アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳「黒夜生誕 DM-1 埋没」後編

4:28 P.M.天気/曇り

カズデル東西部戦場、軍事緩衝区周辺

数カ月後

あなたの話と同じように、確かに多くの人が私の頭を見ていた。本当に頭が痛い。

小さな待ち伏せ。

敵軍の人数は少ない。速やかに斬首し撤退するつもりか。

結局のところ、私達には半分の掃討担当チームしかない。しかし、これは千載一遇のチャンス。

…このチャンスはあいつらがわざと残したものだ。

ああ、後でまた会おう。カズデルに行く手紙はもうすぐ戻ってくる。

W
W

何を探しているの?

W
W

この死体は…さっきの刺客?

ヘドリー
ヘドリー

――あった。

ヘドリー
ヘドリー

こいつが身につけているってことは知ってたんだ。

ヘドリー
ヘドリー

――。

W
W

これは…紙?

W
W

いえ、それよりもこの刺客のことを知っているの?

ヘドリー
ヘドリー

刺客か、もちろんだ。

ヘドリー
ヘドリー

俺たちは協力したこともあったし、生死の境に入ったこともあったな。数ヶ月前にはスカーショップで一緒に勝利を喜んだこともあった、

ヘドリー
ヘドリー

彼は当時、彼の娘を俺に嫁がせたいとまで言っていたな。

W
W

聞いてると馬鹿な話ね。傭兵であれば遅かれ早かれ全て出来るわけ――

W
W

――

W
W

――ちょっと待って、しなかったの?

ヘドリー
ヘドリー

いや、もちろんお断りした。

ヘドリー
ヘドリー

…別の理由だがな。

W
W

それでそこには何が書いてあるの?

ヘドリー
ヘドリー

注目しておくべきこと、相場、見積もり、とにかくお前もしっておくべきことだ。

W
W

…。

W
W

…これは何?

W
W

人の名前…いえ、あだ名というかコードネームというか。後ろには描かれているのは…お菓子?どういうこと?

ヘドリー
ヘドリー

キャンディの数は懸賞金の額を表している。彼自身が使っている隠語だ。彼らから一番多くキャンディを貰える奴は誰か、一番ホットなのは誰かなのかというな。

W
W

悪趣味な記号ね、ヘドが出るわ。

W
W

…それにしても金額が小さくは無いように見えるけど。誰がお金を出すっていうの?

ヘドリー
ヘドリー

俺たちが契約を完了するたびに、誰かが金を準備する。俺たちを除いて、例えば雇い主自身だな。

ヘドリー
ヘドリー

強い傭兵ほど高価で、高価な傭兵ほど危険で、危険な傭兵ほど死ぬべきだからな。

ヘドリー
ヘドリー

この戦争は俺たちを死地に追い込むのと同時に俺たちに生きていく余地を与えた。

W
W

合理的に聞こえるわね。

ヘドリー
ヘドリー

経験則みたいなもんだ。

ヘドリー
ヘドリー

…「傭兵、ヘドリーと改名、10個。手下が強いので15個、お友達として追加で20個」

ヘドリー
ヘドリー

かなりの値段だな。

ヘドリー
ヘドリー

ヘドリー
ヘドリー

「W、古いのは既にケリを付けた。これは新しいやつ、面倒、10個。状況に応じて価格は上昇」

ヘドリー
ヘドリー

あいつらはお前を高く評価しているみたいだな。

W
W

先月、その戦争屋達を森に埋めたからね。

W
W

ふっ…それで、私は喜ぶべきなのかしら?

ヘドリー
ヘドリー

戦争…どうして俺はそのことを知らないんだ?

W
W

手当たり次第にやったから。

W
W

あなただってラテラーノ人から略奪した時に誰かに報告したいとか思うの?

ヘドリー
ヘドリー

いいや。

W
W

そうでしょ、そういうものよ。

W
W

それが任務の一部では無いのなら、傭兵がどの石を蹴ったかなんてことを常に共有する必要はない。

W
W

あー…そういえば、私はその「W」よりも強いのかしら。

ヘドリー
ヘドリー

「強い弱い」で単騎戦力を正確に推し量るのは難しいな。俺にとっては命令に従うことのほうが重要だ。

W
W

分かったわ、今後はありのままのことを報告する。それで良い?

W
W

知りたいの。あの「W」はどんな人だったの?

ヘドリー
ヘドリー

…彼は、変人だな。

ヘドリー
ヘドリー

彼は俺たちと長い間一緒に働いていた。毎回毎回努力をしていて、とても優秀だった。

ヘドリー
ヘドリー

彼は自分の誕生日をみんなに祝ってもらうために戦功で俺たちのリーダーになりたいと思っていたみたいだ。

W
W

…誕生日?サルカズが?誕生日?

ヘドリー
ヘドリー

もちろん本当の誕生日じゃないさ。

ヘドリー
ヘドリー

彼はラテラーノ人を殺し銃を手に入れた。彼らにはちょっとした物語があってな、それで彼はその日を自分の誕生日としていたんだ。

W
W

ふうん…。ラテラーノ人を楽しむために殺す傭兵なんて私達気が合うかもしれないわね。

ヘドリー
ヘドリー

長い憎悪の一部にしか過ぎないんだがな。

ヘドリー
ヘドリー

それで「楽しい」って?

W
W

少なくとも私は楽しんでいるわよ。

ヘドリー
ヘドリー

良い答えだ。

ヘドリー
ヘドリー

「W」は確かにあの中では一番積極的だったからな。

ヘドリー
ヘドリー

普段は無気力でただヘラヘラしているだけだったが、話には裏があるようで、いつまでも隠し事をしているようだった。

ヘドリー
ヘドリー

だが、誰よりも他人を信じやすかったな。

W
W

どうして?

ヘドリー
ヘドリー

彼は「執念」を持っていた。偏執的な人は他人の導く罠に掛かる。善意や悪意に関係なくな。

W
W

…くだらないとしか言いようがないわね。私なら分かるわよ。

ヘドリー
ヘドリー

お前なら分かるはずだ。

ヘドリー
ヘドリー

お前たちはもともと同じ種類の人間だ。フリをすることに長け、好きなようにする

W
W

私が?

 

W
W

…ふっ。

W
W

どうして私の考えをよく分かっているのかしらね?それともイネスみたいに何か変わったオリジ二ウムアーツでも持っているの?

ヘドリー
ヘドリー

お前…。

W
W

あの時あなたは知っていたからじゃないの、私達は一緒に死ぬことが出来るんじゃないかって?

ヘドリー
ヘドリー

はあ…強がって見せるところはイネスとそっくりだな…。

ヘドリー
ヘドリー

行こう、帰ったら俺たちのトランスポーターと会うんだ。

ヘドリー
ヘドリー

雨が降りそうだな。

彼女にフリの口実を与えた。彼女にはこんなおかしくなるような仕事を続けさせるよりも言い訳を与えるほうが良いからだ。

俺が必要なのは確実に道を切り開く傭兵であり、単なる傀儡ではない。ここでは傀儡は不足しないからだ。

彼女が笑うのを見たのは初めてだ。Wと同じように笑っていた。

その日からWはWとなった。

…だがイネスの言う通りだ。

馬鹿げている。

ヘドリー
ヘドリー

イネス、こんなところで篝火をぼんやり見てないでテントの中にいるべきだ。

イネス
イネス

はあ、カズデルが持ってきたのは良い報せでは無いようだな。

ヘドリー
ヘドリー

察しのとおりだ。

イネス
イネス

手紙が戻ってきた後の不安を感じることが出来た。あいつは表面的に冷静を取り繕っているが、実際は気が狂いそうになっている。

イネス
イネス

…お前の表情もだ。上手く隠せていると思っているなんてことは言わせんぞ。

イネス
イネス

何か新しいトラブルがあったのか?

ヘドリー
ヘドリー

ああ、俺達はまだ生きてはいる、しかし…俺たちの仲介人が死んだ。カズデルの工業地帯でな。

ヘドリー
ヘドリー

彼の死体は鍛冶場に捨てられ、頭はどろどろだ。あの目をひく赤いズボンは無事だったが。

イネス
イネス

誰がやった?

ヘドリー
ヘドリー

誰がやったのかも、それがいつなのかも分からん。ボイラーマンが最初に死体を見つけた。

ヘドリー
ヘドリー

だが、相手さんは時間があまり無かったようで、金属に残った殴り合いの跡は簡単には消せなかったみたいだ――

ヘドリー
ヘドリー

刀を使う人物で鉄を泥のように削るような類いだな。

イネス
イネス

…まあいい。犯人はどうせ捕まらないだろう。

ヘドリー
ヘドリー

カズデルの温床は死守したいが、他人の言いなりになりたくない。それでは遅かれ早かれ笑えない結末にもなる。

イネス
イネス

…金を払う人がいなくなればそれは笑えることではない。

ヘドリー
ヘドリー

…次に言うことはさらに笑えないことだ

ヘドリー
ヘドリー

俺たちのトランスポーターは情報を確認してからカズデルから撤退、途中で何人かと接触をした。

イネス
イネス

何人か…スパイか。

ヘドリー
ヘドリー

そして正確には「接触」では無く、「取り押さえた」だな。

イネス
イネス

…私達はまた掴まされたということか?

イネス
イネス

始めからやっておけば良かったんじゃないのか。

ヘドリー
ヘドリー

今回は選択肢が無かったからな。トランスポーターが命令を受けている。

イネス
イネス

…命令?私達に?誰が?

イネス
イネス

私達は命令に従う奴隷では無いが。

ヘドリー
ヘドリー

これは俺の判断だ。聞いてくれ。

ヘドリー
ヘドリー

戦場の外に移る。辺鄙な山道を通って、峡谷も通ることになっている。

ヘドリー
ヘドリー

…輸送チームを保護しに行く。

イネス
イネス

輸送護衛。古典的な仕事だな。そんな単純なものじゃないんだろう?

ヘドリー
ヘドリー

…分からない。

イネス
イネス

何だと?

ヘドリー
ヘドリー

すまない。今回のはもう俺が把握出来る範囲を超えている――。

ヘドリー
ヘドリー

だが、これは俺たちにとって数少ないチャンスだと信じている。

ヘドリー
ヘドリー

今はチームの全てが手の内にある。状況が変わり、みんながチャンスを待っている中、黙って待つわけにはいかない。

ヘドリー
ヘドリー

これについてはお前とWが責任を持つ。

イネス
イネス

…とりあえず、他の質問からだ。

イネス
イネス

まず、Wとの同行はお断りだ。

イネス
イネス

彼女は評判は良いがまだ準備は出来ていないと思う。

ヘドリー
ヘドリー

彼女はとても上手い。

イネス
イネス

私はお前には見えないものが見える私のオリジ二ウムアーツを信じる。

イネス
イネス

ヘドリーには爆破の専門家が部下として現れ、知らずの内に戦場を火の海へと変えた。

イネス
イネス

他のチームはこれをとても警戒している。「戦場」の具体的な範囲が日々変化しているからだ。明日はあいつらの本拠地がそうなるかもしれない。

ヘドリー
ヘドリー

…分かっている。

イネス
イネス

彼女は心の中では本当に何も考えてはいない。殺戮も騙しも何でも無い。傭兵の「資格」がありすぎて底が知れない。

イネス
イネス

私は背中合わせにはなりたくない。彼女が「護衛」任務を出来るとは思えない。お前も今注目されている新人だからと言ってこのタイミングで動員はするな。

イネス
イネス

それとも何か他に理由でもあるのか?

ヘドリー
ヘドリー

俺は…利用出来るものは全て利用するしかないんだ。

ヘドリー
ヘドリー

事態は今日の状態まで発展してしまっている。もう誰も外に出ることは出来ない。

ヘドリー
ヘドリー

傭兵には立ち位置は無いが、立ち位置が無いということは帰る場所も無いということだ。事態が収まれば俺たちは戦争と共にいなくなる。

ヘドリー
ヘドリー

戦争は遅かれ早かれ繰り返されるが、生きるチャンスというのは一度しか無い。

ヘドリー
ヘドリー

このままではいけない…そうするべきではない。それだけだ。

ヘドリー
ヘドリー

俺たちはあらゆるチャンスを掴むべきだ。自分達の居場所を見つけて、流れに身を任せるなんてことはやめないといけない。

イネス
イネス

…。

ヘドリー
ヘドリー

…レム・ビリトンからここに到着をした一行はカズデルの勢力圏に入った時点で迎撃される可能性が高い。

ヘドリー
ヘドリー

現在のキャンプの多くの人はこの任務を受け入れることを許諾しないだろう。チームは変化を経験することになるが、そんなことはどうだっていい。

ヘドリー
ヘドリー

厄介な任務ではあるが、このリスクは背負う価値がある。俺たち、少なくともお前は――

イネス
イネス

ちょっとまて。

イネス
イネス

…私はさっきの意味というものを疑っている訳じゃない…だが私は…。

イネス
イネス

…気にしないでくれ。そんなに神経質にならなくてもいい。私はいつだってお前の話は聞いている。

イネス
イネス

だが、まずは落ち着いて、自分の足元を見てくれ。

ヘドリー
ヘドリー

…は?

ヘドリー
ヘドリー

俺の影の話のことをしているのか?

ヘドリー
ヘドリー

お前が見ているものが俺には見えないんだが、どうかしたか?

イネス
イネス

影が揺れている。

ヘドリー
ヘドリー

…風だな。篝火がちらついてるのだろう。

イネス
イネス

私が何を言っているのか分かるか、お前たちはいつもそうだ、サルカズが全てだと。

イネス
イネス

そんなに先のことを考えるな。お前にはそこまで多くのことを動かすことは出来ない。お前や私は単なる傭兵だ。

ヘドリー
ヘドリー

…気を付ける。

イネス
イネス

Wを連れて行けと言ったが、お前は?

イネス
イネス

何を考えている?

ヘドリー
ヘドリー

少数の人だけが真実の情報を知る必要がある。リスクを負担しなければならない。

イネス
イネス

他のチームが信用出来ないのであれば、少なくとも身内だけは信頼しろ。

ヘドリー
ヘドリー

俺はわざと隠している訳じゃない。だが…

イネス
イネス

ありのままを教えろ。

イネス
イネス

私に、教えろ!

イネス
イネス

私達のトランスポーターは一体何に出会った?

ヘドリー
ヘドリー

ヘドリー
ヘドリー

…。

ヘドリー
ヘドリー

…「バベル」。

ヘドリー
ヘドリー

彼らは、バベルはカズデルが残した闇の杭だ。

タイトルとURLをコピーしました