アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳「青く燃ゆる心」OF-6「殺し屋の女皇」

D.D.D
D.D.D

お前ら!!準備は出来たか!!!

D.D.D
D.D.D

オブシディアンフェスティバルで最も盛大な合同ライブは3時間後にスタートするぜ!

???
観客

うぉおおおおおおお!!!

 

クロイナ
クロイナ

そろそろ時間です。シュヴァルツがロドスを牽制することが出来れば、ここも上手くいくでしょう。

クロイナ
クロイナ

ロドスにシュヴァルツを対立させるのはやはり良い采配でしたね。ええ。

クロイナ
クロイナ

急げ!これらのものをさっさと運ぶんだ!動きが遅いならお前たちの給料が水増しされることになるぞ!

クロイナ
クロイナ

ん?外から何か音が?

(回想)

 

セイロン
セイロン

ドクター、安直に電波塔に飛び込んでしまうと、クロイナの待ち伏せを受けてしまうことになるでしょう。

セイロン
セイロン

あなたたちが私と一緒に行動してしまうと、シュヴァルツはまず武装解除させる方法を考えるでしょう。そうなると尚更彼女を牽制することが難しくなります。

セイロン
セイロン

乱暴に放送等の支配権を奪取しても、政府の支持がなければ市民を混乱させ、パニックに陥れてしまうだけです。

セイロン
セイロン

シュヴァルツがクロイナを守っているのであれば、それは皆さんの行動にとっても大きな障害になります。

セイロン
セイロン

重要なことはクロイナが何を隠しているかでそれには掘り起こすための準備が必要となるかもしれません。

セイロン
セイロン

クロイナは本当は紙のように真っ白で潔白な人なのかもしれません――。

へラグ
へラグ

私達が彼を脅し、彼に公告を出すように強制するのか?

セイロン
セイロン

そうですね。そうだとしたら私は気にせずにそうするでしょう。だって私はそう思っているんですもの。

へラグ
へラグ

セイロンさん、あなたにはそれをする度胸があるようだが、一方でそれは冒険とも言える。

セイロン
セイロン

実験データと調査報告書、それにロドスの皆さんも確認してくれました。これをしなければシエスタの皆さんは災難に遭遇することになってしまう。

へラグ
へラグ

あなたのことを非難する訳ではない、お嬢さん。ただロドスが参加するかどうかは私が決める訳ではないのだ。

セイロン
セイロン

つまり…。

へラグ
へラグ

ドクター。原因と結果はもうよく分かった。私達はどうすればいい?

プレイヤー
プレイヤー

・ここまで来たんだ、何かはするべきだろう!
・…
・罪の無い人を困らせるのはロドスの信条に反することだからな。

へラグ
へラグ

では誰が責任を負う?

プレイヤー
プレイヤー

・誰も気付かないのであれば誰も関係無い!

へラグ
へラグ

あなたという人は。

へラグ
へラグ

セイロンさん、遅くならない内に出発するとしよう。

セイロン
セイロン

ドクター…。

プレイヤー
プレイヤー

・あなたがすべきことをするんだ。

セイロン
セイロン

分かりました。私がシュヴァルツを牽制しましょう。

セイロン
セイロン

そして、私にもやらなければいけないことがあります。私は答えを知らなければ…。

 

(回想終了)

 

セイロン
セイロン

シュヴァルツ…。

セイロン
セイロン

何故私を遠ざけようとするの?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様はヴィクトリアで良質な教育を受けた人間です。あなたはもっと良いところに行くべきなのです。私達と一緒にこの都市でもがいていて良いような人ではありません。

セイロン
セイロン

…違うわ。それは間違っているわ。

セイロン
セイロン

シュヴァルツ、あなたは私の心の中ではどういう人だと思う?どう思われていると思う?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私はお嬢様が考えているほどのものではありません。

セイロン
セイロン

それは人を殺したから?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…。

セイロン
セイロン

あなたがたくさんの人を殺したから?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

いいえ、お嬢様。もういいでしょう。

セイロン
セイロン

私達は間違っているのよ、シュヴァルツ。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様、私はあなたにそういったことを知ってほしくはない!

セイロン
セイロン

ごめんなさい。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…お嬢様?

セイロン
セイロン

もう知っているの。あなたの過去のことについて…少しだけ。

セイロン
セイロン

シュヴァルツがそれを望まないということは知っている。ごめんなさい。でも私はそれを”知らない”とは言えない。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

いいえ、お嬢様!あなたが知るはずはありません!なぜならあなたは…。

セイロン
セイロン

私はなにをすればいいの?こうするべき、ああするべき、本を読むべき、名門に入るべき、何なのよ!

セイロン
セイロン

私は温室育ちの花ではないわ。ましてや世間知らずのお嬢様でもない!私は私がするべきことくらい分かっているわ!

セイロン
セイロン

シエスタを守ることは、お父様の事情であり、あなたの事情であり、私の事情でもあるの!

セイロン
セイロン

あなたがそんなにも私を巻き込ませようとしないのは私を守るため?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

いえ…私は…。

セイロン
セイロン

あなたもお父様と同じよ、あなた達はこうやって段取りすることを良いことだと思ってるの。でも私はそうは思わない!

セイロン
セイロン

私は何も危険だとは思ってないし、私はシュヴァルツの過去に何があったってどうも思わない!でもそういったことを本当にしているのであれば私は悲しいし怖い…。

セイロン
セイロン

だけど、ただシュヴァルツが”セイロンの助けが必要だ”と言ったのであれば私は絶対にあなたの元に向かうわ!あなたが何を言おうが私はあなたの話を全て聞く!

セイロン
セイロン

友人ならそうするべきでしょ。ずっと一方的に献身するなんてそれの何処が友達なの!

セイロン
セイロン

だから、シュヴァルツ、今は私のことを助けてくれないかしら?

セイロン
セイロン

もう私から聞いたでしょうけど、何故このようなことをするの?私の答えはもう出したわよ…。

セイロン
セイロン

だから、あなたの答えも聞かせてくれない?過去のことが全部終わったら。また子供の時のようにお友達になりましょう?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様…申し訳有りません。過去の言動をここでお詫びします。私のしていたことはあなたに誤解を与えてしまいました。こんなことがあってはいけなかった。

セイロン
セイロン

うん…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様。あなたは私にとっての友達です。これからもずっと。

ボディーガード
クロイナのボディーガード

…。

ボディーガード
クロイナのボディーガード

どういうことだ、お前たちはこんなにも長く話をして、それも馴れ馴れしく。それで結論は?どういうことなんだ?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様、ところで次のご予定は?

セイロン
セイロン

え?私は…ええっと…公式なルートを通じて真実の災害報告書を送りたいの。

セイロン
セイロン

今、ロドスはクロイナの罪状を集めているところです。すぐにでも彼を市政庁から追い出すことは出来るでしょう…。

セイロン
セイロン

ですが、災害報告が発表された後、オブシディアンフェスティバルは中止となるかもしれません。シエスタも迂回する必要があるでしょう。私はそれが怖くて…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

大丈夫です、お嬢様。

セイロン
セイロン

そ、そうなの?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様がそう思うのであれば、私はお嬢様を支援します。

セイロン
セイロン

…シュヴァルツ…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様、私があなたをお守りする必要はありますか?

セイロン
セイロン

ええ、必要よ。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

ではお嬢様は隠れていてください。すぐに終わります。

ボディーガード
クロイナのボディーガード

シュヴァルツ、お前は何をしている?命令を裏切るのか?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

命令?クロイナを助けることですか?それは嘘だったでしょう。最初から最後まで私には二つの命令しか受けていない。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

一つは、旦那様は私にクロイナの罪状を調べてもらいたいということ。これには彼がV3工業を影でコントロールし、黒曜石を無断で採掘していることも含みます。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

それは今全て明確になった。何も言うことはありません。

ボディーガード
クロイナのボディーガード

は、早くしろ!あの二人をさっさと捕まえるんだ!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

二つ目はあなた達にも聞こえたでしょう。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

――お嬢様は私がお守りします。

 

(戦闘)

 

セイロン
セイロン

ぜ、全部倒したの?私は…あなたがここまで強いとは知りませんでした。

セイロン
セイロン

想像はしていましたが、しかし…。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

だから私はお嬢様には知られたくなかったのです。

セイロン
セイロン

でもあなたは本当にすごいわ!かっこいいわ、シュヴァルツ!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

はい。

セイロン
セイロン

どうすればそんなにも高く跳ぶことが出来るの!壁に沿って駆け上がって、それからずっと寝返りをうって下にも飛ぶなんて!

セイロン
セイロン

空中ではこんな風にくるくる回って、相手からの射撃も全部あなたは避けていたわ!

セイロン
セイロン

そして体をねじって、バンバンバンってあいつらを打ち倒す!うわあ!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

お嬢様…そこまで言われると顔が熱くなってしまいます。

セイロン
セイロン

だけど、シュヴァルツ。私は一つ訂正させてほしいわ。さっきのはあなたへの命令では無いの。友達としてのお願いよ。

セイロン
セイロン

あなたも何かしたいことがあるのであれば、私に言って頂戴。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

分かりました。

セイロン
セイロン

ん?私はさっき何と言ったかしら?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…え?

セイロン
セイロン

そんな言い方はしないで!友達、友達なんだから!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私は…はい。

セイロン
セイロン

ふふ。早く市役所に行きましょう。ドクター達は今頃何をしているのかしら…。

 

クロイナ
クロイナ

あの役立たず共、小娘一人すら止められないのか?!

ボディーガード
クロイナのボディーガード

あの小娘はサルカズなんです!それに他にも何人かいまして!

クロイナ
クロイナ

たったの数人だろうが!

クロイナ
クロイナ

く、くそったれロドスめ。どうしてここに来たんだ!

ヴィグナ
ヴィグナ

なんだ、こいつら源石虫よりも弱いんじゃないの…。

クロイナ
クロイナ

急いで全ての人員をこっちによこせ!

ボディーガード
クロイナのボディーガード

しかしクロイナ先生…。

ボディーガード
ボディーガード

私達では敵わないと思います。敵いません!

クロイナ
クロイナ

何をしている!後ろに下がってくるな!

ヴィグナ
ヴィグナ

ふぁーあ…あ、ドクター。そろそろ見つけた?私はまだライブに行くつもりなんだから。間に合わないと損するの。

プレイヤー
プレイヤー

・手に入れたぞ!
・….
・ああ、帳簿と債権なら見つかった。

ヴィグナ
ヴィグナ

え?見つかった?それはあいつらを殴るのに役に立ちそう?メテオリーテ姐さんも言ってたわ。時には暴力も必要だって。

クロイナ
クロイナ

く、くそが!

クロイナ
クロイナ

もういい、逃げられるのであれば手順なんてどうでもいい!

ヴィグナ
ヴィグナ

あ、ドクター、あいつ窓から逃げたわよ!

プレイヤー
プレイヤー

・ここの資料全部持っていくぞ!

ヴィグナ
ヴィグナ

あいよ~。

ヴィグナ
ヴィグナ

そういえば、将軍はまだ外にいるのよね。なんだかクロイナの末路が惨めなことになりそうな気がする。むしろ逃げないほうが良かったんじゃないの…。

ヴィグナ
ヴィグナ

はい、ドクター、私が持ってあげるわ!

 

クロイナ
クロイナ

はあ、はあ、はあ…くそ。

クロイナ
クロイナ

すぐに、すぐにでも他の人たちを呼び戻さなければ!

へラグ
へラグ

前はロドスのドクターとあなたの市のセイロンさんがその窓から飛び出したな。

へラグ
へラグ

時が巡り、今後はシエスタの天災特使であるクロイナ先生が窓から飛び出してきた。

へラグ
へラグ

人生とは無常なものなのかもしれんな、先生。

クロイナ
クロイナ

お前…お前!私の部下は?私の部下は?!

へラグ
へラグ

ここに置いておくと観光客の目に障ってしまうのでな。

へラグ
へラグ

ところで、この二人のお嬢様がここでお前をお待ちかねだ。

クロイナ
クロイナ

シュヴァルツ…。

クロイナ
クロイナ

お前達二人が一緒に立っているということは、つまり…。

プレイヤー
プレイヤー

・お前はもうおしまいってことだ!
・….
・証拠は全て私達の手の中にあります、もう逃げられませんよ、先生。

へラグ
へラグ

ドクター、気をつけろ。彼はまだ必至にあがくかもしれない。

クロイナ
クロイナ

お前ら…お前ら…。

セイロン
セイロン

あなたの計画はもう曝け出されました、クロイナ!

タイトルとURLをコピーしました