アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】緑野の幻夢 DV-1「ツリーマウンズ街道」行動後 翻訳

(パワーアーマーが辺りに攻撃をしながら近寄ってくる)

パワーアーマー
[怪しげなパワーアーマー

――

Mechanist
Mechanist

……こいつは驚いた。

Mechanist
Mechanist

こっちはすでにジャミングシステムを起動している、あのクロージャが開発した最新世代のドローンでも私たちの位置を検知することはできないはずなのに、なぜこいつは……

Mechanist
Mechanist

このパワーアーマーは一体どんなセンサーなりそういった検知技術を使用してるんだ?

ドクター
ドクター

ヤツを故障させることはできるか?

Mechanist
Mechanist

目立つことはしたくないんだが……

Mechanist
Mechanist

仕方ない。ドクター、私に掴まれ。

Mechanist
Mechanist

出力重量比を10%増加、照準よぉい――

(Mechanistがパワーアーマーに攻撃を放つ)

Mechanist
Mechanist

命中だ。

パワーアーマー
怪しげなパワーアーマー

――

Mechanist
Mechanist

……

Mechanist
Mechanist

右側の腕部装甲の破損を確認。

Mechanist
Mechanist

だが減速はせず。命中した瞬間も、停止する形跡は確認できず。

Mechanist
Mechanist

パワーアーマーを装着してる人は何者なんだ?痛みを感じていないのか?

(Mechanistがパワーアーマーに攻撃を放つ)

パワーアーマー
怪しげなパワーアーマー

――

(Mechanistがパワーアーマーに攻撃を放つ)

パワーアーマー
怪しげなパワーアーマー

――

Mechanist
Mechanist

左側上腕部の破損を確認。

Mechanist
Mechanist

右側の脹脛もだ。

Mechanist
Mechanist

ドクター、相手はまったく損傷に対して反応を見せないぞ。

Mechanist
Mechanist

一撃でヤツの動力源を麻痺させてやらねば、ヤツを止めることはできないな――

Mechanist
Mechanist

しかしこれは一体どういうことだ?

Mechanist
Mechanist

訓練された兵士であっても、あれほどの忍耐力を鍛えられるはずがない。

???
???

その通りだ。

???
???

一般的な生物が、おおよそ己の基礎的な神経反応を理知的に抑えることは不可能だ。

(何者かがパワーアーマーに攻撃をし、パワーアーマーを破壊する)

パワーアーマー
怪しげなパワーアーマー

――

パワーアーマーの中心を打ち砕く一本の腕。夥しい機械の破片が火花と共に、まるで別形態の生命体の血液が如き噴出する。
そしてその腕はすぐさまに収められていった。
彼女のパワーをもってして引きちぎられた機械の残骸は、彼女の五指を覆う純白な甲殻と一緒に砂粒と化し、サラサラと地面に落ちるも、薄っすらとしたカルシウムの結晶に凝固した。
その傍らで地面に横たわるパワーアーマー。そのエネルギーの灯火はすでに消え去っており、躯体のど真ん中にはキレイな真円の穴がぽっかりと開いていた。

Mechanist
Mechanist

……素手でパワーアーマーのコアをぶち抜いただと?

Mechanist
Mechanist

なんて威力だ……だが、ありゃ私の自衛用の火砲よりも断然動きは静かだな。

Mechanist
Mechanist

ドクター、どうやら爆弾魔にされて、あのなんとか源石製品管理局にしょっ引かれなくて済むようになったぞ。

ドクター
ドクター

 ・こっちもこれ以上ロドスに前科を増やすのはゴメンだ。
・クルビアの拘留場はもうゴメンだ。

ドクター
ドクター

感謝するよ、サリア。

サリア
サリア

礼には及ばない、ドクター、それとMechanist殿も。

サリア
サリア

ロドスをライン生命の内部事情に巻き込んでしまったの私の責任だ――

サリア
サリア

だからお前たちの安全は私が必ず確保する、当然の義務だ。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

……フェルディナントの予想通りね。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

ロドスの者たちがサリアと合流した。

クルビア傭兵
クルビア傭兵

追いますか、マム?

ホルハイヤ
ホルハイヤ

さっきのパワーアーマーは見たでしょ?あれを着こんだところで、生きて帰れると思う?

クルビア傭兵
クルビア傭兵

……

ホルハイヤ
ホルハイヤ

そう怯えないでちょうだい。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

もしもの話よ。

クルビア傭兵
クルビア傭兵

しかしいくらサリアが強くても、相手は三人だけですよ?

クルビア傭兵
クルビア傭兵

数ではこっちのほうが勝ってるんです、それに秘密兵器だって……

ホルハイヤ
ホルハイヤ

相手がどんなであれ、舐めてかかるもんじゃないわよ。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

ライン生命とこうも長い間付き合ってきたっていうのに、あなたまだ分からないのかしら?ひ弱な科学者であるほど、人を殺すのに容赦しないかもしれないでしょ?

クルビア傭兵
クルビア傭兵

そ、それってあのメカニストのことですか、それともあの顔の見えない学者のことでしょうか?まさかアイツら、ライン生命警備課主任よりも強いと?

ホルハイヤ
ホルハイヤ

ロドスってのは……中々腕揃いなところね。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

さっ、物は試しよ、本当に生きて帰れるかどうか試してみましょうか。ほかにも色々と面白いアイデアが思い浮んだことですし、行きましょ。

フェルディナント
フェルディナント

……

(無線音)

フェルディナント
フェルディナント

どうもこんばんは、大佐殿。

???
大佐の声

……クルーニー。

???
大佐の声

説明したまえ、基地で起こったことだ。

フェルディナント
フェルディナント

少々ごたついてるだけですよ……いくら我々が待遇を厚くしても、開拓者連中が満足してくれることはありません、あなたもご存じのはず。

フェルディナント
フェルディナント

向上心は彼らの利点であり、クルビアが発展し続けてこれた根幹でもあります。だが、たまにはそれのせいで……面倒事が起こしてしまうのも難点ですね。

???
大佐の声

面倒事ならさっさと片付けろ。

???
大佐の声

私が見たいのは君が約束してくれた成果だ、ライン生命の醜聞ではない。

???
大佐の声

クルビアには君たち以外にも科学技術を扱う企業はごまんといる、分かっているのだろうな?

フェルディナント
フェルディナント

……承知しております。

フェルディナント
フェルディナント

しかしどうかご安心を、大佐殿。

フェルディナント
フェルディナント

必ずやライン生命があなたのご期待に応えますとも。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長、もう何人も降りるって言ってるぞ。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

誰も俺たちを構っちゃくれない、隊長のアイデアは無駄だ、いくら声を上げても届きやしない、何を試したって無駄骨だって言ってる。

サニー
サニー

……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

それに、もうライン生命なんか放っておけとも言ってたぞ。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

さっさと身代金をもらって、別の場所で仕事をもらったほうがいいんじゃないのか?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

失踪しちまった連中なら……運が悪かったってことにするしかない。どうせ荒野に入っていく開拓隊は、年々俺たちんとこよりもたくさん死なせてるんだしよ。

サニー
サニー

……そこまでにしてくれ。

サニー
サニー

ほかの連中には、もう少し待ってろって知らせおけ。仲間のことなら俺が必ず連れて帰る。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

どうするつもりなんだ?

サニー
サニー

外に出る。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

外に出るって……危ないだろ?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

もし警備課連中がスナイパーを寄越したら、出た瞬間にでも……

サニー
サニー

……願ってもないことだ。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

願ってもないだと?おいサニー、あんたまさか緊張のあまり頭が錯乱しちまったのか?

サニー
サニー

相手は警備課のあのスナイパーなんだろ?ならあいつは俺の知り合いだ。あいつの射撃の腕はいい、もしどうしようもないって時になったら、俺は苦しまずに死ねるだろうさ。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

サニー……

サニー
サニー

ウビカ博士、それとモーア先生――

サニー
サニー

少し俺と一緒に外に顔を出してもらいたい。

ジョイス
フィリオプシス

……

エレナ
エレナ

えらく腰が低いね、私たちにはノーを言う権利すらないはずだけど?

サニー
サニー

すまない、だがもう少しだけ辛抱してくれ。

サニー
サニー

お前らの今の境遇を見れば、外にいる連中も考えを改めてくれたり、あるいは俺たちの要求を呑んでくれるかもしれないんだ。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

巡査部長、誰か出てきました!

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

ドローンに射撃準備を――

マリー
マリー

いや、待って。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

……部長?

マリー
マリー

……

マリー
マリー

人質を巻き込むかもしれないでしょ。

マリー
マリー

えーっと……サイレンス先生、ちょっと。

サイレンス
サイレンス

はい、どうされました?

マリー
マリー

望遠鏡で見てほしいんだけれど、そのサ……開拓者の背後にいる人、あれがあなたの同僚たち?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長!つ、通信機に連絡が!

サニー
サニー

……貸せ。

(隊員が立ち去り、無線が繋がる)

マリー
マリー

……

サニー
サニー

やっぱりお前か。

マリー
マリー

それはこっちのセリフ。

サニー
サニー

今はもう……巡査部長だったか?お祝いを言いそびれちまったな。

サニー
サニー

まさかお前が自分からここの管轄に残るとは思いもしなかったよ……開拓区域に厄介事は尽きないというのに。

マリー
マリー

私も……まさかあなたがここまで堕ちるとは思わなかった。

マリー
マリー

昔受けた授業のこと憶えてる?あの法学の授業だけど。

マリー
マリー

あと……私が警察になった日、あなたになんて言ったか憶えてる?

サニー
サニー

……

マリー
マリー

「またバディーになれて嬉しい。これからもまた、小さい頃に遊んでたように、一緒にクルビアの秩序を守って、悪人共をお縄につかせてやりましょう」って。

マリー
マリー

ハッ……皮肉なものね。今真っ先にお縄につかせてやらなきゃならない相手が、よりによってあなただなんて。

サニー
サニー

マリー……

マリー
マリー

あなたの隊員が持ってるソレ、なに?手製の武器?

マリー
マリー

ならさっさとそんなみっともないオモチャなんか置いてちょうだい。

マリー
マリー

もうそんな体たらくになってしまったけど、まだ選択の余地はある。最後の選択よ。

マリー
マリー

傍にいるその無関係の女性二人を解放しなさい。

サニー
サニー

……いいや、それはまだできない。

マリー
マリー

チッ、自分から崖を踏み外しに行ってるようなもんよ。

マリー
マリー

クルビアじゃ、罪を犯してもブタ箱に放り込まれたくないのであれば、まだ開拓隊に入るという選択肢がある。

マリー
マリー

でもそいつがもし開拓区域で……もう一度法を犯せば、どんな結末を辿るのかしらね、教えてくれる?

サニー
サニー

……

マリー
マリー

ねえ、教えてよ、弁護士志望!

サニー
サニー

そんな風で俺を呼ばないでくれ、マリー、頼む……

マリー
マリー

私を後悔させやがって……

マリー
マリー

こっちはもう後悔しぱなっしよ……なんであの日、あなたが私の家に侵入した時、すぐにあなたをしょっ引かないで、見逃してやってしまったのかって。

サニー
サニー

あれはもう過去のことだ、あの時の俺はまだ……

サニー
サニー

……すまなかった、本当に。

サニー
サニー

でも、今回こんなことをしたのには理由があるんだ、だからどうかお前だけも聞いて……

(隊員が駆け寄ってくる)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

……隊長!

サニー
サニー

どうした?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

あの医者が……

サニー
サニー

……モーア先生がどうした?

ジョイス
フィリオプシス

……

ジョイス
フィリオプシス

デバイスに……エラー発生……パフォーマンス設定を……修正……

エレナ
エレナ

まずい、ジョイスが……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

ウビカ博士、先生がどうかしたのか?

エレナ
エレナ

……発症したって、考えてもらえれば。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

発症だと!?こ、鉱石病のか!?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

お、俺が先生を支えておくから、先生が常備薬を持っていないか探してくれ!ちゅ、注射だったらどうすれば……

ジョイス
フィリオプシス

ッ……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

おい!マジで苦しそうにしてるぞ!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

そうだ……ここにライン生命が支給してくれたメディカルリングがあるじゃないか、こいつは鉱石病によく効くって言ってたよな?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

いますぐ先生に付けてやらんと……

エレナ
エレナ

……

エレナ
エレナ

他人に自分の緊急医療装置を付けてあげるだなんて……

エレナ
エレナ

それを外して万が一発症してしまったら、キミの生存確率は大幅に低下しちゃうのにいいの?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

先生はずっと俺たちをよくしてくれたからいいんだ!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

俺なんかよりも、先生さえ無事でいてくれれば……

エレナ
エレナ

私とジョイスを誘拐したくせに。

サニー
サニー

だからといって、恩を忘れたわけじゃない。

サニー
サニー

俺たちだって自分たちのことで精一杯な一般人なんだ……すまない。

サイレンス
サイレンス

……通信はまだ繋がっていますか?

サイレンス
サイレンス

でしたら、私に開拓者たちと話をさせてください。

マリー
マリー

……

サイレンス
サイレンス

あの発症したリーベリは私の同僚で親友なんです。

サイレンス
サイレンス

何より、私は彼女の医者です。

サイレンス
サイレンス

開拓者たちから彼女の容態を聞かせてください。彼らの反応を見るに、まったく彼女に敵意がいるというわけでもなさそうなので。

マリー
マリー

……好きにして。

マリー
マリー

けど、あまり時間はないわよ。

マリー
マリー

さっき上から指示が入った、もしこれ以上開拓者が協力しないのであれば、10分後に実験基地全域の通信……及び開拓者居住区域の電力供給を切断する。

グレイ
グレイ

で、電力供給を切断ですか?

グレイ
グレイ

昼夜における荒野の温度差はバカになりません……もし夜になってしまえば、みんな凍えてしまいますよ!

グレイ
グレイ

それに、開拓者の中には鉱石病の末期患者だってたくさんいる……

グレイ
グレイ

生命維持装置が切れてしませば、彼らだって死んでしまいます!

マリー
マリー

……そんなことは分かってる。

マリー
マリー

だからこれは警告よ。

マリー
マリー

アイツらにはライン生命と警察側の覚悟ってもんを見せつけてやるのよ。

マリー
マリー

争いも訴えも、すべては法のもとでこそ成立する……犯罪の道に足を踏み外せば、もう二度と自分らの釈明に耳を傾いてくれる者はいなってしまうから。

グレイ
グレイ

でも……あの開拓者の隊長さんとはご友人のはずでは?

マリー
マリー

……友人?

マリー
マリー

もう友人なんかじゃないわよ、あいつが罪を犯したあの時から。

ジョイス
フィリオプシス

……

サニー
サニー

様子はどうだ?

エレナ
エレナ

血中源石密度は下がってきたけど、眼球運動は不安定のまま。

サニー
サニー

眼球運動?

(無線音)

???
???

彼女の鉱石病の病原が脳内にあるから、眼球を診るんだよ。

???
???

どんな病状の推移が起こっても、彼女の神経系統はそれに影響されてしまう。それによって深い眠りに陥ったり、あるいは癲癇を起こしてしまうことだってある。

サニー
サニー

誰だ?誰が話しているんだ?

エレナ
エレナ

……通信機が繋がったままだよ。

サイレンス
サイレンス

初めまして、隊長さん。

サイレンス
サイレンス

ジョイス・モーアを担当してる医師の、サイレンスです。

サニー
サニー

……サイレンス医師。

サイレンス
サイレンス

まず、あなたたちに感謝を述べさせてほしい。

サイレンス
サイレンス

ジョイスが今のように容態を安定させられたのは、あなたやほか開拓者が応急処置をしてくれたおかげだよ。

サニー
サニー

誘拐犯にお礼とはな……

サイレンス
サイレンス

だからそれのお返しとして、私たちを信じてほしい。私たちは本当にあなたたちの力になりたいんだ。

サイレンス
サイレンス

いい、よく聞いて?あと五分もすれば、通信もあなたたちが住んでる区域の電力供給も切断され――

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長!きゅ、急に電源が切れちまったぞ!

サニー
サニー

……

サイレンス
サイレンス

向こうは時間を早めたみたいだね。

サニー
サニー

気にするな。むしろ俺たちにそれを報せてくれて感謝したいところだ。

サイレンス
サイレンス

マリーさんから話は聞いたよ、ライン生命の上層部と話がしたいんだって?

サイレンス
サイレンス

じゃあ先に、理由を聞いてもいいかな?

サニー
サニー

……

サニー
サニー

今この基地で行われてる実験を中止してもらいたい。

サイレンス
サイレンス

……実験を、中止?

サニー
サニー

ジョイス先生も、お前もいい人だ。だがあんなビッグプロジェクトを止めるには、些か力不足だろうな。

サニー
サニー

でも構わない、お前からライン生命のボスに伝えてくれないか……あの実験は危険過ぎるって。

サイレンス
サイレンス

その実験が危険だって証拠はあるの?

サニー
サニー

俺が証拠を握ってても、お前が俺を信用してくれても……行く宛てのない開拓者までお前は信用してくれるのか?

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

部長、準備が整いました、いつでも基地の通信を切断できます。

マリー
マリー

……サイレンス先生が話し終えるまで待ってあげて。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

しかしすぐに切断しろと、主任が……

マリー
マリー

主任主任って、ここでの巡査部長は私なのよ?それとも何、主任がここの巡査部長なわけ?

マリー
マリー

そのフェルディナントとやらに伝えなさい、どう人質を救助するかは私が決める、あなたに指図される筋合いはない!

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

その主任はすでに局長とも話がついています、部長。これはあのお二人が策定したプランですので指示に従ってください。

マリー
マリー

……

サイレンス
サイレンス

フェルディナントって……あのフェルディナント?

サイレンス
サイレンス

まさか、今の警備課はすでにエネルギー課の管轄内に入っているとはね。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

それは……

サイレンス
サイレンス

もし構造課までフェルディナントの指図に従わなければいけないのなら、即刻今ここでライン生命の研究員を辞職させてもらうよ。

ジョイス
フィリオプシス

……

(フィリオプシスが倒れる)

エレナ
エレナ

ジョイス……ジョイス!

サニー
サニー

どうした?先生は……眠ってしまったのか?

エレナ
エレナ

いいや、完璧に意識を失ってしまってる。

エレナ
エレナ

もし適切に治療をしてあげないと……暫くもしないうちに脳死状態に陥ってしまう。

サニー
サニー

……

(無線音)

サイレンス
サイレンス

サニーさん、サイレンスです。今から基地に入らせてもらうよ。

サイレンス
サイレンス

警戒してるのは分かってるけど安心して、なにも武器は持たないから。

マリー
マリー

気でも触れたの先生!?

サイレンス
サイレンス

いいや、私は冷静だよ。

サイレンス
サイレンス

安心してサニーさん、警察も警備課の人たちも……基地に入れたりはしないから。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

サイレンス研究員、バカな真似はやめて頂きたい。さもなければ今の君の行為を……パルヴィス主任に報告させてもらうぞ。

サイレンス
サイレンス

構わないよ、ロドスのオペレーターとして359号基地に入らせてもらうから――

グレイ
グレイ

ボクもご一緒します……

サイレンス
サイレンス

――それと電気工学エンジニアである私の同僚も一緒にね。

サイレンス
サイレンス

基地に入ったら、無償で医療サービスを提供させてもらうよ。

サイレンス
サイレンス

何も私たちの友人が倒れたからとかではない、あなたたちのためでもあるんだ。

サイレンス
サイレンス

ライン生命がどんなことをしようが、そんなの私は知ったこっちゃない。

サイレンス
サイレンス

ただ、感染者を治療することがロドスにおける唯一の原則だから。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました