アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】マドロック(泥岩 Mudrock)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職重装レアリティ★★★★★★
性別身長163cm
精通オリジニウムアーツ(岩石)、械闘、野外生存出身カズデル
戦闘経験歴4年種族サルカズ
誕生日9月21日所属機関ロドスアイランド
イラストレーターm9nokuroCV内田真礼
オリパシー感染状況
体表に源石結晶の分布を確認。
メディカルチェックの結果、感染者に認定。
客観的経歴
マドロックはサルカズの傭兵。軍に従いレユニオンに参加した後は意見の相違から小隊の隊員を連れてウルサスから離れた。そのため、レユニオンのチェルノボーグと龍門に対しての行動には一切参加をしていない。

地に足を着ける事が出来る場所を探すため、マドロックはリターニアに向かい、リターニアの感染者を大量に引き入れた後にマドロックは人々からは指導者として尊重をされ、「マドロック小隊」の名前で知られるようになった。

マドロックは他の勢力との衝突を回避しよう何度もしているものの、彼女たちは紛争に巻き込まれてしまい、より多くの無意味な犠牲を裂けるために、マドロックはカズデルに逃れた。その後、カズデルの境内にてエリートオペレーターであるLogosと接触をし、ロドスへと向かった。

基本ステータス

ブロック数2→3攻撃速度1.6s
初期コスト32最大強化時コスト36
再配置時間70s
特性
味方からの治療効果を受けない

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期167737022910
初期最大220751534610
昇進1最大286768746310
昇進2最大392888260210
信頼度最大+500+60

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲スキル3攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒防御力+29素質1効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
沃土をその身に
(沃土予身)
初期9秒毎にシールドを1つ獲得
(ダメージを1回ガード、最大2つまで重複可)
シールドを1つ破壊されるたびに自身のHPを15%回復
昇進19秒毎にシールドを1つ獲得
(ダメージを1回ガード、最大2つまで重複可)
シールドを1つ破壊されるたびに自身のHPを20%回復
昇進29秒毎にシールドを1つ獲得
(ダメージを1回ガード、最大3つまで重複可)
シールドを1つ破壊されるたびに自身のHPを20%回復
昇進2 潜在59秒毎にシールドを1つ獲得
(ダメージを1回ガード、最大2つまで重複可)
シールドを1つ破壊されるたびに自身のHPを22%回復
同族相惜
(手足相惜)
昇進2【サルカズ】から受けるダメージが30%低下

スキル効果

スキル名スキル内容

防御力強化γ

発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP0(10),必要SP45(30)/40秒
効果防御力+30(100)%


ロックブレイクハンマー
(岩崩锤)

発動タイプ被撃回復,自動発動
必要SP/持続時間初期9,必要SP6(4)
効果次の攻撃時、自身のHPを最大HPの4(6)%回復、周囲の敵に170(270)%の物理ダメージを与え、30%の確率てスタンを0.4(1.2)秒付与する。

汚れの血脈
(秽壤的血脉)

発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP10(15),必要SP35(25)/30秒
効果スキル発動後、10秒間行動不能+無敵状態となり、周囲の敵の移動速度-60%、
その後、敵にスタンを3秒間付与し、攻撃間隔が短縮(-30%)、攻撃力+70%、防御力+30%、攻撃時ブロックしている全ての敵を攻撃する。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
執着初期加工所加工所で昇進素材を加工時、昇進素材の体力消費は2に固定
DIY・源岩昇進2加工所加工所で源岩類素材を加工時、副産物の入手確率+90%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/コスト+2/スキル「ロックブレイクハンマー」習得/素質「沃土をその身に」強化
必要素材/LvLv龍門幣初級重装SoC初級源岩初級アケトン
50300005124
昇進2強化内容ステータス上限解放/コスト+2/スキル「汚れの血脈」習得/素質「沃土をその身に」強化/素質「同族相惜」習得
必要素材/LvLv龍門幣上級重装SoC晶体电子单元上級熾合金
80180000445

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】普通
【生理的耐性】優秀
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】優秀

関連アイテム

潜在上昇の印

マドロックの潜在能力を高めるために使用する。

小さな岩の彫像。好奇の目であなたを見ているようだ。

求人契約

サルカズ傭兵のマドロックは肥沃な土地と岩塊が旧友だ。

多くの人が彼女の本当の姿に驚いている。みんな同じなのだ。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】12%
マドロックの身体には肉眼でも分かるほどに源石結晶が多く出現している。

 

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.31u/L
かつてサルカズ傭兵だったマドロックの艦船状況は楽観出来ず、定期的にモニタリングをして報告をする必要がある。

信頼相関1

文章表示

その巨大な鎧を支えるために、マドロックは緩衝材の間をオリジニウムアーツを用いて充填しており、その巨大な造形が敵を震え上がらせるかどうかはさておき、確かに彼女の体型と力を見間違えはさせていた。

そのオリジニウムアーツによる改造はしっかりとした“完全なる武装”であり、甲冑は彼女の声を重々しく、そして小さくし、甲冑を脱ぐ直前まで、私達人事部オペレーターは彼女の性別を正確に判断することは出来なかった。

ちなみに、彼女のサカズの古き相棒を除いて、マドロック小隊のメンバーの健康診断現場での驚愕の表情は彼らも自分の隊長の正体を知らなかったことを説明していた。

「だがこれで小隊にたまに謎のサルカズ女性が現れることにも納得もしたようだ」

――マドロック小隊のリターニア術師

信頼相関2

文章表示

マドロックのオリジニウムアーツは土や岩を容易に操ることが出来る他にも才能のある彼女はリターニアらしき古典術と、古い血脈に関わるサルカズ呪術をいくつか身につけている。

その呪術は彼女の意識を強引に“介入”させ、もともと意識はしていなかったが岩と土を四肢の延長としている。

例えば、その差は両手で刀剣を握っているのと両手が刀剣になっているのとの差に似ている。

つまり、作戦効率の面ではその違いに大きな差は無い。この特殊なオリジニウムアーツはマドロックのサルカズの血が純粋なものであることを証明する以外には彼女の造物の作戦能力を高めるものとして有効という訳ではない。

しかし、これはマドロックが現在見せているアーツに限って言えばということであり、マドロックの今後の成長やリターニアの術体系を独学で学んだ時に見せた才能を考えるに、この血からの古い手段はマドロックも意図しない勝利の隠し札になるかもしれない。

また注目すべきはマドロックはたまに「友達」と呼ぶ自身のアーツで作った造物だ。それは巨像ほど大きいものや泥塊まで様々。

それらはマドロックの個人的な性格や興味だけでなく、マドロックの特殊なオリジニウムアーツが物に感情を与え、十数年使用されてきた使いやすい道具に似ているのかもしれない。

あるいは長い間呪術を用いて彼女は土や岩に奇妙な共感を持っていた。

オペレーター質にはマドロックが一人で部屋で小さな泥人形に向かって、あなたが見たことのない優しい笑顔を見せているのを見たとしても驚かないで欲しい。

彼女と土との関係というものは彼女とほとんどの人の間よりもずっと親しいものなのかもしれない。

信頼相関3

文章表示

マドロック小隊の感染者の状況はかなり悪い。小隊の感染者を正常に対処するためにマドロックはロドスとの“接触”を余儀なくされた。

マドロック本人は他の勢力への依存を拒否する傾向が顕著だった。しかし、ロドスとの初歩的な協議の後、マドロックは小隊の感染者の医療機会と引き換えとしてロドスのために働きたいと考えていた。

ロドスとしては「サカズ傭兵」とは念には念を入れた接触した例があることを考慮、人事部オペレーターはマドロックとより多くの合意の詳細を協議しようとしていたが、感染者たちの治療が遅れることが無いようにするため、マドロックは毅然とした態度で自身の立場を捨てて協力者としてロドスに参加することにした。

彼女がそんなことをせずとも私達は感染者を助けるが、その堅持した態度は確かに一人の「サカズ傭兵」としてだけで見られるものでは無い。

私たちはマドロックがリターニアの地元感染者達にあそこまで歓迎されていた理由が分かった気がした。

ちなみにマドロックはロドスのオペレーターになるかどうかを考えている際、ロドスに「休暇」で来た騎馬警察のグラニに出会った。

グラニはバウンティハンター、宝、そして誤解に関するエピソードをマドロックと共有、その際にマドロックは珍しく喜びをにじませた。

そして、フォリニックとスズランの説得のもと、マドロックの最終選択をロドスに残るということだった。

信頼相関4

文章表示

リターニアでのマドロック小隊との遭遇は幸運と言えるものでは無かった。レユニオンの暴力的主張に反旗するため、マドロックはレユニオンがウルサスで起こした生臭い血雨にほとんど参加していない。逆に、彼女は早くから志を同じくするサルカズの同僚をリターニアに連れて行き、オリジニウムアーツが高度に発達、繁栄、そして腐敗した国に自身が身を隠すのに適した場所を見つけることを望んでいた。

リターニアの様々な城や塔が戦争に参加したサルカズの傭兵を簡単に受け入れてはくれない事を知っていたマドロックは比較的町から離れた間を彷徨っていたが、その間もリターニアの感染者は彼女たちに惹かれ続けていたことや傭兵には珍しい慈悲の心が彼女の中では勝っているという事は理解していた。

気がつくと、「マドロック小隊」の名は一部の地域の感染者の間で有名になっていた。本人はその話をするたびに赤面しており、その「光栄」な歴史を語るのは好きではなかったようだ。

しかし雰囲気が良かった時期は長くはなく、「レユニオン」による復讐の欲望は理性の範囲では抑えられなかった。

リターニアの感染者に対する態度は比較的穏やかであるが、感染者という矛盾は自然に下心を持ちながら他の方面に移されていく。

一連の暴走による惨劇を経て、マドロックは意気消沈してしまい、カズデルに戻り、彼女の小隊の感染者たちのためのシェルターを作ろうとした。

しかし、この決定は依然としていくつかの抵抗できない外力によって中断されている。エリートオペレーターのLogosはカズデルにてマドロック小隊に遭遇したとき、彼女の側にいたサルカズの戦士は十人も残っておらず、精神状態も生理状態も崩壊寸前のリターニア感染者たちのほうが多かった。

マドロック小隊はリターニアを離れてロドスに到着した間に何が起こったのか、何故マドロックが急に考えを変えたのかは私たちには分からない。

しかし、彼らは疑いの余地なくリターニアのいくつかの勢力に追われて甚大な損失を受けた。

相手の「感染者を皆殺しにする」という明確な意図を確認した後にLogosは手を貸して助けることを選択した。

昇進2解放

文章表示

マドロックはフォリニックに尋ねたことがある。「ウォルモンドはあの後どうなったのか?」と。

行動資料によれば、ウォルモンドはリターニアの北にある移動町で、天災に巻き込まれて危うく破壊されそうになったという。今回の事件で殉職したロドスオペレーターや事件を調べに行ったオペレーターとマドロック小隊は衝突したことがある。

しかし、「マドロックからの不当な暴行はあったかどうか」という質問に対して,フォリニックはしばらく迷った後に否定的な答えを出した。

マドロックの「その後」とはマドロックがロドスオペレーターたちと決闘をして(当時の状況に鑑みるに、マドロックは意図して判断したとされている)、敗戦した後にウォルモンドを撤退した後のことだ。

突然の火災と暴動は役人たちに貴族の憲兵隊の撤収を要請するという理由を与え、憲兵隊の助けを受け、被災した町は大裂谷を越える通路を作ることに成功、トランスポーターと補給隊はウォルモンドに到着出来た。

結論的には、ウォルモンドは元気だが大きな傷を負ってしまい、その問題は暴動や分岐による直接的な損失だけではなく、「ウォルモンドは五分の一に近い人がリターニアを裏切った」という影が地元の人々の心の奥に深く埋めた。

地元の一部の良識が残っている貴族は――彼らの直面している問題はかなり繁雑であることを改めさせられた。

後に追跡調査を担当したトランスポーターからの手紙によれば、憲兵隊の専門家鑑定によれば、ウォルモンド事件の元凶であるビーターマンは暴動で死亡したことが確認されたが、地元の治安担当者は重度の鉱石病で収容、生死は不明であることが確認されたという。

その後、貴族はウォルモンドの自治権を回収、来春にはウォルモンドの全地域を周囲の他の町に編入することにした。

マドロックが述べた「経験」によれば、ウォルモンド事件はマドロック小隊などの感染者がリターニアで見た氷山の一角にすぎないとのことで、マドロック小隊のリターニア感染者の状態がなぜこんなに低迷しているのかも想像出来る。

感染者は巨大な囚人籠の中でおとなしくしており、自由を放棄するということがリターニアで一時的に生き残る唯一の方法かもしれないということを認めざるを得ない。

【権限記録】
地元の貴族がウォルモンド視察に到着した初日の夜、暗殺事件があった。

容疑者は暗殺未遂で冬霊山脈の近くまで逃げ、舌を噛んで自殺をした。

その身分は地元の治安担当者の一人で、火災で亡くなったと考えられていたトールワルドだった。

憲兵はその身の上に手紙を置かれていたのを見つけた。

「気が変わった。お前のために死んでやるが、お前は私のために動いてくれ。彼を知っているだろう、彼を解決してくれ」

この手紙と容疑者が持ち歩いていた天災トランスポーターの手紙から、この容疑者はビーダーマンの従犯の一人であることが確認出来た。

貴族は重症となったセベリン・ホーソーンに難癖をつけることはなかったが、明らかにわだかまりを感じるものでウォルモンドからも離れていった。

数名のオペレーターがこのことに関与していることを考慮するに、この情報は少数の担当者やドクターのみが参照出来るものとする。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ん?ああ、この土か…彼は囁き、踊る、私の友人だ。
会話1クロージャさんに「出来ればロドスではフル装備で歩き回るな」と言われているが…素顔を晒すのは…まだ、慣れない、すまない…
会話2感謝証?ああ、昨日のサルカズの職員たちか?私の装備とアーツ特性は力仕事に向いているから。それにしても建材も燃料もかなり重いのに、彼らはロドスの運行をその体で一身に担っているのだな…素晴らしい事だ。
会話3あのエリートオペレーター…リターニアで目にした不思議なアーツには度肝を抜かれたものだが、いとも容易く、霧を払う姿を見て理解した。サルカズとして彼は若いが古の者であると。
昇進後会話1亡くなった戦士や仲間の事をよく思い出す。そして時より、いまだに逃げ惑っているかのような錯覚に陥る…。ドクター、あなたは、カズデルに行ったことはあるか?あそこは私の旅の起点であり、そして、終点になる場所だと思っていた。
昇進後会話2ケルシー先生か…意外だが、心強くもある…。しかし、ロドスは他の傭兵部隊とも関係があるようだが、それについて話してくれないか、ドクター?知らない方がいい?そうか、ならば誰のことか分かったかもしれない。
信頼上昇後会話1私がロドスのオペレーターになったのは彼らがきちんと治療を受け、生きていけるようにする為だ。そうすれば戦士たちの死が無駄にならずに済む…。私はロドスに来て初めて、自分が何かの為に戦っているという事を実感したんだ。
信頼上昇後会話2一人で泥人形に話しかけていた…?ま、まさか、見られていたのか?あれは簡略化された儀式の一つで…ん?実は皆知っている?本当か?では、次は気を付けよう。人気のない深夜に…ん?それも止めろと?
信頼上昇後会話3カズデルからリターニアに至るまで多くの烙印が被災者たちに刻まれた。そして、彼らが止むを得ず武器を掲げた時、自分にはもう何もないと気づいた。ドクターは私の事をどう見ている?信頼している?その信頼は…私を生き長らえさせることが出来るのか?
放置…そこでうたた寝をしているのがドクターだ、覚えておけ。私たちと共に長い道を歩むことになる人だ。
入職会話サルカズ傭兵、マドロックだ…。あなたがドクターか。何度もロドスに救われた身だ、今こそ恩義に報いさせて貰う。
経験値上昇ロドスの戦い方は身を以て体験したことがあるが、まあ、いい手本になるに変わりはない…。
昇進1私は、かつてレユニオンと呼ばれ、マドロック小隊の名を冠していた。だが、今は…かつての敵から、勲功を賜ろうとしている。これが「波乱万丈」というものか?
昇進2ん?この姿が新鮮?それは戦闘中は防具を脱がないと決めているからな…。理由は色々があるが今はもう違う。こ、このままでいろだと?それが、命令だというなら…。
編成時今の私はロドスのオペレーターに過ぎない。あなたの指揮に従う。
隊長任命隊長…チームを率いるのはあんまり好きではないが…それにも慣れた。
作戦準備戦いの時だ。
戦闘開始敵…か
選択1土が私の意志に答えてくれる。
選択2命令を、岩が耳を傾けている。
配置1戦場、それは変わらないもの。
配置2自分のための戦いを。
作戦中1大地こそが吾が友。
作戦中2連綿たる山々となれ。
作戦中3私の声に答えろ。
作戦中4沃土よ、巌よ、立ち上がれ。
星4で戦闘終了逃げても無駄だ…抗え、例え、止む無き抵抗であっても。それが私の知る、唯一の苦しみとの向き合い方だ。
星3で戦闘終了友人たちが祝福を囁いている、私たちの勝利だ、ドクター。
星2以下で戦闘終了追え…私は友人達の目で戦場を見渡す。
任務失敗強敵に背を向けるのは初めてではない。もしこれで、より多くの人を生かせるのなら…私があなたたちの背中を守る。
基地配属この天井、思っていたよりも低いな。
タッチ…ん?今私に触れたのか?
信頼タッチドクター、暫く、傍にいてくれないか?カズデルの事、少し訪ねたい。ああ、友人たちもあなたの事は慕っている。
タイトルアークナイツ。
挨拶こんにちは、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました