アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳「喧騒の法則 CB-4 7:59 P.M.」

7:59 P.M. 天気/曇り

龍門人口河川 埠頭

???
他人

次はいきなり船に飛び込むんじゃねえぞ!あぶねえだろうが!

バイソン
バイソン

すみません、事情があって…。

バイソン
バイソン

お聞きしたいんですけど、サンクタ人を見ませんでしたか?

???
他人

見てねえな。本当に参ったな。このお菓子は今晩のイベントで使うものなのにもし遅れてしまったら弁償…ん?

???
他人

サ、サンクタ…。

バイソン
バイソン

あ、モスティマさ――。

ソラ
ソラ

モスティマ?あなたモスティマを知ってるの?

バイソン
バイソン

…すみません、人違いでした。

バイソン
バイソン

(この人、何処かであったことがあるような?)

???
他人

おほん、とにかく今回は見逃してやる。今後はこんな危険なことするんじゃねえぞ!

バイソン
バイソン

す、すいません。ご迷惑をお掛けしました。

ソラ
ソラ

うーん…若いフォルテ…何か忘れているような…なんだっけ…。

ソラ
ソラ

あ!

バイソン
バイソン

何!?何をするんですか!?

ソラ
ソラ

角にキャンディが付いてるよ!

バイソン
バイソン

あ、本当だ。返すべきかな…

ソラ
ソラ

それにこの対角を見て思い出したよ。あの奎驰のマークと一緒だ!

ソラ
ソラ

あなた奎驰急便とこのお坊ちゃんでしょ、違う?

バイソン
バイソン

お、お坊ちゃん…。

バイソン
バイソン

ソラ先輩、この道で本当にテキサスさんと合流出来るのですか?

ソラ
ソラ

大丈夫大丈夫。テキサスが何を考えているかなんて私にはよく分かっているんだから。

バイソン
バイソン

そうですか。

バイソン
バイソン

…この声何処かで聞いたことがあるような。どこだっけ?

ソラ
ソラ

「先輩」だって。ふふ。まさか私もトランスポーターとして後輩のいる日が来るとは思ってなかったなあ。みんなの印象はどんな感じだった?

バイソン
バイソン

印象?

バイソン
バイソン

とても、あーっと、エキサイティングだなって。

ソラ
ソラ

あはは…何が起こったのか大体予測出来るよ…。

ソラ
ソラ

あ、ごめんね!

???
子供

歩く時くらい気をつけろ!ちっ!

バイソン
バイソン

あっちからぶつかってきたのに――。

???
子供

あ?知らねえなあ?

バイソン
バイソン

このガキ!

ソラ
ソラ

まあまあ、好きにさせておこ。

バイソン
バイソン

あいつ、あなたの財布を取りましたよ

ソラ
ソラ

へへへ、知ってるよ。あの財布の中にはかぼちゃのキャンディしか入ってないけどね。財布はここにあるんだ~。

ソラ
ソラ

「トリック・オア・トリート」ってね。

バイソン
バイソン

あいつはいたずらだけに来たんだけど。しかもどうして….わざわざ今日そんなことを?

ソラ
ソラ

龍門では最近色んなことがあってね。今日はあまりそういうのが見えないけど。

ソラ
ソラ

鎮魂の夜のろうそく位、この都市の隅々まで明るくないと、ああいった子どもたちが可哀想でしょ。

ソラ
ソラ

まあでも、そういうのが結局は流行ってるんだし、良いアイデアじゃない?

バイソン
バイソン

それが楽しまれているのならば僕はどうすれば…。

ソラ
ソラ

前に出て、すぐ着くよ。

 

バイソン
バイソン

ここは…さっきの公園。またここに戻ってきた?

ソラ
ソラ

ほら、やっぱりあそこに。

ギャング
マフィア

あ――あああ、あ!

エクシア
エクシア

ねえ、さっさと言わないと火を付けちゃうよ?

クロワッサン
クロワッサン

あんさん、大人しくしないとこの花火が本当にあんたを天まで連れていくことになるで。

テキサス
テキサス

…そいつの口のテープを取るのを忘れてるぞ。

エクシア
エクシア

あ、ごめんごめん、はいよ!

ギャング
マフィア

――――――!!

ギャング
マフィア

お前ら!俺たちが何者なのか本当に知っているのか?

 

テキサス
テキサス

…シラクーザ、マフィア。

マフィア
マフィア

え、テ、テキサスか…お前を俺たちが恐れると思うなよ!

エクシア
エクシア

あんた達が怖くないことは知ってるよ。でもあんた達はボスの秘蔵品を全部爆破してしまった。お菓子箱の爆弾だっけ。子供っぽい罠だなあ。

マフィア
マフィア

…お前は何を言っているんだ?

エクシア
エクシア

え?

マフィア
マフィア

俺はどんなお菓子箱だったのか知らないが、笑えるな!もし本当にリーダー自らが手を下すなら、お前たちはとっくに木っ端微塵に――ああ!あああ!

エクシア
エクシア

そうだとしてもこいつはあまりにもきな臭いから、直接こいつを爆破してしまったほうが良いよね。

テキサス
テキサス

もう少しの辛抱だ、エクシア。彼に話を続けさせよう。

マフィア
マフィア

ぶはあ――ふう、お前たちは不思議に思わないのか。どうして竜門が見ぬ振りを続けていると思っているんだ!?

エクシア
エクシア

いや、普通に毎月警察署に行って公共財産に対しての被害の罰金を払ってるけど。普段はあまり気にしてないけどね?

マフィア
マフィア

ぐっ…。

クロワッサン
クロワッサン

なあ、エクシア、人が喋ってるのに遮ったらあかんで。さあ続けて。

マフィア
マフィア

このままでは…!

マフィア
マフィア

あの方は俺たちがペンギン急便に対してする全ての行動を黙認したんだ。龍門のグレーな勢力ならば、これが何を意味するかなんて分かるだろ?

エクシア
エクシア

私達は合法的な運営許可証を持っている物流会社だよ?しかも運営状況も悪くはないし?

テキサス
テキサス

だから何故毎回私達はこんなことをされなければ…はあ、まあいい。

テキサス
テキサス

あの方というのは誰だ?

エクシア
エクシア

この気取った言い方は馬鹿っぽいけどね。雑魚の匂いがするよ。

マフィア
マフィア

まだとぼけるのか!?マウスキングだって――。

ソラ
ソラ

あ!テキサス!みんな!

エクシア
エクシア

あ、ソラちゃん!お~い

クロワッサン
クロワッサン

ん?バイソンもおるで。

ソラ
ソラ

ふふ、途中で落ちてきたバイソンに会って、彼を連れてきたんだよ。

バイソン
バイソン

…何をしていたのですか?皇帝さんは?

エクシア
エクシア

ボスなら確認したいことがあるって言って、他のところに行ったよ。

テキサス
テキサス

ソラ、他の人には会わなかったのか?

ソラ
ソラ

へ?あ…ったよ。

エクシア
エクシア

え?私を見てどうしたの?

ソラ
ソラ

な、何でも無いよ。とにかく事の経緯はもうバイソンに聞いたけど、次は何をすれば良いのかな?

エクシア
エクシア

とりあえずはこいつの口から聞いたことし・だ・い・かな!

バイソン
バイソン

待って下さい、エクシア。それって…。

バイソン
バイソン

実は先程モスティマさんにお会いしたのですが、いなくなってしまったんです。

バイソン
バイソン

ええっと、つまり僕たちがマフィアの方位を逃れようとした時に彼女は――。

エクシア
エクシア

…彼女のことは心配しなくていいよ。よくあることだから。気付いたら何年も消えてたってこともあるし。

バイソン
バイソン

――何年も?

クロワッサン
クロワッサン

そういや、うちも会社に入ってからほとんど彼女には会ったこと無いなあ。

ソラ
ソラ

あはは、あまりエクシアを刺激しないほうが…。

バイソン
バイソン

それは本当に…常識から逸脱していますね。

テキサス
テキサス

トランスポーターとして彼女はとても特殊なんだ。

テキサス
テキサス

ボスとは契約関係にはあるが、やはりそれでも彼女はラテラーノ人だ――。

エクシア
エクシア

…。

テキサス
テキサス

――エクシア、気を散らすな。マッチに注意しろ。

エクシア
エクシア

あ、まず。

マフィア
マフィア

あああ――ああ――!!

クロワッサン
クロワッサン

ああ、間に合わなかった。まあええか。

マフィア
マフィア

あああ――!!!!

(花火が上がる音)

 

マフィア
マフィア

何だ、さっきフロレンゾの悲鳴が聞こえたぞ!?

マフィア
マフィア

あっちの方向からだ!

エクシア
エクシア

本当に生きている人を連れて天に昇ることって出来るんだねえ。花火っていうのは力があるんだ。

テキサス
テキサス

まずは敵を対処、左右に分担しよう。

(戦闘)

???
聴衆A

おい、これは映画か何かか?

???
聴衆B

あれってペンギン急便じゃないのか?また喧嘩してるのか?

???
聴衆B

ほら!左フック!やっちまえ!かっこいいぞ!

???
聴衆A

いつもあいつら勝つからつまらねえなあ。

???
???

そうだなあ。わ、何処からともなく黒服が出てきた。お前達負けるなよ!

(発砲音)

 

エクシア
エクシア

うひぃ、実弾が使えないって面倒だねえ。

クロワッサン
クロワッサン

ここはどう言っても都心やからな。実銃が使えんのは当たり前や。エクシア、後ろ!

(盾で防ぐ音)

 

エクシア
エクシア

おおっと、危ない危ない~ありがとう、クロワッサン。

バイソン
バイソン

しつこく付きまとわられてるときりが無い!テキサスさん

テキサス
テキサス

ふむ…ソラと私、エクシアとクロワッサンで兵を2つに分けて私達は大地の果てに行くとしようか。

バイソン
バイソン

…どういうこと?

ソラ
ソラ

いいね…いや、分かってるよ。

エクシア
エクシア

この敵を引き離すってことかな?良いね、そういうのが一番得意だから!

クロワッサン
クロワッサン

エクシア、道中気をつけなあかんよ。また賠償リストが長くなるで…。

バイソン
バイソン

待って下さい、みなさん「大地の果て」ってどういうことですか?

テキサス
テキサス

一時間後に集合。

バイソン
バイソン

どういう意味ですか!?

ソラ
ソラ

それにしてもどうやって殺すの?

エクシア
エクシア

方法はあるけど…。

マフィア
マフィア

お、お前何を!?お前のような天使――怖くはな――

(殴打する音)

 

エクシア
エクシア

クロワッサン、来て!このバイクかっこいいでしょ!

クロワッサン
クロワッサン

よーし!いっけー!

テキサス
テキサス

車を奪う?良いアイデアだ…。

テキサス
テキサス

ああ、お前だけだ。

マフィア
マフィア

来るな、クソ狼――お前――ひぃい――あ、車あげますから顔を叩かないで!

(殴打する音)

 

テキサス
テキサス

よし、ソラ。早く来るんだ。

ソラ
ソラ

う、うん!

テキサス
テキサス

しっかり捕まっていろ。エクシア達より動くを遅くする訳にはいかないからな。

ソラ
ソラ

まだ少し、遅いかな――。

(バイクのエンジン音)

 

バイソン
バイソン

あの僕は――

バイソン
バイソン

…。

マフィア
マフィア

…。

バイソン
バイソン

…。

マフィア
マフィア

ペンギン急便はこの子供をほっぽりだしていったのか?

マフィア
マフィア

丁度良くはないけど、こいつでどうやって抵抗するのか見るか!

バイソン
バイソン

ちっ!こいつら何考えているんだ!?

バイソン
バイソン

くそ――!この近くにないのか――!

???
聴衆A

あ、自転車いる?貸しても良いよ。

バイソン
バイソン

じ、自転車…。

バイソン
バイソン

まあいいか、選んでる時間もないし。ありがとうございます!

???
聴衆A

頑張れよー!

マフィア
マフィア

ペンギン急便を手伝うなんて――!?

???
聴衆A

お前はどうせ車があるんだろ、なら追いつけるだろ?

マフィア
マフィア

お前――。

カポネ
カポネ

我慢しろ、民間人に手を出すな。さもなくば終わるぞ。

マフィア
マフィア

す、すみません。追います!追いかけます!

カポネ
カポネ

ほう…。

ガンビーノ
ガンビーノ

「バイソンを拉致し、ペンギン急便と奎驰物流を分断、皇帝を暗殺する」。良いアイデアだ。

カポネ
カポネ

俺たちの目的は取って代わることだ。馬鹿を殺す必要はない。この勘定は全部帳消しにしねえか?

ガンビーノ
ガンビーノ

テキサス、あいつがテキサスだ。あのラテラーノ人と奎驰物流の坊っちゃんもいる。彼女たちが後の道を残していたら、俺達に安定した日があると思うか?

ガンビーノ
ガンビーノ

草は根まで取り除く必要があるんだよ。

カポネ
カポネ

それは他者の注目を集める。何もじーっと見てただけじゃねえんだよ。

ガンビーノ
ガンビーノ

は!怖いのか?

カポネ
カポネ

進退には頭を働かす必要があるんだよ。馬鹿が。

ガンビーノ
ガンビーノ

卑屈にもなってマウスキングはもう限界だと言っている、臆病者だ。龍門にいるこの数年でお前も後ずさりするようになっちまったな。

ガンビーノ
ガンビーノ

お前のファミリーへの貢献を感じなければとっくに追い出しているところだ。

カポネ
カポネ

俺たちはそれぞれでやることがある。皮肉は後にしてもらおうか。

ガンビーノ
ガンビーノ

お前の言う通りだ。俺は自分の方法でペンギン急便と勝負するとしよう。

ガンビーノ
ガンビーノ

死人に任せて解決出来る問題であれば、生身の人間が互いに言い合う必要はない、だろう?

カポネ
カポネ

…勝手にしろ。最後の一つ警告しておく。ここは龍門だ。シラクーザじゃない。

ガンビーノ
ガンビーノ

シラクーザの失敗の後、俺達はいかなるチャンスも見逃すべきではない。そして手段を選ばずに敵を粉砕する。

ガンビーノ
ガンビーノ

妥協ではなく、相談だ。でなければまた罠に落ちる。

ガンビーノ
ガンビーノ

俺たちシシリアンが最も伝統的とする方法で問題を解決すべきだろう。

カポネ
カポネ

カポネ
カポネ

そうだな。ファミリーに臆病なやつはいらない…役立たずもいらないがな。

カポネ
カポネ

チームを分けて、貧民窟に向かいマウスキングを探す。取引の内容は変わった。

マフィア
マフィア

カポネさん、ですがもしマウスキングを納得させられなければ…。

カポネ
カポネ

ふん、もし俺たちが本当に龍門でしっかりと地に足を付けたいのであれば、あの鼠がずっと俺たちの頭の上でふんぞり返ってるのを我慢出来るのか?

カポネ
カポネ

あいつは遅かれ早かれ俺たちが牽制する対象になるだろう。

カポネ
カポネ

今からこのリストに従って一つ一つ洗い出していけ。マウスキングと接触をしている龍門人だ。

マフィア
マフィア

はい。

カポネ
カポネ

俺たちには時間が無い。今晩結果を出さなければならない。一刻を争うぞ、急げ。

カポネ
カポネ

俺が龍門で長い間何もしていないだと…?

カポネ
カポネ

間違っているな、ガンビーノ・リッキー。大間違いだ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました