アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-6「死の舞踏」行動後 翻訳

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ハァ……ハァ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ、クライデ!もうやめろ!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

何を考えているんだ!?死にたいのか!?

クライデ
クライデ

エーベン……

クライデ
クライデ

うん……確かに、そう考えてたよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ッ!?

クライデ
クライデ

チェロでオリジムシを引き寄せて、それから……自分諸共吹き飛ばそうかなって……

クライデ
クライデ

でも、君が来ちゃったからには……もうできそうにないかな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ……一体どう……

クライデ
クライデ

小さい頃からね、知ってたんだ……自分の異常な体質に。

クライデ
クライデ

ボクとずっと傍にいてくれた感染者の中には、病状が悪化する人もいるんだって。

クライデ
クライデ

だからボクとお爺ちゃんは、当時の住処を追われて、色んな村を転々とすることになったんだ。

クライデ
クライデ

全員が全員ボクの影響を受けるわけじゃない、長く一緒にいなければ大丈夫だって……ずっとそう思ってた。

クライデ
クライデ

でもお爺ちゃんの容態が日に日に悪化しているから、この幻想も打ち破られちゃったかな。

クライデ
クライデ

それからハイビスカスさんが教えてくれたんだ、これは“潜伏現象”って言うらしいね。ボクがアーベントロート区に来て、たった数週間でこんなひどい有り様にしてしまった。

クライデ
クライデ

……だったら、生きてるだけで災いを呼び起こしてしまうぐらいなら、死んだ方がマシだよね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そんなわけあるか!貴殿は何も悪くない!

クライデ
クライデ

どうして?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

――ヴェルトリッヒ・メロディエンを知ってるか?

クライデ
クライデ

そっか、ボクも……思い出したよ、君のそれを聞いて。

クライデ
クライデ

ヴェルトリッヒ・メロディエン、実験で亡くなってしまった人たち、巫王の残党……そして君。

クライデ
クライデ

全部、思い出したよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だからこれは貴殿のせいでも何でもないんだ!貴殿は悪くない!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

悪いのは全部あの巫王、あの残党ども、あのゲルトルートだ――貴殿じゃない!

クライデ
クライデ

……うん。

クライデ
クライデ

ありがとう、君のおかげで色々思い出せたよ。これは生まれついての体質じゃない、実験から生み出された悪しき産物なんだね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

礼を言いたいのはこちらのほうだ、クライデ。あの時、貴殿がチェロを弾いてくれたおかげで私も色々と思い出せた。

クライデ
クライデ

でもね……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なんだ、何が“でも”だ?

クライデ
クライデ

今はもうボクの予想を遥かに超えた事態になってる、自分を傷つけることすら制御が効かなくなってしまった。

クライデ
クライデ

もしあの伯爵様が言っていたことが本当なら、ボクに残された日は長くない、だからいっそここで……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ダメだ!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私がなぜゲルトルートのウソに引っかかってしまった分かるか?あのメロディエンは他者に移せると言われたからだ!

クライデ
クライデ

でもボクのメロディエンは暴走してるんだよね?君に移したって……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

試してみなきゃ分からないだろ!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それに貴殿はすでに死ぬ覚悟ができているのだろ?ならいまさら何を恐れているんだ?

クライデ
クライデ

でも、君を傷つけたくない!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それは私を傷つけてから言うんだな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

イチかバチかだ、ここで決めよう。

クライデ
クライデ

……わかった。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

よし、では先に聞くが、普段から頭の中でメロディエンは響いているのか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

音もアーツも、曖昧だが、私はいつもメロディエンの存在はなんとなく感じてしまっている……一音一符知り尽くすも、私のものではない、耳をつんざく酷い旋律が。

クライデ
クライデ

ボクも感じるよ。

クライデ
クライデ

でもボクが感じる旋律はそんな耳をつんざくようなものじゃないんだ、むしろすごく優しくて――いや、調和し過ぎて、ぽっかり空洞が開いた感じがするほど、って言えばいいのかな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なら二人でセッションしてみよう、各々が感じてる旋律を合わせるんだ。

クライデ
クライデ

セッションかぁ……でも二人っきりの演奏だね、観客がいないから。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いいや、観客なら大勢いるじゃないか。

クライデ
クライデ

ムシたちのこと?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

あの老いぼれがこの世に残した旋律をムシどもに聞かせる、これ以上の屈辱もないだろ。

フルートとチェロが奏でられた瞬間、二人はあることに気付いてしまった。
両者の旋律には微塵も協調性も見られなかったからだ。
フルートの音色は酷く焦り、狂騒し、耳をつんざく。リズムも一定せず、目の前にある何もかもをも深淵へ引きずり込むような衝動に駆られていた。
一方チェロの音色はゆったりと、物憂げであり、空虚に、リズムも一定であった。まるで天災が過ぎ去った後の更地が如く、そこには何もない。
しかしそれでも二人はがむしゃらにこのセッションとは到底呼べない演奏を続けた。
すぐに、オリジムシたちが潮汐のように押し寄せてきた。
蔓延る臭気の中、メロディエンに人生を破滅させられた二人が、酷く乱れたセッションを奏でる。彼らが奏でているものは脳内に実在するのかすら疑われるほどの旋律であり、聴衆はオリジムシたちだった。
そう思えば思うほど、メロディエンの尻尾を掴んだ気がしてきたと、エーベンホルツは思った。
そしていっそ息を込めてフルートを吹き込むも、クライデのチェロはますます重苦しく空虚な音色を奏でるのであった。

クライデ
クライデ

エーベン……

エーベンホルツが俯きながらクライデを見やったが、クライデの頭はすでにだらんと垂れ下がっていて、チェロの音色も徐々に低く、そして虚無へ達しようとしていた。
だがよりによってこの時に、エーベンホルツはナニかを掴めそうな予感がしていた。
彼は全身の力を込めて、思いっきり最後の強音を吹き鳴らる。
クライデも力を振り絞って、チェロで一番太い弦を重々しく弾き鳴らす。
警報のように、音色が広がっていく。
そして先ほどまで二人に押し寄せていたオリジムシたちは、今やむしろ捕食者目にしてしまったかのようにそそくさに素早く退散した。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ……大丈夫、か……?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ、生きてるか……

クライデ
クライデ

(重苦しい息継ぎ)

クライデ
クライデ

……生きてるよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

メロディエンの音は、まだ聞こえているか?

クライデ
クライデ

……正直、さっきよりもはっきりと……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

すまない、私がせっかちなあまり……

クライデ
クライデ

ううん、ポジティブに考えよう……ほら、ムシたちを追い返せたんだし――

クライデ
クライデ

ちょっと待って……!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

どうした?

クライデ
クライデ

君が買ってくれた服が――

クライデ
クライデ

よかったぁ~……汚されてない。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

匂いはどうだ?臭いだろ?

クライデ
クライデ

……ふふ、確かに。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

気にするな、鼻がひん曲がってしまうぐらいなのはこっちのほうだからな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

思い返すと、昔もこんな臭気まみれになったことがあったものだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

昔ウルティカの塔からそう遠くない場所にある建物が火災を起こしてな。塔の従者どもは鎮火しないどころから、私のところに駆けつけて一瞬たりとも目を離さずに監視されていたものだよ。

クライデ
クライデ

逃げられるかもしれないから?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

逃げられるか、隠れられるか、あるいは火の海で自殺を図ろうとするか……

クライデ
クライデ

死ぬことすら許されなかったの?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

塔にある窓のほとんどにはアーツが施されたフェンスや鎖に覆われていたんだ、私が早まって飛び降りることに恐れてな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私は大事な大事なマスコットだったからな、死なれては向こうの連中がその責任を負わされてしまう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ともあれ、結局火が塔まで及ぶことはなかったが、燻ぶられてしまったよ、おかげで全身焦げ臭い匂いまみれだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

しかもその燻ぶられた時に羽織っていた外套を半月も羽織り続けるハメになった、気温が暖かくなってからじゃないと脱げなかった。

クライデ
クライデ

……ボクも色々昔のことを思い出したよ。

クライデ
クライデ

お爺ちゃんと一緒に住んでいた場所から追われたから、ボクたちは比較的裕福な村を転々とするようになったんだ。

クライデ
クライデ

感染者であることをさえ隠しておけば、ほとんどの村はそれなりによく接してもらえたよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

本で読んだことがある、農繁期になれば、友好的な村人が夜に日雇いたちに腹が膨れるほどのソーセージとビールを与えてくれるらしいじゃないか、貴殿の時もそうだったのか?

クライデ
クライデ

(首を振る)

クライデ
クライデ

友好的な村人でもせいぜい小銭を用意してくれただけで、日が暮れるまでにボクたちを追い出そうとしていたよ、物を盗まれるんじゃないかってね。

クライデ
クライデ

逆に友好的じゃなかった村人たちからは、カチカチなクネッケと言うことを聞かせるための武器を見せつけられたっけ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

クライデ
クライデ

ちょうどボクがある村で農作業を手伝っていた頃にね。

クライデ
クライデ

すごい熱い時期だったから、全身汗びしょでさ。周りに誰もいないから、その隙に服を脱ごうとしたんだ。

クライデ
クライデ

でも脱ごうとした時に、近くで騒ぎが起こってね。

クライデ
クライデ

お爺ちゃんが走ってきながら教えてくれたんだ、日雇いの一人が袖を巻いたせいで、腕にあった源石結晶がバレてしまったって。

クライデ
クライデ

その人はすぐに廃棄された地下牢に閉じ込められたよ、それからほかの人たちも抜き打ちチェックをするって。

クライデ
クライデ

もしお爺ちゃんがいなかったら、ボクもあの地下牢で死んでいたかな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

死んでいたって――感染者を殺すつもりでいたのか?

クライデ
クライデ

殺しはしないけど、その必要はないよ。

クライデ
クライデ

放っておけば勝手に死んでくれるからね、餓死して結晶化して、それから人体が爆発するだけだから……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

その頃はもうすでに感染者の待遇を改善する法律が世に出ているはずだろ?

クライデ
クライデ

そんな法律、移動都市に入った時に初めて知ったよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

本当に……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

本当に……すまない。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

すまなかった。

クライデ
クライデ

謝らないでよ、君だってあの伯爵様に騙されただけじゃないか……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

違うんだ、もしあの頃、私にもっと勇気があれば――私が手を上げていれば、貴殿は――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

本当にすまなかった……

クライデ
クライデ

……いいんだよ、謝らないで。

クライデ
クライデ

さっき言っていたでしょ、悪いのは全部メロディエンを生み出し、利用しようとしていた人たちだって、君は悪くないよ。

クライデ
クライデ

ボクはあの頃、ボクにできることで君を守ったけど……

クライデ
クライデ

……君は、君なりのやり方でボクを守ってくれたんだね、ありがとう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そうだな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ありがとう、クライデ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ムシ共も退治できたことだ、ハイビスカスとツェルニー殿のところに向かおう……きっと方法が見つかるさ、きっとな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だから礼なら、貴殿からメロディエンを取り除いた時にまた言ってくれ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

行こ――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ!?おいどうした!クライデ!?

(クライデが倒れる)

ハイビスカス
ハイビスカス

症状はまだ落ち着いているので、おそらくはガスにやられて気絶したんでしょう。

ハイビスカス
ハイビスカス

こちらが受診した中毒を起こした患者たちの多くの症状と数値を照らし合わせてもクライデさんのと一致しています。

ハイビスカス
ハイビスカス

ただクライデさんのこの先のことを考えると……あの伯爵さんが言ってたこともあながちウソではありません、もうすでにかなり危うい状況に瀕しています。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だから私たちに手を貸しているのか?

ハイビスカス
ハイビスカス

私は……あなたたちを信じたい。

ハイビスカス
ハイビスカス

確証を得たいんです。

ハイビスカス
ハイビスカス

状況証拠でも、客観的な事実でもいい、メロディエンがただの憶測ではなく、迫りくる陰謀の一部であることを証明してくれれば――

(クライデのお爺さんが帰ってくる)

ハイビスカス
ハイビスカス

クライデさんのお爺さん!?

ハイビスカス
ハイビスカス

どこに行ってたんですか!ずっと探していたんですよ!

祖父
お爺さん

ウソ、憶測か……

祖父
お爺さん

自分の言ってたことが百パーセント真実だと言い切れるのかね?

祖父
お爺さん

君がクライデに話したあれのせいで……君から聞いた話のせいで、あの子は危うくオリジムシと一緒に死のうとしていたんだぞ!分かっているのか!

ハイビスカス
ハイビスカス

エーベンホルツさん、クライデさんは本当に……?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(ゆっくり頷く)

祖父
お爺さん

もしエーベンホルツ君が見つけていなければ、あの子はもう死んでいた!

祖父
お爺さん

そんなに知りたがっているのなら教えてやろう、メロディエンは実在するものだ、信じられないというのならわしの首をくれてやっても構わん!

ハイビスカス
ハイビスカス

それは本当ですか!?

祖父
お爺さん

これ以上君たちに説明してやれる時間はない、わしにはまだやらねばならんことがある。

ハイビスカス
ハイビスカス

しかしそれを証明して頂かなければ……

祖父
お爺さん

……君みたいな頑なな人は生涯で数人見かけただけだったよ。

祖父
お爺さん

ザールの休憩室に行くといい、そこにすべてがある。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そうだ、ザール!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ゲルトルートが言っていた、演奏時のアーツと合わせるために、アーベントロートザールに小細工を施していたと!

ハイビスカス
ハイビスカス

では目的地ができたとなれば、今すぐそちらに――

祖父
お爺さん

それとツェルニーさんも一緒に連れて行くといいさ、二人して互いを諫められないては元も子もないからね。

祖父
お爺さん

じゃ、もう行かせてもらうよ。

(お爺さんが立ち去る)

ハイビスカス
ハイビスカス

待って、お爺さ……

エーベンホルツとハイビスカスが目を見合う。
何かが怪しい、だがそんなことを考える余裕など二人にはもうなかった。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました