アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳「騎兵と狩人」 GT-EX-1「トゥルー・グリッド」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

…私達は彼を麻袋に押し込むべきなのだろう。

夜明けにマストを釣り上げ…

…彼の喉を掻っ切るべきだ。

嵐の中で海に捧げ…

スペクター
スペクター

きゃあ!

スペクター
スペクター

…またこの夢。

???
???

…。

スペクター
スペクター

どなたかしら?

スペクター
スペクター

――あなたでしたか。ですが、ええ、何故か名前を思い出すことができないの。

???
???

それは重要なことじゃないわ。あなたは私を普通のロドスアイランドのオペレーターとして接してくれればいい。

???
???

苦しんでいるように見えたけど。

スペクター
スペクター

ただの悪夢です。

スペクター
スペクター

意識の中で渦巻いていた黒い破片が壊れた協会の影の元へ隠れていくのです。

スペクター
スペクター

私がそれに近づくと、それは鎖となって私を深い海に引きずり込む。

???
???

…。

???
???

だけど、すぐにでも痛みから逃げ出す方法はあるわ。

スペクター
スペクター

そうなの、ふふ、本当に良かったですわ。でも私が信じると思います?

スペクター
スペクター

ああ。

スペクター
スペクター

あなたの息遣い…よく知っていますわ。

スペクター
スペクター

いえ、違います。気味が悪い。強烈な匂い、血の匂い、この匂いは。深海の匂いがします。

スペクター
スペクター

よく知っています。でもそれは嫌な匂い。

???
???

そうね。

スペクター
スペクター

あなたの名前を教えてくださらない?

スカジ
スカジ

スカジ。

スペクター
スペクター

おもしろいわ。どうしてこんなところにいるのかしら?

スペクター
スペクター

ケルシーの許可なく、この部屋には来られないはずよ。制御出来なくなったらバラバラにしてしまうのに。

スカジ
スカジ

怖いわ。みんな恐ろしがるわね。私はもう慣れたわ。

スカジ
スカジ

出発の時間よ。あなたが戻ってくれば状況は進展するかもしれないわ。もっとも、あなたは以前と同じように、忘れるでしょうね。

スペクター
スペクター

どこにいくのかしら?

スカジ
スカジ

秘密が埋葬されている場所。

スカジ
スカジ

あなたからは遠いところよ。

 

タイトルとURLをコピーしました