アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 往昔の風を求めて「エイプリルソング ~ エイプリル」

エイプリル
エイプリル

ふぅ、今日も任務でいっぱい汗かいたぁ。

エイプリル
エイプリル

はやく宿舎に戻ってシャワー浴びよっと。

エイプリル
エイプリル

あれ、あそこにいるのって……

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

あいよ、手紙と料金の確認完了だ。

アンセル
アンセル

ではよろしくお願いいたします。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

はは、任せとけ、あんたは常連さんだからな。実際俺とあんたの家族が顔馴染みくらいにはなってるからな。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

あんたしばらく帰ってないんだろ?一度帰るとかは考えないのか?あんたの伯父さんが俺を見かけたら、あんたがレムビリトンにまた帰ってくるようにって催促されるんだよ。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

一年中外をあっちこっち走りまわってるオレが言う資格はないけどよ、でも手紙を返すより直接帰ったほうがよっぽどいいだろ。

アンセル
アンセル

……分かっています、ただここには私を必要としている患者もまだいるんで。

アンセル
アンセル

時間が空いたら、帰るつもりですよ。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

わかった、あんたはこういうところはしっかりしてるから、これ以上はうるさくは言わないさ。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

よし、じゃあオレは別の手紙を確認しに行ったら出発するけど。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

土産はどうする、またいつものか?

アンセル
アンセル

はい、実家の下にある売店のミント飴をお願いします。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

あいよ。

(ロドストランスポーターが歩いていく足音)

アンセル
アンセル

大伯父さん、ごめんなさい……

エイプリル
エイプリル

……

エイプリル
エイプリル

ロドスにもトランスポーターがいたんだね。

アンセル
アンセル

あなたは……

エイプリル
エイプリル

あたしは新しく加入したオペレーターだよ、コードネームはエイプリル、エイプリルって呼んでね。

アンセル
アンセル

こんにちは、エイプリルさん、私は医療部のアンセルです。

アンセル
アンセル

ロドスにもトランスポーターはたくさんいますよ、さっきのトランスポーターは私たちと同じオペレーターではなくて、ロドス専属のトランスポーターなんです。

エイプリル
エイプリル

それって何か違うがあるの?

アンセル
アンセル

ありますよ、オペレーターになったトランスポーターだっていますよ、そうだアンジェリーナさんはご存じですか?

エイプリル
エイプリル

知ってるよ、あたしと同い年ぐらいのトランスポーターの女の子だよね?

アンセル
アンセル

ええ、まず、ロドスに加入しに来るトランスポーターは通常みんな感染してるためです、オペレーターになることで治療費を帳消しにしてるんです、アンジェリーナさんもそういった例ですね。

エイプリル
エイプリル

あ、それあたしもそう。

アンセル
アンセル

ええ、なにせ鉱石病の治療費はどう見繕っても安いとは言えませんからね、艦内にいる色んな業種の方たちも同じような理由でここに留まってるんです。

エイプリル
エイプリル

でもそれだとここのトランスポーターと大差ないんじゃないの?

アンセル
アンセル

あはは、そこはやっぱり誤解されやすいですね、でも実は違うんですよ。

アンセル
アンセル

トランスポーターという職業は、人との直接的な接触も少なく、かつあっちこっち行ったり来たりするものですから、感染者になっても仕事を続けられるんです。

アンセル
アンセル

それに、ほとんどの人は自分に手紙を送ってきてくれる人が感染者なのかすら知らないですからね……

アンセル
アンセル

とにかく、彼らは自分の元々の活動範囲内で仕事を続けられます、ただ定期的にロドスに来て治療を受けるだけでいいんです。

エイプリル
エイプリル

あれっ、でもそれだと自分の仕事しかしてないんじゃないの?

アンセル
アンセル

もちろん、私たちもこういったトランスポーターには長期外勤任務もお任せします。

アンセル
アンセル

それに彼らも通常ロドスを中継所として扱っていますからね、もし彼らの活動範囲内にオペレーター仲間の親族や友人がいれば、彼らに手紙を預けるのも当然になります。

アンセル
アンセル

ただ実際に今のところロドスからレムビリトンに行ってくれるトランスポーターは少ないんですよね。

エイプリル
エイプリル

そうなんだ、でもやっぱりあんまり拘束がないようにも思えるけど……あたしが以前いた会社からすれば、そんなのまったく想像できっこないよ。

アンセル
アンセル

どんなことですか?

エイプリル
エイプリル

職員に自由があるってことだよ、思うんだけど一回来ただけでそれっきりの人もきっといるんじゃないの?

アンセル
アンセル

鋭いですね、そういった状況もたまには起こります、私たちも当然責任追及しに行きますよ、患者をほったらかすわけにはいきませんからね。

エイプリル
エイプリル

アンセル先生は本当にいい人なんだね。

アンセル
アンセル

いえ、私はただ一人でも多くを助けてあげたいってだけですから。

エイプリル
エイプリル

でもそうだとしたら、確かにロドス専属のトランスポーターも必要になるね。

エイプリル
エイプリル

そんなの考えもしなかったよ。

アンセル
アンセル

おや、エイプリルさん、あなたもレムビリトン出身なんですか?

エイプリル
エイプリル

そうだよ、南にいるアイアンキャロット市出身だよ。

アンセル
アンセル

あぁ、聞いたことあります、毎年鉱石産量の上位に入ってる都市ですね。

エイプリル
エイプリル

そうだよ、町の誇りなんだ、あたしはなんとも思ってないけど。

アンセル
アンセル

私はアイアンアーム出身です。実家のほうに連絡したい親族とかはいないのですか?

エイプリル
エイプリル

いないよ。

エイプリル
エイプリル

あたしの両親は小さい頃に鉱山事故で亡くなっちゃったんだ、あたしは両親が働いてた会社で育ったの。

エイプリル
エイプリル

あたしは成人してその会社のハンターになったんだ、給料は高くないけど、まあまだマシだったかな、あたしが感染者になるまではね……

アンセル
アンセル

……ごめんなさい。

エイプリル
エイプリル

気にしないで。

アンセル
アンセル

でも確かレムビリトンの企業の感染者への待遇はそれほど悪くなかったはずでは?

アンセル
アンセル

レムビリトンの鉱業は発達してるため、現地の人はほかの国の人より鉱石病に接触する確率も高いはずですし……

エイプリル
エイプリル

あたしも最初はそう思ってたよ、でも実際に体験したらそんなことは間違ってたんだって知ったよ。

エイプリル
エイプリル

あの人たちは表面上は福利厚生は各種揃ってるって言ってるけど、でも実際は裏でピンハネしてたんだよ、それに鉱石病に罹ったと知られてからは、仕事の機会もどんどん減らされちゃったし。

エイプリル
エイプリル

あたしみたいな独りで暮らしていかなきゃならない感染者からすれば、あそこでは生きていけないよ。

アンセル
アンセル

そうだったんですね……知りませんでした。

アンセル
アンセル

どうりで昔鉱石病に罹った仕事仲間が知らぬ間に失踪してたのか……

エイプリル
エイプリル

まあとにかく、会社は辞職したし、借りてた家も引き払ったし、レムビリトンはもうあたしの居場所じゃなくなったよ。

エイプリル
エイプリル

もう、そんな顔しないで先生、同情されるのすごくイヤなんだからね。

エイプリル
エイプリル

それにあたしはちゃんとロドスに来れたじゃん。

アンセル
アンセル

それもそうですね。

エイプリル
エイプリル

それよりも、さっき先生が手紙を出すときの表情が悲しかそうだったよ、なんかあったの?

エイプリル
エイプリル

あっ、話したくないんだったら話さなくていいんだよ、話してくれたとしても誰にも喋れないから!

アンセル
アンセル

……

アンセル
アンセル

エイプリルさん、お昼はもう済ませましたか?

エイプリル
エイプリル

いや、任務から戻ってきたばっかりだから、シャワーを浴びてから行こうかなって。

アンセル
アンセル

奢りますよ、話せば長くなりますので。

エイプリル
エイプリル

うん?わかった。

エイプリル
エイプリル

わあ、先生のメニューすっごくヘルシーだね。

アンセル
アンセル

職業病みたいなものですよ、それとアンセルでいいですよ、年齢にそんな大した差はないはずですから。

エイプリル
エイプリル

わかった~

アンセル
アンセル

先にご飯を食べましょう、食べ終わってからゆっくり話しましょうか。

エイプリル
エイプリル

うん。

アンセル
アンセル

……口では家族に会えなくて寂しいって言ってますけど、実は私あんまり帰りたくないんですよ。

エイプリル
エイプリル

どうして?

アンセル
アンセル

帰るとすごく面倒臭くなるんです。

アンセル
アンセル

私には三人の兄と一人の妹がいるんです、ただ私たちの両親もはやくに逝ってしまったんです、母は肺病、父は過労で。

アンセル
アンセル

ただエイプリルさんと違うのは、二人が亡くなった時、三人の兄はみんな働ける歳でした。

アンセル
アンセル

ですが、当時の私はまだ子供でしたから、父が死去したあとに私は大伯父のところに、妹は叔父さんのところにそれぞれ預けられたんです。

エイプリル
エイプリル

あぁ、確かにそういうことのは珍しくなかたったね、あたしにも親戚がいたら、そうしてたかも。

エイプリル
エイプリル

確かあたしの親戚はみんなほかの都市に行っちゃったって、父さんが言ってた。

エイプリル
エイプリル

帰りたくないのってその大伯父さんが嫌な人だから?

アンセル
アンセル

いえ、伯父さんは小さな会社を経営しているんです、他人には厳しくも真摯にあたっていますけど、私にはすごく優しくしてくれて、実の息子のように可愛がってくれてるんです。

アンセル
アンセル

ただ……

アンセル
アンセル

私に医者になってほしくないんです。

エイプリル
エイプリル

あっ。

アンセル
アンセル

私は小さい頃から大伯父さんの会社のお手伝いをしていました、大伯父さんも私を跡取りにしようとしていたんです。

アンセル
アンセル

でも私は彼の反対を押し切って医者になって、こんな遠くのロドスにやってきた。

エイプリル
エイプリル

え?もしかしてアンセルって家出して来たの!?

アンセル
アンセル

あはは、違いますよ、そこまではしていません。

アンセル
アンセル

私が医学を学ぶためにロドスに来るまで時間が掛かりました。

アンセル
アンセル

その間に、大伯父さんとたくさん相談しましたし、口論にもなりました。

アンセル
アンセル

大伯父さんは最後まで私に同意してくれなかったんです。

エイプリル
エイプリル

分からなくもないかな、なにせレムビリトンで医者をやるのって続けるのがすごく大変なんだもんね。

アンセル
アンセル

そうですね、一つは始業がすごく難しいこと。もう一つは、続けるのがすごく難しいことですね。

アンセル
アンセル

鉱山区に配備されてる医者のほとんどは基礎中の基礎の医術しか習得できていないんです。

アンセル
アンセル

医業生活もきっと大伯父さんの会社で働いてるときより安定しませんし、それに仕事を探すだけでも一苦労ですからね。

アンセル
アンセル

それに実を言うと私は大伯父さんの提案に乗ることも何回か考えてみました、正直、大伯父さんの会社は結構いいほうなんです。

アンセル
アンセル

それに、大伯父さんも私のためにたくさんのことをしてくれましたから、彼の期待を裏切りたくないんです。

エイプリル
エイプリル

確かにそれはそうだけど、でも誰にだってやりたいことはあるじゃん?

エイプリル
エイプリル

アンセルの伯父さんはいいほうだよ、あたしの両親がまだいたとしたら、こんなこと絶対許してくれないよ。

アンセル
アンセル

ええ、でも私は最終的に自分の選択を選んだんです。

アンセル
アンセル

ただ大伯父さんは内心を隠せない人なんです、会社に人生の半分を捧げて、やはり私に彼の事業の跡を継がせたいんです。

アンセル
アンセル

過去に二回帰ったときは、やはりどうしても辛かったです。

アンセル
アンセル

しかも私の兄たちのほうがもっと強く反対してたんです、ただ私が彼らに仕送りしているので強く言えないみたいですけど。

アンセル
アンセル

逆に妹は私を支持してくれてるんですよね。

エイプリル
エイプリル

あたしにとっては手に及ばない悩みかなぁ。

アンセル
アンセル

人にはそれぞれの悩みがある、と言うしかありませんね。

アンセル
アンセル

私は自分が良いことをしてると信じています、ロドスの待遇もすごくいいですし。

アンセル
アンセル

でもああいうことは……どうしようもないんです。

アンセル
アンセル

どうやっても、私は大伯父さんの心の遺憾を解決させてあげられないんです。

アンセル
アンセル

私はただ自分の仕事にもっと努力して、より上を目指すことしかできません。

アンセル
アンセル

いつか胸を張って、「見て大伯父さん、私はたくさんの人を救ってきた、私は鉱石病の治療に多くを貢献してきたんだよ」と言えるように。

アンセル
アンセル

……まあたぶんその時は、大伯父さんと面と向かって話せる勇気があればいいんですけどね。

エイプリル
エイプリル

アンセルは最初ちょっとひ弱な印象だったけど、実は結構色々考えてたんだね。

アンセル
アンセル

褒めてるのか貶してのかわからないですよ。

エイプリル
エイプリル

もちろん褒めてるよ。

アンセル
アンセル

はは、なるほど。

エイプリル
エイプリル

つまり、アンセルの本心はやっぱり帰りたいんだよね?

アンセル
アンセル

……そうですね。

アンセル
アンセル

ロドスについていって色んな場所で視野を広げてのも悪くはないんですけど、でもやっぱり、あそこは何であれ私の故郷ですから。

アンセル
アンセル

あの巨大な煙突や、騒々しい機械が回る音や、採掘工たちの掛け声、うるさくも賑やかな街道がどうしても懐かしく感じてしまうんです……

アンセル
アンセル

たぶんいつか、私はロドスを離れて、故郷に戻って、そこで医者をやるんでしょうね。

エイプリル
エイプリル

そうなんだ……

アンセル
アンセル

どうされました?

エイプリル
エイプリル

うんうん、ただ考えてたの、あたしも口ではレムビリトンにはなんの感情も抱いてないって言ってるけど、もしかしてあたしも本当は帰りたいんじゃないかって。

エイプリル
エイプリル

アンセル、あたしのコードネームの由来は知ってる?

アンセル
アンセル

暦の月から来ているんじゃないのですか?

エイプリル
エイプリル

半分は、正解。実はある歌の名前なんだよ、春を歌った歌の名前。

エイプリル
エイプリル

あたしってずっとレムビリトンが嫌いなの、アンセルが話したそれらも、嫌い。

エイプリル
エイプリル

あたしの記憶では、故郷はいつも灰色をしていて、暗くて、息ができないほどの圧迫感があるんだ。

エイプリル
エイプリル

鉱石病に感染する以前の生活も、楽とは言えなかった。

エイプリル
エイプリル

毎日会社に報告しなきゃいけないし、任務があればチームについていかなくちゃいけない。

エイプリル
エイプリル

お金は稼げるけど、外勤時の待遇はすごく劣悪だった、それに任務に出れば十数日は戻れない、ひどいときは一二か月かかるときもあった。

エイプリル
エイプリル

それに任務がないときは、特にやりたいこともなかった。

エイプリル
エイプリル

好きなバンドはほかの国のだし、欲しい化粧品も雑誌でしか見ることができないし。

エイプリル
エイプリル

しかも工場が多くて空気が悪いから、いつもスキンケアにお金をつぎ込まなくちゃいけなかった。

エイプリル
エイプリル

それと工場と街中の騒音もひどくて、いつも夜中に起こされた。

エイプリル
エイプリル

信じられる?アパートの設備も悪くて、シャワーしてたら急に水が出なくなる時もあったんだよ!

アンセル
アンセル

うーん、確かにあんまりいい思い出とは言えませんね……

エイプリル
エイプリル

でもね、よーく思い返してみたら、いいこともあったんだよ。

エイプリル
エイプリル

会社は確かにブラックだった、でもあたしを長年世話してくれた、上のお偉いさんは何を考えてたかは知らないけど、会社の人にそのことを聞いたときのあの忍びない表情も今でも憶えてる。

エイプリル
エイプリル

お隣さんも、あたしを助けてくれたこともあったよ。上の階に住んでたいつも人にキツく当たってたペッローのお爺さんは、あたしが鉱石病に感染したと知ったらたまに野菜を送ってくれたんだ。

エイプリル
エイプリル

あっ、でも下の階にいたロロお婆さんは本当に嫌い、あたしを見るなり唾を吐きかけてくるんだもん。

エイプリル
エイプリル

アパートの下にあったスーパーの日替わりの食べ物も美味しかったなぁ、あっ、そういえば、あそこのお団子ってほかの場所では売ってなかったな、あれも美味しかったなぁ。

エイプリル
エイプリル

もちろん、小さい頃父さんと母さんと一緒に暮らしていたときは楽しかったよ。

エイプリル
エイプリル

わかった、これがいわゆる思い出フィルターってやつなんだね!

アンセル
アンセル

あはは、そうなんでしょうね。

アンセル
アンセル

でもどうであれ、私たちは自分の生まれ故郷を捨て去ることはできない、と思いますね。

アンセル
アンセル

私がロドスに来てから、この大地の広大さを知り、まだまだ色んなもっと豊かな暮らしの方法もあるんだって知りました。

アンセル
アンセル

私も別の生活を試してみようと考えたことがあります、たとえば前衛オペレーターや術師オペレーターになること、あるいは公務員になることとか、色々考えました。

アンセル
アンセル

それに私は新しい生活を選ぶことができたはずです、誰も私を止めたりはできませんから。

アンセル
アンセル

でも結局私は医者を続けることを選んだんです。

アンセル
アンセル

なぜなら私はレムビリトンで生まれ、労働者の間で育ったからです、私がある日突然記憶喪失にならない限り、自分の過去を完全に否定することはできないでしょうね。

エイプリル
エイプリル

記憶喪失と言えば、ドクターも記憶喪失したって聞いたんだけどほんと?

アンセル
アンセル

ええ、そうですよ、シークレット情報でもありませんからね。

エイプリル
エイプリル

じゃあアンセルの言う通りなら、ドクターも新しい生活を選べられるのかな?

アンセル
アンセル

……それは難しいでしょうね。

アンセル
アンセル

私はドクターの過去を知ってるわけじゃありません、でもアーミヤとケルシー先生は知っています、彼女ら以外にも知ってる人はたくさんいるでしょう。

アンセル
アンセル

きっと、ドクターにも思い通りにいかない時がたくさんあると思います。

アンセル
アンセル

なのでこうとも言えます、たとえ記憶を失っても、私たちは自分の過去から逃れるのは難しいと。

エイプリル
エイプリル

うーん、なんだか話がズレちゃったなぁ、故郷から過去にいっちゃった。

エイプリル
エイプリル

でもそれもそうだよね、故郷っていうのは元から人の過去のもっとも重要な一部なんだもんね。

アンセル
アンセル

そうです、おそらくは、重要なのは故郷そのものではなく、故郷で過ごした時間が私たちにどんな痕跡を残していったのかだと思います。

アンセル
アンセル

私はその痕跡を捨てることもできましたが、結局は受け入れました。

アンセル
アンセル

では、あなたはどうなのですか?

エイプリル
エイプリル

あたしは……

エイプリル
エイプリル

うーん……

エイプリル
エイプリル

わからない、考えてもみなかった。

アンセル
アンセル

大丈夫です、私たちはまだ若い、考える時間はまだたくさんありますから。

エイプリル
エイプリル

でも、あたしはあの生活から逃げるためにレムビリトンを離れたんじゃないと思う。

エイプリル
エイプリル

もしまだあそこで生活できていたのなら、たぶんその生活を続けていたんだと思う、あたしはただ離れざるを得なかったからあそこを逃げ出したんだ。

エイプリル
エイプリル

感染者になってから確かに色んな辛い目に遭ったよ、でもだからとってそれで人を嫌ったり、レムビリトンを憎んだりはしなかった。

アンセル
アンセル

それが普通です、その人が感染者になったとしても、その人自身の考え方がすぐに変化するとは限りませんから。

アンセル
アンセル

これについては、あなたがロドスでもっと長い時間を過ごせばはっきりとしてくるでしょう、今はただ、故郷や過去についてお話をするだけで十分です。

エイプリル
エイプリル

うん、とにかく、たぶん、あたしも受け入れる方なんだと思う。

エイプリル
エイプリル

レムビリトンが好きだとか、アイアンキャロット市が好きってわけではないけどね。

エイプリル
エイプリル

でも、あたしが毎回悩みに突き当たったとき、アパートの屋上に行ったことは一生忘れないと思う。

エイプリル
エイプリル

あたしが住んでたアパートはそんなに高くはなかった、周りにはもっと高い建物があったからね。

エイプリル
エイプリル

その周りの高い建物が柵みたいに思える時があるんだ、あたしはそれらに閉じ込められていて、頭上にある空だけが、あたしが唯一見える景色なんだって。

エイプリル
エイプリル

でもそれが逆に安心感が生まれるんだ、あたしにはすごく広い空間はいらないし、たくさんの選択肢も必要ない、あの狭い感覚があたしにとってちょうど良かったんだよ。

エイプリル
エイプリル

あそこをぐるっと一周して、周りの人たちが今何をしてのかを見るんだ、ある時は面白いものが見れるし、ある時は見れない、でもどっちでも気にしなかった。

エイプリル
エイプリル

そのあと、屋上の真ん中あたりに寝転がって、イヤホンをつけて、あたしの一番好きな『エイプリル』を流すの、あるものないものを想像しながら、気持ちよくうたた寝する。

エイプリル
エイプリル

そして起きたときは、ほとんどの悩みは跡形もなく消えていて気持ちスッキリってね。

アンセル
アンセル

聞いているだけでも気持ちよさそうですね。

エイプリル
エイプリル

そうなんだよ、今でも屋上みたいな場所を探してうたた寝したいんだけど、ロドスの甲板って広すぎるから、理想の場所が見つからないんだよね。

アンセル
アンセル

クルースっていうオペレーターを尋ねてみるといいですよ、彼女はサボり場を探すことに関してはかなり経験がありますから。

エイプリル
エイプリル

ホントに?それは良かった、あとでその人に聞いてみるね。

エイプリル
エイプリル

でも話してみたら、確かにちょっと帰りたくなってきたかも。

エイプリル
エイプリル

もうアンセルのせいだからね。

アンセル
アンセル

はは、これは申し訳ないことをしました。

エイプリル
エイプリル

でもしばらくはいいや、あたしはまだ新人なんだし、加入してすぐ休みを取るのはよくないもんね。

エイプリル
エイプリル

あっ、そうだ!

エイプリル
エイプリル

アンセル、さっき手紙を預けたトランスポーターってもう行っちゃったかな?

アンセル
アンセル

たぶんまだじゃないですか、明日までにはいると思いますよ。

エイプリル
エイプリル

よし、じゃあ彼を探してくるね!

エイプリル
エイプリル

トランスポーターさーん!レムビリトンに行くんだよね?

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

そうだよ、コータスのお嬢ちゃん、手紙を送るのかい?

エイプリル
エイプリル

エイプリルって呼んでね。手紙を預けに来たわけじゃないんだけど、一つお願いしてもいい?

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

なんだい?

エイプリル
エイプリル

レムビリトンに行ったら、高い建物の屋上に行って、そこの景色を撮ってもらうのをお願いしてもいい?

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

ん?こりゃまた変なお願いだな。

ロドストランスポーター
ロドストランスポーター

……ただまあ面倒そうじゃなさそうだし、承った。

エイプリル
エイプリル

やったー、じゃあお願いね!

エイプリル
エイプリル

故郷、過去……ホントは自分が思ってる以上に無関心でもなかったんだね。

エイプリル
エイプリル

うーん、まあでも、それより、先にそのクルースって人を探しに行こうかな、帰る帰らないより、まずはリラックスできる場所を探したほうが現実的だよね!

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました