アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳「午後の逸話 今日の厨房」

9:50 A.M.天気/晴れ

ロドス艦船、第二船室、公共食堂

マッターホルン
マッターホルン

これで完成です。

グム
グム

わー!おいしそう!

マッターホルン
マッターホルン

褒めすぎですよ。

マッターホルン
マッターホルン

北イェラグ風に緑黄色野菜を炒め、ロドスの特製調味粉を少し散らしました。

マッターホルン
マッターホルン

このような緑黄色野菜はイェラグでは珍しいので、私も料理をする機会があまりありませんでした、上手くいっていると良いのですが。

マッターホルン
マッターホルン

キーラはロドスと違い、イェラグの雪原ですし多くのものが足りませんから、お金を払っても買えないのです。ここは艦の上にも関わらず物資が十分あるので、ありがたいですね。

グム
グム

物資かあ…それなら、クロージャお姉ちゃんから聞いたことがあるよ。

グム
グム

ロドスには専門の仕入れルートがあって、定期的に業者が艦内に物資を運んでいるんだって。

グム
グム

いろんな所に拠点があるから、色んな場所のさまざまな食材を味わうことが出来るんだって。

マッターホルン
マッターホルン

道理で。ですが、そんなにも色んな所に拠点があるのですか?

グム
グム

んー…何か事務所のようなところがあるんだって。よく分からないけど!

グム
グム

そういえば、食堂の外の掲示板には要望が貼ってあるでしょ?何か食べたいものがあればそこに書いても良いんだって!

グム
グム

仕入れを担当しているお兄ちゃんやお姉ちゃん達がそれを参考にするみたいだよ!

???
通りすがりの仕入れ係A

グムちゃんは本当に口が上手いんだから。お姉さんに電話をして砂糖を持ってきてあげるよ。

グム
グム

仕入れのお姉ちゃん!

???
通りすがりの仕入れ係A

うん、いい子。

???
通りすがりの仕入れ係B

真面目にやって下さい。

???
通りすがりの仕入れ係B

マッターホルンさんですよね。何か欲しい食材があれば掲示板に書いてみてください。機会があれば仕入れて来ますので。

マッターホルン
マッターホルン

はい、必要があれば試してみます。お疲れ様です。

???
通りすがりの仕入れ係B

そんなに気を使わなくてもいいですよ。これが私たちの役目ですから。

???
通りすがりの仕入れ係A

あなたたちの話はどうしてあんなにお固いの?みんな船の中の人なんだし、気楽に話してもいいんじゃない?

???
通りすがりの仕入れ係B

あなたが自由すぎるだけです。

???
通りすがりの仕入れ係B

お二人もこの人の邪魔をしないでくださいね。これから仕事がありますので。

グム
グム

あの人は変なものを買ってくるんだ…。それが面白いんだけどね!

マッターホルン
マッターホルン

ははは、それは聞いたことがあります。この前、巨大な陶器の仮面を買ったてケルシー先生に怒られでもしたとか!

グム
グム

あははは、そうそう、一回試してみたけど、あのマスクはおかしいよね!

マッターホルン
マッターホルン

一見しておかしなものは試さないようにしておきましょう。

マッターホルン
マッターホルン

料理が冷えてきました。ちょうどいい温度です。

マッターホルン
マッターホルン

ふむ、少ししょっぱいですね。この味では少し刺激的かもしれません。

グム
グム

うーん、きっと美味しいと思うよ。

グム
グム

あ、じゃあ食べてみようよ?いいでしょ、食べてみよ、マッターホルンおじさん!

マッターホルン
マッターホルン

お、おじ…

マッターホルン
マッターホルン

(俺ってこの年の子供から見たらもうおじさんなのだろうか…)

マッターホルン
マッターホルン

もちろん良いですよ。食べてみたいのであれば。私も助かります。

グム
グム

うん!

グム
グム

じゃあ、食べてみよっと。…あれ?

マッターホルン
マッターホルン

ん?どうかしましたか?

グム
グム

んー?どういうこと?この料理、さっきよりも少し量が減ったような気がする?

グム
グム

おかしいな、私が勘違いしているのかな…。

マッターホルン
マッターホルン

…。

グム
グム

まあいいや、食べてみよーっと。

グム
グム

あーむ、もぐもぐもぐ。

グム
グム

(もぐもぐもぐ)

マッターホルン
マッターホルン

ど、どうですか?

グム
グム

もぐもぐ、ごくん。

グム
グム

おいしい!

グム
グム

野菜はサクサクでジューシーでさっぱりしてて、味付けもさっぱり、味も重く感じないし。わあ、とにかく美味しいよ!

マッターホルン
マッターホルン

そ、そうですか。ありがとうございます、安心しました。。

マッターホルン
マッターホルン

でも、あなたが言っているほど大げさではないですし、この料理は簡単なもので、家庭で作るのにも適しています。後でメニューをキッチンに残しておきますので、みんなで試してみてもいいですね。

グム
グム

うん!

グム
グム

マッターホルンおじさんもグムの栄養満点ウルサス特性野菜の冷凍スープを見せてあげたいな!私達で交換しようよ~。

マッターホルン
マッターホルン

おいしそうですね。では、今度お嬢さんたちに夜食を作る際は私が試してみましょう。

グム
グム

へへへ、プラマニクスさんとクリフハートさんはきっと喜んでくれるよ~

マッターホルン
マッターホルン

そうだ、古米さん、作ったオムレツを早く届けなくてもいいのですか?

マッターホルン
マッターホルン

博士のために作ったのでしょうか?これは置いとくとすぐに冷たくなってしまい、食感に影響を与えてしまいますが、大丈夫ですか?

グム
グム

わー!忘れるところだったよ!!

グム
グム

お先に失礼するねマッターホルンおじさん!緑黄色野菜の炒めもの、とっても美味しかったから絶対にメニューに残しておいてね!

マッターホルン
マッターホルン

…。

マッターホルン
マッターホルン

本当に元気な女の子だ。

マッターホルン
マッターホルン

出てこい。

マッターホルン
マッターホルン

おい。

マッターホルン
マッターホルン

では、遠慮なく――

マッターホルン
マッターホルン

…出てこないのか。

???
???

うわっ!

???
???

怖い怖い。

???
???

わざわざナイフを使う必要もないだろう?ところでその武器は何処から取り出したんだ?台所に武器を持ってくるなんて危険だろう?

???
???

ところでどうやって俺を見つけたんだ?おかしいなあ、自分としてはよく隠れられていると思ったんだがなあ。

イーサン
イーサン

(りんごをかじる)

マッターホルン
マッターホルン

…あなたでしたか。

マッターホルン
マッターホルン

また台所に食事をしに来たのですか?そんなことをしなくても、お腹が空いたのであれば直接食堂に行けばいいのに。

マッターホルン
マッターホルン

前回の教訓が足りていなかったのでしょうか?以前に後方勤務の人があなたに強く言ったはずです。また特殊能力を利用して勝手に料理や食材を持っていったら、処罰があると。

イーサン
イーサン

処罰?ああ、あいつらが言っていた「捕まったら顔に亀を書く」とかいうやつか?

イーサン
イーサン

これはどういう処罰なんだ?冗談かと思ってたぜ。

イーサン
イーサン

んー、それよりも、俺をどうやって見つけたのかまだ言ってくれてないよな?

マッターホルン
マッターホルン

あなたが私の調理したばかりの料理を動かさずに、料理の量が少しも減っていなければ、俺はあなたの存在に気付かなかったでしょうね。

イーサン
イーサン

あ、やっちまったか。

イーサン
イーサン

朝食の残り物があるかどうか探してたんだが、あんたが作ったあれの香りが良すぎて我慢出来なかったんだよ。

イーサン
イーサン

すまねえ、本当にすまねえ、謝罪するよ。あ、謝っても意味ないか?気になるか?

マッターホルン
マッターホルン

そうですね。

イーサン
イーサン

そりゃ良かった、許してくれて…え?

マッターホルン
マッターホルン

ええ、気になりますね。

イーサン
イーサン

…。

イーサン
イーサン

もしもーし。

イーサン
イーサン

(いや、こいつが認めるっておかしいだろ?!)

イーサン
イーサン

(どうなってんだ、この度胸はすげえぞ、こんな危険なことを認められるとは!これってつまり伝票を食べるっていうほどの大きな問題だぞ!)

マッターホルン
マッターホルン

あなたは…。

イーサン
イーサン

え、え?何?

マッターホルン
マッターホルン

――食器を使っておらず、直接手で料理を掴んだでしょう。それに手も洗ってもいません。

マッターホルン
マッターホルン

不衛生です、これではいけません。

イーサン
イーサン

え?

イーサン
イーサン

気になるってのは…それって?

マッターホルン
マッターホルン

衛生に注意することは小さなことではありません!食べ物を持つことに対してもっと誠意を持ち、特に他人の手で作った食べ物はどれも作り手の気持ちが込められているのです!

マッターホルン
マッターホルン

ちょっと待ってください。あなたのリンゴもまさか洗っていないのでは。戦士として、自分の体の健康に対してはもっと責任を持たなければなりません。

イーサン
イーサン

はい、はい、分かった分かった。

マッターホルン
マッターホルン

そのようないい加減な態度…。だから、ドーベルマンさんはいつもあなたに対して怒っているのですね。

マッターホルン
マッターホルン

もういいでしょう。これは確かに私の管理すべきことではありませんので。

イーサン
イーサン

そんなこと言ってくれるなよ、本当に反省しているからさ。

イーサン
イーサン

だがな、あー、慣れるっていうのはそんなに簡単なもんじゃねえんだ。俺はこれまでこんなことをしたことが無いんでな。

イーサン
イーサン

でもあんたは間違っているぜ、今回は手を洗った覚えがあるからな。

マッターホルン
マッターホルン

一秒水で洗うだけのことを手を洗ったとは言いません。

イーサン
イーサン

あんた厳しすぎるだろ。

イーサン
イーサン

言うな、言うな、次は覚えておくからさ?

マッターホルン
マッターホルン

軽い奴だな…。

マッターホルン
マッターホルン

ところで先ほどその料理を食べたでしょう。いかがでしたか?

イーサン
イーサン

感想?野菜炒めのことか?

イーサン
イーサン

あのグムっていう子が一度褒めてただろう?もう一度言ってやろうか、美味しい、味は最高、流石だよ。

マッターホルン
マッターホルン

もっとまともな言い訳は無いんです?

イーサン
イーサン

本当なんだってば。

マッターホルン
マッターホルン

もういいです、あなたには教えることは出来ないのかもしれません。

イーサン
イーサン

ははは、真面目な話、本当の話を聞きたいか?

マッターホルン
マッターホルン

…?

イーサン
イーサン

ああ、率直に言ってやるよ。お前が作った料理は美味しいが何というか、食べてみると迷いがあるんだよなあ。

マッターホルン
マッターホルン

馬鹿なことを。私が料理を作る際に感情的になっているとでも言うのですか。

イーサン
イーサン

あからさまだったぜ。ぼーっとしていたり、ため息をついていたりして、こんな状態で野菜をとても美味しいものに調理するのはマジで難しいだろ。

マッターホルン
マッターホルン

俺は…

イーサン
イーサン

止まれ、止まれ。

イーサン
イーサン

もういいや、兄さん。無理はするなよ。俺は全然気にしねえからさ、本当に。

イーサン
イーサン

あんたが何に悩んでいるのかは分からねえが、全てを見通して自分を手放さないようにしろよ。

マッターホルン
マッターホルン

…。

イーサン
イーサン

俺を見てみろ、昔から相変わらずだから見ても大丈夫なんだ。どうせ見られないんだったら、どうしたらいいなんてことはむしろ思わないほうが良いし、ロドスの日々が良いもんだからな。

イーサン
イーサン

ええっと、話を変えてさっきから聞きたかったんだけど、そっちの鍋の中では何を似ているんだ、香りがするが。

マッターホルン
マッターホルン

それはもう出来上がった料理です。後でチーズを掛けます。

マッターホルン
マッターホルン

これはイェラグの郷土料理で、キーラ人は子供の時からこれを食べて育ちました。少し改良をして、こうすることで獣肉は食べる際により柔らかくなるのです。

イーサン
イーサン

お!それは良さそうだな!

イーサン
イーサン

これも味見させてもらっても良いのか?

マッターホルン
マッターホルン

少し待って下さい。これはだめです。これは――

 

シルバーアッシュ
シルバーアッシュ

ここにいたか、マッターホルン。

マッターホルン
マッターホルン

我が主!いつロドスにいらっしゃったのですか、どうして部下に知らせてくれなかったのです?

マッターホルン
マッターホルン

少々お待ちを、お茶を入れますので。

シルバーアッシュ
シルバーアッシュ

いや、通りすがっただけだ。

クーリエ
クーリエ

今回はイェラグのことでドクターを探しているので、急いで来たのです。突然のことでマッターホルン兄さんに教えることが出来ませんでした。

クーリエ
クーリエ

スケジュールがかなり急でして、我が主も無理をしているんです。

マッターホルン
マッターホルン

なるほど…。

シルバーアッシュ
シルバーアッシュ

それよりマッターホルン、エンシアのほうは最近どうだ?。

マッターホルン
マッターホルン

次女様はとても元気ですよ、症状もコントロールされているようです。

マッターホルン
マッターホルン

お申し付けの通り、次女様の体の状態については私とクーリエが気にかけております。お嬢様がロドスの食べ物に慣れることが無いように、後でお嬢様には昼ごはんをお送りします。

シルバーアッシュ
シルバーアッシュ

それなら良い。ついでにもう一つ熱いミルクティーを頼む。エンシアはいつもそれが好きだからな。

クーリエ
クーリエ

お変わりありませんね、我が主も次女様も。

マッターホルン
マッターホルン

はい、かしこまりました。

シルバーアッシュ
シルバーアッシュ

ああ、そうしてくれ。

シルバーアッシュ
シルバーアッシュ

苦労を掛ける。

 

マッターホルン
マッターホルン

これは我が主からの言いつけで、次女様のために用意しているもので、後で彼女に届けます。もしまだお腹が空いているのであれば他に何かしてあげますので。

イーサン
イーサン

はいはい、ありがとうさん。俺もその柔らかい肉が食いてえんだけどなあ。

マッターホルン
マッターホルン

これは貴重な食材ですし、この基地のオペレーターが私に持ち帰ってきたものですので。

マッターホルン
マッターホルン

それにあの料理を作るには時間が掛かりすぎますので、普通の炒めもので我慢をしてください。。

イーサン
イーサン

ひでえ!待遇差別だ!

マッターホルン
マッターホルン

自分でしない人に文句を言う資格は無い!

イーサン
イーサン

そのとおりだな!

イーサン
イーサン

….

イーサン
イーサン

あんたの言っている旦那っていうのはあんた達のボスなんだよな。

イーサン
イーサン

その男っていうのはたまに突然顔を出してはドクターとしか話をしてないシルバーアッシュの旦那だろ。

マッターホルン
マッターホルン

そうです。我が主に会ったことがあるのですか?

マッターホルン
マッターホルン

会ったことが無いにしても敬意を持って話すことを覚えたほうが良いとはおもいますが。

イーサン
イーサン

尊敬しているさ、敬称付いてただろ。

イーサン
イーサン

真面目な話なんだがあんたのボスには他の人から妹が二人いると聞いたんだが。

マッターホルン
マッターホルン

そうです。それがどうかしましたか?

イーサン
イーサン

じゃあエンシアとかいうフェリーンの女のことがあんたの言っている”次女様”なんだろ?

イーサン
イーサン

とても親切な兄さんだな。わざわざふるさとの料理を作ってもらって、妹が食べ慣れていないんじゃないかとか心配してな。

イーサン
イーサン

でもそれは次女さんにあげるもんなんだろ。長女の方は?

マッターホルン
マッターホルン

…一体何が言いたい。

マッターホルン
マッターホルン

二人のお嬢様のことについては我が主の家の事だ、あまり質問はしないほうが良いぞ。

イーサン
イーサン

あんたのその表情はとっても怖いねえ。安心しろ、俺は金持ちの家のことにまで手を出すのは面倒くさいし、俺は馬鹿でもねえ。

マッターホルン
マッターホルン

あなたは…

マッターホルン
マッターホルン

あ、そこの瓶を渡して下さい

イーサン
イーサン

これか?はいよ

マッターホルン
マッターホルン

ありがとうございます。

イーサン
イーサン

どういたしまして。おっ、香りが出てきたな。

マッターホルン
マッターホルン

ええ、普通の炒めものですが、具材を調整したので味は大丈夫なはずです。

マッターホルン
マッターホルン

あそこのバスケットにはパンがありますし、隣の鍋にはご飯もありますので好きなものを選んで下さい。まずは料理をお嬢様に届けなければ。

マッターホルン
マッターホルン

食べる前に手を洗わなければ。

イーサン
イーサン

早く行けよ、あんたは俺の母さんか。

マッターホルン
マッターホルン

いえ、幸いにも違いますね。

イーサン
イーサン

あー、残念だなあ、あの煮込んだ肉美味しいんだろうなあ。

イーサン
イーサン

…。

イーサン
イーサン

手を洗うか。

イーサン
イーサン

何だ、何してるんだ?

イーサン
イーサン

これで行くからさ。

イーサン
イーサン

(手を振る)

イーサン
イーサン

ほら、これで良いだろ。

マッターホルン
マッターホルン

せめて手を拭いてからパンを掴んで下さい。

イーサン
イーサン

え?

マッターホルン
マッターホルン

はい、洗浄液も使って、片手30秒、3、2、1、これで良いでしょう。

イーサン
イーサン

誰だ?

???
???

ただの普通の鍛冶屋だ。

???
???

ん?おかしいな、マッターホルンはいないのか?

???
???

ありがとう、マッターホルン、お茶を頂戴。

???
???

うん、いい香り、お茶にごま油が入っているの?はは、あれは全部子供の時の飲み方ですよ。覚えてますか?

マッターホルン
マッターホルン

長女様、本当に良かった。

マッターホルン
マッターホルン

ではお二人共どうぞほゆっくり。お先に失礼します。

マッターホルン
マッターホルン

…。

マッターホルン
マッターホルン

(お茶にごま油を入れるのが昔一番好きだったのは我が主だった)

マッターホルン
マッターホルン

(ヴィクトリアから帰ってきてからというもの、我が主はもうこのようにお茶を飲むことは無い。忘れてしまったのかもしれない)

マッターホルン
マッターホルン

(長女様…)

マッターホルン
マッターホルン

ふむ。

マッターホルン
マッターホルン

(次女さまは今回も香辛料を全部取り出していた。ふむ、この習慣は小さいときからほとんど変わっていないな)

マッターホルン
マッターホルン

(我が主を放っておいて、これ以上好き嫌いをされてしまうと、栄養のバランスが悪くなりそうだ。問題は深刻だな)

マッターホルン
マッターホルン

…ん?

マッターホルン
マッターホルン

そういえば我が主も昔は確かに…。

マッターホルン
マッターホルン

…。

マッターホルン
マッターホルン

(だめだ、止めておこう)

マッターホルン
マッターホルン

(この問題は危険だ、深く追及してはいけない、無かったことにしてしまおう)

???
???

もしもしも、前にいる兄さん――。

マッターホルン
マッターホルン

ん?誰だ!

イーサン
イーサン

まあいいや、はい、これやるよ。転ばないように持ってくれよ。

イーサン
イーサン

俺だ!俺だから!道に物が浮かんでいるような状況って普通に考えれば俺だけしかいないだろ!あんたボケてんのか?

マッターホルン
マッターホルン

なんだ、これは――

イーサン
イーサン

それじゃあ、用事があるんで先に失礼するぜ

マッターホルン
マッターホルン

ちょっと待て!

マッターホルン
マッターホルン

あいつは何をしているんだ?これは…サンドイッチか?

マッターホルン
マッターホルン

パンの焼き時間が長すぎるし、切れ端も、中の肉も厚すぎてこれは…。

???
???

そんなに厳しく言ってやるな。

マッターホルン
マッターホルン

…ヴァルカンさん。

マッターホルン
マッターホルン

すみません、盾を取りに来たのであれば、終了するものは全て台所に置いてきてしまいましたので取りに行ってきます。

ヴァルカン
ヴァルカン

彼が真面目に作っているところ見たんだ。それに具材も切って入ってるし味も大女医初だ。

ヴァルカン
ヴァルカン

問題ない、私も一緒に行こう。

ヴァルカン
ヴァルカン

そうだ、さっき走っていたあいつはサンドイッチを作るときに変な話をしていたな。

マッターホルン
マッターホルン

イーサンは何か不愉快なことでも言っていましたか?そうでしたら彼の代わりに俺が誤ります。彼は適当に話はしているものの、悪意は無いんです…

ヴァルカン
ヴァルカン

それは違う、急いでいたのか何か説明をしていたな、ちょっとおかしかったが。

ヴァルカン
ヴァルカン

”マッターホルンのおじさんには礼として心のこもっていない現代の若者の無茶な料理を味わってもらうぜ”だとさ。

ヴァルカン
ヴァルカン

彼は台所にあった二つの料理を全部持っていったが。

マッターホルン
マッターホルン

…。

マッターホルン
マッターホルン

ごちゃごちゃしていて全くデタラメだ。

ヴァルカン
ヴァルカン

確かにデタラメだが、でも何だか気分が良くなったみたいだな?

マッターホルン
マッターホルン

そんなことありませんよ。

ヴァルカン
ヴァルカン

鏡を見て言ってくれ。

マッターホルン
マッターホルン

ごほん。

マッターホルン
マッターホルン

ところで、イーサンはいくつなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました