【アークナイツ】シナリオ翻訳「戦地の秘話 放課後の宿題」

全てが白だ。

頭の上の空も足元の地面も目の届く範囲は全て白で染まっている。

真っ白で、静かで、空には何もない。

ただ炎だけがゆらゆらと燃えている。

ある時から静かに夢を侵食し、夢から覚めたら溶けて無くなる。

『ここはどこだ?』

誰も答えない。

『どうしてここにいるんだ?』

誰も答えない。

『どうやらればここから出られる?』

誰も答えない。

『…』

自分以外には誰もいない。

自分以外には何もない。

そして。

全ての困惑はただ一つだけ――。

『お前…何なんだ?』

…。

……。

02:35 PM 天気/曇のち小雨

ロドス艦船 二号船室 オペレーター生活エリア

イフリータ
イフリータ

!!

イフリータ
イフリータ

…ふう。

イフリータ
イフリータ

(またかよ。どうしていつもこんな夢見るんだよ。一体何なんだ)

イフリータ
イフリータ

(ぐっ、頭がいてえ。)

イフリータ
イフリータ

(頭を掻きむしる)もううんざりだ、ドクターのやつめ、この問題難しすぎるぞ!

イフリータ
イフリータ

これは何の問題だ?面積を求めるのか?何すりゃ良いんだ?

イフリータ
イフリータ

うわあ!

イフリータ
イフリータ

ちょちょちょ、今燃える必要はねえんだよ!

イフリータ
イフリータ

ああ…。

イフリータ
イフリータ

机の角が焦げちまった…まあいい、宿題は無事だ。

イフリータ
イフリータ

ドクターの奴め…。

(回想)

イフリータ
イフリータ

あ?これを全部書けって?面倒くせえ…。

イフリータ
イフリータ

え?学ぶのは良いことだ?

イフリータ
イフリータ

馬鹿か、それくらい俺様だって分かっている、でなけりゃ誰がお前なんかに学ぶかよ!

イフリータ
イフリータ

だが宿題が多すぎるだろ!この言葉とこの言葉の違いは何なんだ…。

イフリータ
イフリータ

お前の話をしたばかりに、サイレンスは俺の唐辛子を持って行きやがった。全部お前のせいだ!

イフリータ
イフリータ

ぐっ、何笑ってんだ!

プレイヤー
プレイヤー

・彼女が何処に隠したか知っているよ。
・….
・沙虫の炭火焼き、一本どう?

選択肢1選択

イフリータ
イフリータ

本当か?!どこだ?!

イフリータ
イフリータ

本当にお前と一緒に取りに行ったら、お前も俺様もきっと叱られちまう。

(選択肢1選択時分岐終了)

選択肢2選択

イフリータ
イフリータ

笑ってばかりで話もしねえし、おかしな奴だな!

イフリータ
イフリータ

俺様の質問に答えたくねえのか?

(選択肢2選択分岐終了)

選択肢3選択時

イフリータ
イフリータ

うへえ、ドクター、これ何だよ?

イフリータ
イフリータ

持っていけ!俺様はいらねえ!――えええ?

イフリータ
イフリータ

むぐ?

イフリータ
イフリータ

(噛む)ん。

イフリータ
イフリータ

(飲み込む)ごくん…ん?

イフリータ
イフリータ

お、俺様は何を食べたんだ?

イフリータ
イフリータ

もういい…。

(選択肢3分岐終了)

イフリータ
イフリータ

ところで、ドクター。サイレンスは明日仕事に行くのか?

イフリータ
イフリータ

俺様も連れていけよ、どうだ?俺様の実力、お前だって知ってるだろ?

イフリータ
イフリータ

あいつに話してくれるよ、俺様も行ってやろうか?

プレイヤー
プレイヤー

・今回のやることは仕上げだけだし、君は戦闘のほうが得意でしょ?
・今月は苦情が多かったから、大人しくしてよう?

選択肢1選択時

イフリータ
イフリータ

何をするんだ、お前が言ってることくらい俺様にだって出来るぞ?

イフリータ
イフリータ

どうして俺様達が戦わないんだ?俺様を行かせろ。他の奴らに俺様の実力を見せつけてえんだよ!

(選択肢1分岐終了)

選択肢2選択時

イフリータ
イフリータ

俺様の炎は戦場全てを覆うことだって出来る、あいつらはそれが出来なくて嫉妬してんだろ!

イフリータ
イフリータ

あいつらが何を言おうが俺様は知らねえ!

(選択肢2分岐終了)

イフリータ
イフリータ

サイレンスとお前は俺様を信じてる?

イフリータ
イフリータ

他の奴らなんて理解出来ねえし、気にもしねえ、俺様とは関係ねえからな。

イフリータ
イフリータ

どうしてお前たちはいつもそういうことを言うんだ!どうしてだ!

プレイヤー
プレイヤー

・イフリータ、落ち着け!

イフリータ
イフリータ

ぐ!

(回想終了)

イフリータ
イフリータ

むかつく。

イフリータ
イフリータ

まあいい、あいつらのところに行こう。この問題シート、まだ問題があるな…全部Cにしといてやろ。

イフリータ
イフリータ

まだあるのかよ…。気が進まねえし適当に書いとけ。

イフリータ
イフリータ

これで良いだろ…!

???
医療オペレーター

検査の時間です、イフリータ。

イフリータ
イフリータ

げ。

イフリータ
イフリータ

うるせえ奴が来やがった。

医療スタッフ
医療オペレーター

何か焦げたような…

医療オペレーター
医療オペレーター

イフリータ?入りますよ。

医療オペレーター
医療オペレーター

今日は血液のオリジ二ウム結晶密度の検査をしますので、協力してくださ…ん?このテーブルどうしたんです。何で焦げているのですか?

イフリータ
イフリータ

何でもねえ。ちょっとな。

医療オペレーター
医療オペレーター

イフリータ…危ないですよ。

医療オペレーター
医療オペレーター

ロドス内部での火気はだめなんですから。あなたならもっとコントロール出来るはずでしょう。

医療オペレーター
医療オペレーター

私は彼らに抑制する類の薬を使わないでと言っているのですから、あなたもちゃんと協力して下さいよ。

イフリータ
イフリータ

…。

イフリータ
イフリータ

うるせえ。うるせえ!

医療オペレーター
医療オペレーター

…イフリータ。私は普通の看護師です。私は子供を連れて行くことは出来ません。

医療オペレーター
医療オペレーター

出来るのであれば、うまく交流をしたいのですが…。

イフリータ
イフリータ

誰が子供だ、お前うるせえな?!

イフリータ
イフリータ

どうして俺様にはお前みたいなやつが来て、俺様を一人にさせてくれねえんだ?!

医療オペレーター
医療オペレーター

イフリータ…私にも自分の仕事があるんです。

イフリータ
イフリータ

俺様に構うな!何度も言ってるだろ、白衣を来ている奴らを見ると不快だって!

イフリータ
イフリータ

さっさとどけ、邪魔をするな。

医療オペレーター
医療オペレーター

ですが、検査が…。

イフリータ
イフリータ

邪魔すんなって言ってるだろ!

イフリータ
イフリータ

わ!!

イフリータ
イフリータ

お、俺様の宿題が!も、燃えちまってる!

イフリータ
イフリータ

お前何を、何やってんだ?!

医療オペレーター
医療オペレーター

イフリータ!早く、早く火を消して!

イフリータ
イフリータ

だから、俺様を一人にさせろって言っただろ!!

イフリータ
イフリータ

どう弁償してくれんだよ!

医療オペレーター
医療オペレーター

だめ、だめ!ナイチンゲールさんを呼んできます、少し待ってて下さい!

イフリータ
イフリータ

…ま、まずいぞ。

イフリータ
イフリータ

俺様が何をしたっていうんだ、くそ…。

イフリータ
イフリータ

あ、宿題!

イフリータ
イフリータ

うっ…ぼろぼろだ。

イフリータ
イフリータ

(サイレンスが俺様を連れて行かねえからだ。くそ、俺様は強いのに!)

イフリータ
イフリータ

(今はドクターも出かけちまってる。残っているのはあの嫌な白衣どもだけだ…)

イフリータ
イフリータ

(うんざりだ、俺様を怖がるくらいならどっか行けよ。)

イフリータ
イフリータ

(ノートは…少し焦げたが、大丈夫か?)

イフリータ
イフリータ

(まあ、とりあえず練習問題をドクターの机の上にでも置いとけば、OKか?)

フロストリーフ
フロストリーフ

フロストリーフ
フロストリーフ

…。

フロストリーフ
フロストリーフ

どうした?

レッド
レッド

フロストリーフ
フロストリーフ

そんな動きしていると、普通のオペレーターが怖がるぞ。

レッド
レッド

ただ歩いてるだけなのに。

フロストリーフ
フロストリーフ

普通のオペレーターは壁を歩くことはしないぞ。

レッド
レッド

フロストリーフ
フロストリーフ

まあいい。

フロストリーフ
フロストリーフ

お前が手にしているものは…。

レッド
レッド

宿題。

レッド
レッド

めんどくさい。でもケルシーは、ドクターの話を聞けって。レッドには選べない。

レッド
レッド

これ分かる?この言葉、レッドには分からない。

フロストリーフ
フロストリーフ

お前が…私に質問するとはな。

レッド
レッド

出来ない?

フロストリーフ
フロストリーフ

やってみるとしよう。まずは見せてくれ?

フロストリーフ
フロストリーフ

この言葉は、ああ、そんなに難しいものじゃない。

フロストリーフ
フロストリーフ

…大体こんなものだろう。

フロストリーフ
フロストリーフ

こう言えば分かるか?上手く言えたか心配なんだが。

レッド
レッド

うん、よく分かった。

フロストリーフ
フロストリーフ

それなら良い。

フロストリーフ
フロストリーフ

でも、ドクターに聞いたほうが良かったんじゃないか?ドクターに聞いたほうが私に聞くよりも正確なはずだ。

レッド
レッド

いい。レッド、フロストリーフと話すの楽だったから。

フロストリーフ
フロストリーフ

…そうか。

???
???

ここで何をしているんだ!

イフリータ
イフリータ

お、赤フードじゃねえか、驚いたぜ、教室に直接現れるとは…。

レッド
レッド

――イフリータ。

フロストリーフ
フロストリーフ

イフリータ、彼女にあまり近づいてやるな。

フロストリーフ
フロストリーフ

レッドは防犯意識が強いんだから無意識に反応をして、怪我してしまうことになるぞ。

レッド
レッド

防犯意識?

フロストリーフ
フロストリーフ

お前の5cm以内に近づくとどうなる?

レッド
レッド

レッド、切る。

フロストリーフ
フロストリーフ

ほら見ろ。

イフリータ
イフリータ

ぐっ….氷顔のお前、こいつのこと知ってんのか?

フロストリーフ
フロストリーフ

オペレーターマニュアルでドーベルマン先生によく教えられた。

フロストリーフ
フロストリーフ

だけどレッドも他のオペレーターに対してもう少しリラックスしても良いんだぞ?

レッド
レッド

フロストリーフ
フロストリーフ

まあいいか…。

イフリータ
イフリータ

ぷ、はははは。

レッド
レッド

何がおかしい?

イフリータ
イフリータ

へ?

フロストリーフ
フロストリーフ

レッド、そういう意味じゃない。

イフリータ
イフリータ

ちっ。

フロストリーフ
フロストリーフ

ん…?お前、背中に隠しているものは何だ?

イフリータ
イフリータ

あ?あ、ああ、宿題だよ。

イフリータ
イフリータ

このイフリータ様にかかればちょちょいのちょいだったけどな。

フロストリーフ
フロストリーフ

そうか、ん、それは良かった。

レッド
レッド

レッド、焦げたような匂いがしてる。

レッド
レッド

イフリータ、宿題が燃えた。

イフリータ
イフリータ

…。

イフリータ
イフリータ

わざとじゃねえよ。

レッド
レッド

ええっと。

イフリータ
イフリータ

…宿題が終わってねえから火で燃やしたとでも思ってんのかよ?

レッド
レッド

レッド、分からない。

イフリータ
イフリータ

言いたいなら、そう言えよ。

レッド
レッド

フロストリーフ
フロストリーフ

いや、イフリータ。レッドは本当にそういうつもりじゃないぞ…。

レッド
レッド

怒ってる?

イフリータ
イフリータ

…。

イフリータ
イフリータ

うるせえ、うるせえ。何でお前と一緒に授業なんかしなくちゃならねんだよ。

イフリータ
イフリータ

今日は何だって言うんだよ、もううんざりだ…なんて不運な日なんだよ。

フロストリーフ
フロストリーフ

落ち着け、イフリータ。

フロストリーフ
フロストリーフ

周囲の温度が上がっているのを感じるぞ。危険だ。

イフリータ
イフリータ

…あ?

イフリータ
イフリータ

お前に何が分かる?俺様はとても元気だ、何でも知っているような口調で話すんじゃねえよ!

レッド
レッド

威嚇?

フロストリーフ
フロストリーフ

レッド、気を悪くするな!あいつはただこういう話し方に慣れているだけなんだ!

化物。

イフリータ
イフリータ

ぐっ。

レッド
レッド

分かった。

イフリータ
イフリータ

何処が分かったんだ…?

化け物。

他人を傷つける化け物。全てを燃やす化け物。自分の化け物すら抑えることが出来ない。

イフリータ
イフリータ

俺、いてえ、すげえ痛え…。

化物。

レッド
レッド

火を付けるのか?

フロストリーフ
フロストリーフ

ちょっと待て、イフリータ…今じゃない。

イフリータ
イフリータ

お前に関係あるか?

化物。

イフリータ
イフリータ

お前らは俺様のこと知ってんのか?

化物。

フロストリーフ
フロストリーフ

やめろ!

レッド
レッド

あいつは私を脅した。違う、ロドスを脅した。

フロストリーフ
フロストリーフ

手を出すな、レッド!あいつは熱くなってるだけだ!

フロストリーフ
フロストリーフ

お前達二人共――。

イフリータ
イフリータ

誰が熱くなってるだ?俺様の頭が熱くなってるって言いたいのか?俺様の目は覚めてる!お前の冷気なんて効きやしねえ、さっさとどっかいけ、お前たちも灰になりたいのか!

いらない。だめだ。

レッド
レッド

自分を制御出来ない。とても弱い。

イフリータ
イフリータ

赤フード、お前を焦がしてやる!

化物。

いや、だめだ。あいつらは友達だ。

フロストリーフ
フロストリーフ

だめだ!イフリータ!

化物!

違う!俺は違う!

炎が燃え上がっている。

炎が狂ったように燃え上がっている。

巨大な怪物はせせら笑う。

白い部屋は黒く焼け焦げている。

誰かが泣き、誰かが走っている。

うん、ここは何処だ?

歩いてくる人がいる。よく知っている。高い…。

イフリータ
イフリータ

やめろ…。

イフリータ
イフリータ

サ…助け…みんな…。

???
???

あら、あらあら、みなさん何しているの?

???
???

イフ?廊下で火を付けたらだめでしょ?サリアが知ったら怒るよ。当然サイレンスもだけど。

???
???

わ…!

イフリータ
イフリータ

ち、ちがう…お前じゃない…。

???
???

水分子クラスターで炎を鎮静化させるか…。

イフリータ
イフリータ

?!

イフリータ
イフリータ

ぷは――この水冷たすぎるぞ!

イフリータ
イフリータ

ええっと、ミュー?!

イフリータ
イフリータ

ミュー、俺を助け…俺はこんなこと…。

ミュウミュウ
???

しー――私が遊びに来ただなんて他の人に言わないでね。

ミュウミュウ
???

大丈夫!私に任せて。

ミュウミュウ
???

まあ、相変わらず元気で安心したよ。

ミュウミュウ
???

でも、私達の約束はちゃんと守ってよね、イフ?

乱暴。

自分勝手。

横柄。

いつも壊す。

…。

俺様自身も実際分かっている。

痛い実験は嫌だ。

あの白衣共の目つきも嫌だ。

こ の 大 地 は 嫌 だ。

人生なんて。

未来なんて。

火を放ちさえすれば、火が十分に燃えれば、嫌な目つきで見る奴らも、白い壁も、鼻をつんざく消毒水も、全て火の中に消える。

俺様が大好きな人がいるだけでいい。

他のやつらがどう俺様と関わってくるのだろう?

――ここに来る前はずっとそんなことを思っていた。

俺様はいつも自分でそんなことを思っている。

だけど今は違う。

乱暴。

もちろん分かっている。

自分勝手。

ああ、気をつける。

横柄。

…そんなにひどくは無いだろ?

いつも壊す。

俺様だってしたくはないさ!

俺様だって分かってない訳じゃない、そのことを多くの奴らがそう思ってるだけだ。

少なくとも、ふん…。

お前の言うとおりにしてやる。

俺様はロドスと宿題を焼かねえ。

友達がいて、ふん…俺様の友達はきっと俺様のように偉いやつなんだからな!

だから、大丈夫だ。努力が足りねえだけなんだ。もっと頑張らないといけねえんだ!

よく見とけよ、ぜってえ驚かせてやる!

イフリータ
イフリータ

うわ!!

プレイヤー
プレイヤー

・通路を一気に全部壊しちゃったのか?

・沙虫の炭火焼き、一本どう?

選択肢1選択時

イフリータ
イフリータ

そ、そんなわけ!うるせえ、ほっとけ!

イフリータ
イフリータ

あ…赤フードたちは、無事だったか…。

イフリータ
イフリータ

赤フード達は逃げられたのか、ふう、気が利くな。

イフリータ
イフリータ

俺様が危ない?みんな危なかった?う…。

(選択肢1分岐終了)

選択肢2選択時

イフリータ
イフリータ

俺様にも1本くれ…いや、違う!食べねえよ!

イフリータ
イフリータ

俺様は…食べられない。

(選択肢2分岐終了)

イフリータ
イフリータ

えっと、廊下のこと、ええっと、俺様のわざと壊したわけじゃねえんだ、だ、だからごめんなさい!

イフリータ
イフリータ

くそ、どうしてこんなことに…。

イフリータ
イフリータ

そうだ、宿題をチェックするんじゃなかったのか?ほらよ。

プレイヤー
プレイヤー

・このノート、見るからに燃えているように見えるんだけど。

・…

選択肢1選択時

イフリータ
イフリータ

う、嫌なら取らなくてもいいぞ!

(選択肢1分岐終了)

選択肢2選択時

イフリータ
イフリータ

これが何か分かるか、だと。

(選択肢2分岐終了)

イフリータ
イフリータ

お前に任せた、それが俺様の宿題だ。

イフリータ
イフリータ

少し訳合って、こうなっちまったんだよ…おい、なんだその顔は、何か文句でもあんのか!

イフリータ
イフリータ

とにかくだ!信じようが信じまいが、とにかく終わったんだよ、きちんと終わらせたんだよ!

イフリータ
イフリータ

あ、ちょっとちぎれて、燃えて、水に濡れただけだよ。

イフリータ
イフリータ

ぐぬぬ、ああデタラメば場所も多いが、次からはちゃんと書くよ!

イフリータ
イフリータ

…。

イフリータ
イフリータ

俺様はまた失敗した。

イフリータ
イフリータ

悪口を言いたければ言えば言い。すまなかった。

プレイヤー
プレイヤー

・イフリータ、手を伸ばして。

イフリータ
イフリータ

あ?何してんだ?

イフリータ
イフリータ

う。あまり強くするなよな!

イフリータ
イフリータ

え?

イフリータ
イフリータ

これは…ジョロキア?俺様の好きな唐辛子の乾物じゃねえか!

イフリータ
イフリータ

へ、え?俺にくれるのか?

イフリータ
イフリータ

なんで…何でなんだよ!ばか、教えてくれよ、これぽっちのお菓子なんかで、こんな、こんなの…。

イフリータ
イフリータ

(大きく鼻をすする)

イフリータ
イフリータ

は、白衣を来ているお前たちに問題があるとは思うけどな!

イフリータ
イフリータ

お前はかろうじて例外だけどな!(小声)

イフリータ
イフリータ

だが、警告しとくぜ!サイレンスみたいに俺様を子供として見るなよな!

イフリータ
イフリータ

そんなことしたら俺様怒るからな!俺様は怒ると超――怖いぞ!

プレイヤー
プレイヤー

・君は優秀なオペレーターだ。
・とても迫力があるな、イフ。

選択肢1選択時

イフリータ
イフリータ

へ、へへ、突然何を言いやがるんだ。そんなの当たり前だろ!

(選択肢1分岐終了)

選択肢2選択時

イフリータ
イフリータ

へ――ごほ、ごほごほ。

イフリータ
イフリータ

誰がその呼び方をお前に教えやがった、いや、だ、誰がそんな呼び方してやがったんだ!

(選択肢2分岐終了)

プレイヤー
プレイヤー

・次の任務の際は君も出動してくれ。

イフリータ
イフリータ

!!

イフリータ
イフリータ

それは本当か?!

イフリータ
イフリータ

今度は俺様も一緒に行くってことか?そういうことだよね?な?嘘はつくなよ!

プレイヤー
プレイヤー

だけど…。

イフリータ
イフリータ

どうした?

イフリータ
イフリータ

早く言え、じらすな!

イフリータ
イフリータ

心を落ち着かせて自分のことを考えろ?なんだ、何言ってるんだか分かんねえ…。

イフリータ
イフリータ

…。

イフリータ
イフリータ

そうだ、謝りに行かないと…。

イフリータ
イフリータ

毎日会いに来てくれ姉ちゃんを俺様は怖がらせるつもりは無かったんだ…。フロストリーフ達にもあんな風にするつもりも無かった…。

イフリータ
イフリータ

ええっと、ドクター、助けてくれないか。あいつらと話す手伝いをしてくれないか?

プレイヤー
プレイヤー

・どうして自分で言わないんだ?

・また医療オペレーターを驚かしたのか?

イフリータ
イフリータ

俺様は…。

イフリータ
イフリータ

間違いを犯したことに違いはない。

イフリータ
イフリータ

あいつらは本当にうるさい奴らだけど!あんなことするべきじゃなかったんだ…。

イフリータ
イフリータ

俺様だってお前にいつもこんなことをなんて言われたくない。

プレイヤー
プレイヤー

今度海に遊びに行くから、行かないか?

イフリータ
イフリータ

海?何だそれ?

イフリータ
イフリータ

何でも良い!行く!行くぞ!

イフリータ
イフリータ

あ、いや、どうして急に俺様を連れて遊びに行くんだ?ドクター、ちょっと怪しいな…。

プレイヤー
プレイヤー

・君が上手くやらなければ、サイレンスを説得出来ないから。

イフリータ
イフリータ

ん、なんだ、俺様に何かやらせるつもりなのか?

プレイヤー
プレイヤー

・自分で謝らないとね?

イフリータ
イフリータ

ああ、心配するな!俺様に任せろ、謝るだけだろ!

イフリータ
イフリータ

約束だぞ?お前が俺を連れて行って後悔しても知らねえからな!

イフリータ
イフリータ

へへ、ビーチ!ああ、面白そうだな!

イフリータ
イフリータ

ドクター!また明日な!

イフリータ
イフリータ

…。

イフリータ
イフリータ

まだ見ているのか?

イフリータ
イフリータ

ふん、俺様の心ははっきりしている。あいつらは俺様のことを見て、どう思っているのか。

イフリータ
イフリータ

だが、何の関係がある?俺様は気にしない、ああ、気にする必要もない。

イフリータ
イフリータ

俺様は必ずお前をぶっ殺してやる!

イフリータ
イフリータ

知っているか、お前がいつも俺様に恥を掛せていることを、お前がいつも俺様に面倒を寄越しやがっていることを!

私がいなければ、お前はなんだ?

イフリータ
イフリータ

はっ、俺様がお前のことを前のように怖がると思うか?

イフリータ
イフリータ

いつも俺様に痛みを与え、いつも全ての人に痛みを与える…。

イフリータ
イフリータ

このでぶ!ばーか!でぶ火の玉!角のある熱気球!

はは、面白いな。

イフリータ
イフリータ

よく見ておけ、俺様はこれからはもう何も燃やしはしない。

イフリータ
イフリータ

俺様は分かっているんだ、燃やせるものでも燃やせねえってことをな!

燃やせぬものなどない!

イフリータ
イフリータ

何だと、俺様は嫌だ!

イフリータ
イフリータ

イフリータ様は燃やしたくねえんだよ、絶対にそんなことしねえ!

イフリータ
イフリータ

俺様の道を塞いでる奴らはきっと全て火で燃やし尽くしてやる。

イフリータ
イフリータ

だがやらねえと決めたら絶対にやらねえ!火を付けることすらしねえ!

待っているぞ、小物よ。

イフリータ
イフリータ

…。

イフリータ
イフリータ

遅かれ早かれ…いつかは!

タイトルとURLをコピーしました