アークナイツアークナイツ解説オペレーター解説

【アークナイツ】星4狙撃オペレーター「ヴァーミル」のステータスやスキルについて

スポンサーリンク

ヴァーミルの概要

【アークナイツ】ヴァーミル(红云 Vermeil)の詳細(性能やスキル、プロファイル)
基本プロフィール職業/サブクラス狙撃レアリティ☆☆☆☆性別女身長 153cm 精通サバイバル、狩猟出身不明戦闘経験歴 2年種族ヴァルポ ...

ヴァーミルの詳細

ヴァーミルは星4の狙撃オペレーターでアズリウスと似た2体への同時攻撃スキルを持つ狙撃オペレーター。スキル発動中は複数出現するザコ敵に対してもある程度の処理能力を持っています。ただ、ヴァーミルに関しては戦闘能力が強力というよりも基地スキルが強力であるとされており、どちらかというと基地スキルのために育てるオペレーターと言えます。

ヴァーミルの性能

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度早い(1.0s)
初期コスト10最大強化時コスト10
再配置時間遅い(70s)
特性
飛行ユニットを優先して攻撃
基本ステータスに関しては狙撃としては他の狙撃と比べても大きく異なっている点は無く、クルースやジェシカ等とほぼ同じと言っても過言ではありません。基本的なステータスに落ち着いていると言えるものとなっています。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期550166570
初期最大786277950
昇進1最大10083971360
昇進2最大12304851620
信頼度最大+65
攻撃力は星4以下の単体狙撃の中では最も高い数値となっていますが、それ以外の数値に関してはレアリティやコストとしては相応の数値となっています。特に大きく目立った点は無いと言えるでしょう。

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
攻撃範囲も他の一般的な狙撃オペレーターと異なる点はありません。スキルで攻撃範囲が拡大するということも無いため、平均的な狙撃オペレーターと言えます。

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+24再配置時間-6秒配置コスト-1
潜在突破による効果は配置コスト減少、再配置時間減少、攻撃力強化の3つ。星4以下の最大のメリットは潜在突破のしやすさにあり、ヴァーミルに関しても今後スカウトを回していくことでおのずと潜在突破も最大に突破するかと思われます。そもそもヴァーミルは戦闘能力よりも基地スキルに注目すべきオペレーターなので「★4狙撃の印」で突破させる必要性は薄いでしょう。

素質

素質名解放段階効果
狩人の経験昇進1自身のSP回復速度がやや上昇
昇進2自身のSPの回復速度を大幅に上昇
素質「狩人の経験」はヴァーミル自身のSP回復速度を上昇させるというもの。最大で毎秒追加で0.3ずつ回復します。そのため同じSPブーストを持つフィリオプシスと合わせると毎秒1.6ずつSPが回復していくことになり、ヴァーミルのスキルは特にスキル2の必要SPがかなり軽い部類に入るため、最大まで強化しているのであれば約13+20秒に1回スキルを発動させることが出来るという、高い回転率を実現させることも可能です。

スキル効果

スキル名スキル内容
攻撃力強化・β型 (攻击力强化·β型)発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP10 必要SP35/25秒
効果攻撃力+80%
デュアルアロー発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP10,必要SP20/20秒
効果攻撃力+45%、通常攻撃時2体の敵を同時に攻撃

スキル1「攻撃力強化・β型」

スキル1「攻撃力強化・β型」は他のオペレーターも所持していることが汎用スキルの一つ。ヴァーミルの攻撃力は★4単体狙撃の中ではかなり高い部類に入るため、防御力がやや高い敵に対してでもスキル発動中であればダメージを与えることが可能となります。ただ、スキル2「デュアルアロー」と比べるとスキルの回転率は低めなのでヴァーミルでわざわざこちらのスキルを選ぶ価値はあまり無いかもしれません。

スキル2「デュアルアロー」

スキル2「デュアルアロー」はスキル発動中はヴァーミルが同時に2体の敵に対して同時に攻撃を行うというスキル。性能としてはアズリウスのダブルショットに近いものとなっていますが、アズリウスのダブルショットが攻撃回復の単発スキルに対して、こちらは自動回復の持続スキルとなっています。そのため、一概にダブルショットとデュアルアローを比べることは難しくはなっていますが、同じレベルなのであれば単発の威力としてはアズリウスのダブルショットのほうが高く、デュアルアローのスキル発動間隔である35秒ごとのDPSで見るのであればデュアルアローのほうが高いというものになっています。

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
ウェストピッカー初期製造製造所配置時、保管上限+8、体力消費が1時間ごと-0.25
 再利用昇進1製造製造所配置時、保管上限1上昇につき、製造効率+2%
ヴァーミルの最大のポイントは基地スキルにあり、特に昇進1後に開放される基地スキル「再利用」は非常に強力なスキルとなっています。基地スキル「再利用」は製造所の保管上限が1増えるごとに製造速度が2%上昇するスキル。保管上限を大きく上げてくれるクオーラやノイルホーン、ヴァルカン等と一緒に配置をすることで製造効率は最大で+77%上昇することになります。

まとめ

ヴァーミルは戦闘面に関しては★4単体狙撃相応と言った性能となっており、他に強力な狙撃オペレーターを所持していて性能面で見るのであれば育成をする価値はあまり無いかもしれません。しかし、基地スキル「再利用」は非常に強力なものとなっており、特に製造所の保管上限を上げる基地スキルを持つオペレーターと掛け合わせることで製造効率は凄まじいものとなります。この「再利用」を利用するためだけに昇進1にしておく価値は十分にあると言えるでしょう。
この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました