アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 マリア・二アール MN-ST-2「盃」

企業職員
企業職員

チェルネーさん、企業が次々と問い合わせてきています、手が回りません……!

チェルネー
チェルネー

なんとかしてください、せめて話の分かる人だけでも、「勝利」と「価値」は同等じゃないことを理解させてあげてください。

企業職員
企業職員

わ、分かりました!

チェルネー
チェルネー

ふむ……

 

チェルネー
チェルネー

……

チェルネー
チェルネー

……「レフトハンド」閣下、本当に医療検査は必要ないのですか?

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

必要ない、私がアーツを放つ前に私を失神させたのが彼女の限界よ、私に重傷を負わせるには、まだまだ甘い。

チェルネー
チェルネー

率直に申し上げますと、あの試合は多くの人たちの予想を裏切るような結果となりました。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

ふんっ……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

あんな瑣末な勝利があろうがなかろうが、この私がブレードヘルメット騎士団をトーナメントまで連れて行く。アンバサダーは心配に及ばなくてもいい。

チェルネー
チェルネー

自信がおありなのですね、それは何よりです。

チェルネー
チェルネー

もしあなたが全力でかかっていれば、マリア・ニアールに勝機は微塵もなかったでしょう、どうか閣下には此度の意外の失敗からもたらされる様々な問題に対処して頂ければ……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

己にそんな逃げ言葉はかけんよ。

チェルネー
チェルネー

いずれ多くの巨額のスポンサー企業とも無縁になってしまいます、おそらく騎士団のほうも――

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

――もしあの連中はまだ表面の勝敗だけを見て利益を考えているのであれば、こっちから願い下げだ。

チェルネー
チェルネー

仰る通りです。

チェルネー
チェルネー

盛り上がりは実益に変わる、顧客たちも元来は彼らの目に入る部分にしか興味がないのです、言い換えると、彼らはただ刺激を欲しているだけ……無自覚にそれを求めているだけですからね。

チェルネー
チェルネー

しかしまさか、あのタイタス・ポプラー閣下がご自分の「失敗」を顧みるとは……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

アンバサダーよ、私の逆鱗に触れるでない。

チェルネー
チェルネー

ええ、ええ、申し訳ありません……こちらの職員が面倒ごとを処理し終えたら、すぐにここから出て行きます。

チェルネー
チェルネー

またトーナメントでお会いしましょう、「レフトハンド」閣下。

マリア
マリア

そっか……ソナたちはそんなことをしていたんだ……

ゾフィア
ゾフィア

感染者ファイターの競技場ね、その試合項目なら聞いたことがあるわ……いえ、あんなもの「試合」とは言わないわ。

ゾフィア
ゾフィア

騎士一族の出身であろうとなかろうと、誰だって競技騎士になれる、自分の実力で騎士協会の認可を得られれば、はれて貴族の行列に入ることが許さる……

ゾフィア
ゾフィア

でも感染者は……

老騎士
老騎士

奴らは感染者の参加は認めている、しかし知っての通り感染者が社会の中流階級になることを許している国家などどこにもいない、だから連中は規格外の試合を設けた。

老騎士
老騎士

そこで感染者は金を稼げる、生きていける、しかし生涯ただのグラディエーターとして見世物にさせられるんじゃ……まったく、あんな施しに意味なんてあるわけがないというのに。

老騎士
老騎士

ああいや、そういう意味じゃなくてな。

老工匠
老工匠

この老いぼれが、少しは柔らかく喋れんのか?

老騎士
老騎士

柔らかく話したところで誰に聞かせてやるんじゃ、連中はすでに目と鼻の先にまで来てるんじゃぞ!

ゾフィア
ゾフィア

確かに感染者のことも心配だけれども……今は彼女たちを心配してる場合じゃないわ。

マリア
マリア

……うん。

マリア
マリア

彼女たちは自分たちの実力で感染者の地位を変えてきたんだもんね……それにたくさんの感染者も救ってきた。

マリア
マリア

私たちも何かを変えたければ、前に進み続けないとね。

老騎士
老騎士

……マリア、もうそんなことが言える騎士になりおって……マーガレットが見ても、きっと安心してくれるだろうなぁ……

老工匠
老工匠

勝手に耀騎士を殺すでないわい、このクソジジイ!

老騎士
老騎士

お前さんが毎度毎度ねじまげるからではないか、コワル!

マリア
マリア

……

ゾフィア
ゾフィア

マリア?どうかしたの?

マリア
マリア

な、なんでもないよ……

プラチナ
プラチナ

チャンピオンロードか……ちっとも話すには適さない場所だね。

プラチナ
プラチナ

……歴代チャンピオンの肖像画だ、この黒騎士のお姉さん三枚も飾られてるんだね。

プラチナ
プラチナ

トーナメントを何年も制してきたのに、全然歳取ってるように見えないね……わ、ウソ、なんか見てるうちに私より若く見えてきちゃった……

チェルネー
チェルネー

ご冗談を。

プラチナ
プラチナ

これが優れた血統ってやつかぁ、いいなぁ、羨ましい。

チェルネー
チェルネー

黒騎士は騎士競技の歴史の中に深い爪痕を残していきました、当初はアーツがまったく分からないリターニア人がまさか今日の「黒騎士」になるなんて誰も予想できませんでした。

チェルネー
チェルネー

しかし彼女の時代は過ぎ去りました……本人もカジミエーシュを離れてしまいましたしね。

プラチナ
プラチナ

アンタたちがあの金のなる木をみすみす手放すとはね。

チェルネー
チェルネー

……カリスマ的なチャンピオンは確かに多くの崇拝者を引き連れてきます、しかし膨れすぎた個人ショーは長い目で見ると競技業界全体の発展にとっては不利なのです……

チェルネー
チェルネー

分かりやすく言うと、新しい挑戦者が黒騎士に挑戦するのは確かにセールスポイントにはなります、しかし三度も彼女の勝利が揺さぶれないのは……いささかつまらないというもの。

チェルネー
チェルネー

黒騎士の末路もいいものではありませんでした、競技場が埋まってしまうほど彼女を排除しようとした人たちがいましたからね。

チェルネー
チェルネー

しかし彼女は運が良かった、彼女が逃げ道を失いかけたそのとき、イェグラの名のある人と出会ったのです。

チェルネー
チェルネー

それに相手はかなりいい値を提示してきました……全員が納得してしまうほどの。

チェルネー
チェルネー

合理的に世代を交代させることは、競技産業が進歩している体現ですからね。

プラチナ
プラチナ

……そしてここは、空位と。

プラチナ
プラチナ

耀騎士のでしょ。

チェルネー
チェルネー

ええ、言わずとご存じでしょう。

プラチナ
プラチナ

この人知ってる、前回の、血騎士。

チェルネー
チェルネー

血騎士がもたらした恐怖と強大さは前代未聞のものでした、しかし彼はまだ理解がある方でしたからね、面倒ごともあまりありませんでした。

プラチナ
プラチナ

アンタたちもたまには言ってやったらどうなの、あまり薬を飲み過ぎるなって。騎士はもっとも貴重な商品なんじゃないの?

チェルネー
チェルネー

肝に銘じておきます。

プラチナ
プラチナ

……それで話ってなに?商業連合会の代言人が私を誘ったのって、歴史のお話をするだけじゃないんでしょ?

チェルネー
チェルネー

こんな場所で申し訳ありません、チャンピオンロードはトーナメント期間中お客様方に開放されますので、ついでに事前に現場を視察しようと思った次第です。

チェルネー
チェルネー

もちろん、邪魔が入らずにプラチナ様とお話できる数少ない場所でもありますから。

プラチナ
プラチナ

ふーん……まあいいや、また依頼なんでしょ、どうせ逃げられないんだし、素直に聞くよ。

チェルネー
チェルネー

依頼だけではありません……お聞きしたのですが、ラズライトのお二方は今何をされているのですか?

プラチナ
プラチナ

アンタにそれを聞く権限はないはずだよ、私もないけど。

チェルネー
チェルネー

少々面白い噂を耳にしましてね……

チェルネー
チェルネー

ラズライトのお二人が必要なほど、とんでもない事件が起こっているとかないとか?

プラチナ
プラチナ

――あーあー、聞こえなーい、私は何も聞こえなーい。

チェルネー
チェルネー

プラチナ様。

プラチナ
プラチナ

……

チェルネー
チェルネー

ほかの責任者数人の申請記録を覗いてみましたが、ラズライトクラスが必要な「事件」などどこに書かれていませんでした、ましてや二人も。

プラチナ
プラチナ

そのことについては心配いらないよ、今は商業連合会からの命令としか言えない。

チェルネー
チェルネー

なるほど……それは安心しました。

プラチナ
プラチナ

……私のこと全然信用してないでしょ。

チェルネー
チェルネー

とんでもございません、プラチナ様。

プラチナ
プラチナ

私に上位の人たちのことを聞いても意味ないのは分かってるでしょ、この「未熟者のプラチナクラス」に警告したいだけなんでしょ、はいはい、分かってますよー。

チェルネー
チェルネー

よくご存じで、ただ私が抱いてる疑問も確かなものです。上が私に何を隠していようと、私にはやるべきことを完璧にこなさなければならない必要がありますからね。

チェルネー
チェルネー

ところで、もしよろしければ、そちらの部下を遣わして一人の男を見張っておきたいのですが。

プラチナ
プラチナ

誰?

チェルネーは無言で目前の何もない壁に目を向けた。

チェルネー
チェルネー

マイナ・ニアール。

チェルネー
チェルネー

彼は所詮能無しの役立たずだとは思いますが、こちらのプロセスに邪魔が入らないよう万が一に備えておかなければなりませんからね。

チェルネー
チェルネー

そこで、プラチナ様、あなたにはこのことを最後まで遂行していただく必要がございます――

マリア
マリア

痛ぁ――!も、もうちょっと加減してよ……

ゾフィア
ゾフィア

我慢しなさい!この薬膏高かったんだから!

ゾフィア
ゾフィア

この授業をしなかったのは私の粗相だったわ、試合スケジュールの間どうやって自分の損害を合理的に対処するかも一種のコツなんだからね。ほら、髪の毛を上げて。

マリア
マリア

私だってこんなことになるなんておも――あっ、痛ッ!

ゾフィア
ゾフィア

イングラにしろポプラーにしろ、五体満足のうえ重傷を負わなかったのは不幸中の幸いよ……

ゾフィア
ゾフィア

終わったわ、ちゃんと服を着なさいね。

ゾフィア
ゾフィア

この数日はちゃんとベッドで寝てるのよ、勝手なことはしないこと、後遺症は騎士にとってもっとも致命的な古傷なのよ、私みたいにならないで。

マリア
マリア

ありがとう叔母さ……ゾフィアお姉さん。

ゾフィア
ゾフィア

……

ゾフィア
ゾフィア

マリア、あんな戦い方……どうやって思いついたの?

マリア
マリア

戦い方って言っても……うーん、迫られたからああやるしかなかっただけかな……

マリア
マリア

あのときは「耐えればきっとなんとかなる」しか考えてなかった――

(打撃音)

マリア
マリア

痛ぁ!

ゾフィア
ゾフィア

そんな考えなしの理由だけで自分を消耗する戦い方をするのはよしなさい!蓄積された疲労は次の戦いにも響いてくるのよ!

マリア
マリア

ごめんなさい!

ゾフィア
ゾフィア

まったく……「レフトハンド」の慢心を突けたのはよかったけど、あの相手をいたぶる趣味をした変態が本気を出したら……それこそ面倒臭いことになってたわよ。

マリア
マリア

えっと、ゾフィアお姉さんは昔彼と対戦したことがあるんだっけ?

ゾフィア
ゾフィア

彼が正式にブレードヘルメット騎士団に入団したときのデビュー戦の相手が私だったわ。

マリア
マリア

そ、そうなんだ……

マリア
マリア

……結果はどうだったの?

ゾフィア
ゾフィア

デビュー戦のことを話したくないようにしてやったわ。

ゾフィア
ゾフィア

まあ全部昔の話よ……騎士競技も元から勝ちも負けもあるものだから……彼だって私のことなんか眼中にないでしょうし。

マリア
マリア

……タイタスさん、お姉ちゃんのこと知ってたっぽい。

ゾフィア
ゾフィア

そうね。彼を含めて三人のブレードヘルメット騎士団のメンバーがバトルロワイヤルでマーガレットをリンチしようとしてたけど逆にミンチにされてたわ、こんなおかしなこと誰だって受け止められないわよ。

マリア
マリア

よ、容赦ないねお姉ちゃん……

ゾフィア
ゾフィア

あのころのマーガレットも若かったからね。

マリア
マリア

……当時のお姉ちゃんってどう思ってたの?

ゾフィア
ゾフィア

何よどう思ってたって?

マリア
マリア

お姉ちゃんってすっごく騎士競技が嫌いって印象だったから……それに、お姉ちゃんの考え方がマイナ叔父さんと似てるような時期もあったし……

マリア
マリア

でもお姉ちゃんはそれでも騎士競技に参加した、しかも、耀騎士にまでなって……

ゾフィア
ゾフィア

……私だって彼女が何を考えてたなんて知らないわ、でもね、彼女は誰よりも騎士競技がどういうものなのかを理解していたと思うわ。

ゾフィア
ゾフィア

理解してたうえで、彼女は参加した、しかもチャンピオンにもなった。

ゾフィア
ゾフィア

でもまあ私みたいにあのマーガレットに憧れて、衝動で騎士になっちゃった人も少なからずいるわ。

マリア
マリア

えへへ……実を言うと私もそんな感じがちょっとあった……

ゾフィア
ゾフィア

たぶんマーガレットがチャンピオンになれた理由は私やあなたがいたからなのかもしれないわね。

マリア
マリア

そうなの?

ゾフィア
ゾフィア

さあね。

マリア
マリア

お姉ちゃんあのロドスとかいうところでも、ちゃんと暮らしているのかな……

マリア
マリア

あ――!

ゾフィア
ゾフィア

な、何よ?ビックリさせないでよ……

マリア
マリア

け、剣が欠けちゃった……

ゾフィア
ゾフィア

あらら……最近ずっとメンテナンスできてなかったもんね、こうなるのも仕方がないわ。

ゾフィア
ゾフィア

自分で直せそう?

マリア
マリア

えーと、コワル師匠の工房を借りれば、直せそうっかなぁ……

老騎士
老騎士

……

老工匠
老工匠

どうしたフォーゲル?運転に集中してくれ、このままそんなボーっとしてる様子じゃと降りてタクシーを拾ってくるぞ。

老騎士
老騎士

あのリスっ子たちのことを考えておっただけじゃ……今降りたら絶対に轢いてやるからな。

老工匠
老工匠

……感染者か。

老騎士
老騎士

あの日あとちょっとで手を出してしまうところだった、外にいたあの連中は……まさか?

老工匠
老工匠

おそらくそうじゃろうな。

老騎士
老騎士

連中はマリアも狙っておるのか?一体なぜ?

老工匠
老工匠

……考えすぎじゃろ、少しはお嬢ちゃんのために思ったらどうじゃ?

老騎士
老騎士

……

老工匠
老工匠

……

老騎士
老騎士

明後日は雨が降るか?

老工匠
老工匠

曇りじゃな。

タイトルとURLをコピーしました