アークナイツアークナイツ解説オペレーター解説

【アークナイツ】★5狙撃オペレーター「プロヴァンス」の性能について

スポンサーリンク

プロヴァンスの詳細

【アークナイツ】プロヴァンス(普罗旺斯 Provence)の詳細(性能やスキル、プロファイル)
アークナイツ(明日方舟)に登場するオペレーター「プロヴァンス(普罗旺斯 Provence)」の性能やスキルを掲載したページとなります。

プロヴァンスの概要

プロヴァンスは中距離の敵ユニットに対して高火力の攻撃を行うというコンセプトの狙撃オペレーターで他の狙撃オペレーターのコンセプトとは異なった性能を持っています。それ故に通常の狙撃オペレーターとは異なった運用方法が求められる少し癖のあるオペレーターと言えます。

プロヴァンスの性能

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度やや遅い(1.6s)
初期コスト15最大強化時コスト15
再配置時間遅い(70s)
特性
高威力の中距離射撃
基礎ステータスはコストは高め、攻撃速度はやや遅く、更には飛行ユニットを優先せず、エクシアやジェシカ、クルース等の一般的な狙撃オペレーターとは大きく異なっています。 そのため、運用方法も大きく異なっており、飛行ユニットの対処をしてもらうためにプロヴァンスを配置してもらうというよりも地上の敵を倒すために配置し、たまに飛行ユニットも落としてもらうというのがプロヴァンスの扱いとしては正しくなります。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期716332810
初期最大9954561170
昇進1最大12766011560
昇進2最大16807812150
信頼度最大+90
現時点で実装されている狙撃オペレーターの中(2020/03/11時点)では体力と防御力は1位、攻撃力は5位(単体狙撃だと1位)と非常に高いステータスでまとまっています。ステータス面だけで言えば間違いなくトップの性能を持つ狙撃と言えるでしょう。

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
ステータスの高さとは打って変わって攻撃範囲は遠距離オペレーターとしてはかなり狭く、自身のいるマスを含めると攻撃範囲は9マスしかありません。スキルで攻撃範囲が広くなるということも無く、プロヴァンスの運用にはコツがいるという理由の一つになってしまっています。

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+30素質効果強化(攻撃力+10%)配置コスト-1
潜在突破による強化内容は配置コスト減少、再配置時間減少、攻撃力上昇、素質効果上昇の4つ。 特に4段階目と5段階目はただでさえ高い攻撃力を更に高めてくれるものとなっているので、プロヴァンスを運用するのであれば潜在突破の優先度としては高めとなります。

素質

素質名解放段階効果
ハンターアロー昇進1攻撃時、20%の確率で次回攻撃のダメージを140%にする。敵が正面の1マス以内にいる時、発動確率は50%になる。
昇進2攻撃時、20%の確率で次回攻撃のダメージを180%にする。敵が正面の1マス以内にいる時、発動確率は50%になる。
昇進2 潜在5攻撃時、20%の確率で次回攻撃のダメージを190%にする。敵が正面の1マス以内にいる時、発動確率は50%になる。
効果の内容としては確率でプロヴァンスの次回攻撃のダメージを上昇させるというもの。 プロヴァンスの正面1マス以内に敵がいる場合は50%というかなり高い確率で素質が発動するため、配置としては重装等の斜め前といった敵が止まりやすいマスの横等に配置することが非常に重要となります。 ただ、やはり問題としては上昇率の高さからクリア出来る可能性にも関与するほどのものなにも関わらず、確率発動のためオート戦闘の事故の元になる場合があるという点には注意が必要です。

スキル効果

スキル名スキル内容
ウルフアイ発動タイプパッシブ
必要SP/持続時間
効果攻撃対象のHPが20%減少する度その対象を攻撃する時のみ攻撃力+25%
鮮血の匂い発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間SP30/35秒
効果攻撃力+220%。 ただし、HPが80%以上の敵には攻撃しない。

ウルフアイ

攻撃対象のHPが20%減少するごとにプロヴァンスの攻撃力が最大25%ずつ上昇していくというスキル。そのスキルの性質上、ザコ敵を狩るというよりもボスやエリートクラスの敵を倒す際に効果を発揮するスキルと言えます。 逆の言えばザコ敵に対してはほとんど効果が無く、また空中ユニットは体力があまり高くない傾向にあるのでほとんどスキルが発動せずに倒す又は通り抜けてしまうということもしばしば。

鮮血の匂い

プロヴァンスの攻撃力が最大+220%され、体力が80%以上の敵には一切攻撃をしなくなるというスキル。 プロヴァンスは元々攻撃力が非常に高い狙撃オペレーターとなっているのでこのスキルでの攻撃力の上昇量もかなりのもの。ここに更に素質が発動すれば素質の上昇量も加わるので単体狙撃としては圧倒的な火力となります。 しかし、体力が80%以上の敵には一切攻撃をしなくなるという特性上、プロヴァンスを最前線に配置して重装等がいる場所までに敵が到達する前に体力をある程度削っておくということはプロヴァンス出来ず、他オペレーターによる補助が必須。 そういったことからプロヴァンスはボス敵等の硬い敵に対して性能が特化しているとも言え、他狙撃や術師が削った敵を重装が受け止め、横からプロヴァンスが持ち前の大火力で更に削っていくというのが理想的な形となっています。

まとめ

プロヴァンスは他狙撃オペレーターと同じように扱うと空中ユニットに対処してくれない、敵に攻撃してくれない、そもそもスキルや素質が発動しないという手間が掛かるオペレーターではあります。 しかし、プロヴァンスを正統派な狙撃オペレーターとして見るのではなく、他の狙撃や術師が撃ち漏らした敵の仕留め役や重装がブロックしている敵にダメージを与える火力支援役として見ればまたプロヴァンスの評価も変わるかもしれません。

DPS備考

スキル1

敵1体攻撃時
スキル攻撃力871
スキル周期パッシブ
スキル総ダメージ
スキルDPS762
通常攻撃DPS762
平均DPS762
※ステータスは昇進2 Lv.80、潜在1、スキルレベル10、素質発動時のものを参照。

スキル2

敵1体攻撃時
スキル攻撃力2787
スキル周期
30.4s + 35.2s
スキル総ダメージ85845
スキルDPS2439
通常攻撃DPS751
平均DPS1656
※ステータスは昇進2 Lv.80、潜在1、スキルレベル10、素質発動時のものを参照。
この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました