【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー4章5話「官僚主義」

アーミヤ
アーミヤ

フロストリーフ?フロストリーフ?!

アーミヤ
アーミヤ

一体何が――。

???
近衛オペレーター

アーミヤ!こちら第二偵察チーム――。

???
近衛オペレーター

私達は撤退します!ですが相手は…。

???
近衛オペレーター

レユニオン…。

???
近衛オペレーター

…。

アーミヤ
アーミヤ

また切れた?

アーミヤ
アーミヤ

第三偵察チーム!聞こえますか!第三偵察チーム!

アーミヤ
アーミヤ

…。

チェン
チェン

…。

ケルシー
ケルシー

アーミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

ケルシー先生!私です!受け取りましたか――。

ケルシー
ケルシー

私は船橋でずっと監視していた。

ケルシー
ケルシー

隣のチェンさんに聞くんだ。

ケルシー
ケルシー

質問しろ――。

ケルシー
ケルシー

”龍門はいつまで気取っているつもりなのか?”。

チェン
チェン

今の発言は聞かなかったことにしてやる。

チェン
チェン

だが、確かにゆっくりしている状況ではない。

星熊
星熊

何が起きたのですか?レポートを持って帰ってきたら二人が険しい表情になっているのですが。

星熊
星熊

――任務ですか?

チェン
チェン

そうだ。

アーミヤ
アーミヤ

みなさん…装備を整えて出発する時だと思います。

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官、龍門に近衛局の出動を要請します。ロドスも協力して救援任務を行います。

アーミヤ
アーミヤ

更に、あそこにはレユニオンの臨時指揮部もあります――。

チェン
チェン

…。

アーミヤ
アーミヤ

それに各偵察チームはきっと私の見えないところでまだ戦っています…。

 

(戦闘)

 

アーミヤ
アーミヤ

今となっては…もう選択肢はありません。チェン長官が拒否するのであれば――

アーミヤ
アーミヤ

その場合はロドスが独断で出動させて頂きます。

アーミヤ
アーミヤ

そしてこの行為は、ロドスと龍門の協定を破棄するものではありません。

チェン
チェン

近衛局ももちろん向かわせてもらう。

アーミヤ
アーミヤ

….そ、そうですか…。

アーミヤ
アーミヤ

アーミヤ
アーミヤ

ロドスアイランドを代表してチェン長官に感謝します――。

アーミヤ
アーミヤ

私は分かっています。感染者は龍門にとって…

チェン
チェン

些細なことだ。

チェン
チェン

だが、近衛局の各部隊が分離都市の内部に突入できるかどうかは疑問が残る。

チェン
チェン

私達は臨機応変に行動する。

チェン
チェン

可能なのであれば、必ず助けてやる。

チェン
チェン

だが、近衛局は依然としてレユニオンの処理を最優先させてもらう。

アーミヤ
アーミヤ

それでも…それでも十分です。

アーミヤ
アーミヤ

…ありがとうございます。チェン長官。

チェン
チェン

すまないな。私には自分の使命があるんだ。

チェン
チェン

機器の向こうの医者には聞こえたか?

チェン
チェン

私はロドスアイランドと共に行動する。

ケルシー
ケルシー

アーミヤ、用心しろ。

ケルシー
ケルシー

物事は単純ではない。

アーミヤ
アーミヤ

気をつけます。

ケルシー
ケルシー

ところで、私はいくつかの包括的な情報を作っておいた。

ケルシー
ケルシー

ロドスアイランドは既に救援部隊を派遣し、他の任務に参加している偵察チームに協力している。

ケルシー
ケルシー

だがメテオリーテ達がいるところだけは、深く入り込むことが出来ないためどうすることも出来ない。

ケルシー
ケルシー

ここは君次第になる。

アーミヤ
アーミヤ

メテオリーテ達だけ…。

アーミヤ
アーミヤ

分かりました。私が彼女たちを探しに行きます。

ケルシー
ケルシー

座標を君に送る。

ケルシー
ケルシー

覚えておけ、全てにおいて安全が最優先だ。

アーミヤ
アーミヤ

分かりました。

星熊
星熊

ではいつ出発しますか?

チェン
チェン

今だ。

星熊
星熊

整備に行ってきます。近衛局の他の人達に通達願います。

チェン
チェン

分かった。

チェン
チェン

アーミヤ。10分後に一緒に出発する。

アーミヤ
アーミヤ

分かりました。

アーミヤ
アーミヤ

あなたたちは無事でなければいけません…。

タイトルとURLをコピーしました