アークナイツ アークナイツ解説 システム解説

【明日方舟】クラスチェンジシステムの仕様説明

スポンサーリンク

クラスチェンジシステム

皆さんこんにちは、アークナイツプロジェクトチームです。

先日の感謝祭生放送にて言及された新たなシステム「クラスチェンジ(昇変)」はまもなく実装されます。メインストーリー【JT8-2】をクリアすることで、アーミヤのクラスチェンジシステムはアンロックされ、アーミヤを前衛形態に切り替えることが可能となります。

前衛形態のアーミヤには、新たな戦闘形式、戦闘スキル、立ち絵、オペレーター資料、音声が用意されています。

システムをアンロックするには、昇進2の状態であるアーミヤを編成し、メインストーリーのステージ【JT8-2】をクリアする必要があります。仮にアーミヤを編成していなかったり、アーミヤのレベルがこの時点で昇進2以上で無かった場合は、戦闘開始条件を満たしていない事となり、ステージに入場することは出来ず、それ以降のメインステージに進む事は出来ません。

※【JT8-2】にはサポートのアーミヤを連れて行くことは出来ません。

※ステージはクリアするだけでシステムのアンロックが行われるため、星3クリアをする必要あありません。編成制限はステージクリア前のみに存在しており、クリア後に【JT8-2】に挑戦をする場合や【JT8-2】強襲に挑戦する場合は編成制限はありません。

※クラスチェンジシステムのアンロックをアーミヤのみ可能となっています。

アンロック後のステータス表記は上記のとおり、クラスチェンジシステムを用いてアーミヤの形態を切り替える事が可能となります。前衛状態のアーミヤのレベルはこれまでのものが引き継がれ、前衛形態専用の新たなスキルがアンロックされます。

※アーミヤ前衛形態のスキルのレベルは術師のものが引き継がれますが、特化をする場合はスキルごとに特化訓練を行う必要があります。

※アーミヤがスキル特化訓練を行っている間はクラスの切り替え操作は出来ません。

※【JT8-2】をクリアし、クラスチェンジシステムのアンロックを行った際にアーミヤが特化訓練を行っている最中であればクラスチェンジは行われず、術師形態のままとなります。それ以外の状況であれば前衛形態にクラスチェンジします。

オペレーターのステータスを確認する際、クラスチェンジシステムを通じてアーミヤの状態を切り替えることが可能となります。クラスの形態によって、アーミヤは異なる職業、立ち絵を所持しており、異なる職業のアーミヤを編成に入れて戦闘に参加させることが出来ます。

※アーミヤのコーデは職業ごとに異なっているため、コーデを切り替える前に該当する職業にクラスチェンジしておく必要があります。

※異なる職業であっても基地においてのアーミヤ基地スキルは同じものとなりますが、基地でのタッチによるボイスは使用している職業によって異なります。

※アーミヤを秘書に設定している場合、アーミヤは任意のコーデに切り替えることが可能ですが、タッチと待機ボイスは使用しているコーデのものが使用され、現在使用している職業のものは適用されません。
(例:アーミヤが術師形態だったとしても、秘書で前衛形態のアーミヤを選択していた場合のタッチや待機ボイスは、前衛形態のものが適用される)

クラスチェンジシステムがアンロックされた後はクラスチェンジシステムを用いて職業を切り替えることで、職業に応じたスキル状態及びキャラクターボイスを確認することが可能となります。また資料画面ではアーミヤの資料の更新も行われます。

(全ての資料を確認するにはクラスチェンジを行う必要はありませんが、一部資料はクラスチェンジシステムを通じて解放されます)

タイトルとURLをコピーしました