アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-3「魔弾の射手」行動前 翻訳

エーベンホルツ
エーベンホルツ

楽器店は……あった、ここだ。

クライデ
クライデ

すごい豪華なお店だね、本当に楽器屋さんなの?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

無論だ、ここはヴィシェハイム一の楽器専門店でな、さもなければ貴殿をここに連れてきやしないさ。

クライデ
クライデ

でもボク、ホッホガルテン区に入る申請も届けてないのに、いいのかな……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ハッ、申請の許可をもらった頃にはもうとっくにコンサートも終わってしまっているさ。それぐらいあの役人共は仕事のできない能無しな連中だよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

何より、申請を届けていないのがバレてしまっても、多少を罰せられるだけだ、心配はいらない。

クライデ
クライデ

でも、感染者をアーベントロートから抜け出すように手助けした人は、感染者よりもキツい罰を受けるって聞いたよ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

大丈夫だ、心配するな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ほら、腰はまっすぐ、オドオドするな。れれで貴殿が感染者だとバレてしまっては面倒なことに――

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

いらっしゃいませお客様、本日はどういったご用で?楽器ですか?それとも……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

無論楽器だ、チェロが見たい。

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

かしこまりました。

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

そちらのお方は……?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

彼か?彼は私の……

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

大変恐縮なのですが、不適切なお召し物を着用されているお客様の入店はお断りさせて頂いてまして……

クライデ
クライデ

やっぱり、ボク外で待ってるよ……

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

外で待ってる、ですか?失礼を承知の上でお尋ねさせて頂きたいのですが、ソワソワしてるようにお見受けしますけど、どうされましたか?もしやそちらのお客様は――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

おい貴様、誰に疑いの目を向けているのだ?先ほどから服装が不適切だのソワソワしてるだの……よくもそのような無礼な言い回しでこちらの貴族を貶してくれたな、食い扶持を失いたいのか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

確かに少々汚らしいと思うかもしれないが、素朴な恰好をせざるを得ないほど、彼は一時的に困窮してしまっているだけだ。なぜ貴様如きが入店を拒否できるのだ?

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

大変申し訳ございません!しかし……失礼なのは重々承知の上でございますが、そちらのお客様のご恰好はあまり弊店の格式にそぐわないかと……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

格式だと?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私の――従兄弟はついこの間、ひどい災難に見舞われたのだ、宝のように大事に扱っていたチェロもそこで失ってしまった。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私はそんな彼のために、新しいチェロを買って少しでも喜んでもらいたいと思っているというのに、なぜ貴様の店の格式云々を気に留めなければならないのだ!

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

お気持ちは大変理解できますが、弊店の規則でございますので、適切なお召し物を着用して頂いてからご入店頂きますようお願い申し上げます……

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

本当に申し訳ございませんが、何卒ご同伴の方にはお引き取り頂ければと……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そこまで言うのであればいいだろう!

エーベンホルツは自分のマントを脱ぎ、クライデの肩にかけた。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

これで彼は私と同じものを着ていることになった、どうだ?まさかこれで私が羽織っていたマントが不適切になったとは言うまいな?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私がまたこのマントを羽織ったら、私までもが入店を拒否されるのか?

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

それは……

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

少々お待ちください、店長に伺ってみますので……

(店員が立ち去る)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

フンッ、外見だけで人を見下すような下衆な輩め!

クライデ
クライデ

マント、返すね……

クライデ
クライデ

ありがとう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いいんだ、遠慮するな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

最初から貴殿をここに連れてチェロを買ってやると言い出したのは私だからな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

あの店員と荒事を起こすなことになっても、必ず貴殿をこの店に入らせてやるさ。

(店員が戻ってくる)

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

先ほどは誠に申し訳ございませんでした、どうぞお入りくださいませ。

経歴が浅い店員
経歴が浅い店員

弊店店長が何卒お二方のために弊店の楽器をご紹介させて頂きたいと申しておりますので、少々お待ちくださいませ……

ハイビスカス
ハイビスカス

こんにちは、あの、今ちょっとお時間を頂いてもいいですか?

朗らかな感染者
優しい感染者

あら~、ハイビスカスさんじゃない。

朗らかな感染者
優しい感染者

時間ならあるわよ、どうかしたの?

ハイビスカス
ハイビスカス

その、容態のほうをお聞きしたくて……

クライデ
クライデ

ふぅ……

クライデ
クライデ

さっきの店員さんが保安官に通報を入れるじゃないかって、ずっとビクビクしちゃってたよ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まさか。感染者のことならバレちゃいないさ。ヤツは貴殿の見ずぼらしい恰好を見て、平民として見下していただけだ――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……おっといけない、アレを忘れるところだった。

クライデ
クライデ

忘れ物?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

コンサートに出演する際の衣装さ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

今の貴殿の恰好はカジュアル過ぎる、それでは舞台には上がれない。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ヴィシェハイム一の仕立て屋に連れて行ってやろう、ほら行くぞ――

クライデ
クライデ

でも、体型を図る時に、結晶が……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……確かに、それもそうだな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なら――アーベントロートで一番いい仕立て屋を探そう。

クライデ
クライデ

空は青く澄み渡り~……♪

エーベンホルツ
エーベンホルツ

分かった分かった、もうそれぐらいにしてくれないか?

クライデ
クライデ

ううん、もっとお礼を言わせて。チェロも衣装も、本当にありがとうね!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

チェロならともかく、衣装はまだ仕立ててる最中だろ、礼なら袖を通した時に言ってくれ。

クライデ
クライデ

仕立て上げるのは明日の午後だね!似合うといいな~!

クライデ
クライデ

本当にありがとうね!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

あの楽器店を出てからずっと、鼻歌を歌ってる以外は礼を言ってばかりではないか。ありがとうならもう十何回も頂いてる、もう十分だ。

クライデ
クライデ

うん、うん、ありがとうね。

クライデ
クライデ

流れる河は淀みなく~……♪

エーベンホルツ
エーベンホルツ

その曲……

クライデ
クライデ

ん?曲がどうしたの?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

聞いたことがあるような、ないような……いや何でもない、ただの勘違いだろう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ところで、なぜチェロを学んでいるのに、肝心のチェロを持っていないんだ?壊れたのか?

クライデ
クライデ

昔チェロを教えてくれた先生からもらったんだけど、すぐに壊されちゃってね……今でも家に置いてるよ、でも……この町を出る時は、きっと弓しか持っていけそうにないかな……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

弓だけ残しても使い物にならないだろ?

クライデ
クライデ

弓を見れば、その先生のことを思い出すんだ。

クライデ
クライデ

だから弓まで失ったら、先生のことを忘れちゃうんじゃないかって……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

どういうことだ?今もしっかりとその先生のことを憶えているじゃないか?

クライデ
クライデ

実は、もうあやふやになって来たんだ……

クライデ
クライデ

先生はすごい髪が長いサンクタのお姉さんでね。身なりがきちんとしてて、いつも微笑んでいてて……

クライデ
クライデ

昔は本当に、目の前に先生が立っているんじゃないかってぐらい鮮明に覚えていたんだけど……今はもうモヤモヤになっちゃった。

クライデ
クライデ

本当は色んな人のことも憶えていたはずなんだけど……

クライデ
クライデ

だから、記憶を物として残したいんだ、全部忘れちゃわないよいにね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……記憶を物として、か。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

じゃあツェルニー殿は何で記憶に留めておくんだ?

クライデ
クライデ

う~ん、サインでいいかな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ロドスのハイビスカスは?

クライデ
クライデ

ハイビスカスさんなら、ロドスのマークが記されてる空の薬瓶かな?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

フッ、適当過ぎないか?

クライデ
クライデ

物はなんだっていいよ、思い出すことが肝心だからね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

じゃあ私はどうなんだ?このチェロか?

クライデ
クライデ

ううん、別のにする。

クライデ
クライデ

先生がくれたチェロみたいに、また壊れちゃったらイヤだし……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それもそうだな。

 

クライデ
クライデ

エーベンホルツだったらコインが欲しいかな。穴を開けて、ちょっとしたペンダントにするんだ、きっと素敵だと思うよ。

 

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私は貨幣で憶えるのか!ははは!

クライデ
クライデ

あっ、イヤだった?じゃあほかのに……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いや、変えなくていい、私もいいと思う。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まあ、とにかく、また練習しに貴殿の家に戻らないか?

クライデ
クライデ

いや、その前に……ツェルニーさんのお家に寄っていこう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なぜだ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だったら私は結構だ。どうせ私を目に入れるだけで機嫌を損なうからな、あの人は。

クライデ
クライデ

ただの誤解だって。きっと仲直りできるよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴殿はずっと誤解誤解と言ってるな、私たちが彼と初めて会った時から。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だが、おそらくはもう解くことはできないさ、だから私は遠慮させてもらおう。

クライデ
クライデ

でも、昨日はちゃんとツェルニーさん認めてくれたでしょ?

クライデ
クライデ

ちょっとずつ誤解を解いていこ?ね?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

クライデ
クライデ

ほら行こ、君に買ってもらったチェロ、ツェルニーさんにも聞いてあげたいしさ。

クライデ
クライデ

こんなに素敵なチェロなんだから、聞いてくれる人がいないと勿体ないよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

こんにちは、少々お時間を頂いても良いですか?

情熱的な感染者
優柔不断な感染者

ああ、ハイビスカスか……すまないな、今はちょっと……

ハイビスカス
ハイビスカス

何個か質問にお答えして頂くだけですので、そんなにお時間は取らせません。

ハイビスカス
ハイビスカス

答えたくない質問があれば、答えなくてもいいですから。

情熱的な感染者
優柔不断な感染者

血は、取らないのか……?

ハイビスカス
ハイビスカス

はい、許可がない限りは、絶対に。

情熱的な感染者
優柔不断な感染者

わかった、質問ってのはなんだい?

ツェルニー
ツェルニー

午前中の限られた時間内で、こんなにいいチェロが見つかるわけがない。ましてやアーベントロートの中だと尚更だ……

ツェルニー
ツェルニー

ホッホガルテンに行ったな?

クライデ
クライデ

はい。

ツェルニー
ツェルニー

いい度胸だな。

クライデ
クライデ

実は……ボクを店に入らせるために、エーベンホルツがそこの店員さんとケンカしちゃって……

ツェルニー
ツェルニー

ケンカだと?君の恰好はホッホガルテンじゃ十二分に目立つというのに、まだ目立ち足りないというのか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

「真っ当な恰好でない限り入店はできない」と言われたんだ、クライデの恰好は真っ当じゃないと言ってるようなものだぞ。きっと平民の服装を見て、わざとクライデにケチを付けていたんだ!

ツェルニー
ツェルニー

貴族だというのに、一平民を庇うとはな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデを庇ってやっただけだ!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴族にしろ平民にしろ、あの店員が店に飾ってる楽器に触れる資格など万に一つもない!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデを店に入らせないで、威張り散らしてるだけの貴族にブランド物を売りつけるなど、高級木材を薪にして燃やすようなものだ!

ツェルニー
ツェルニー

(頷く)

ツェルニー
ツェルニー

貴族としてよく言ってくれた。

ツェルニー
ツェルニー

クライデ君、先にそのチェロに馴染むように練習しておきなさい。

ツェルニー
ツェルニー

私はピアノ伴奏でエーベンホルツの癖を治せないか試してみよう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

癖を治す……いや、やっぱりそれは――

クライデ
クライデ

よろしくお願いします、ツェルニーさん!

クライデ
クライデ

(小声)ね、誤解がちょっとずつ解けていってるでしょ?

クライデ
クライデ

(小声)ツェルニーさんの君への態度も変わってきているから、あとは君次第だよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

こんにちは――

情熱的な感染者
横暴な感染者

魔族か?

情熱的な感染者
横暴な感染者

さっさと消えろって言ってるんだ、クソが……

ハイビスカス
ハイビスカス

……すみません、お邪魔しました。

情熱的な感染者
横暴な感染者

――おい、ちょっと待て。

ハイビスカス
ハイビスカス

なんでしょう?

情熱的な感染者
横暴な感染者

どうせまた事務所に帰ってやり過ごすつもりだろ?

ハイビスカス
ハイビスカス

そんなことは――

(カフェ店員が近寄ってくる)

カフェ店員
カフェ店員

ちょっと言い過ぎなんじゃないのか?

情熱的な感染者
横暴な感染者

何様のつもりだテメェ――

カフェ店員
カフェ店員

何様だと?ウチのコーヒー代を何度もすっぽがしてるお前こそ何様のつもりだ?

情熱的な感染者
横暴な感染者

あっ、ベルク店長だったのか……いやいやすまねえ、気付かなかったよ……

(横暴な感染者が立ち去る)

ハイビスカス
ハイビスカス

ありがとうございます。

カフェ店員
ベルク

いいってことさ。

カフェ店員
ベルク

アーベントロートは感染者の居住区画だからな、活力があるとは言っても、道理が通じない輩もチラホラいる、気を付けたほうがいい。

ハイビスカス
ハイビスカス

はい、お気遣いありがとうございます。

カフェ店員
ベルク

これ、俺の名刺。そこにカフェの連絡先が載ってるから、コーヒーが飲みたくなったらかけてくれ、デリバリーですぐに届けるよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

あはは、はい……

カフェ店員
ベルク

そういえば、ロドスの事務所はずっとアンダンテちゃんが仕切っていたはずだよな、君はここに派遣されにきた新人なのかい?

ハイビスカス
ハイビスカス

いえ、私はちょっとここでの異常現象の調査しに来ただけでして。

ハイビスカス
ハイビスカス

あっ、そうだ、ヴェングラーさん、鉱石病の容態についてなんですけど――

カフェ店員
ベルク

異常現象?そんなのあったかな……まったく聞いたこともないが。

ハイビスカス
ハイビスカス

実はですね……

ゲルトルート
ゲルトルート

状況は?

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

ラッヘマンなら順調に進んでおります。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

ウルティカ伯の行動も想定の範囲内です。ラッヘマンに対して妨害行為に動きましたが、本人はあまり関心を持っていないと思われますので、計画に支障をきたすことはないかと。

ゲルトルート
ゲルトルート

それは何より。私もラッヘマンの動き一つでロドスの人たちをアーベントロートから追い出したくはないのでね。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

ツェルニーについてですが、著名な音楽評論家たちをコンサートへ招待するために、以前から持っていた人脈やコネを駆使しております、それなりの著作権も獲得してるとのことです。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

また、嫌々ながらではありますが、以前から気に入らなかった貴族の曲集に推薦文を書いたとも……

ゲルトルート
ゲルトルート

そこまでしたのなら、彼も後戻りはできなくなったわね。

ゲルトルート
ゲルトルート

先日のあのサンクタはどうなの?確か曲を集めるためにラテラーノからリターニアに来たって、入境申請に書いてなかったかしら?

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

入境記録によりますと、彼女ならすでにヴィシェハイムを出て、次の目的地に向かっております。

ゲルトルート
ゲルトルート

なら放っておいてもよさそうね。

ゲルトルート
ゲルトルート

そろそろ時間だわ、私たちもアーベントロートザールへ向かいましょう。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

ツェルニー殿とお会いする時間は夜ですので、まだ少々お早いのでは?

ゲルトルート
ゲルトルート

ほかにもやらなきゃならない仕事だってあるでしょ。

ゲルトルート
ゲルトルート

それに、万が一あの人が気まぐれでアーベントロートザール付近まで行ってぶらつくものなら、それこそ面倒よ。私たちが配置したメンバーたちだけじゃ彼を止められないのだから。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました