【アークナイツ】シナリオ翻訳「戦地の秘話 和光同塵」

11:30 AM 天気/曇り

野外、ロドス技師事務室

ケルシー
ケルシー

今度は何をするつもりだ?

クロージャ
クロージャ

ケルシー、後でドクターのところに行っても良い?

ケルシー
ケルシー

君は久しぶりに◯◯◯にいたずらしたくて、手がうずうずしているのか?

クロージャ
クロージャ

え、そんなに警戒しないでよ!私は親切に人の心配をしているだけなんだから!

ケルシー
ケルシー

前回君が他者に関心を持つと言った際は3ヶ月連続で夜中の0時に自動的に包装する”クロージャのミッドナイトビデオスーパー”を放送する船室を作った時だったか。

クロージャ
クロージャ

あれね…。

ケルシー
ケルシー

まだ音量は下げられないのか。

クロージャ
クロージャ

分かったよ、認めるよ!確かにドクターをからかいたいんだけどさ。

ケルシー
ケルシー

Dr.◯◯◯は今は記憶喪失の状態にある。分かっているだろうが今だによく分かっていないんだ。

クロージャ
クロージャ

え?寝すぎて馬鹿になっちゃったの?それはご愁傷さま、後でドクターにお菓子を持って慰問しにいこうかな。

ケルシー
ケルシー

好きにするが良い。だがDr.◯◯◯に悪い印象は与えてくれるなよ。

ケルシー
ケルシー

それはワルファリンだけで十分だ。◯◯◯の血魔に対しての誤解を増やすと。カズデルのことに関しては延期を余儀なくされる。無期限にな。

ケルシー
ケルシー

これは他人の心の中での自分のイメージを新たにするチャンスでもある。それをよく理解しておくと良い。

クロージャ
クロージャ

以前の私のイメージってそんなに悪かった?

ケルシー
ケルシー

中央空調36度事件の後は、まあ。

クロージャ
クロージャ

ええ、あれは機械室の停電なのに。

ケルシー
ケルシー

コンソールで君の指紋を見つけたが。

クロージャ
クロージャ

機械室の電源が切れたの!

ケルシー
ケルシー

君は監視カメラをブラックアウトさせ、ビデオを削除したようだが、コンソールにはバイオバックアップシステムがあり、異なる時間ごとの13枚の組織スライスがあるわけだが。

クロージャ
クロージャ

ごめんなさい私が間違えてましたあの時は私が横柄でした彼を治療したいんです本当にごめんなさい。

ケルシー
ケルシー

…。

クロージャ
クロージャ

それで、歓迎会は?Dr.◯◯◯の歓迎会はしないの?

ケルシー
ケルシー

免除だ。今は非常事態にある。

クロージャ
クロージャ

え、そんなに冷たくしないでよ、ケルシー。ドクターは記憶を失った以上、私達はドクターにもっと仲間の暖かさっていうのを感じさせるべきなんじゃないの?

ケルシー
ケルシー

君は以前もDr.◯◯◯に対してそう思っていたか?

クロージャ
クロージャ

かもなあ…私もドクターとはそんなに親しくは無かったけど、あなたが言っているように、自分の美しい姿を作るには絶好の機会なんじゃないの?

ケルシー
ケルシー

クロージャ、今はその話はしたくはないのだが。

クロージャ
クロージャ

ふうん、あなたが行かないなら私だけで行くよ。あなたには関係なし。

クロージャ
クロージャ

ところで、予定通り私達は龍門に行くんだよね。

ケルシー
ケルシー

ああ。

クロージャ
クロージャ

自由に行動してもいい?

ケルシー
ケルシー

龍門はいま非常に危険だぞ。

クロージャ
クロージャ

え、龍門って危険なの?あそこは治安は良かったんじゃなかったっけ?

ケルシー
ケルシー

チェルノベルクに一番近い都市は龍門だ。残りは言わなくても分かるだろう。

クロージャ
クロージャ

それならどうして行くの?

ケルシー
ケルシー

チェルノベルクに一番近い都市は龍門だからだ。

クロージャ
クロージャ

あなたまた何か理由を隠してるんじゃないの…。

ケルシー
ケルシー

いいや、前回の会議の際に全て報告をした。ただ、その時、君はアイマスクを付けて、会議の椅子に横になって寝ていたが。

クロージャ
クロージャ

システムのメンテナンスが大変でね…ごめんね。

ケルシー
ケルシー

君を責めるつもりはない。君の努力が無ければロドスを始めることなんて出来なかったのだからな。

ケルシー
ケルシー

だが君の奇妙なアイディアはやめてもらいたいものだ…それで私を呼んだのは何が理由だ?

クロージャ
クロージャ

ええっと、あなたを呼んだだけ。

ケルシー
ケルシー

実験室に戻るとしよう。

クロージャ
クロージャ

行かないで!ええっと、実はね…3区の2つの廊下が停電してるんだ。

クロージャ
クロージャ

一緒に見に行かない、良いよね!

ケルシー
ケルシー

エンジニアスタッフを呼べばいいだけだろう。また供給ラインに問題があったのか?

クロージャ
クロージャ

私達が直接行ってみても良いんじゃないかな。

ケルシー
ケルシー

普段の君はチェックする時は他のオペレーターに任せていたはずだが。

クロージャ
クロージャ

ロドスのチーフエンジニアとしての責任がこの瞬間また目覚めたんだよ。さあ行こう!

(移動する足音)

クロージャ
クロージャ

早く行こう、道はあなたよりも詳しいし…。

クロージャ
クロージャ

へ?

ストーム
ストーム

…。

クロージャ
クロージャ

…。

クロージャ
クロージャ

え?!

ケルシー
ケルシー

ストームか。

クロージャ
クロージャ

へ、ストーム?

ストーム
ストーム

こんにちは、クロージャさん。

クロージャ
クロージャ

いい子だ!ケルシー、見て。この子、あなたよりいい人だよ!

ケルシー
ケルシー

ふん。

ケルシー
ケルシー

ストーム、レコーダーを見せてくれ。

ストーム
ストーム

はい…左腕の、これ?

ケルシー
ケルシー

ああ。針に触らないように気をつけるんだ。

ストーム
ストーム

うん…。

ケルシー
ケルシー

…数値正常。うん。ヘモグロビンも回復している。よく回復したな。

ストーム
ストーム

ありがとうケルシー先生。

ケルシー
ケルシー

感謝はするな。これは私の役目で私がすべきことなんだ。人の職責に感謝をする必要は無い。

ケルシー
ケルシー

ストーム。帰り道は覚えているか?

ストーム
ストーム

覚えてるよ。

ケルシー
ケルシー

なら自分で先に帰りなさい。私とクロージャはまだ処理しなければいけないことがあるから。

ストーム
ストーム

護衛のことなら行けるよ。ケルシー先生は大丈夫なの?

ケルシー
ケルシー

君は間違っているのかもしれない、ストーム。

ケルシー
ケルシー

先程は君には着いてきてもらったが、それは艦内の環境を知ってもらいたいがためだ。これからはここによく来ることになるだろうしな。

ケルシー
ケルシー

私に護衛は不要だ。

ストーム
ストーム

分かった。

ストーム
ストーム

それじゃ私もう行くね。ばいばい、クロージャお姉ちゃん。

クロージャ
クロージャ

あ、ばいばい。

(移動する足音)

 

クロージャ
クロージャ

クロージャ
クロージャ

ケルシーにじゃなくて、私をお姉ちゃんって呼んでくれた!ああ、なんていい子なんだろう…。

クロージャ
クロージャ

でも、あの子はあなたの手伝いをしたかったみたいだけど、どうしてそのままあの子を帰らせたの?

ケルシー
ケルシー

全てのオペレーターは自分の職責を見つけなければいけない。それは私も同じだ。彼女が発揮できないところで時間を無駄にしてしまうのは私のミスでもある。

クロージャ
クロージャ

無情な事ばかり言わないでよね。

ケルシー
ケルシー

ストームは以前はサルゴンの軍事要員だった。

ケルシー
ケルシー

人間関係を気づく前に、まずは彼女に自分の立ち位置を明確にさせて、ロドスに溶け込ませるべきだろう。肯定と包容も必要だが、彼女には先に十分な自己認識を確率させる必要がある。

クロージャ
クロージャ

はいはい、あなたがその話をする時は頭痛がするよ…。

クロージャ
クロージャ

どうせあなたが拾ってきたんでしょ?

(移動する足音)

クロージャ
クロージャ

ケルシー、時々私は考えるんだ。あなたには人を拾う才能があるんじゃないかって。

クロージャ
クロージャ

これでもういくつめなの?

ケルシー
ケルシー

これは”感染者の人材収容と発掘プロセス”の一環だ。

クロージャ
クロージャ

そういえば…先月は72時間連続で手術台のそばにいたけど、その手術の対象は彼女だったの?

ケルシー
ケルシー

そうだ。

クロージャ
クロージャ

手術チームは少なくとも8,9チーム回ってたけど、あなたまた3日間ずっと寝てなかったの?

ケルシー
ケルシー

彼女の回復が少しでも早くなるのであれば。

クロージャ
クロージャ

答えてね、ケルシー。あなたまた自分のために試薬を出したんじゃないの?

ケルシー
ケルシー

その質問に答えるのは拒否する。

クロージャ
クロージャ

私が聞かないと、あなた永遠に話さないでしょう、違う?

ケルシー
ケルシー

何故言う必要がある?

クロージャ
クロージャ

あなた、自分に対して乱暴過ぎるよ。

ケルシー
ケルシー

私は耐えられる。

(移動する足音)

クロージャ
クロージャ

くっら!

クロージャ
クロージャ

予備電源を有効にする?

ケルシー
ケルシー

見えないのか?

クロージャ
クロージャ

血魔を馬鹿にしないで、もちろん見えるよ。

ケルシー
ケルシー

私もだ。

クロージャ
クロージャ

じゃ、行こう。

クロージャ
クロージャ

そういえば、私何か踏みつけたみたいだけど?

クロージャ
クロージャ

うわっと、こ、これは何!

ケルシー
ケルシー

何も驚くことじゃないだろう…。

クロージャ
クロージャ

あ…ガチャガチャ?どうしてこんなところに?

クロージャ
クロージャ

ふわふわ毛特別コレクション?24種類のふわふわ毛…びっくり、これは隠し金、おお、天よ!

ケルシー
ケルシー

ク・ロー・ジ・ャ!

(移動する足音)

クロージャ
クロージャ

暗い道で工事をするならん、昔のことみたいで懐かしいよ。

クロージャ
クロージャ

当時、ロドスはまだここまで大きくはなかった。

クロージャ
クロージャ

スパナをちょうだい!

クロージャ
クロージャ

あ、Mon3tr、ありがとう!

クロージャ
クロージャ

あ…。

ケルシー
ケルシー

どうした?

クロージャ
クロージャ

私じゃ手が届かないみたい。ケルシー、ちょっと運んでくれない?修理するから。

ケルシー
ケルシー

分かった。

クロージャ
クロージャ

どっちみち…このエリアは完全に停電しちゃってるし、チェックを始めないと。

クロージャ
クロージャ

ケルシー、あなたは都市に行ってドクターを救出したのは間違った選択だと思う?

ケルシー
ケルシー

あんな時に都市に入ったのは賢明では無かったと思う。

クロージャ
クロージャ

ふうん…

ケルシー
ケルシー

アーミヤを選択を固持し、誰も彼女を説得することは出来なかった。君も精鋭オペレーターたちの傾向をよく分かっているだろう。

クロージャ
クロージャ

あなたが棄権票を投じただけだよ。

クロージャ
クロージャ

まさかと思うけど、これはアーミヤに対しての最初のテストだったんじゃないの?

ケルシー
ケルシー

テスト?いや、これはテストではない。あるいはこれがテストだったとしても試験官は私ではなく、彼女が直面している苦境がそうなるだろう。

ケルシー
ケルシー

これが彼女の本心であるのであれば、私は彼女をサポートするだけだ。しかし彼女がベストを尽くしても、物事が上手くいくという訳ではない。

ケルシー
ケルシー

結局これは彼女自身の選択だ。

クロージャ
クロージャ

上手いこと言って、結局後始末をするのはあなたなんじゃないの?よく疲れないね…。

ケルシー
ケルシー

誰も最初から上手く出来る人なんていない。クロージャ、私だってそうだ。

ケルシー
ケルシー

少なくとも真夜中はもう過ぎた。残るすべきことは太陽が昇るまで生きるということだ。

ケルシー
ケルシー

それと頭の上の二番目のワイヤーが落ちそうになってるぞ。

クロージャ
クロージャ

わわわ!しっかり持っててよ!3つの送電線が落ちたら、あなたと私は終わりなんだから!

クロージャ
クロージャ

あ、ちょっと待って。オフラインにするよ。

ケルシー
ケルシー

それで君は二本の線を列の後ろに置いたのか?

クロージャ
クロージャ

静かに!心を込めて、電流の自然と平和を感じたいんだから。

ケルシー
ケルシー

今言ったことを自分で何を言ったかよく噛みしめることをおすすめする。

クロージャ
クロージャ

でも、ケルシー…まあいいや、スイッチを試してみて。

クロージャ
クロージャ

ケルシー、さっきまでは何をしていても謎めいていたけど、夜道を行くのであれば、どうしても光が必要だよね?

ケルシー
ケルシー

私達はここで電球を修理しているんじゃないのか?

クロージャ
クロージャ

あ、ついた。

ケルシー
ケルシー

クロージャ。

ケルシー
ケルシー

何故こんなことを今聞くんだ?

クロージャ
クロージャ

私が聞かないと、あなたは話さないからだよ。

クロージャ
クロージャ

いつもお腹の中で我慢をしていると、アイディアっていうのは悪くなるんだから。

ケルシー
ケルシー

つまり私の答えは君にはあっても無くても良いということか?

クロージャ
クロージャ

あなたが言っていることは、あなたにとってはと~~っても重要だと思うけどね。

クロージャ
クロージャ

だから、あなたが何を言ったかよりも…大事なのはあなたの話をこの耳で聞きたいってこと。

ケルシー
ケルシー

時間の無駄だな。

ケルシー
ケルシー

今度報告する時は直接報告書をやろう。

クロージャ
クロージャ

それでもあなたは来ないでしょ。

ケルシー
ケルシー

誰が来ないと言った?

ケルシー
ケルシー

君が本当に電球を修理する限りは。

クロージャ
クロージャ

約束だよ?

ケルシー
ケルシー

いつも君とは訳が分からない変な約束をしているな。

クロージャ
クロージャ

それもエンジニアの役割だからね!

クロージャ
クロージャ

ケルシー、見て、この電球!

ケルシー
ケルシー

本当に明るいか?

クロージャ
クロージャ

うん、明るいよ!

ケルシー
ケルシー

…。

ケルシー
ケルシー

君がいつまでもその態度でいてくれるのであれば、私も安心だよ。

ケルシー
ケルシー

それなら、私としても…。

クロージャ
クロージャ

あ!黙って。言わないで!

クロージャ
クロージャ

他のことは何も言わないで…今はこの明かりを楽しもうよ。

ケルシー
ケルシー

…。

ケルシー
ケルシー

柔らかい光だ。

タイトルとURLをコピーしました