!

グラニ
グラニ

え?キャロル!

グラニ
グラニ

スカジ!

スカジ
スカジ

どうしてこんな威力のない爆発物を使うのかしら?

ビッグボブ
ビッグボブ

彼女に借りを返したんだ。

ビッグボブ
ビッグボブ

次からは本物を使う。

グラニ
グラニ

スカジ。

グラニ
グラニ

君は宝物に興味は無い。ただキャロルを傷つけたくないだけなんでしょ。

スカジ
スカジ

…。

グラニ
グラニ

でなければ、爆発の瞬間にあなたは彼女から宝を奪い取って、彼女を守るなんてことしないでしょ。

スカジ
スカジ

私は宝は欲しくない。私が欲しい答えはキャロルにある。

グラニ
グラニ

早く言ってくれれば良かったのに!

グラニ
グラニ

正直なところ、悪い人を無理に装うのも疲れたのでしょ?素直になれば良いのに。

スカジ
スカジ

他の人を巻き込みたくなかったのよ…任務中は。

スカジ
スカジ

でも、今回の目標は私にとって本当に重要なことなの。

グラニ
グラニ

もちろん分かっているよ。私達の任務は違っているけど。方向は同じなんじゃない?

グラニ
グラニ

任務を完了するために他のオペレーターを手伝うのは当然だよ!

スカジ
スカジ

ええ。

グラニ
グラニ

宝のありどころは力で決めるしか無さそうだね。

グラニ
グラニ

スカジ、お手柔らかに、お手柔らかにね!。

ビッグボブ
ビッグボブ

グ ラ 二 !

グラニ
グラニ

ビッグボブさん、ごめんなさい、ちょっと痛くするかも!

 

(戦闘)

 

ビッグボブ
ビッグボブ

はあ、やはり…。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ボブ!しゅ、出血が!。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ここで無駄に血を流すわけにはいかない!俺はまだ――

ビッグボブ
ビッグボブ

十分だ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ボブ..。

ビッグボブ
ビッグボブ

私達はもう十分血を流しただろう?

スカジ
スカジ

まだやるつもり?

ビッグボブ
ビッグボブ

いや、私達は生きるために戦っているのに、どこに戦いの中で命を落とす必要があるんだ?

ビッグボブ
ビッグボブ

私はあまり強くない。運命なんだろうな。

グラニ
グラニ

…。

キャロル
キャロル

ボブ、ごめんなさい….この宝がなければ私達の村は終わってしまうのです。

スカジ
スカジ

あの箱からは少し遠い。鍵を私に渡しなさい。

キャロル
キャロル

え、え?

スカジ
スカジ

その鍵で宝箱を開けた瞬間にあなたは命を落としてしまうわ。

キャロル
キャロル

私――――

キャロル
キャロル

これは我が家に代々伝わる貴重品です。私達の最も重要な役割の一つはこの鍵を保管することなのです――

スカジ
スカジ

――鍵は使われると手を切りつけ、あなたの血を吸い始める。あなたがクーランタ人の血筋でなければ鍵は壊れる。

スカジ
スカジ

鍵を渡しなさい!

キャロル
キャロル

だめです。これは村のすべての人にとっての希望なんです。

グラニ
グラニ

うーん。

グラニ
グラニ

それって全部本当のことなの、スカジ?

スカジ
スカジ

騎士の宝を隠した者は、騎士の秘密を守るために、手段を選ばない。ただ――

キャロル
キャロル

ただ、カジミエーシュの血脈だけがあらゆる障害を打ち破ることが出来る。

 

キャロル
キャロル

”犠牲を恐れず、危険を恐れないカジミエーシュの血脈こそが、あらゆる障害を打ち破る”

キャロル
キャロル

いくらかの代価が掛かるかもしれないということは分かってはいましたが、こんなことになるとは思いもしませんでした。

グラニ
グラニ

…。

キャロル
キャロル

村のすべての人のため、私はとっくに覚悟は出来ています。私がこの箱を開けなければいけないのです!

キャロル
キャロル

グラニ、私にもし何かあれば、この財宝は村人達に持ち帰ってください!

キャロル
キャロル

ごめんなさい、お父さん…。

グラニ
グラニ

ちょっと待って!

キャロル
キャロル

え?

グラニ
グラニ

キャロル。鍵を見せてもらえる?

キャロル
キャロル

私…はい。

グラニ
グラニ

この鍵、大きすぎない?

スカジ
スカジ

大きくはないと思うけど、吸う血の量は一般人がとても耐えられるものじゃないと思うわ――。

グラニ
グラニ

だから、この化物の鍵は吸える血に限りがあるってことだよね?

グラニ
グラニ

キャロル。

グラニ
グラニ

私が箱を開けるよ。

スカジ
スカジ

!!

キャロル
キャロル

え?でもそれだと、グラニーが。

グラニ
グラニ

大丈夫。

グラニ
グラニ

ごめんね。キャロル

グラニ
グラニ

スカジ、気絶したら私の身体を受け止めてね。

キャロル
キャロル

グラニ、やめて!そんなことしないで!

グラニ
グラニ

あぅ!!!

キャロル
キャロル

グラニ!

数日後

 

晴れ/視界度 12km

賞金稼ぎキャンプ外

賞金稼ぎ
大尉

…お前たち…お前たちはよくも大胆に帰ってこれたな!

賞金稼ぎ
大尉

集合!全員こっちに来い!

スカジ
スカジ

本当に面倒ね。どうして私達がこいつら賞金稼ぎの手伝いをしないといけないの?

グラニ
グラニ

しょうがないよ。鍵をもらった以上、仕事はしないと。

グラニ
グラニ

実際、あなたがいる限り、わざわざ他の人を雇って村を助けなくても良いんだし。

スカジ
スカジ

ちっ。私の知ったことじゃないのに。

スカジ
スカジ

人数が多いわね。あなたも一命を取り留めたし、どうにかやっていけるんじゃないの?

グラニ
グラニ

あなたもいるよね?

 

スカジ
スカジ

早くしなさい。急いでロドスアイランドに戻るわよ。

グラニ
グラニ

うん、それじゃ始めようか!

グラニ
グラニ

キャロルが待ってるからね!

ビッグボブ
ビッグボブ

すまない、最後まで手伝ってもらうとは――。

キャロル
キャロル

大丈夫です。村の人も感染者を怖がっていますし…

キャロル
キャロル

このことは私達が知っているだけで十分です。

ビッグボブ
ビッグボブ

とにかく、君には感謝するよ。

ビッグボブ
ビッグボブ

グラニも決断してくれてありがとう…。

グラニ
グラニ

関係ないよ!

スカジ
スカジ

ようやくこの件は一段落したのね?私はもう出発するわ。

グラニ
グラニ

え、待ってよ!

グラニ
グラニ

ごめんね、キャロル!先に村に戻ってるよ、村にはまだ手伝いが必要なことはたくさんあるから…

キャロル
キャロル

はい!

グラニ
グラニ

それとボブおじさん、身体は大切にしてよ!治療が必要なのであればロドスアイランドに来てよね!

ビッグボブ
ビッグボブ

おちびさん、ちょっと待ってくれ!

ビッグボブ
ビッグボブ

この金貨、確かに受け取ったぞ!

 

グラニ
グラニ

うん!

グラニ
グラニ

この記念品、大切にするよ!。

数カ月後

【ビッグボブの手紙】

拝啓

ボブだ。私は今、クルビアにある辺鄙な邸宅で手紙を書いている。

みんな元気に過ごしている。感染者という身分は不便だが日の下での生活は想像以上に素晴らしいな。

キャロルのお嬢さんとグラニが村を修繕してくれたおかげで、余った財宝を全て私に残してくれて、無事に兄弟たちも住むことが出来るようになった。

今は自給自足をしていて、ホップの花を試すことを計画しているんだ。

全て滴水村の宝のおかげだよ。

一つとてもおもしろい話があるのだが、それは手紙にぞんざいに書いていい話じゃないんだ。

私は少し考えを改めたよ。

君は知っていて、私も分かってはいたのだが、レユニオンは感染者にとって落ち着ける唯一の場所では無い。

君はきっと自分で選択することが出来る。

君に会いたいよ。またクルビアで会おう。

ボブ

???
???

…。

???
???

それは良かった。

タイトルとURLをコピーしました