アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳「青く燃ゆる心」OF-5「止めないで」

???
放送

全員にぎやかに盛り上がってるか?!

???
放送

オブシディアンフェスティバルの最も盛大なパーティ。

???
放送

本日12時より、各所のショッピングモールやアトラクション、レストランやバーの一部で期間限定でウォームアップが行われるぞ。

???
放送

最も盛大なパーティをお見逃し無く!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

やはり来ましたね。お嬢様。

セイロン
セイロン

シュヴァルツ…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

必ずここに来るだろうと思いました。クロイナに拒否された後、あなたは電波塔を用いて情報を拡散し、町中の人たちにあなたの情報を聞かせるだろうと。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

それはいけないことです、お嬢様。それはさらなる混乱をもたらすだけでしょう。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

あなたはお父様が嫌いかもしれませんし、この街も嫌いなのでしょう。ですが旦那様は十分尽くしておられます。これではオブシディアンフェスティバルでこの都市がバラバラになってしまう。

セイロン
セイロン

私の報告が大きな波紋を呼び、多くの結果を招いてしまうことは分かっています。ですが皆さんには真実を知る権利があるのです。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私は旦那様の過ちを知っています。旦那様はこの都市のために多くの過ちを冒しています。ですが、それが無ければ今のシエスタはありません。

セイロン
セイロン

今回のは訳が違うわ!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

もしお嬢様の気が晴れないのであれば、私を批判すればいい。ですから取り返しのつかないことはなさらないでください。

セイロン
セイロン

あなた…あなたはまだ私が子供が言っていることだと思っているの?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

違います、お嬢様。私はあなたと一緒にじっくりと旦那様を説得しても良いと思っています。それは保証します。今ならまだ大丈夫です。私と一緒に帰りましょう。

セイロン
セイロン

シュヴァルツ…そんなことを言わないで。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私は貴方様が旦那様に多くの気に食わないことがあるのは承知しています。ですが、その前に家に帰るべきです。

セイロン
セイロン

そんなことは言わないで!お父様との関係を少しでも直したいとは思っている。でも今のあなたはどうしてそんな風にしか出来ないの!

セイロン
セイロン

どうして以前のように仲良く出来ないの。どうして前のように友達のように話してくれないのよ、シュヴァルツ!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私はダルコス家の召使いだからです。

セイロン
セイロン

あなたにそんなことを言ってほしくはなかったわ、シュヴァルツ。あなたの話なんて聞くたくない!どうしてそうなったの、何でそうなってしまったの?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…。

ボディーガード
クロイナの配下

何をためらっている?早く彼女を捕まえないのか?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

――彼女はダルコス家の娘です。あまり図にのるな。

ボディーガード
クロイナの配下

だが、市長はクロイナ先生に全面的に協力するようにと言ったぞ!お前は彼女がデマを流し、シエスタを破壊するところを見ているつもりか?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…あなたは頭を使ったらどうです。彼女は一人でここにいるのにこれっぽっちも焦りを見せはしなかった。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

彼女は本当に電波塔に入りたいと思っているのでしょうか?

ボディーガード
クロイナの配下

何?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

もういい。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様、あなたは自分を餌にして私を引きつけている。そうでしょう?

セイロン
セイロン

…あなたはまだ私のことを知っているようね。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私はそうだとは言い切れません。お嬢様。ただあなたは私の推測を否定しなかった。そこで私は次の結論に達しました。

セイロン
セイロン

今頃、ロドスは市政庁に赴いたはずです。

ボディーガード
クロイナの配下

な、何?私達の計画にそんなものはないぞ!市政庁の方は今どういう状況だ?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私が思うに、あの無能共は今頃ボコボコにされているでしょうね。

ボディーガード
クロイナのボディーガード

何故外の音が聞こえないんだ?早く材料を運び出さなければいけないのにこんな急ぎのことをサボっているのか?

ボディーガード
クロイナのボディーガード

ん?さっきの騒ぎでまた喧嘩したやつらがいるのか?かまうな、早く処理を――。

???
女性の声

すみません、ドアを開けてください!宅配便のお届けです!

ボディーガード
クロイナのボディーガード

(ん?何か受け取る者はいないはずだが?)

ボディーガード
クロイナのボディーガード

(何だ?怪しいな…。)

ボディーガード
クロイナのボディーガード

送り届ける場所を間違っているんじゃないのか!

???
女性の声

ですが、この宅配便はここに送るようにと書いてあるのですが?

ボディーガード
クロイナのボディーガード

どっか行け!私達にもうつきまとうな、失礼なやつめ!

???
女性の声

…。

ボディーガード
クロイナのボディーガード

ふん、ガキがまた金を騙し取りに来たに違いない。

???
女性の声

まあいいか!ドクター、そばに立ってなさい。これを蹴っ飛ばしてやるから!

???
女性の声

何よ?大丈夫よ!これくらいなら私の力でも出来るわ!

ボディーガード
クロイナのボディーガード

え?

ヴィグナ
ヴィグナ

ふぅ!

ボディーガード
クロイナのボディーガード

えええ?!大扉がどうして倒れてるんだ、なんで、お前は一体――。

プレイヤー
プレイヤー

・綺麗な一蹴!
・…。
。友よ、配達員を粗暴に扱ってはいけないよ。

ヴィグナ
ヴィグナ

へへへ、前からこういうの試してみたかったのよね。それにこの文句もやってみようかしら…。

ヴィグナ
ヴィグナ

あー、おほん、よし!

ヴィグナ
ヴィグナ

”開けろ!速達だ!”

プレイヤー
プレイヤー

・もう蹴飛ばしただろ!

(戦闘)

セイロン
セイロン

シュヴァルツ、私はヴィクトリアに何年も留学していたけど無駄な時間を過ごしていた訳ではないわ。

セイロン
セイロン

そこでは天災やオリジ二ウムに関する最先端の科学技術を学びました。

セイロン
セイロン

あなたにとってはそれはまるで千夜一夜物語のようなことなのかもしれないけど、私にとっては当たり前のことだった。

セイロン
セイロン

私が勉強している知識や私の信じている道理が私の判断は正しいと教えてくれています。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様がご勉学されているのは法学ではありません。

セイロン
セイロン

え…?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

ロドスは市政庁で何をしているのですか?

セイロン
セイロン

クロイナの罪状を集めています。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

え?

セイロン
セイロン

クロイナは悪かもしれませんが、馬鹿ではありません。

セイロン
セイロン

彼は天災特使として今の火山の状況に問題があることを知らないはずがありません。

セイロン
セイロン

彼は自身の思惑のために事実を隠しているに違い有りません。彼の罪状を密かに集めることさえ出来れば…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

ロドスと彼は正面衝突することになるでしょう。陰から証拠を集めることが成功するはずがありません。

セイロン
セイロン

…。

セイロン
セイロン

も、問題はありません!あなたがいないのであれば…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様、あなたは何故このようなことをしたのか私は知りたい。合理的な答えが得られるのであれば私はロドスを追求しません。

セイロン
セイロン

…私はこれをしなければならないのです。私はお父様が血が通っていない人だとは信じることが出来ません。彼ならば絶対にこのような事を見てみぬふりはしないはずです。

セイロン
セイロン

お父様はこの都市を愛しています。誰よりも愛しています。それを私以上に知っている人はいないでしょう。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

あなたはまだ彼が憎いですか?

セイロン
セイロン

どうして?恨むのであればお父様が私を恨むべきでしょう。私が生まれたことによって母は逝ってしまったのですから…。

セイロン
セイロン

でも彼はこれまでそうしなかった。

セイロン
セイロン

私は彼が何も言わずに全てを行おうとすることが嫌いなだけです。

セイロン
セイロン

あなたは私を守っているつもりなのでしょうが、私はそのせいで何も知らず、何も出来ない。

セイロン
セイロン

今回も同じです!きっとクロイナがお父様をだまし、彼に火山の爆発について何も知らせないようにしているのでしょう。

セイロン
セイロン

だからクロイナは父に報告書の内容を報告することを中止させた!それは恨みとは言わないでしょう?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

火山が爆発?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

クロイナが言っていたことはお嬢様が旦那様の過去の秘密裏の事件を全部曝け出し、旦那様を退職させ、裁判を受けさせると。

セイロン
セイロン

え?いいえ、お父様が何をしたというのです?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

いえ、大丈夫です。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…ああ、そういうことでしたか、分かりました。

セイロン
セイロン

ですからクロイナもお父様の命令で私を止めたかったのではありません。ええ、私も大体は分かりました。

セイロン
セイロン

シュヴァルツ、もしそれが本当なのであれば、私はもっと法的効力のある方法で要求をします。

セイロン
セイロン

私が行っていることはこの都市のため、この故郷のためのことです。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

分かりました。お嬢様は過去のことを気にしておらず、名誉というものも気にしていないということなのですね。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私もお嬢様と同じです。旦那様も同じでしょう。

セイロン
セイロン

ええ。他の人がどう考えようと、私はあなたを信じ、父を信じています。

セイロン
セイロン

目的がぶつかろうとも、これは私達二人の間での問題であることは分かっています。

セイロン
セイロン

だから私は私と同じようにこの都市のことを知っているあなたを信じていますし、きっと私がここにいることも知っていたのでしょう。

セイロン
セイロン

何故なら、あなたが直接私を止めに来るだろうから。

セイロン
セイロン

そもそも市長は誰でも良いのではないですか?お父様もきっとそう思っているはず。お父様が気にかけているのはこの街そのものではないですか?

セイロン
セイロン

ですので、お父様もきっと私の見方を賛成するでしょう。

セイロン
セイロン

シュヴァルツ…私の話は正しい?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

大きくなられましたね、お嬢様。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました