【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー4章9話「骨髄に徹する」

アーミヤ
アーミヤ

メテオリーテ…。

アーミヤ
アーミヤ

ジェシカは何を見たのでしょうか…?あなた達も一緒にいましたか?

メテオリーテ
メテオリーテ

…あなたは知らないほうが良い。

メテオリーテ
メテオリーテ

戦略上の問題でもないし…気にしないほうが良いわ。

アーミヤ
アーミヤ

…?

???
???

いつまで隠れてるつもりなの?ロドスの虫けらたちは?

アーミヤ
アーミヤ

(――!メフィスト!彼は私達の姿を見つけたのでしょうか?)

フロストリーフ
フロストリーフ

(声を出すな。まだ見つかっていない。これはあいつの常套手段だ)

メフィスト
メフィスト

はは、出てきたくないの?

メフィスト
メフィスト

僕が君たちの増援チームを見つけていないと思わないでよ。

メフィスト
メフィスト

いいや、もういいや。見せたいものがあるんだ。きっと気に入るよ。

メフィスト
メフィスト

そういえば――最初から、僕たちはチェルノベルクを奪うつもりだったんだよね…

メフィスト
メフィスト

待って、待って、待ちわびたんだ…やっと来たんだこの時が…。

メフィスト
メフィスト

ウルサスという、僕たち感染者を迫害する者に復讐する時が!

メフィスト
メフィスト

それにしても、この分離都市のやつらは馴れ馴れしいよね?

 

メフィスト
メフィスト

奴らは逃げた。

メフィスト
メフィスト

奴らは反応がとても早い。僕たちが手を付ける前に逃げたんだ。

メフィスト
メフィスト

地区のロックを解除し、全速力を出して、あらゆる移動手段を使った――

メフィスト
メフィスト

でも奴らはどこに逃げることが出来るんだ?

メフィスト
メフィスト

僕たちの同胞はとっくの前に各都市に潜伏していて、機会を伺っている。

メフィスト
メフィスト

結局のところ、やつらは僕たちに追いつかれて、しかるべき罰を受けた。

メフィスト
メフィスト

ああいう卑怯者や乱暴者はどうやって処分すればいい?

メフィスト
メフィスト

そんなのもちろん――奴らを標識にすればいいんだよね!

メフィスト
メフィスト

感染者の全てが不公平だということを分からせて、最終的にはその標識を壊してしまうんだ――。

メフィスト
メフィスト

――そうさ、それこそがレユニオンの印となるんだ――。

メフィスト
メフィスト

それらを全て恐怖の象徴にしてしまうんだよ!

メフィスト
メフィスト

お前たち、その標識に火を付けろ!それで街を照らすんだ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

はい!

メフィスト
メフィスト

さあ、この街の写真を撮るんだ!そしてロドスに弱い圧政者の終わりを見せつけろ!

メテオリーテ
メテオリーテ

(――いや!)

プレイヤー
プレイヤー

・(アーミヤの両目をすばやく覆い隠す)

アーミヤ
アーミヤ

ドクター――?!

プレイヤー
プレイヤー

・見るな!

・…

フロストリーフ
フロストリーフ

…。

フロストリーフ
フロストリーフ

あれは…悪辣と狂気で出来た焼却炉だ。

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、手を離して下さい。

アーミヤ
アーミヤ

私は大丈夫です。

アーミヤ
アーミヤ

――いえ、私に見せて下さい。

アーミヤ
アーミヤ

彼の行為は日常的で、私が向き合わなければならないものです。まして以前にも…

プレイヤー
プレイヤー

(手を離す)

 

ジェシカ
ジェシカ

なんで…どうして…

メテオリーテ
メテオリーテ

ジェシカ、落ち着きなさい。

メテオリーテ
メテオリーテ

――くそ!

フロストリーフ
フロストリーフ

…本当に罪なことだ…。

アーミヤ
アーミヤ

この焦げくさい臭い…。

アーミヤ
アーミヤ

…。

メフィスト
メフィスト

いつまで隠れるつもりなのかな、チェルノベルクのウサギは?

メフィスト
メフィスト

さっき君たちは少しだけ接触しようとしてきたよね、何をするつもりなんだろうって思ってたんだよ。

メフィスト
メフィスト

結局は黙ってみてるだけなんだね…本当につまらないよ。

メフィスト
メフィスト

見たところ、また多くの人を連れているようだね?

アーミヤ
アーミヤ

これらは全てあなたが作り出したのですか?

メフィスト
メフィスト

もちろん――。

メフィスト
メフィスト

テロという手段を使わずにいかに損失を減らすか。

メフィスト
メフィスト

10分の1の人の死さえあれば――

メフィスト
メフィスト

残りの10分の9を恐怖に陥れることが出来る――。

メフィスト
メフィスト

これが最も効率的に死傷者を減らす方法なんだよね。

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

――――――。

アーミヤ
アーミヤ

――ドクター。

アーミヤ
アーミヤ

私はあの時の私ではありません。

アーミヤ
アーミヤ

覚えていないでしょうが――。

アーミヤ
アーミヤ

ええ、あの時の私は臆病で弱かった。すぐに怖がってしまっていましたが…あなたのお陰で私は前に行くことが出来ました――

アーミヤ
アーミヤ

私の姿はあの時と変わらないままに見えるかもしれません。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、私はもう見たことのある惨劇は十分です。

アーミヤ
アーミヤ

私はもうこのようなことが起こる場面を見たくはありません。

アーミヤ
アーミヤ

…ですが、それらと向き合わないといけないのです!

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

私は自分に戒めます。

アーミヤ
アーミヤ

まだ下がるわけにはいかない――。

アーミヤ
アーミヤ

私は戦い続けます!

 

(戦闘)

 

メテオリーテ
メテオリーテ

フロストリーフ、気をつけなさい!前に突き進みすぎよ!

フロストリーフ
フロストリーフ

自分が何をしているかくらい分かっている――!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

あ、ああが!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

冷気が盾を切り裂いた?!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

な、何だ?!。

フロストリーフ
フロストリーフ

どけ!

メテオリーテ
メテオリーテ

アーミヤ!フロストリーフが敵陣を混乱させて、敵の指揮官に向かったわ!

アーミヤ
アーミヤ

狙撃オペレーター、術士オペレーター、フロストリーフをカバー!

メフィスト
メフィスト

はは…。

メフィスト
メフィスト

狐ちゃんは何をしたいのかな?

フロストリーフ
フロストリーフ

贖罪をし、泣き伏せてほしいところだが――。

フロストリーフ
フロストリーフ

――お前の命が欲しい。

アーミヤ
アーミヤ

道を塞がないで!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ぎゃあ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

く、黒いアーツ…。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

は、速く走れ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

俺はメフィストの部下と一緒の目にあいたくないぞ…!

アーミヤ
アーミヤ

メフィスト、どこに逃げるというのですか!

メフィスト
メフィスト

はっ。こいつらじゃお前らロドスを食い止めることは出来ないみたいだね。

アーミヤ
アーミヤ

あなたのしたことに代価を支払いなさい、残忍なやつ!

フロストリーフ
フロストリーフ

お前は逃げられないぞ。

メフィスト
メフィスト

狐ちゃん、もう少し離れてよ、近いよ。

フロストリーフ
フロストリーフ

私がお前に引導を渡す者となるからな。

フロストリーフ
フロストリーフ

命を尊重しないやつは――。

フロストリーフ
フロストリーフ

命を持つべきではない。

メフィスト
メフィスト

はっ――

メフィスト
メフィスト

そうかい。

フロストリーフ
フロストリーフ

?!

フロストリーフ
フロストリーフ

まさか、私の足が――?

メテオリーテ
メテオリーテ

アーミヤ!四方からレユニオンが現れたわ!数は少ないけど…

メテオリーテ
メテオリーテ

…。

メテオリーテ
メテオリーテ

しまった、雪怪小隊…。

メテオリーテ
メテオリーテ

雪怪小隊が…集まってしまったわ!

メフィスト
メフィスト

さてと、新しい友だちを紹介しないといけないね。

メフィスト
メフィスト

うんうん~それじゃあ、この舞台の主役を熱烈歓迎してあげてね――。

メフィスト
メフィスト

北西の凍原の悪夢、雪怪たちの王女――。

メフィスト
メフィスト

――――フロストーーーースターーーーお姉ーーー様ーーーー!。

メフィスト
メフィスト

彼女は君たちの血肉を少しずつ….。

メフィスト
メフィスト

全て凍らせてバラバラにするだろうなあ~

アーミヤ
アーミヤ

――――まずい!――――。

???
フロストスター

――――――。

フロストスター
フロストスター

――メフィスト――――。

フロストスター
フロストスター

お前のような獣にも及ばない殺人狂は雪原にでも捨てて死を待つべきだな。

メフィスト
メフィスト

あら、怖い怖い~。

メフィスト
メフィスト

でも、ロドスはあそこにいるよ。

アーミヤ
アーミヤ

フロストリーフ――。

アーミヤ
アーミヤ

後退して。

フロストリーフ
フロストリーフ

――。

フロストリーフ
フロストリーフ

アーミヤ、彼女達を連れて走れ。

アーミヤ
アーミヤ

いいえ!

アーミヤ
アーミヤ

それは…それは――!

フロストリーフ
フロストリーフ

あいつが…私達に近づいてきたら。

フロストリーフ
フロストリーフ

私達は勝てない。

フロストリーフ
フロストリーフ

はあ…まだ生き足りない気もするが…。

フロストリーフ
フロストリーフ

私はお前に合うことが出来てとても幸せだった。

フロストリーフ
フロストリーフ

行くんだ。

アーミヤ
アーミヤ

フロスト?!

フロストリーフ
フロストリーフ

行け!

フロストスター
フロストスター

――――

フロストスター
フロストスター

安心しろ、ロドス。

フロストスター
フロストスター

私が苦痛もなく死なせてやる。

タイトルとURLをコピーしました