【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー5章3話「義胆凡骨」

AM 11:11 天気/小雨

龍門中城区 三窓 木禾倉庫外

星熊
星熊

大方の偵察は終えました。私達の偵察ポイントは十分隠れられています。倉庫の周りにも誰もいませんね。

チェン
チェン

大量に積み上げられた建築材料、荒廃した建築現場だが移動させたり、陳列させたりした跡がはっきり見て取れるな。

チェン
チェン

レユニオンが待ち伏せに用意したことは明らかだろう。

星熊
星熊

チェンさん、それで密告者は一体。

チェン
チェン

…ああ。それでお前は聞いたのか。

星熊
星熊

もう聞かないようにしてはいます。

星熊
星熊

彼とは長い付き合いです。今日まで少なくとも10年間。聞こえないはずがないでしょう。

星熊
星熊

彼を密告者にしたのはいつです?

星熊
星熊

彼は一年以上前には感染してしまい、彼が経営していたバーから消えました、彼は毎日綺麗に拭いていたグラスを残し灰が落ちていました。

チェン
チェン

もっと前だったかもしれない。

星熊
星熊

少なくともそれは私には言うべきだったのでは。

チェン
チェン

雨が降りそうだな。すぐに調査を開始し敵を待ち伏せ場所から追い出すぞ。

星熊
星熊

――はい。

星熊
星熊

急がなければ。彼の血はもうあまり残っていません。

星熊
星熊

私が戦力を引きつけ、全てのレユニオンをおびき出します。彼らを包囲し、すぐに戦いを終わらせて下さい。

チェン
チェン

それは危険だ。

星熊
星熊

これが最も早い手段です。今度くらい私を信用して下さい。

チェン
チェン

私はお前をいつも信用している。

チェン
チェン

星熊督察の言う通りに配置しろ。急げ。

近衛局隊員
近衛局隊員

はい!

チェン
チェン

星熊、準備は出来ているぞ。

星熊
星熊

よし!全ての待ち伏せポイントを破壊し、奴らを全て追い出します。3分ほど時間をください。

チェン
チェン

無茶だ、お前1人で3分間で全てを待ち伏せポイントを破壊するだと?のぼせ上がるな!

チェン
チェン

もしお前が何かミスをすればすぐに攻撃は私が指揮させてもらうぞ!

星熊
星熊

いいえ、3分で結構です。

チェン
チェン

…3分だけだぞ。

星熊
星熊

行ってきます。

 

(戦闘)

 

レユニオン構成員
レユニオン構成員

どうして逃げる!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

アーツであの女を攻撃しろ!どうして逃げるんだ?!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

は、走るな!あ、あいつがこっちに来るぞ!止めるか?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

他の人達は何処に行った?どうして…。

星熊
星熊

残ったのはお前だけだ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ひ、ひっ…。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

鬼…た、助けて…。

星熊
星熊

…私をこのまま引き止めるつもりか?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

いや、俺は、いや…。

星熊
星熊

ここで――私を邪魔するつもりか?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

許してください、許してください!

星熊
星熊

お前はこの般若の相手になるに値しない。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ひ、ひいいいいいい!!

近衛局隊員
近衛局隊員

いえ、私達はまだ攻撃を開始していません。

近衛局隊員
近衛局隊員

一人で、二分半で彼女は全てのレユニオンを解決しました。

近衛局隊員
近衛局隊員

まさに悪鬼ですね。

チェン
チェン

5年前の彼女に会わなくて幸運だったな。私も久しぶりの彼女のあの姿を見た。

チェン
チェン

他の逃げたレユニオン達は?

近衛局隊員
近衛局隊員

各部隊によって捕縛されています

近衛局隊員
近衛局隊員

…チェン殿、星熊督察があなたに向かって手を振っているようです。

チェン
チェン

医者は一緒に来てくれ!

チェン
チェン

星熊、レユニオンから何か聞きはしたか?

星熊
星熊

倉庫に罠は無いかと聞きました。

チェン
チェン

全て爆発物であれば――

星熊
星熊

彼らを一人ずつ投げ入れてみました。

チェン
チェン

それで?

星熊
星熊

いませんでした。彼は待ち伏せされたので逃げたようです。レユニオンはもともと近くで待ち伏せしていたようですね。

星熊
星熊

チェンさん、右のドアを引いて下さい。私は左を引きますので。

チェン
チェン

…何か引っかかっているのか引いても動かないな。こじ開けてみるか。

星熊
星熊

いえ、私が破りましょう。

星熊
星熊

(咆哮)!

チェン
チェン

開いた!

チェン
チェン

XR02、どこにいるか教えろ!XR02!

チェン
チェン

チェン
チェン

XR02!

???
密告者

チェン殿…先程戦闘の音が聞こました。倉庫の門も…破られたようです。レユニオンかもしれません。私が自分で対処…

チェン
チェン

違う、それは私だ!切るなよ!

???
密告者

チェン殿ですか?良かった…私は今…一番奥にいます。

チェン
チェン

お前の傷…その目どうしたんだ?

???
密告者

うっかりアーツに当たってしまいまして。大丈夫です、差し支えありません、私は、ゴホッ、これを。

チェン
チェン

医師、彼の血を止めてくれ!

???
密告者

いえ、チェン殿、もういいんです。分かっていますから…

チェン
チェン

話すな!

???
密告者

いいんです。私が何回撃たれたか見ましたか?もう盲人にもなってしまいました。動きたくないんです。痛みもあります。もういいんです。疲れました。

密告者
密告者

持っていて下さい、チェン殿…S249TA,F106

チェン
チェン

49,その場所なら覚えている。

密告者
密告者

詳細は紙に。侵入したレユニオンの集合場所です。他のボスには渡されてはいません。一方通行の…きっと特別な目標です。見てきて下さい。早ければ早いほうが良いです。

チェン
チェン

分かった。

密告者
密告者

ごほ…。しかし、手に入れるのに時間が掛かりましたよ…。しかし、チェン殿、まさかこんな日が来てしまうとは思いもしませんでした。

密告者
密告者

私は役割は果たしましたが、ですがこのような方法で行くとは思いもしませんでした。

チェン
チェン

私も全てそうは思ってはいなかった。しかし、お前の努力のおかげで私達に敵を食い止めるチャンスが出来た。

密告者
密告者

はは、ゴホッ、私は龍門が好きでは無かった。龍門も私のことは好きではないでしょう。

密告者
密告者

ですが今は、龍門全体にとって何かをすることは出来ました。ストリートチルドレンでもこんなことは出来るんだなって。

チェン
チェン

中水にいる3傑もストリートチルドレンに見なされるのか?

密告者
密告者

鬼の姐さんがいる限りはいつまでもストリートチルドレンですよ。

密告者
密告者

…。

密告者
密告者

チェン殿、鬼の姐さんは元気ですか?まだ勤務中で?

チェン
チェン

ここにいる。彼女とはずっといるな。

密告者
密告者

チェン殿、鬼の姐さんは…真っ直ぐ過ぎる。彼女を会議の時に、ゴホゴホ、動かせる人は誰もいなかった。

密告者
密告者

だが、彼女は龍門の大物に勝つことは出来ない。彼女をよく見てやって下さい。

密告者
密告者

鬼の姐さんを絶対に見捨てないで下さい!龍門の生意気な金持ち共に彼女の出身地というだけで彼女をいじめて欲しくは無いんです!

密告者
密告者

あなたにお願いしたいのはこれだけです。これだけなんです。ごほっ…

チェン
チェン

ありえないさ。星熊は強い、あいつを動かせる人は誰一人いない。

密告者
密告者

それでも数には勝てない。

チェン
チェン

近衛局全体が彼女を支えている。

密告者
密告者

そうか、それならいい。鬼の姐さんにはチェン殿がいる。安心しました。

密告者
密告者

チェン殿はここにいるつもりで?

チェン
チェン

ああ。

密告者
密告者

私は良い人になれましたか?

チェン
チェン

数年前はそうでは無かった。だが今は確かに龍門の自慢出来る良い市民だ。

密告者
密告者

ははは、ゴホッ、はは…オリパシーでも良い人になれるんですか?

チェン
チェン

一部の龍門人もオリパシーに悩まされている。だがお前は一度龍門城で聞いてみると良いかもしれないな。

密告者
密告者

どうでしょう、私がそれを聞いても答えてもらえるでしょうかね?

チェン
チェン

はっ、なら私が代わりに答えてやるさ。

チェン
チェン

”私は気にしない”

チェン
チェン

お前はこれからもずっと龍門人だ。

密告者
密告者

ありがとう。チェン殿、本当にありがとう。

密告者
密告者

チェン殿、2つの話があるんだが、鬼の姐さんに持っていってくれますか?

チェン
チェン

お前が彼女に言うと良い。

密告者
密告者

どういうことです?それはつまり…

密告者
密告者

….姐さん?

星熊
星熊

ああ、ここにいる。

密告者
密告者

チェン殿、そうなら早く言ってくださいよ。

チェン
チェン

彼女が自分で言わなかっただけだ。

密告者
密告者

姐さん、元気でしたか?

星熊
星熊

そうでもないな。お前こそ生きてこそだぞ。

密告者
密告者

そうですね、はは…姐さんに一度背負われたんだ。俺にはもう価値がある。

星熊
星熊

どこに行きたい?そういえばお前はどこから来たのかも教えてくれないな。

密告者
密告者

龍門ですよ。実は他の都市に行ったことは無いんです。出来れば私の骨は昔のあの場所に埋めて下さい。

星熊
星熊

あそこか?…あの場所はすっかり荒れてしまっているぞ。もうめちゃくちゃだ。どこから掃除すればいいかも分からない。

密告者
密告者

良いんです。他の人たちと…一緒にいられるのであれば。

星熊
星熊

そうか。

密告者
密告者

姐さん…私達はいつもあなたを恐れているが、それでも私達はあなたを支えたい。

密告者
密告者

いつ…までも…あなたを…

星熊
星熊

私もだ

タイトルとURLをコピーしました