【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー5章11話「棋勝の退路」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

AM 04:45 天気/晴

龍門上城区、近衛局ビル屋上廃墟

ウェイ
ウェイ

チェン警官、お主の周りにいるアーミヤさんには私の声は聞こえているのかな?

アーミヤ
アーミヤ

聞こえています、ウェイ長官。

ウェイ
ウェイ

よろしい。

ウェイ
ウェイ

すまないね、ロドスのリーダーよ。私は危険を冒して近衛局の奥地に入り込ませることは出来たのだが、私は冒険に多くのプレイヤーを参加させることは出来なかった。

プレイヤー
プレイヤー

・もっと多くのプレイヤーとは?
・…どういう意味だ?
・場面はもう混乱している。

ウェイ
ウェイ

Dr.○○○――。

ウェイ
ウェイ

複雑に入り組んだ無形の巨大な網が大地を覆っている。

ウェイ
ウェイ

いかなる都市国家もこの大地との関係を切り離し、陰謀や嘘の中で独善としている訳ではない。ましてや数ある巨大な何かの間に挟まれることだってある。

ウェイ
ウェイ

お主も意識したことがあるかもしれないし、無いかもしれない。少なくと私はこれらの問題について考えなければいけない側の人だ。

アーミヤ
アーミヤ

ウェイ長官その任務をもっと円滑に実行したいのであれば私達と情報を共有するべきでは。

アーミヤ
アーミヤ

少なくとも必要なことは私達は知っておくべきです。

ウェイ
ウェイ

もう一度お詫びをするよ、アーミヤさん。私の位置や情報を全部公開することは出来ないのだ。

ウェイ
ウェイ

お主が私と同じ立場なのであればお主も同じ選択をするだろう。

ウェイ
ウェイ

都市を切って廃墟都市にする行動はあまり良いとは言えないが、少なくともそれなりの戦果は得ている。

ホムラ
ホムラ

お前は私達にレユニオンを注意を引きつけさせたのか。

ウェイ
ウェイ

それは違う、龍門近衛局もお主達と一緒だったろう。

プレイヤー
プレイヤー

・あなたは私達全員を餌にしたということか。

ウェイ
ウェイ

ん?

ケルシー
ケルシー

これら全ては彼がとっくに書き上げたものだ。

ケルシー
ケルシー

時間が長ければ長いほど、浸透は深まり、彼は即断に迫られる。

プレイヤー
プレイヤー

・最も肝心な時、レユニオンが最も激しく動き回っていた時間。

プレイヤー
プレイヤー

・ロドスに奴らを引きつけさせた。

ケルシー
ケルシー

レユニオンには近衛局が一人であると感じさせる必要がある――。

プレイヤー
プレイヤー

・――奴らの指導者に龍門は空だと感じさせる。

ホムラ
ホムラ

ほう、話が上手いな、Dr.○○○!長官、たしかに私達がレユニオンを引き寄せる必要はある。多ければ多いほうが良い。だろう?

ホムラ
ホムラ

龍門がそのような状況であれば、潜んでいるレユニオンはおそらく自分にもチャンスがあると思いこむ。

ホムラ
ホムラ

隠れ家から出たレユニオンを待っていたのは、なんと龍門のどこから出てきたのかも分からない精兵と良将という訳だ。

ホムラ
ホムラ

お前たちは一体いつから力を隠していた?チェルノベルク事変の時からもう準備していたのか?

ウェイ
ウェイ

龍門はお主達の安全を保証した。お主達の価値が発揮できる場所に戻るようにも促した。

ホムラ
ホムラ

アーミヤを廃墟都市に捨て、レユニオンの多くの奴らに私達ロドスに包囲攻撃をさせる。これは一体どういうポジションだ?

ウェイ
ウェイ

私達が共に直面しなければならない厳しい立場ということを理解してくれないか。

アーミヤ
アーミヤ

ホムラさん、Dr.○○○、もういいですよ。

アーミヤ
アーミヤ

スワイヤーさんが私達と一緒にレユニオンを撃退してくれています。龍門は私達を諦めはしませんでした。

アーミヤ
アーミヤ

(証拠はありませんが)

ホムラ
ホムラ

ふん。

ウェイ
ウェイ

私達の契約は変わらず有効だ。途中で何があろうとも結果こそが私を満足させることが出来る。

ウェイ
ウェイ

途中で何が起ころうともな。

ウェイ
ウェイ

ロドスのDr.○○○、前回私達が合った時も同じような意味で同じ表現をしたはずだ。

ウェイ
ウェイ

お主に選択の余地は多くはない。だが少なくとも敵の殲滅するという選択を選ぶことは出来る。

プレイヤー
プレイヤー

・私はあなたとあなたのでたらめなことを信じることは出来ないな。
・…
・誰も馬鹿にされた後に笑顔で応える人はいないぞ

ウェイ
ウェイ

それで良い。

ウェイ
ウェイ

我々はみな警戒を持つべきだ。大敵がいる当面の間は誰も気を緩めるべきではない。

ウェイ
ウェイ

お主の警戒心こそが落とし穴を避けるように促してくれる。

ウェイ
ウェイ

私の言葉をよく銘じておくが良い、Dr.○○○――

ウェイ
ウェイ

――私達は未だ友人では無いが少なくとも敵ではない。

ウェイ
ウェイ

アーミヤさん、Dr.○○○、お主達と龍門の協力はまだ終わってはいない。

ウェイ
ウェイ

反撃の笛は既に鳴り響いている、レユニオンは龍門の広大さ思い知ることになるだろう。良い策略と団結というな。

ウェイ
ウェイ

出来ればロドスのプロとしての意識と勇猛果敢さも見てみたいところだが。

ウェイ
ウェイ

15分後、引き続きチェン警官はお主たちと一緒に作戦を行う。

アーミヤ
アーミヤ

ウェイさん、あなたが言ったこと忘れないでくださいね。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスは忘れませんので。

ウェイ
ウェイ

当然だ。

アーミヤ
アーミヤ

ホムラ、Dr.○○○、行きましょう。

アーミヤ
アーミヤ

あ、チェン長官、星熊警官は?どうしてここで姿が見えないのでしょう。彼女は…大丈夫でしょうか?

チェン
チェン

星熊は少し怪我をしているが大丈夫だ。

アーミヤ
アーミヤ

そうですか…分かりました。

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官、ロドスに来て頂ければ怪我の状況の検査と応急処置をしてもらえますよ。

チェン
チェン

必要ない。

アーミヤ
アーミヤ

何も心配はありません、ロドスの医療検査は秘密は全て守られますので。

チェン
チェン

私が簡単に済ませてしまえば良い。

アーミヤ
アーミヤ

はい…私はチェン長官に無理強いはしません。もしあなたがそれでもというのであれば。

アーミヤ
アーミヤ

では、チェン長官、また後ほど。

チェン
チェン

…。

AM 05:00 天気/晴

龍門上城区、行政長官事務所

スワイヤー
スワイヤー

ウェイ様、そちらは順調ですか?

ウェイ
ウェイ

当然、そうでなければ私はここでおしゃべりをする機会は無いだろう。

スワイヤー
スワイヤー

彼らはしばらく行動のペースを緩めると約束はしましたか?

ウェイ
ウェイ

もちろん、時間は限られているからな。

ウェイ
ウェイ

今日、明日、明後日。もしレユニオンがまた龍門で暴れるのであればお主はどんな結果になるか分かっているはずだ。

スワイヤー
スワイヤー

たった2日間しか無いのですか?!短すぎますよ、不可能です――

ウェイ
ウェイ

朝夕2回交代の制限は既に緩和されているといえる。それに比べて私の席が用意出来る時間は1日しかない。

スワイヤー
スワイヤー

一日?

ウェイ
ウェイ

お主達には1日ですべてのことを解決してもらいたい。

スワイヤー
スワイヤー

ウェイ様、彼らの助けがあれば、数時間でレユニオンを解決し、損失を徹底的に減らすことは出来るので無いでしょうか?

ウェイ
ウェイ

それは重要ではない、龍門の問題は龍門自身で解決出来るはずだ。これが私達の一番の目的でもある。

ウェイ
ウェイ

それが私達が彼らに見せるべきものだろう。だからお主達は始めてくれ。

ウェイ
ウェイ

行きなさい、チェン警官、レユニオンによって龍門の接客の仕方は変わってきている。

チェン
チェン

分かりました。

チェン
チェン

ウェイ長官、私には一つ疑問があります。今は返事が出来なくても事情が終わりましたら、合理的なお応えをお願いします。

ウェイ
ウェイ

聞いてやろう。

チェン
チェン

これは明らかにレユニオンからの龍門への総攻撃なのに、何故奴らの指導者であるタルラは現れなかったのですか?

ウェイ
ウェイ

ふう…

文月
文月

物事は上手く行っているでは無いですか。どうしてそんな顔をしているのです?

ウェイ
ウェイ

ウルサスからはまだ何の返事も無いのか?

文月
文月

依然として。

ウェイ
ウェイ

それならウェルテル議長に連絡は出来ないか?

文月
文月

残念ながらトランスポーターは今まで彼に会うことは出来ていません。

ウェイ
ウェイ

ウルサス帝国全体が疑惑に包まれているようだな。

ウェイ
ウェイ

文月、私は感じるのだ。これはただ全ての始まりなだけかもしれないと。

文月
文月

この前あなたがそう言ったのは何年も前ですよ。

ウェイ
ウェイ

それはいつだったかな?私は自分がそれを言った理由をすっかり忘れてしまった。

文月
文月

あの時は私達が出会ったばかりのときです。あなたはもう私達の間でのつきあいを全て忘れたとおっしゃりたいのですか?

ウェイ
ウェイ

いいや、そうじゃない。お前と出会った時以外のことはよく覚えていないというだけだ。

文月
文月

あいつの歯がきりっとしていた様。残念だけど、そのことは忘れられないわ。

文月
文月

あなたは私に言ったわよね、もし20年前に私達が負けたらこの街の名前は変わり、ウルサス征服史の1つになるのだろうって。

文月
文月

もし私達が負けていたら、あなたが今座っている席はあいつのものだったのよ。

ウェイ
ウェイ

…。

ウェイ
ウェイ

コシチェイ公爵か。

文月
文月

まあ、かわいそうな小さな塔。あの塔に彼の影がないとは言えるのかしらね?

ウェイ
ウェイ

だが彼はもう死んでいる。

ウェイ
ウェイ

タルラの手によって殺された。

 

タイトルとURLをコピーしました