アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー6章3話「同時喪失」

ファウスト
ファウスト

メフィスト?

ファウスト
ファウスト

お前、さっきはどんなアーツを解放した?お前のチーム…さっきよりも苛ついているみたいだが。

ファウスト
ファウスト

あいつら…あいつらとても苦しんでいるようだ。

メフィスト
メフィスト

あ、君にも見えたんだ?僕が植えた種の花が咲いたようだね。

メフィスト
メフィスト

大丈夫だよ、ファウスト。あいつらは僕たちを攻撃はしないから。

ファウスト
ファウスト

まだあいつらの感染を媒介しているのか?

ファウスト
ファウスト

メフィスト…もう止めよう。俺たちは生きていけるから。

メフィスト
メフィスト

僕のアーツだからこそ、こんなことでもやり遂げることが出来るんだ。こうしてこそ、脱出出来るかもしれない。

メフィスト
メフィスト

君も偵察をした時よく見ただろ。今の状態を強行突破しないと、近衛局は僕たちがスラム街の秘密の通路に到着する前に僕たちを全員殺しにくるんだよ!

メフィスト
メフィスト

この武器を見たことあるか?チェルノボーグの守衛にすら効かなかった武器なんだぞ!

メフィスト
メフィスト

あいつらはこの都市のことをよく知っているのに僕たちは単なる外国人。あいつらは何処から現れて何処に消えていくんだ?!現状の人だけじゃ、奴らと正面から対抗することは出来ないんだよ!

メフィスト
メフィスト

チェルノボーグのウルサス人は弱すぎた…。龍門は僕たちを軍隊として見ているけど、僕たちは軍隊じゃない。単に生きたい者同士の集まりだ。

ファウスト
ファウスト

声を落とせ。俺たちの士気がかなり落ちてしまっている。

メフィスト
メフィスト

だけど僕の家畜はそんなことで動揺することはないんだ!

ファウスト
ファウスト

…俺達と合流をしたレユニオンのメンバーだっているんだぞ。

ファウスト
ファウスト

フロストノヴァは必ず応援に来てくれる。

メフィスト
メフィスト

フロストノヴァ?あのフロストノヴァが?

メフィスト
メフィスト

は、はは、あいつとあいつの雪怪も裏切ったんじゃないの?

ファウスト
ファウスト

メフィスト!

メフィスト
メフィスト

あいつらの実力を何で止められるっていうんだ?

メフィスト
メフィスト

僕はあいつらを責めはしないよ。例え裏切りでもそれはあいつらが生きるためなんだから。

ファウスト
ファウスト

フロストノヴァは裏切りはしない。約束はしてはいないが。自分で真実を見に行くか?

メフィスト
メフィスト

そうだね…みんな生きるために頑張っているんだ。

ファウスト
ファウスト

衝動的になるな、近衛局の策略に頭を混乱させられないようにしろ!

メフィスト
メフィスト

方法があるんだ、ファウスト。僕たち同胞がもっと良く生きていける方法がね。

ファウスト
ファウスト

…?何をするつもりだ?

メフィスト
メフィスト

軍よりもっと怖いものを近衛局に見せてやりたいんだ。あいつらは僕の同胞が花咲くところなんて絶対に想像出来ないはずだよ。

ファウスト
ファウスト

メフィスト?!

メフィスト
メフィスト

近衛局の奴らのしたことには代価を支払わせなければいけない…。あのチェンとかいうやつが君に傷を付けた代価を支払わせなければいけないんだよ!

メフィスト
メフィスト

我が同胞のみんな、我が家族のみんな、僕に応えろ!

メフィストの護衛
メフィストの家畜

…!

メフィスト
メフィスト

お前たちの体の中には今よりももっと旺盛な命がある…。その衝動を追いかけて、お前たちの未来への種をばら撒くんだ!

ファウスト
ファウスト

だめだ、メフィスト!

ファウスト
ファウスト

あいつらは生きている人だぞ!

メフィストの護衛
メフィストの郡牧

(混沌とした悲鳴)。

メフィスト
メフィスト

龍門全体がお前たちにとっての土壌だ。いけ、お前たちの命を他の奴に教えてやれ!いけ、いけ、いけ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

え?え?!何が起こってる?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

お、お前何をしている?俺たちとお前は同じチームじゃないぞ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…あいつら後ろでは何も言ってなかったのに!メフィストは何も…。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

隊長?隊長?!隊長!!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ぐあ!!な、なんで、俺を噛むんだよ!!どうして…あああ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

助けて!!助けてくれ!!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

あああああ、あっ!!!

メフィスト
メフィスト

ああ…。

メフィスト
メフィスト

彼らは以前よりももっと強くなった。

メフィスト
メフィスト

彼らは僕の声を繰り返し聞いてきたんだ。もう彼らは僕達を攻撃はしてこない…。彼らはより強くなり、より増えたんだ。

メフィスト
メフィスト

龍門はこれで徹底的に滅ぶ。はは、僕の同胞じゃあ龍門を得ることは出来ないし、龍門人もこの都市を維持することは出来なくなるけどね!

メフィスト
メフィスト

ファウスト。行こう、僕たちは…。

メフィスト
メフィスト

ファウスト?

ファウスト
ファウスト

…。

ファウスト
ファウスト

お前、何をした?

メフィストの護衛
郡牧

メフィストの護衛
郡牧

(悲痛なうめき声)

メフィスト
メフィスト

ファウスト?何処に行くの!

メフィスト
メフィスト

ファウスト!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

メフィストの部下が何故俺たちを攻撃してくるんだ?!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

俺は見たんだ…くそ、くそ、さっき奴らに引きずられていったイワンを見たんだ…。イワンもあれになってしまった!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

スカー、なんだあの化け物は…あの化け物は何なんだ!!殴っても痛がらないし、刺しても死にもしない!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

あいつら、さっきよりも何倍も苛ついてやがる!もうどうにも出来ないぞ!

ファウスト
ファウスト

お前達、一緒に来い!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ファウスト?!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

行くな、メフィストの罠かもしれんぞ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…こいつは俺の命を救ってくれたことあるんだ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

メフィストは馬鹿だろうが、そいつもそうじゃないとは限らんぞ。

ファウスト
ファウスト

…。

ファウスト
ファウスト

ここから行けば早い。幻影射手が守ってくれる。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

分かった。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ありがとう…ま、待ってくれ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

気をつけるんだぞ!!

ファウスト
ファウスト

――オリジ二ウム投擲物?

ファウスト
ファウスト

走れ!牧郡の目標はお前たちだ!

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロート、敵の動きが奇妙です。

アーミヤ
アーミヤ

重装オペレーターは出来るだけ陣形を維持、私達術師は敵の数を減らしましょう。アーツ能力がある感染者はあなたと他の狙撃オペレーターに任せます。

グレイスロート
グレイスロート

私が感染者を射殺しても大丈夫なのか?

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロート…。

アーミヤ
アーミヤ

出来れば感染者の誰であろうと傷つけることは許可したくはありません。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、私が他者にこのようなことを許可し、他の感染者が他者を傷つけることを許可するのかは…。

アーミヤ
アーミヤ

何の意味も無いことです。こういった学説は戦場で意味をなしません。

アーミヤ
アーミヤ

可能なのであれば、誰も他者を傷つけるべきではないでしょう。それは感染者であろうと一般人であろうと同じです。

グレイスロート
グレイスロート

…。

グレイスロート
グレイスロート

そのとおりだ。

アーミヤ
アーミヤ

ガヴィルさんは私達に医療支援をしてくれていますが…自身の状況に注意をして怪我をしないようにしてくださいね。

アーミヤ
アーミヤ

…おかしいですね?あれは…メフィストの牧郡では…?

アーミヤ
アーミヤ

ですが…どうして少しの感情も感じられなくなってしまったのでしょうか?

アーミヤ
アーミヤ

違う、違います!

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロート、戻って!何かがおかしいです!

グレイスロート
グレイスロート

あいつら…体のオリジ二ウムを引き抜いている?

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロート!

ブレイズ
ブレイズ

ドクター!大丈夫?

プレイヤー
プレイヤー

・大丈夫だ!君も気をつけろ!

ブレイズ
ブレイズ

どこからこんなにも多くの牧郡が出てきた?動きが完全に変わっている!

ブレイズ
ブレイズ

とにかく、こっちのほうが安全だから!そこでじっとしていて!

ブレイズ
ブレイズ

まずはこれらを全部解決してからだね!

(戦闘)

どれくらいの人がお前の前で死んだんだ?

ファウスト
ファウスト

…。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

(ウルサス語)

ファウスト
ファウスト

そうしよう。俺が持って帰る。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…(ウルサス語)…?

ファウスト
ファウスト

ああ、俺はチェルノボーグには行かない。

ファウスト
ファウスト

安心しろ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…。

ファウスト
ファウスト

ここは安全だ。

ファウスト
ファウスト

寝よう。

俺の前で何人が死んだ?

???
???

武器を離せ!

グレイスロート
グレイスロート

…あんただけ?

ファウスト
ファウスト

…。

グレイスロート
グレイスロート

振り向くな。少しでも動けば撃つ!

ファウスト
ファウスト

クロスボウは先に撃ってから話すものだ。

グレイスロート
グレイスロート

何?体が…消えた?

グレイスロート
グレイスロート

いや…情報資料にあったはず。あんたはあいつらの指揮官の一人、ファウスト。あんたの術では私から隠れることは出来ないよ!

グレイスロート
グレイスロート

知ってるから。あんたの術は視覚にだけ作用するってことを。私が撃つ限り、あんたは矢に刺さることになるよ。

ファウスト
ファウスト

出来ないだろうがな。

グレイスロート
グレイスロート

――!

(ボウガンの発射音)

ファウスト
ファウスト

俺の動きを予測出来るっていうのか?

グレイスロート
グレイスロート

…。

ファウスト
ファウスト

俺たちは二人共はぐれの射手だ。同時に引き金を押せば俺達は死ぬことになる

ファウスト
ファウスト

お前の名前は?

グレイスロート
グレイスロート

コードネーム、グレイスロート。いつ私の後ろにジャンプした?

ファウスト
ファウスト

お前が3回目のまばたきをした時。

ファウスト
ファウスト

…お前清々しいな。

グレイスロート
グレイスロート

あんたはあんたのチームからはぐれている。戦意の無い人を殺傷したくはないんだけど。

ファウスト
ファウスト

俺たちは敵同士だ。

グレイスロート
グレイスロート

ロドスは感染者を救おうとしている。あんたも感染者を救っていたもの私は見たんだ。

ファウスト
ファウスト

…それは俺の戦友だ。お前は俺の敵だ。

ファウスト
ファウスト

ロドスにはどうしてこんな幼稚な人がいるんだ。

グレイスロート
グレイスロート

そうね、私は幼稚よ。命令通りのことしか出来ないもの。自分で決めても何も出来ない。

ファウスト
ファウスト

気をつけろ。

グレイスロート
グレイスロート

指を離せ!

グレイスロート
グレイスロート

あんたのクロスボウには連射機能は無い。あんたの最初のショットを避けさえすればあんたは死ぬ。引き金を押すな。

ファウスト
ファウスト

命令に従うだけ、他人の考えに頼って行動をしていると、最後は恐ろしい目にあうぞ。

グレイスロート
グレイスロート

どうして?

ファウスト
ファウスト

多くの人は盲目的に従い、尻込みをし、震えているだけ。彼らは本当は誰かに頼っているのではなく、ただ考えることを始めていないだけだからだ。

ファウスト
ファウスト

…自分の方向が無い人はただ願いだけを求めて達成感と存在感を得るだけの機械に過ぎない。

ファウスト
ファウスト

動いて、絶えず動いて、願いを込めて、願いを叶えて、周りのもの全てを喰らい、願いを込める人をも喰らう。

グレイスロート
グレイスロート

私には出来ない。

ファウスト
ファウスト

まだ経験が足りないな。

グレイスロート
グレイスロート

さっき感染者との最後の会話を見たわ。あんたは正しいことをしている。

ファウスト
ファウスト

お前の善悪は関係ない。

グレイスロート
グレイスロート

ファウスト、あんたはずっと近衛局を避けている。はぐれた龍門近衛局だろうとも彼らを撃ちはしなかった。全部見てたわよ。

ファウスト
ファウスト

…俺の我慢を弱点として見てもらいたくはないな。待ち伏せしているやつが俺だったら、お前はもう死んでいる。

グレイスロート
グレイスロート

あんたはいなかったわ。

グレイスロート
グレイスロート

あんたは疲れている、クロスボウを使う人ならあんたの疲れは見える。弦を張っているみたいだけど、そのままだときっと切れるわよ。

ファウスト
ファウスト

…射手としてお前は話が多すぎる。

グレイスロート
グレイスロート

あんたも変わった感染者に会ったでしょ。私達でなんとかする方法を考えましょ。

ファウスト
ファウスト

お前の話は正しいのかもしれない。

グレイスロート
グレイスロート

待ってよ!

ファウスト
ファウスト

だが仕方がないんだ。

グレイスロート
グレイスロート

(動き始めた瞬間に消えた?…あいつの位置を判断することが出来ない!)

グレイスロート
グレイスロート

…。

グレイスロート
グレイスロート

…え?

グレイスロート
グレイスロート

どうして私を殺さない?

ファウスト
ファウスト

お前は撃ってこなかった。だから俺も撃ちはしない。

ファウスト
ファウスト

次はない。もしお前が俺を撃ち殺さないのであれば俺がお前を撃ち殺す。

グレイスロート
グレイスロート

私に悪意なんてものはない!

ファウスト
ファウスト

それが最も哀れなことだ。

ファウスト
ファウスト

…お前はお前の問題に答える必要があるかもしれない。答えなければお前は分かりはしないだろう。

ファウスト
ファウスト

気にするな。人を殺したり、殺されたりすることは毎日のようにある。お前達ロドスも避けられないことだ。

グレイスロート
グレイスロート

…どうしてあいつらを一緒に助けられないの?

ファウスト
ファウスト

――お前の要求には答えたいが、出来ないということは分かっている。

ファウスト
ファウスト

もう俺を追いかけるなよ。

ファウスト
ファウスト

お前はあいつらとの接触が少なすぎるし、お前の頭の中は錯覚と誤解だらけだからな。

ファウスト
ファウスト

…もう、どうしようもないんだ。

何人が俺のために何かをして死んでいったのか、そして何人が俺のためになにもしないで死んでいった?

タイトルとURLをコピーしました