【明日方舟】ワルファリン(华法琳 Warfarin)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

「わらわはワルファリン、血液学が専門の医師だ。ヒーリングアーツでのサポートもそうだが、血液学で得た知識と経験が、よりそなたたちの役に立つはずだ。では、世話になる」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職 メディック レアリティ ☆☆☆☆☆
職業 医師 身長 157cm
精通 出身 カズデル
戦闘経験歴 10年 種族 サルカズ
誕生日 6月27日 所属機関 ロドスアイランド
イラストレーター 时辰 CV 石見舞菜香
オリパシー感染状況
医学検査報告書を参照したところ、感染者では無いことが確認されました。
客観的経歴
ロドスの古株の一人で、それまでの経歴は不明。ロドスの血液バンクの創設者兼管理人で、医学と治療法に深い造詣があり、ケルシー医師と共にロドスの医療システムの基盤を築いた。

基本ステータス

ブロック数 1 攻撃速度 遅い
初期コスト 17 最大強化時コスト 17
再配置時間 遅い

ステータス

HP 攻撃 防御 魔法防御
初期 805 199 55 0
初期最大 1135 282 80 0
精英化1最大 1368 404 100 0
精英化2最大 1520 505 125 0
信頼度最大 +75

攻撃範囲

初期 精英化1 精英化2
攻撃範囲

潜能突破

2段階目 3段階目 4段階目 5段階目 6段階目
突破段階 配置コスト-1 再配置時間-4秒 攻撃力+27 再配置時間-6秒 配置コスト-1

天賦

天賦名 解放段階 効果
血液サンプル改修
(血液样本回收)
精英化1 攻撃範囲内の敵が撃破されたとき、自身と攻撃範囲内のランダムな味方1体のSP2回復。
血液サンプル改修
(血液样本回收)
精英化2 攻撃範囲内の敵が撃破されたとき、自身と攻撃範囲内のランダムな味方1体のSP2回復。

スキル効果

スキル名 スキル内容
緊急バンテージ
(紧急包扎)
発動タイプ 攻撃回復 自動発動
必要SP/持続時間 SP4
効果 次の回復時、追加で対象の最大体力の25%を回復。
効果は対象の体力が半分以下の場合のみ発動。4回分ストック可能。
不安定血漿
(不稳定血浆)
発動タイプ 自動回復 手動発動
必要SP/持続時間 初期SP50 必要SP60
効果 自身と攻撃範囲内のランダムな味方1体は以下の効果を得る。
攻撃+90% 毎秒最大体力の 3%のダメージ 持続15秒

 インフラスキル

スキル名 解放条件 発動施設 効果
医療専門・α
(医疗专精·α)
初期 訓練 メディックの訓練時間-30%
医療専門・β
(医疗专精·β)
精英化2 訓練 メディックの訓練時間-50%

精英化強化内容/必要素材

精英化1 強化内容 パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「不安定血漿」習得/天賦「血液サンプル回収」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/Lv Lv 龍門幣 医疗芯片 酮凝集
50 20000 4 4 2
精英化2 強化内容
必要素材/Lv Lv 龍門貨 医疗双芯片 改量装置 糖组
70 120000 3 5 17

精英化/衣装イラスト

精英化2

画像を表示する

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

被験者はオリジ二ウムに感染した形跡はありません。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.12u/L

被験者の数値は正常に近く、検査をする必要はないでしょう。

信頼相関1

文章表示

外見が弱々しく見え、尊敬の念を抱かせることが難しい血魔の女性だが、実際は古株の一人でロドスで最も古いキャリア持つ。

本人は自分のことを先輩として扱われていないことは気にしないが、治療を受ける際に自分の命令に従わない人は許さない。

年齢はタブーではないものの、彼女の口から出る数字はどうも信じられない。

信頼相関2

文章表示

常に妖魔として扱われているサルカズの中でも血魔の悪名は最も高い。

彼らは夜に動き、他人の血液を餌にするために人を殺して、悪事の限りを尽くす…などだ。これらの噂に対してワルファリンはあっさりとこう答える。”同族は大体そんなものだ”

もちろん、ロドスの全員は知っている。ワルファリンはそんな人ではないと。

彼女が血液を好んでいることは分かるが、同時に彼女は忍耐強く、決して彼女は患者を驚かせることは兄。彼女が言っているように彼女は食べ物と病人くらいの見分けることくらいは出来る。

信頼相関3

文章表示

ドクターがロドスにとって重要であることは言うまでもないが、ワルファリンにおってはもっと特殊な意味を持っている。

ワルファリン自体も何故なのかよく分かっていない理由でドクターの血液に対して致命的とも言える魅力を感じている。この吸引力は彼女がドクターに対して淑女としての身分を失うような行為をしている姿として数回他のオペレーターに確認されている。

この謎を解くことが出来れば、ドクターの体の謎も解けるかもしれないが、残念なことにまだ何の手がかりもない。

信頼相関4

文章表示

誰もが知っているようにワルファリンはロドスの古株で医療に優れている。だが彼女を尊敬する人はあまり多くはない。その原因は体格だけではない。

血魔だからか長く外に出ていないため、ワルファリンの道徳観念はかなり薄い。彼女は何かアイディアがあればすぐに実戦する。そして世間的な常識を無視する。多くの加入したばかりのロドスのオペレーターが道を歩いていると突然目の前が暗くなり、目を空けたら手術台に横たわり、耳元に変な笑い声が聞こえたと言っている。

ワルファリンは反省の気持ちはまったくなく、ケルシー医師も彼女を説得することは出来なかったと言っている。結果的に彼女の特別な行動のいくつかを禁止するよう命令することとなった。

その後、ワルファリンの多くの行動は収束していったものの、たまにオペレーター達は忘れられない思い出として思い出す。そのせいで今でも彼女の威信というものはオペレーターと紡ぐことは出来ない。

だが当然、彼女は反省はしていないだろう。

精英化2解放

文章表示

ここ数十年、大陸で出版された各種の医学に権威ある医学書の中で筆者の欄に血に関するペンネームがよく出てくる。この人は医学界の伝説的な人で、その人の医学としての広さや、研究の深さは前人未到と称せるほどのもので、毎回発表される論文は全て学会でセンセーションを巻き起こしてきた。

だが、彼が男なのか女なのか、個人なのか組織なのか誰も分かっていないので”ブラッド先生”と呼ばざるえなかった。

ワルファリンの部屋に並んでいる”ブラッド先生”が参加している著書を見れば”ブラッド先生”がワルファリンであることは推測出来るだろう。

最初は血魔としての身分を避け、誤解を招かないようにしているのだと思ったが、実際は彼女は単に自分のでっちあげたペンネームが様々な本に登場することが面白いと思っているだけみたいだ。

タイトルとURLをコピーしました