アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー6章17話「冬逝」

アーミヤ
アーミヤ

私のアーツを維持するのも最早限界に達してしまっています!

アーミヤ
アーミヤ

彼女のアーツが…未だ機能し続けているなんて?!

アーミヤ
アーミヤ

それでも…例えそうだとしても私は手を引くことは出来ません!

ブレイズ
ブレイズ

これでは、例え私の全ての血液を使い果たしたとしても…

グレイスロート
グレイスロート

あんたを行かせはしない!

フロストノヴァ
フロストノヴァ

ここまでか…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…ここまで来れたのに。

(戦闘終了)

フロストノヴァ
フロストノヴァ

砕けた…か。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

じいさんがとある祈祷師からこんなものをもらってきていた…私の命を維持することが出来るものだと。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

戦いにも耐えられないとは、はは、所詮偽物だったということか。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私達、父と娘と同じだな…?今のようなデタラメなレユニオンも…同じだ。

ブレイズ
ブレイズ

何だ!

ブレイズ
ブレイズ

え…。

アーミヤ
アーミヤ

ごほ、ごほ…ブレイズ!

ブレイズ
ブレイズ

冷気が…消えてしまった。

ブレイズ
ブレイズ

私は大丈夫だから!アーミヤ、早く、あの白ウサギを見に行って!

フロストノヴァ
フロストノヴァ

見事な勝利だ、ロドス。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私の兄弟姉妹達は…私は彼らを無駄死にさせてしまった。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私達は何も出来なかった。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私の命には…何の価値もない。

プレイヤー
プレイヤー

・彼らは君の理念のために君を助けたんだ。

ブレイズ
ブレイズ

…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私の死に…誰だろうと長居する価値はない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

お前たちはまだ助かる人を助けにいけ。早くしろ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

早く行け。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

雨衣を来ている奴らを止めるのも。メフィストを負うのも、行き場の無い感染者を収容するのも…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

行け。価値のあることをしに行け。

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター…。

プレイヤー
プレイヤー

・私は残る。

・君たちは行ってくれ。

アーミヤ
アーミヤ

分かりました。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、フロストノヴァさんにこの言葉を伝えて下さい。

アーミヤ
アーミヤ

…お願いします。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

本当に…無邪気なウサギだ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

似ているな。当時のタルラに似ている。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

死ぬ前に、こんなにもしっかりと理想を実現することが出来る人を見ることが出来て…。

プレイヤー
プレイヤー

・約束した責任はどうした?!

・…

・ロドスに入ると約束してくれたじゃないか?

フロストノヴァ
フロストノヴァ

お前の頭であればこれも考慮はしていただろう?

フロストノヴァ
フロストノヴァ

悪人には悪人にあるべき様を。私は自分で得た結果に対して不平は言わない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私はお前たちを傷つけた。私とレユニオンは罪のない龍門人を目標にした。一方でウルサスの感染者の暗い未来も促した。こんな人がロドスに行く資格などありはしない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私の兄弟姉妹は…この馬鹿達は私を生きさせたいを考えたのだろう?

フロストノヴァ
フロストノヴァ

今回は私が死んだとしても、あの馬鹿達は生きていくことは出来るだろうと思っていた。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

違った。そんなことは無かった。あいつらは死んだ。元々時間もあまり残されていない私を守るために。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

悔しい。私達の命は全てある人物に利用されてしまった。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

悔しい…この最後の瞬間の命は私のものじゃない。この命は彼ら全員の血で換えたものだ!

フロストノヴァ
フロストノヴァ

このささやかな命を…信頼できる人に任せなければいけない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

ありがとう。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…あ…生きていたとしても、何処に行けば良かったんだろうな?

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私達には元々行くべき所は無い。私達がよく知っているのは雪原だけだ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

龍門でもウルサスでもない。同胞と感染者を救いたいと願い。温かくて、食料もあって、そして住むところを探したかった。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

それは龍門じゃないはずだ。最初から龍門ではなかった筈だ。龍門の市民だって自身の生活を求めているのだから。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私達が帰るべきところは唯一、ウルサスだけなのだろう…私の祖国…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

雪…静かな川の水…揺れる松林..緑の苔の衣…

フロストノヴァ
フロストノヴァ

この大地のなんと美しいことか。

プレイヤー
プレイヤー

・つまり、これら全て操っているのはタルラということか。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…もし私の考えた間違っていないければ…策略は既に準備し終わっている。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

仮に博卓卡斯替のじいさんがこれを代わりに牽引しているとしても、タルラがこのようなことを画策しているからには、彼に対しても対処する方法があるに違いない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

龍門に手を出す機会は無く…ウルサスも手をこまねいて見ている。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

お前たちがいる限り、感染者にはまだチャンスがある。それが例えほんの小さなものでも――

フロストノヴァ
フロストノヴァ

――今のタルラを壊してくれ。彼女の狂気を止めて、レユニオンがもっと多くの感染者を飲み込まないようにしてくれ。レユニオンにはタルラは必要ない。どのタルラであろうと…

フロストノヴァ
フロストノヴァ

あるいは…

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…私の細やかな私情だ。彼女を救ってくれ。いや、彼女を助けてやってくれ。無数の感染者の同胞と共に…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

あれは本当の…ぬかるみの中を歩いている…タルラは…。

プレイヤー
プレイヤー

・フロストノヴァ?

フロストノヴァ
フロストノヴァ

お前は…。

プレイヤー
プレイヤー

・君の父は本当に君を愛していると思う。

プレイヤー
プレイヤー

・君の本当の両親は君のために死んだ。

プレイヤー
プレイヤー

・君は父が君のためにしてくれたことをはっきりと覚えているのだろう。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私がどうして分からないかだと?ただ、私の前で彼は死んだからだ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

もし彼が私を拾ってくれなければ、どれだけ良かったか。そうだったら彼は私のせいで苦しみはしなかっただろう。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

彼はそれほどまでに多くの苦しみを受けてきた…。

プレイヤー
プレイヤー

・彼は多くの苦しみを受けたからこそ、君を大切にしたんだ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

はは…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…ドクター。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

そう呼んでも良いか?

フロストノヴァ
フロストノヴァ

ロドスのドクター。この大地の上では選択なんて意味が無いのかもしれない

フロストノヴァ
フロストノヴァ

そうだったとしても、結果が変わらなかったとしても…自分で選んでみたいんだ。だから選択をした。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

自分の手で…自分の結果くらいは拭うさ。

フロストノヴァの指があなたの顔を探している。

プレイヤー
プレイヤー

・…君の指は、温かいのか?

フロストノヴァ
フロストノヴァ

おかしなことを。お前の顔が…冷たいだけだ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私の体温が…それほど下がってない?

プレイヤー
プレイヤー

・そうだ。君の病気は無くなったんだ。

・…

・温かいよ、フロストノヴァ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…死ぬ前に…私はようやく人と触れることが出来た。

プレイヤー
プレイヤー

・フロストノヴァ、アーミヤと私は君がロドスに加入してくれることを望んでいる。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私に本当にそんな資格はあるのか?

プレイヤー
プレイヤー

・普通に死んでしまっては過ちを正す時間が無いだろう。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…返事をしないのは失礼だな。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

アーミヤに伝えてくれ、Dr.◯◯◯…

フロストノヴァ
フロストノヴァ

この大地ではたった一人では何も出来ない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

だが彼女は決して一人じゃない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

今から私はお前の側にいる。お前たちの側にいる。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私は…ロドスに入りたい。

プレイヤー
プレイヤー

・ありがとう

フロストノヴァ
フロストノヴァ

いいや。私こそ…ありがとう。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

お前の目つきは..私の旧知に似ているな。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私はとある男の子に出会ったことがある。彼は彼の兄は敵の許しに応えて彼の心を変えるくらいならむしろ絞首台に行くと言っていた…。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

そして彼は雪原を通り、ウルサスを遍歴した。だから彼は私達と一緒に行きはしなかった。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

それは私が見た最も理想的な人だったのだろう。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

だが、お前とアーミヤに私は感じるものがあった。理想は信念になるのかもしれないと。

プレイヤー
プレイヤー

・ロドスは共通の信念のために戦っているんだ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

元々はレユニオンも…そうだった。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

似ているな。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

お前の目つきはあの子と本当に似ている。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

だが、彼より強くはないだろう。彼よりも…優しすぎるかもしれないな。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

手を離してくれ。兄弟姉妹たちが私を待っている。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

…お父さん…私は馬鹿だ。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

許して下さい。

彼女はするりと落ちた。

彼女の口元は上がり、それはまるで依然として生きているように誇り高かった。

タイトルとURLをコピーしました