アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳「午後の逸話 藪蛇」

PM 9:39 ロドス艦内

オーキッド
オーキッド

ふう…なんとか解決したわ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

お疲れさまです、オーキッドさん。

オーキッド
オーキッド

本当よ、いつの間にかあなた達と親しくもなってしまってしまって、その結果、あなた達のような編成外のスタッフみたいなことになってるわよ

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

あはは、オーキッドはこういう方面に詳しいですから、知らず識らずの内に…

オーキッド
オーキッド

ふう…まああの変な子たちを連れていくよりも、私は確かにこっちのほうが上手よ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

オーキッドさんも私達後方勤務部門に移るよう申請します?

オーキッド
オーキッド

え?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

オーキッドさんのような民間時はロドスに入ってからオペレーターになる人は少なくて、ほとんどが私達のような後方勤務に参加するんですよ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

むしろ私達はあなたが何故前線を選んだのか興味があるんですよ。

オーキッド
オーキッド

何故かって、それは…。

 

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

オーキッドさんはロドスに入りたいのであれば、どんな仕事がしたいのですか?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

テストの結果によてば、あなたは相当なオリジ二ウムアーツの適応性を持っているようです。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

ですが、民間人ですので戦闘経験はありませんよね。後方勤務に関する部門に参加することをオススメしますが。

オーキッド
オーキッド

後方勤務って何をしているのかしら?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

えっと…後方勤務と言っても細分化されていますが、全体的に言えばロドスの運営を維持するための様々な仕事ですね。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

分職が多いので都市生活になれた人が向いていますね。

オーキッド
オーキッド

(つまり、事務室に座るっていうことかしら…)

オーキッド
オーキッド

(元々、気分転換がしたいからっていう理由でここから働きたいのに、ここでも事務室生活なんてしたくはないわ)

オーキッド
オーキッド

私は…前線への加入を申請するわ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

本当ですか?前線のオペレーターは大変ですよ。

オーキッド
オーキッド

ええ、試してみたいのよ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

はい、分かりました。

 

オーキッド
オーキッド

(今となっては事務室にいたくないからそう選んだなんてとてもじゃないけど言えないわね)

オーキッド
オーキッド

…つまるところ、うっかりオペレーターになったという感じがするわね。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

あ、確かに私達のことを知らないと、そういうことは起こりますよね。

オーキッド
オーキッド

ええ、そうね…。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

ですが、そういうような状況に対して私達には対処方法があるんです。条例を見てみれば…

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

あ、そうです。書いてありますね。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

「民間出身の戦闘オペレーターが戦闘員として勤務して1年間、前線での生活に慣れない場合は後方勤務の事務員になるよう申請をした場合、無条件で後方勤務に移動出来る」

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

オーキッドさんは加入して間もないので無条件でこれが適用されますよ。というよりもあなた達A6の全員はサルゴン軍人出身のスポット以外はこれが適用されますね。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

スポットに関しても少し審査をするだけでしょうね。私達はこの点においては非常に自由ですので。

オーキッド
オーキッド

そうなのね、そういう方面のことは考えたことも無かったわ。。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

それにあなたは私達の仕事が戦闘オペレーターよりも楽では無いということは知っているでしょう。ロドスの裏を維持するということというのは。

オーキッド
オーキッド

ええ、知っているわ。考えておくわね、ありがとう。

ポプカル
ポプカル

オーキッドお姉さん、まだ?

オーキッド
オーキッド

もういいわよ。

ポプカル
ポプカル

分かった~。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

ん、ポプカルちゃんじゃないですか、あなたを待っていたのですか?

オーキッド
オーキッド

道端で会ったら着いてきたのよ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

そういえば先月あなたは彼女と二人で寮に入ることを申請していましたよね・

オーキッド
オーキッド

ええ、そうよ。この子は人に心配を掛けさせない子だけど、誰がこの小さな子どもを戦場に連れて行ったのか分からないのじゃあね。

オーキッド
オーキッド

チームの中の他の人は頼りないし、彼女よりも安心出来るような人じゃないとそうするしか無いじゃない。

ポプカル
ポプカル

オーキッドお姉さん、まだ?

オーキッド
オーキッド

分かった分かった、それじゃあお先に失礼するわね。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

さっきの話忘れないでくださいね、返事を楽しみにしているから。

オーキッド
オーキッド

ええ。

オーキッド
オーキッド

はあ…今考えてみてもおかしいわ。オフィスでの生活から逃れるために戦ってみているのだけど、結局はさっきみたいなことになってるのよね。

オーキッド
オーキッド

私の一生はOLって決まっているのかしらね…。

ポプカル
ポプカル

オーキッドお姉さん、OLってなあに?

オーキッド
オーキッド

OLっていうのは毎日オフィスに8時間もカビのように座って、ずっと機械労働を繰り返すの。仕事が終わっても歩けるとは限らない悲惨な職業よ。

ポプカル
ポプカル

ええっと…分かんない

オーキッド
オーキッド

そういえばポプカルはどうやってロドスに来たの?

ポプカル
ポプカル

ええっと、ケルシー先生とアンセル先生に買われたの。

オーキッド
オーキッド

え?買う?

ポプカル
ポプカル

ええっと、ポプカルは前は伐採上で働いていたの。

ポプカル
ポプカル

ある日ね、アンセル先生とケルシー先生がそこを取ってポプカルを見て、ポプカルと一緒に遊んでくれたの。

ポプカル
ポプカル

次に日になったら、どうなったのか分かんないんだけど、ポプカルはケルシー先生に買われたんだ。

オーキッド
オーキッド

伐採場?!

ポプカル
ポプカル

うん、ポプカルは小さい時にお父さんお母さんに伐採場に送られたの。伐採場のおじさんはたまにポプカルにとって怖かったんだけど、でもポプカルにご飯を食べさせてくれて…

オーキッド
オーキッド

お父さんとお母さんには会ったことがあるの?

ポプカル
ポプカル

お父さんとお母さんは遠くに行っちゃった。ポプカルは会ったこと無いけど、ポプカルは我慢するんだ。

ポプカル
ポプカル

アンセル先生もポプカルがいい子にしてたらロドスにお父さんとお母さんが探しに来てくれるって言ってたから、いつか会えるかも。

ポプカル
ポプカル

えっと、オーキッドお姉さん、どうして急にポプカルを抱きしめてたの?

オーキッド
オーキッド

…いえ、何でも無いわ。急に抱きしめたくなっただけよ。

オーキッド
オーキッド

さっきのお兄さんやお姉さんのように座って出来ることがしたい?。

ポプカル
ポプカル

うーん、アンセル先生からもそういうのを聞いたことがあるんだけどポプカル分かんなくて。

ポプカル
ポプカル

でもでも、ポプカルはちゃんと授業を受けて字を覚えたんだ。これからはオーキッドお姉さんのようにお兄さんやお姉さん達に手伝い出来るよ!

オーキッド
オーキッド

…そうね。

ポプカル
ポプカル

あ!…オーキッドお姉さん、どうしたの、悲しい顔してるよ。ポプカル何か悪いことでも言っちゃった?

オーキッド
オーキッド

大丈夫、あなたのせいじゃないわ、私のせいよ。こんなの聞くんじゃなかったわ。

ポプカル
ポプカル

オーキッドお姉さんはポプカルにこんなにも優しいんだから、何を聞いても大丈夫だよ。

オーキッド
オーキッド

ええ、ええ。

カタパルト
カタパルト

オーキッド姉さん、道のど真ん中でポプカルを抱いてどうしたのよ。

オーキッド
オーキッド

…こほんこほん、何でも無いわ。

ポプカル
ポプカル

カタパルトお姉さん、こんにちわ!

カタパルト
カタパルト

はい、こんばんは、ポプカル。

カタパルト
カタパルト

これから寮に帰るの?

オーキッド
オーキッド

ええ、あなた汗びっしょりね。また何処かでトラブルを起こして逃げてるんじゃないの。

カタパルト
カタパルト

ええっと、もういいの。オーキッド姉さんにカンフーが出来るわけもないし、ミッドナイトに解放されたばっかりだし

オーキッド
オーキッド

…?

カタパルト
カタパルト

ええっと、オーキッド姉さんは知らないの、仕事が無い時はミッドナイトは毎日この訓練場で鍛えているのよ

カタパルト
カタパルト

今日は私、用事が無くて彼に引っ張られてけど、やっと彼に見逃されたってわけ。スポットはまだそこにいるけど。

オーキッド
オーキッド

どうして?

 

 

 

カタパルト
カタパルト

オーキッド姉さんなら私のことを知っているでしょ、ふう、今度もこういう時もきっと彼に会った時は走るわ。

ポプカル
ポプカル

ポプカルも知ってるよ!ミッドナイトもポプカルのことを探していたんだけど、ポプカルにふっ飛ばされたら、もう二度とポプカルを探してこなくなったんだ。

カタパルト
カタパルト

…あははははは、そんなことがあったのね。どうしてあなたのことを探していないのかと彼に聞いた時、彼はすぐに話題を変えていたけど。あははははははは、これだけで3日は笑ってられるわ!

オーキッド
オーキッド

…まあいいわ、何も問題が無いのであればそれでいいのよ。

カタパルト
カタパルト

どうして結局はその話題に戻るのよ!オーキッド姉、それは偏見だよ!ポプカルだってトラブルを起こすのにどうして彼女は良いの!

オーキッド
オーキッド

あなたがトラブルを起こしても素直に謝るなら私もそうするわよ

カタパルト
カタパルト

それは出来ないね、何かを起こして謝るのであれば、私は何のためにトラブルを起こしているのか。

オーキッド
オーキッド

トラブルを起こさないで頂戴!

オーキッド
オーキッド

本当に、ロドスだけがあなたを収容出来るわね。他の所に変わると考えたら、とっくに…いいわ、もう。

カタパルト
カタパルト

えー、オーキッド姉、大丈夫だって言ってよ。他のところでは私の性格は許されないけど、変えたくないんだから。つまりロドスだけが私のような奇天烈を望んでいるのよ。

カタパルト
カタパルト

でも、ここのみんなは話が出来るし、よく働けば、お金も手に入るし、ここは大好き。

オーキッド
オーキッド

ええ、あなたが良いならそれで良いわ。

オーキッド
オーキッド

とにかく早く帰ってお風呂に入りなさい、女の子が汗まみれになって外で歩いているなんて。

カタパルト
カタパルト

あいあいさ~。

カタパルト
カタパルト

えーっと、オーキッド姉、そっちは寮の方向じゃないよ。

オーキッド
オーキッド

訓練場に行ってみるのよ。

カタパルト
カタパルト

ああ、ポプカル。今夜は私の部屋に来てね。話をしよ!

ポプカル
ポプカル

分かった~。

訓練室

 

ミッドナイト
ミッドナイト

私の剣術は俊敏さと不意打ちで出来ているのさ。

スポット
スポット

ミッドナイト、夕食で腹いっぱいになったのか、それともこの程度の力か?

スポット
スポット

続けろ、聞かせてくれ。

ミッドナイト
ミッドナイト

手に入れたぞ!

スポット
スポット

少し遅くなったが、この剣は良いな、夕飯で確かに腹はいっぱいだ

オーキッド
オーキッド

ポプカル
ポプカル

わあ、ミッドナイトお兄さんが本当にスポットとラリーしてる。

オーキッド
オーキッド

彼らが終わるまで待ちましょう。

ポプカル
ポプカル

うん――

 

ミッドナイト
ミッドナイト

はあ、ふう…水をくれないか。

スポット
スポット

ほら。

ミッドナイト
ミッドナイト

…ふうありがとう。

ミッドナイト
ミッドナイト

流石軍人家族の出身だけあって、スポットは普段はだらけているのに私よりもすごいな。

スポット
スポット

少しは誇っても良い。以前の基礎が無いお前なら、俺は漫画を探しながらお前と遊んでいたからな。

ミッドナイト
ミッドナイト

私ってそんなにも弱い?

スポット
スポット

お前を傷つけずに俺が意味することを表現する方法を考えさせてくれ。

ミッドナイト
ミッドナイト

まあいいだろう

スポット
スポット

でも少し気になるな。お前はホストをしていたんだろう

スポット
スポット

基礎もしっかりしているし、チームで一番軽そうに見えるのに実際はかなりいい。

スポット
スポット

軍人にとってはこれくらい何でも無いが、たしかに仏の人ではなかなかなものだろうな

ミッドナイト
ミッドナイト

君は私を褒めていると理解すれば良いのかな?。

スポット
スポット

俺は自分に言い聞かせているんだ、チームの中で一番軽いやつように見えるやつでも長所があるんだってな。

ミッドナイト
ミッドナイト

ははは、実はね…

ポプカル
ポプカル

ミッドナイトお兄さん、スポットお兄さん!

ミッドナイト
ミッドナイト

ん?

スポット
スポット

オーキッドも来たのか、これはもう終わりかな。

ミッドナイト
ミッドナイト

何故?

スポット
スポット

分からないが、俺の母さんが、以前に俺の気に入らない所を見た時の顔そのものだ。

ミッドナイト
ミッドナイト

はは、それは間違っているかな。次は私が女性の対処法っていうのを教えてあげる番だ。

スポット
スポット

はっ。

ミッドナイト
ミッドナイト

こんばんは、ポプカルちゃん、オーキッドさん。

オーキッド
オーキッド

ここで何をしているのかしら?

ミッドナイト
ミッドナイト

あなたが見ていたように私は毎日この時間、ここで自分を鍛えているんです。

オーキッド
オーキッド

私がわからないとでも?。

ミッドナイト
ミッドナイト

オーキッドさんはこの方面には興味がないと思いまして。それにこれは私の個人的な時間を活用する方法ですし。

オーキッド
オーキッド

…悪くはないわ。

オーキッド
オーキッド

でも、私達は一般人よ。ドーベルマン教官も危険な戦場へは私達のような民間人のチームは行くことが出来ないと言っていたのに、それは必要なの?

ミッドナイト
ミッドナイト

あ、その質問、うん、良い質問ですね、オーキッドさん。

オーキッド
オーキッド

…?

ミッドナイト
ミッドナイト

では、少し休みましょう、スポット?

スポット
スポット

ああ…あんたに任せる。俺はどうせお相手をするだけだからな。漫画でも取ってくる。

ミッドナイト
ミッドナイト

オーキッドさん、あなたは私の旅を成功させる秘訣は何だと思います?

オーキッド
オーキッド

何を言っているのかしら。

ミッドナイト
ミッドナイト

前置きですよ、答えが無くても続けます。

オーキッド
オーキッド

かっこいいだけじゃなくて、もっと話が出来ればいいのだけれども?。

ミッドナイト
ミッドナイト

いえいえいえ、私はかなりの美形だと思っていますが、他人がどう褒めたら良いのかは分かっているつもりなのですが…

スポット
スポット

はっ。

ポプカル
ポプカル

スポット、どうしたの?

スポット
スポット

何でも無い、人の可能性ってやつを再認識しただけだよ。

ミッドナイト
ミッドナイト

自信はとても大切ですが、一番大切なのはお客様を平等に見てあげることなんです。

ミッドナイト
ミッドナイト

もっと正確に言えば、私の店に来たのであれば、私の目の前であれば、あなたは誰であれ、あなたの身分は唯一、私のお客さんということになります。

オーキッド
オーキッド

…それとさっきの話題に何の関係があるの?あなたにとって、みんな同じと言いたいわけ?

ミッドナイト
ミッドナイト

いえいえいえ、私の隊長さん、あなたは頭が良い、あなたはそうは思っていない。

ミッドナイト
ミッドナイト

私にとってではなく、実際はこのようなのでは無いでしょうか。

ミッドナイト
ミッドナイト

表面上は強靭で鉄仮面の女性で強者と称する部長はただ仕事のためだけにマスクを付けているのではないか。

ミッドナイト
ミッドナイト

表面上は円満な家庭の主婦は、夫がとっくに浮気をしているにも関わらず、彼女は空き部屋を守っているのです。

ミッドナイト
ミッドナイト

せっかちで、女性に強い印象を与えるファッションデザイナーは嫌われることを恐れているだけでは、信頼を失うだけなのかもしれません。

オーキッド
オーキッド

あなたは死にたいのかしら。

ミッドナイト
ミッドナイト

はは、あなたのことを言っているのはありません。こういう人は何処にでもいますから。

ミッドナイト
ミッドナイト

あなたと私が住んでいた都市でも全ての人は自らの身分と責任を外したら同じ人です。

ミッドナイト
ミッドナイト

ロドスにいても事情がどう違うというのやら。

ミッドナイト
ミッドナイト

危険地帯に出入りするエリートオペレーター達は、戦場から降りれば機械から電源を抜くように仕事をやめますか?

ミッドナイト
ミッドナイト

いいえ、彼らはバーでお酒を飲みながら話をしたり、温室で栽培をしたりもします。

ミッドナイト
ミッドナイト

彼らは仕事が難しすぎると不平を言ったり、課題の単純さに笑ったりします。泣き、笑い、悲しみ、傷つき、そして死ぬこともある。

ミッドナイト
ミッドナイト

彼らも私達と同じではないでしょうか。

オーキッド
オーキッド

…あなた、演説の才能あるわよ。

ミッドナイト
ミッドナイト

お褒め頂き光栄です。

オーキッド
オーキッド

…ええ、あなたの言っていることは無理なことではないけど、実感が沸かないのよ。

ミッドナイト
ミッドナイト

実際これであなたを責めることは出来ません。広報というものは私がいるところでは常にグレーな領域に入っていましたから。

ミッドナイト
ミッドナイト

オーキッドさんは本当に明るいところで成長をしてきました。

ミッドナイト
ミッドナイト

あなたにとっての最大の悩みは給料が安いこと、肌の調子が悪いこと、通勤の交通渋滞など様々なはずです。

ミッドナイト
ミッドナイト

あなたにとって、この暴力的で血なまぐさい世界は全く新しい世界だ。

ミッドナイト
ミッドナイト

しかし、あなたは既にここに来ている。ここに残り、過去の常識で自分を縛るのではなく、少なくともそれを知るということを試してみてはどうでしょうか?

オーキッド
オーキッド

過去の常識…。

ミッドナイト
ミッドナイト

もちろん、私は説教をしたい訳ではありません。資格があるかどうかはさておき、この点がロドスの「おしゃれマイスター」になったオーキッドさんには分かりませんか?

オーキッド
オーキッド

はあ、あなたさえも知っているのにね

ミッドナイト
ミッドナイト

多くの先輩オペレーターに話を聞きましたが、彼らかは面白いニュースをたくさん聞きましたよ。

オーキッド
オーキッド

それで彼らと仲良くはなったの?

ミッドナイト
ミッドナイト

誰であれ、私の言葉を聞き取れば仲良くすることが出来ます。これが極東の夜王の”特殊能力”です。

オーキッド
オーキッド

はいはいはい。

ミッドナイト
ミッドナイト

ですから、あなたの服をデザインしたり、ファッションのコーディネートを相談したりする彼らは私達と同じ一般人ですかということです。この点はお分かりになられましたか?

オーキッド
オーキッド

ミッドナイト
ミッドナイト

ところで、スポットはさっき私に聞いてきましたよね、何故私がホストなのに剣術の練習をしていたのかと?

スポット
スポット

うん?あ、あ、そうだな、忘れてた。

ミッドナイト
ミッドナイト

そう言わないで下さい。少し話が長くなるので場所を変えましょう。食堂でおごりますよ。

スポット
スポット

めんどくさいから、聞かなくてもいいか。俺もうあまり気にしてないんだけど。

ミッドナイト
ミッドナイト

はは、ダメです。

スポット
スポット

ちっ、途中で抜け出すべきだったな。

ミッドナイト
ミッドナイト

奢りだと言うと、あなた達は本当に少しも遠慮をしませんね…。

スポット
スポット

これもいるか?

ポプカル
ポプカル

もぐもぐ…これおいしい!オーキッドお姉さんは食べないの?

オーキッド
オーキッド

夕食後は私は食べ物を食べないの。

ミッドナイト
ミッドナイト

本当に現代女性の模範ですね。

オーキッド
オーキッド

…。

ミッドナイト
ミッドナイト

ごほん、はい、では本題に戻りましょう。

ミッドナイト
ミッドナイト

まず、失礼ですが、オーキッドさんはどのようにオリパシーに感染をしましたか?もちろん、話したくないのであれば話さなくても構いません。

オーキッド
オーキッド

…特に何でも無いんだけど、ある日突然自分の体に結晶が出来ていることに気付いたのよ。

オーキッド
オーキッド

医療部の人が言うには私が自覚をしていない時にオリジ二ウム製品に接触したのだろうと。

オーキッド
オーキッド

単純ね。

ミッドナイト
ミッドナイト

なるほど、それならばあなたがさっきのような疑問を持つのは当然ですね。

ミッドナイト
ミッドナイト

では私の経験をお話しましょう。

ミッドナイト
ミッドナイト

私には後輩がいました。

ミッドナイト
ミッドナイト

その方は私とは正反対で、まるで陽の光のようで、素直で、心から好かれる人でした。

ミッドナイト
ミッドナイト

当然、その業界で仕事をしている以上は本当の無邪気なんてものじゃありませんし、悪意を持って他人を推測しなくても良いのであれば、彼はもっと人を信じていたでしょう。

スポット
スポット

聞いた所俺が嫌いなタイプの人だな。

ミッドナイト
ミッドナイト

つまり、スポットは私のような性格が好きということですか?

スポット
スポット

オーキッド、ナルシストには医者はいないのか?

オーキッド
オーキッド

後で医療部に聞いてみるわ。まだ助かるかも知れない。

ミッドナイト
ミッドナイト

はは、では先程言いましたよね。すべての人を私のお客さんと考えていると。つまり。相手の身分や地位で私はやり方を変えはしません。

ミッドナイト
ミッドナイト

私は自発的にこれをしていますが、彼にとってはこれは一種の素質のようでした。

ミッドナイト
ミッドナイト

その業界のエリートとして、彼は私を超える人だとも思いました。

ポプカル
ポプカル

それでその人はミッドナイトお兄さんを超えたの?

オーキッド
オーキッド

…そんな簡単なことじゃないわ。

ポプカル
ポプカル

え?

ミッドナイト
ミッドナイト

…そうですね。そうであればよかったのですが。

ミッドナイト
ミッドナイト

今考えると、私が彼を殺しました。彼の家は良くなかった。彼はお金に対して渇望をしていました。そして私は彼にとって眩しすぎた。

ミッドナイト
ミッドナイト

もし私がいなければ、彼はこの業界で彼の能力を頼りによく働いていたのでしょうが、私の存在が彼を一つの道から外してしまいました。

ミッドナイト
ミッドナイト

もっと前に彼に自分の位置を、お金というものを、どうやって他人の見方に慣れるのか教えてあげれば。

ミッドナイト
ミッドナイト

そうしてあげれば、最後には刃を向ける結果にはならなかったのかもしれません。

オーキッド
オーキッド

彼はあなたに嫉妬しているみたいだけど、あなたはそれに気付かなかったの?

ミッドナイト
ミッドナイト

…彼はうまく隠していました。あるいは、自分でも自分の変化に気付いていなかったのかもしれません。

ミッドナイト
ミッドナイト

彼が初めて私を殺しそうになった時にやっと気付いたんです。私は自分の人間性に対する理解を自慢しましたが、それは一部分だけなんだと。

スポット
スポット

人間性に対する理解とは関係ないと思うな。あんたはただお人好しなだけだ。

オーキッド
オーキッド

確かにあなたは後輩を引っ張ることが出来る良い人だとは思えないわ。

ポプカル
ポプカル

でもミッドナイトお兄さんは良い人だよ、ポプカル知ってるもん!

ミッドナイト
ミッドナイト

ありがとう、ポプカル。

スポット
スポット

だが、これが初めてというと、つまり2回目は?

ミッドナイト
ミッドナイト

そうですね。

ミッドナイト
ミッドナイト

初めて彼は確かに私を殺しそうになりました。もう少し、本当に足りなかった。それが彼の二度目の殺人だったら私は死んでいたでしょうね。

ミッドナイト
ミッドナイト

しかし、私は生きていた。

スポット
スポット

俺は5龍門幣掛けていたが、お前は情に脆いんだな。

ミッドナイト
ミッドナイト

いえ、私は情に脆いのではなく、考えたことが無かっただけです。

ミッドナイト
ミッドナイト

あの時の私はオーキッドさんと同じく、世界には悪意があって、血なまぐさいこともあるとは思っていなかったんです。

ミッドナイト
ミッドナイト

私は彼を業界から退かせさせ、その時からひそかに剣術の練習を始めました。これで十分だと。これで十分なんだと思っていました。

ミッドナイト
ミッドナイト

ある日、私の体に突然問題が生じ始めたんです。

オーキッド
オーキッド

あなたのオリパシーって…。

ミッドナイト
ミッドナイト

彼は私のマネージャーを通じて、私が気付かないような手段でオリパシーに感染させたんです。

ミッドナイト
ミッドナイト

そして次に彼が私の前に現れた時は彼も感染者になっていました、彼の「お友達」も引き連れて。

ミッドナイト
ミッドナイト

私は多くの恨みというものを傍観したことがありますので私はそれを知っているつもりでした。ですが憎しみが私に向けられた時に私はようやく悟ったんです。これはここまで激しい感情だったのかと。

スポット
スポット

だがあんたは勝った。

ミッドナイト
ミッドナイト

ええ、私の剣術はあなたから見ればまだ半人前なのでしょうが、十数人の暴漢に対してならば、命がけで解決することは出来ます。

ミッドナイト
ミッドナイト

次は彼を自分の手で…

ポプカル
ポプカル

うわああああああああ!

オーキッド
オーキッド

どうしたの、ポプカル?

ポプカル
ポプカル

ミッドナイトお兄さんがかわいそう、ううう…。

ミッドナイト
ミッドナイト

泣かないで、ポプカル。

ミッドナイト
ミッドナイト

実は彼に感謝すべきなのです。彼が私に私の未熟さを分からせてくれました。

ミッドナイト
ミッドナイト

その後、私は様々なルートからロドスのようなところを知って、思い切って業界を離れて、極東の事務所に登録を行い、遠路はるばるここに来ました。

ミッドナイト
ミッドナイト

この道でたくさんのことを見て、たくさんのことを考えました。ロドスに来てから、一つのことについてもっと深く知るようになりました。

オーキッド
オーキッド

それで何を見たのかしら。

ミッドナイト
ミッドナイト

ここからは私の考えです、オーキッドさん。

ミッドナイト
ミッドナイト

私達はここで世界の残酷な真実というものを見ました。真実というものは受け入れるべきです。

ミッドナイト
ミッドナイト

私達の立場から言えば、ロドスのオペレーターたちはほとんどが経験する必要のない痛みを経験していると考えるのが普通でしょう。

ミッドナイト
ミッドナイト

私達が自分たちがいわゆる温室育ちであるということ卑屈になるべきではありません。

ミッドナイト
ミッドナイト

何処に住んでいても同じなのですから。

ミッドナイト
ミッドナイト

私達が生活しているところでは一生懸命働いてこそお金を稼ぐことが出来ます。

ミッドナイト
ミッドナイト

もちろん私達は後方勤務部に加入することは出来るでしょうし、そこで努力することも同じことです。私達はただ戦う道を選んだだけ、それだけです。

オーキッド
オーキッド

…死を恐れていないの?

ミッドナイト
ミッドナイト

みんな怖いと思いますよ。

ミッドナイト
ミッドナイト

ですが、オーキッドさんがここに来たのであれば、私達は戦いで守らなければいけない状況というものに直面するかもしれません。

ミッドナイト
ミッドナイト

その時に「オーキッドさんと守るために強くなりました」と言えれば良いポイントになるでしょう。しかし、この点だけはオーキッドさんにははっきりしてほしいのですが――。

ミッドナイト
ミッドナイト

ロドスではどんな生活をしたいのですか。

オーキッド
オーキッド

…分かったわ。

ポプカル
ポプカル

うーん、分かんない…。

スポット
スポット

分からないのが正しいんだよ。これはお前には永遠に持つことがない悩みだから、そういうのを考えるよりも、もっと注文をしない。これもやるから。

ポプカル
ポプカル

わあ、ありがとうスポットお兄さん!

ミッドナイト
ミッドナイト

はは、間違いない。ポプカルはこんなことを考えて無くても大丈夫だ。

ミッドナイト
ミッドナイト

私のお喋りを許して下さい、オーキッドさん。あなたが私に質問をしたことは、ロドスに来てから私もよく自分に問いかけているんです。ですので少し考えるところが多くて。

オーキッド
オーキッド

…ええ。ありがとう。

ミッドナイト
ミッドナイト

えっと、おかしなことが起きましたね。私の神様であられるオーキッドさんが私に感謝をしてくださるとは。スポットの弟、ポプカルの妹、あなた達は私にとって本当の福の神ですよ!

オーキッド
オーキッド

自ら死を求めるなんて。ポプカル、私達は帰って寝るわよ。明日も早いんだから。

ポプカル
ポプカル

え、お話聞かないの?

オーキッド
オーキッド

別にいい話でも無いでしょう。

ポプカル
ポプカル

うん…スポットお兄さん、ミッドナイトお兄さん、おやすみなさい。

スポット
スポット

おやすみ。

ミッドナイト
ミッドナイト

いい夢を。お美しいお二方。

スポット
スポット

こんなにもたくさんの話をして、あんたは俺たちがあんたの二番目の後輩になることが怖くないのか。

ミッドナイト
ミッドナイト

少し自慢なのですが、今の私の人を見る目は昔よりも自信があるんですよ。

スポット
スポット

はは。

ミッドナイト
ミッドナイト

それに私達はチームですし、お互いを知るのも良いでしょう。

スポット
スポット

良いね、でも俺は思ってもいなかったよ、あんたのそんなことがあったなんてな、

ミッドナイト
ミッドナイト

よく考えると、そこまで考えなくても良いこと、でしょう?

スポット
スポット

あんたと観点が同じになるなんて珍しいな。ところでさっきは女性への対処方法っていうのを見せてくれたのか?

ミッドナイト
ミッドナイト

ありましたよ、一番大切な手です――本当の事を言えばですが。

スポット
スポット

これの何が難しいんだ?

ミッドナイト
ミッドナイト

簡単だからこそ、重要なんですよ。

ポプカル
ポプカル

オーキッドお姉さん、帰ったらカタパルトお姉さんにお話を聞いても良い?

オーキッド
オーキッド

ミッドナイトのせいで遅れてしまったから、今晩はだめよ。

ポプカル
ポプカル

えっと…。

ポプカル
ポプカル

大丈夫だよ、オーキッドお姉さんが喜んでくれて、ポプカルも嬉しいから。

オーキッド
オーキッド

え?私さっきまでずっと不機嫌に見えてた?

ポプカル
ポプカル

えっと、ポプカルどう言えば分からないけど、オーキッドお姉さん、後方勤務部から出てきた時からなんだか気分が悪そうだったけど、今はそうじゃない。

オーキッド
オーキッド

そう…そうね。

オーキッド
オーキッド

ありがとう、ポプカル。

ポプカル
ポプカル

ポプカル何もしてないよ?

オーキッド
オーキッド

ふふ、あなたは知らないだけよ。。

???
???

えっと、オーキッドさんですか?

オーキッド
オーキッド

ん?あなたは…

ソラ
ソラ

私はペンギン急便のソラと言います。あの、ファッションや裁縫は得意だとお聞きしたのですが、少しだけお時間良いでしょうか?

PM 6:23 ロドス艦内

ロドスオペレーター
ロドスオペレーターA

やはり戦闘オペレーターとして働くことにしますか?オーキッドさんの選択である以上、私達はあなたの選択を尊重しますよ。

オーキッド
オーキッド

ええ、確かに私には似合ってはいないけれども、せっかくの経験ですもの。もう一度試してみたいわ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーターA

そうですね。一日中オフィスに座っているのはつまらないですから。いっそのこと纏足申請を出してみようかなあ。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーターB

俺はいいや、ドーベルマン教官の新兵訓練に耐えられないからな。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーターA

あ、そうですね。あれはとても難しいと言われていますし、オーキッドさんが頑張ったおかげですし。

オーキッド
オーキッド

慣れば大丈夫よ…じゃあ今日はここまで。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーターA

こんなにも早くですか?

オーキッド
オーキッド

ええ、ちょっと用事があるの。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

分かりました、ではまた明日。

オーキッド
オーキッド

また明日。

オーキッド
オーキッド

いたた…本当に今ようやく自分の体がどれだけ鍛錬不足なのか身にしみて分かったわ。

オーキッド
オーキッド

彼らの文章はおろか、もう手も上がりはしないわね。

オーキッド
オーキッド

ああ、本当に藪蛇だわ。

カタパルト
カタパルト

オーキッド姉!!!ようやく見つけた、あなたを探していたところなのよ!

オーキッド
オーキッド

…どうしたの?ポプカルがまた何かを壊したの?

カタパルト
カタパルト

そうじゃないよ、ミッドナイトがポプカルのトレーニングがしたいって、良いショーがあるから見に来てよ!

オーキッド
オーキッド

…はいはい、今日はあまり力が無いんだけど。

カタパルト
カタパルト

オーキッド姉、最近どうして急に体力コースの申請をしたの?

オーキッド
オーキッド

気持ちの切り替えをしただけよ。

カタパルト
カタパルト

そうなの?じゃ私が背中を叩いて肩を揉んであげるよ。

オーキッド
オーキッド

用が無いのにお世辞を言いに来るなんて、またこっそり事故でも起こしたんじゃないの?

カタパルト
カタパルト

え!まだしてないよ!

オーキッド
オーキッド

今回だけは信じてあげるわ。

カタパルト
カタパルト

…。

オーキッド
オーキッド

どうかしたの?

カタパルト
カタパルト

何だか最近オーキッド姉少し変わったなあって。

オーキッド
オーキッド

そう?

カタパルト
カタパルト

うん…何というか。私も何とも言えないんだけど感覚的にね…。。

オーキッド
オーキッド

もういいわ、ミッドナイトの所に行って晩ごはんを食べに行くんじゃないの?

カタパルト
カタパルト

そう、そうだった!早く行こう!

オーキッド
オーキッド

本当に。

オーキッド
オーキッド

自業自得ね。

タイトルとURLをコピーしました