アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】緑野の幻夢 DV-3「パワーアーマー」行動後 翻訳

Mechanist
Mechanist

この嗅ぎ慣れた匂いは……

Mechanist
Mechanist

まだ仕事中なのが憎らしい、アルコールが体内を染めていくあの味わいが懐かしく思うよ。

ドクター
ドクター

・君専用の飲料は潤滑オイルという噂があるが。
・酔うと椅子に立って詩を詠い始めるって聞いたぞ。

君専用の飲料は潤滑オイルという噂があるが。酔うと椅子に立って詩を詠い始めるって聞いたぞ。
Mechanist
Mechanist

……そりゃきっとブレイズが言いふらしたヤツだな。

Mechanist
Mechanist

いつもなんで自分の噂話が一番多いのかってボヤいていたぞ、しかも自分が新兵器をテストする段階の対戦フェーズがいつも手厳しいと文句まで言っていた。

Mechanist
Mechanist

言っておくが、“オイル”ってのは私が一番好んで飲んでるカクテルの名前なだけだ。

Mechanist
Mechanist

“ワン・モア・グラス”のバーに通ってる常連ならみんな知ってるぞ。

 

Mechanist
Mechanist

ドクター、そんなにその類の噂話が気になるのなら、今度ブレイズに誘われても断らないで一緒に行ってやることだな。

 

 

Mechanist
Mechanist

Logosたちだっているぞ――

 

 

Mechanist
Mechanist

その時になれば、あんたはきっと私に関する噂を忘れてしまうほどの情景を目にするはずだ。

 

Mechanist
Mechanist

それでサリア、待合いの相手はもう来てるのか?

サリア
サリア

彼なら毎日ここで二十時間は屯っている。

サリア
サリア

……どうも、“ツリーマウンズ・サンシャイン”を二杯頼む。

Mechanist
Mechanist

あんたは仕事の合間に飲むような人間には見えんが。

サリア
サリア

そうだな。

サリア
サリア

自分の脳がアルコールに邪魔されるのはどうしても慣れない。

酩酊した男
酩酊した男

相変わらず面白くない女だな、サリア。

サリア
サリア

この二杯はお前への奢りだ。

サリア
サリア

しっかりと持っていてくれ、三杯目を頼むつもりはないぞ。

酩酊した男
酩酊した男

ちぇッ……なんだよ、ライン生命を抜け出した後、あんたも俺みたいに家なき子の貧乏神になっちまったのか?

サリア
サリア

お前が提供してくれる情報次第では、いくらでも酒代を代わりに支払ってやらんでもないぞ。

酩酊した男
酩酊した男

フッ、で何が知りたい?言ってみな。

サリア
サリア

……この試験管に入ってる液体は見えるか?

酩酊した男
酩酊した男

ひっく、どれどれ……

サリア
サリア

言っておくが、飲み物ではないぞ。

酩酊した男
酩酊した男

なら探す人を間違えたな、他をあたってくれ。

サリア
サリア

右手を見せろ。

酩酊した男
酩酊した男

何すんだよ?

サリア
サリア

お前は右利きだが、左手でグラスを持っている。

サリア
サリア

ということは、お前の右前腕部はまだ皮下移植したマイクロアーツユニットの痛みに苛まれてることになるんじゃないのか?

Mechanist
Mechanist

皮下移植したマイクロアーツユニットだと?

酩酊した男
酩酊した男

……サリア。

酩酊した男
酩酊した男

その男と顔の見えない野郎は誰だ?

酩酊した男
酩酊した男

ライン生命のエンジニア課か?ヴォルヴォート・コシンスキーか?それとも……名前すら言えないあの機関の連中か?

酩酊した男
酩酊した男

これ以上俺を喋らせないように徹底して口封じにすると、考えでも変わったんじゃないだろうな?

Mechanist
Mechanist

あんたが今言った企業なり組織とは関わっていないし永遠に関わることもない、これだけは保証しよう。

酩酊した男
酩酊した男

保証?口でそれを言うぐらいなら酒を注文してくれたほうが誠意ってもんがあるぞ?

Mechanist
Mechanist

ドクター、私たちがこの場にいても話してくれそうにないぞ。

酩酊した男
酩酊した男

……あんたのことを言ってんだよ。そんな怪しすぎる格好のヤツなんざ信用できるかってんだ。

酩酊した男
酩酊した男

クルビアの科学技術の界隈は狭いんだよ、分かるか?

酩酊した男
酩酊した男

フルフェイスの野郎は残ってていい、あんたのほうがまだ安全だって思えるからな。

Mechanist
Mechanist

……

ドクター
ドクター

・少しだけ休憩しておけ、Mechanist。
・休憩時間だ、君も少し飲みに行ったらどうだ?

Mechanist
Mechanist

いいだろう、傍で見ておこう。

(Mechanistが立ち去る)

酩酊した男
酩酊した男

サリア、俺から何度もブツを買ってくれたことに免じて忠告してやる――

酩酊した男
酩酊した男

俺と同じ目に遭いたくないのなら、これ以上詮索するな。

酩酊した男
酩酊した男

あんたが見せたその液体も、あのパワーアーマーも、裏でこれらを牛耳ってる人は皆あんたが触れていい連中じゃないんだ。

サリア
サリア

……

酩酊した男
酩酊した男

ああそうさ、あんたでさえダメな連中なんだよ。

フェルディナント
フェルディナント

今自分が何を喋ったのか理解しているのか?

パルヴィス
パルヴィス

もちろんだとも。

パルヴィス
パルヴィス

私を気付かせてくれたのは君じゃないか、それすら理解できないほど私もまだボケちゃいないさ。

フェルディナント
フェルディナント

……言いがかりだ。

パルヴィス
パルヴィス

言いがかり?そうなのか?

パルヴィス
パルヴィス

ふむ、それはミュルジスの行方不明と自分は関係していることを指しているのかな?それともライン生命の総括の座を我が物にしようとしてることかな?

フェルディナント
フェルディナント

……

フェルディナント
フェルディナント

脅したいのなら、もっと説得力のある証拠を見せたらどうなんだ。

パルヴィス
パルヴィス

まあまあそうカッカしなさんな、フェルディナント。

パルヴィス
パルヴィス

私たちはもう共に働いて何年になるんだろうね?君は比較的ここへの加入が遅かったとは言え、それでも十年は経ってるんじゃないのか?

パルヴィス
パルヴィス

そんな君が私のことを理解してないわけないだろ?私が資料と録音データと起草された法案文書を携えながら古い友人のところへ来るような人間に見えるかい?

フェルディナント
フェルディナント

パルヴィス……

パルヴィス
パルヴィス

君は私にそうしたが、だからといって私がそれを君にやり返すつもりはないさ。

パルヴィス
パルヴィス

クルビア人は何でもかんでもまずは交渉の席に置きたがるが、私は君が一番好んで口にするボケたフリをした陰湿なリターニアのヤギジジイだ、それを君は忘れているよ。

フェルディナント
フェルディナント

何が目的だ?

パルヴィス
パルヴィス

私はただの通りすがり、ついでに旧友を励まそうとしていただけさ。

フェルディナント
フェルディナント

分からんな、お前はもっと……総括側に立っていると思っていたぞ。

パルヴィス
パルヴィス

私たちはみな研究者だ、分からんことは永遠に分かっていることよりも多い、そんな理屈も分からなくなってしまったのかい?それが研究の一番の楽しいところじゃないか。

パルヴィス
パルヴィス

君もクリステンとよく似ている。二人とも若すぎて、まだまだ愚かだ。

パルヴィス
パルヴィス

ひたすらに高みを目指そうと上へ上へ突き進んでも、遅かれ早かれ後について来てる人たちを疲弊させるだけ。

パルヴィス
パルヴィス

私はもう少しだけゆったりと研究に励みたいだけだよ、みんなと一緒に地面へ真っ逆さまだなんてまっぴらゴメンだ。

パルヴィス
パルヴィス

ライン生命が君の手に渡ったら、二三年もすれば軍やほか大企業に跡形もなく引き裂かれておしまいになるかもしれんが、明日にでもバラバラになる必要はどこにもないさ。

フェルディナント
フェルディナント

 君の私への評価がこれほど高かったとは予想外だよ。

パルヴィス
パルヴィス

だがね、クリステンを動かす前に、まずは警備課の主任を片付けておかなきゃならんぞ?

フェルディナント
フェルディナント

今のライン生命に警備課主任なんぞ在籍している覚えはないが。

パルヴィス
パルヴィス

フフッ、まだまだ若いのにもうボケてきてしまったか。

パルヴィス
パルヴィス

サリアの辞表だが、今でもまだクリステンの承認を得ていないぞ。

酩酊した男
酩酊した男

まったくあんたが何を考えてるのかてんで分からないぜ、サリア。

酩酊した男
酩酊した男

ローキャン……うちの元雇い人がアレをしでかした後、あの事件を口にしようとするヤツはいない。

酩酊した男
酩酊した男

どんなに実験の仔細を知っていたとしても、みんな口を揃えて関係をなかったことにしたがる。

酩酊した男
酩酊した男

まあ、それが賢い人のやり方だ。

サリア
サリア

その理屈で言えば、お前は愚か者ということか?

酩酊した男
酩酊した男

はは……いいねぇ、あんたは相変わらず鼻につくようなことをポロっと言いやがる。

酩酊した男
酩酊した男

もし関係をチャラにしたかったら、俺だってそうしてたさ。でも連中は俺を見逃してはくれなかった。

酩酊した男
酩酊した男

あんたはいつも俺の右手は疼いているかと聞くが、疼いていないわけないだろ?だがな、俺が自分の右手をダメにしないで、あいつらの実験台にならなかったら、あいつらが今こうして生きてる俺を許してくれると思うか?

酩酊した男
酩酊した男

そんな死に損ないの執刀医がこの俺だ!あいつらが俺に何を埋め込ませていたかを知らないままでいても、この事実だけは変わりはしないんだ!

サリア
サリア

お前が怒りを顕にするのは珍しいな。アルコールでさえその怒りを掻き消してはくれなかったか。

酩酊した男
酩酊した男

そういうあんたは随分と人が変わったな、サリア。

酩酊した男
酩酊した男

数年前に初めて俺のところに来た時のあんたは、怒り心頭だったよ、分かりやすかった。

サリア
サリア

そうだったのか?

酩酊した男
酩酊した男

……顔には出ないけどな、あんたは。

酩酊した男
酩酊した男

だが間違いなく、俺はあんたの怒りを感じていた。当時自分がどういう実験に関わってしまっていたのかと知った時、俺も同じように怒りが湧いたさ。

酩酊した男
酩酊した男

ライン生命を打ち倒す道ならほかにもある。

酩酊した男
酩酊した男

あんたはライン生命を立ち上げた創設者の一人だ、ライン生命の組織を狙ってる連中なら、狂ったようにこぞってあんたに媚びへつらうだろうよ。

サリア
サリア

ライン生命だけに目を向けても問題解決には至らない。

サリア
サリア

死した猛獣一頭分の血肉さえあれば、より多くの猛獣を養ってしまうことになる。ローキャン水槽の失脚がすでにそれを証明してくれた。

酩酊した男
酩酊した男

言い訳だな。

酩酊した男
酩酊した男

ここ最近あんたはずっとライン生命のために走り回ってきた。表ではライン生命と対峙してるフリをしてるが、実際は会社のためにケツを拭き回っている。

酩酊した男
酩酊した男

今あんたと会って確信したよ、あの噂は本当だったんだって。

酩酊した男
酩酊した男

――だってあんた、ライン生命のために監獄にまで入って行ったじゃないか。

ドクター
ドクター

・マンスフィールドのことか?
・そうは言うが、しかしどこか違和感が……

サリア
サリア

……真相と噂には齟齬がつきものだ。

酩酊した男
酩酊した男

ハイドブラザーズが倒れたことで、ライン生命にいるエネルギー課の主任はかなり頭を悩ませているんじゃないのか?

酩酊した男
酩酊した男

基盤材料の提供先は減って、新しい実験基地の建設申請も尽く却下……結構なデカい案件を何個も取り損ねたって聞いてる。

酩酊した男
酩酊した男

あいつがどんな実験をしようが、進捗を遅らせなきゃならなくなっちまったようじゃないか。

サリア
サリア

ハイドブラザーズを監獄に入れさせたのは私ではないぞ。

酩酊した男
酩酊した男

だがあんたはそれに一役買ってるんだろ。

酩酊した男
酩酊した男

その後のことなら分かるぞ、ハイドブラザーズがブタ箱にぶち込められたことで、地方検察官がそいつらを利用してもっとデカい獲物を釣ろうとしてる。

酩酊した男
酩酊した男

なぜ新聞はライン生命を報道しないのか?なぜライン生命はいつもそういった事件から逃れられるのか?

酩酊した男
酩酊した男

それも全部、あんたがずっとライン生命の犯した過ちを揉み消していたからだろ。

酩酊した男
酩酊した男

さもなきゃ俺のところにも来るはずがない……

酩酊した男
酩酊した男

今あんたは、この試験管の中身がライン生命と関わっていないか焦って確認しようとしている。

酩酊した男
酩酊した男

あんたの内側は、相変わらず警備課主任のままなんだよ。今でもライン生命の後始末を自分の使命だと思い込んでいる。

酩酊した男
酩酊した男

ライン生命にも、未だにあんたが手放せないようなナニかが存在しているんだろ。あの人であれ情であれ……

酩酊した男
酩酊した男

はは、分かったぞ、サリア、あんたも感情で動くことがあるんだな!

酩酊した男
酩酊した男

結局、あんたも俺と同じ生身の人間だったってことか。

(回想)
(炎が燃え盛る音)

ライン生命研究員
ライン生命研究員

暴走だ……実験体が制御不能になってしまった!

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

拘束器具もまったく通用しない!

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

実験体の自我意識は検知不能……鎮静剤注射も効き目がない!

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

実験体が大規模にアーツを展開しているぞ!

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

バケモノめ……なんなんだあのデカい生き物は……

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

いや、炎が具現化しているのか……

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

……今すぐ主任に知らせろ!

(警備課員が走り去る)

サイレンス
サイレンス

火が……ひどい火事……ゲホゲホゲホッ……

サイレンス
サイレンス

イフリータは、どこ……

サイレンス
サイレンス

イフリータ――!

(サリアが近付いてくる)

サイレンス
サイレンス

サリア……!?

炎が廊下を覆い尽くすも、サイレンスはまったく熱さを感じなくなった。
なぜなら自分に向けられたヴィーヴルの目は盾よりも硬く、刃よりも冷たかったからだ。
その内側にどんな感情が秘められているのかなど、サイレンスには分からない。
今でも彼女は分からずにいるのだ、自分がそのヴィーヴルの目を覗き込んでいた時、一体ナニを目にしていたのかを。

(回想終了)

サニー
サニー

サイレンス先生、大丈夫か?

サイレンス
サイレンス

えっ……

サニー
サニー

きっと疲れたんだろう。

サニー
サニー

ここまで先生はずっとモーア先生と俺たちの面倒を見てくれていたからな。

サニー
サニー

さっきは感情的になって危うく先生に傷をつけることにもなってしまった、本当にすまない。

サニー
サニー

ロドスはライン生命と違って、先生もグレイも見返りなしに俺たちによくしてくれているっていうのに。

サイレンス
サイレンス

見返りなしに……?

サイレンス
サイレンス

私ね、サニーさん……私だって過ちの一つや二つぐらい犯したことがあるんだよ。

サイレンス
サイレンス

私だってライン生命の研究員だからね。危うく一地域の住民全員を死なせるほどの実験を、主導したことがあるんだ……

サニー
サニー

え?

サイレンス
サイレンス

それに、私をすごく頼ってくれて、私を親とすら思ってくれている子供がいるんだ。

サイレンス
サイレンス

その子はその実験の被験者だった。

サニー
サニー

じゃあそこの子は今……

サイレンス
サイレンス

まだ生きてるよ。

サイレンス
サイレンス

生きてるけど……何年力を尽くして、あの子を普通の暮らしに戻してはやれなかった。

サイレンス
サイレンス

容態の悪化を食い止めることだって……

サニー
サニー

あまり自分を責めないでやってくれ、先生は一度もその子を傷つけようとはしなかったんだろ、そう信じてるよ。

サイレンス
サイレンス

フフッ……

サイレンス
サイレンス

私も昔は、そうやって自分を慰めてたっけ……面白いことに。

サイレンス
サイレンス

本当に憎たらしい人たちは他の人たちだって――昔はそう思ってた。

サイレンス
サイレンス

でも、本当にそれだけだったのかな?

実験の実施段階の第一責任者として、どうして私は最初からこの研究のリスクに察知できていないかったのだろうか?
答えは火を見るよりも明らかだ。
目の前で創造されていく草分け的な成果に自分の目がやられてしまっていたか……
あるいは自分が思ってるほど、自分は優秀な研究員じゃなかったのどれかだ。
それを認めることは、確かに他人を憎むことよりも難しい。

サイレンス
サイレンス

もしかしたら、私が本当に許せない人は……

サイレンス
サイレンス

……

サニー
サニー

先生にもそんな過去があったんだな。

サイレンス
サイレンス

ただの過去じゃないよ、この基地に来た理由でもあるんだ。

サニー
サニー

自分の友人を救いに来たんじゃないのか?

サイレンス
サイレンス

それもあるよ、ジョイスは助けたい。

サイレンス
サイレンス

でも、あなたたちも、エレナも、フランクス主任も助けたい。

サイレンス
サイレンス

事態が収拾つかなくなる前に、私は災難を食い止めてやりたいんだ。

サニー
サニー

……俺の言ってたことを信じてくれるのか?

サイレンス
サイレンス

言ったはずだよ、私は真実を、自分の目で見たものしか信じないって。

サイレンス
サイレンス

ついさっき思い出したよ、これと似たような場面を見たことがある。

サイレンス
サイレンス

私たちを追いかけてるあの銀色の物体――アレはアーツが暴走した際の産物とよく似ている。

パルヴィス
パルヴィス

そうそう、ベンにものを届けるように頼んでおいたんだ、君宛てにね。もう君のオフィスに届いてるかな。

フェルディナント
フェルディナント

ベンに?

パルヴィス
パルヴィス

また忘れたのかい?この前私と茶を飲むように言ってたじゃないか。どもりながらも色々とたくさん話してくれたよ、おかげでお茶のパックが尽きそうになったがね。

フェルディナント
フェルディナント

君が私に借りを作った憶えはないが。

パルヴィス
パルヴィス

そうかい?私のキメラ実験の終わり頃、君はそうは言っていなかったぞ。

フェルディナント
フェルディナント

……炎魔実験か。

パルヴィス
パルヴィス

憶えていてくれて嬉しいよ。

パルヴィス
パルヴィス

あの実験の最終段階、私の学生が自制の神経麻酔薬を使ってね。

パルヴィス
パルヴィス

大した効果だったよ――

パルヴィス
パルヴィス

いや~、本当にサイレンスは優秀な子だ、また会いたいものだね。

パルヴィス
パルヴィス

私の実験が中止させられた頃、以前得られたデータをチェックしてみたんだが、驚いたことに偶然じゃないことが分かってね。

フェルディナント
フェルディナント

なんのデータだ?

パルヴィス
パルヴィス

私だって君みたいに、たまにはガラクタを探したりはするさ。

フェルディナント
フェルディナント

ローキャン水槽のことか?あの資料ならとっくに……

パルヴィス
パルヴィス

手続きの話なら、言わなくとも分かるね?

パルヴィス
パルヴィス

ローキャン・ウィリアムズは本当に天才だよ。彼のデータを見て気付かされた、私の実験思考は少しだけ遠回りをしていたらしい。

パルヴィス
パルヴィス

あの時の私は、被験者の細胞を活性化させ、移植した破片をもっとエネルギーと同調させるようにあれこれ考えていたものだったのだが――

パルヴィス
パルヴィス

それがまさか、被験者の神経反応を抑えるのが正しいやり方だったとはね、誰もあれは予想つかんよ。

フェルディナント
フェルディナント

抑える……?

パルヴィス
パルヴィス

そこで君の公式に少々手を加えさせてもらったよ、私の推察をもとにね。

パルヴィス
パルヴィス

身勝手な行いですまないと思っている、あまりに気を悪くしていないといいんだが。

フェルディナント
フェルディナント

……救いようがないほどに狡いだな、ヤギめ。

パルヴィス
パルヴィス

そんな歯を食いしばってどうしたんだい?私はただ君が提出する前に、こっちからプレゼントを送ってやっただけじゃないか。

パルヴィス
パルヴィス

私を相手する手札が一枚減ったところで、そんなに悔しがることかね?

フェルディナント
フェルディナント

フンッ、その公式が私の実験の役に立てるといいな。

パルヴィス
パルヴィス

きっと喜ぶはずさ、約束しよう。

パルヴィス
パルヴィス

そうだ、もし君が成し遂げたら、ミュルジスの代わりに君が私に黒豆茶十箱の借りを返してくれないかな?

パルヴィス
パルヴィス

私のあの公式がなかったら、あの賭けは本来私の勝ちだったもんでね。

サリア
サリア

本題に入ろうか。

サリア
サリア

――この試験管の中身を聞きたい。

酩酊した男
酩酊した男

あんたが取り出した時点でも匂ってきていたよ。

酩酊した男
酩酊した男

間違いない、まったく同じ匂いだ。

酩酊した男
酩酊した男

はは……俺の手術台で死んでいった魂たちが……また舞い戻ってきやがったか。

酩酊した男
酩酊した男

濃度も高いし、量も多いしで……

サリア
サリア

一体誰なんだ……?

酩酊した男
酩酊した男

誰だって?

酩酊した男
酩酊した男

ローキャン水槽の跡地から一番多くの遺産をかき集めたのはどいつだと思う?

酩酊した男
酩酊した男

自分の住処に戻ったら分かるさ、サリア。

サリア
サリア

……ライン生命か。

酩酊した男
酩酊した男

フッ、あんたも最初から答えが分かっていたじゃないか。

酩酊した男
酩酊した男

“ブリキの男”とは会ったことがあるんだろ?そいつがあんたの代わりに俺を見つけたんだよ。

酩酊した男
酩酊した男

“炎魔実験”の最大の出資元はどこなのか?ローキャン水槽のスポンサーはまた誰なのか?

酩酊した男
酩酊した男

ほぼ同時期に、トップクラスのラボを何軒も雇用して似たような研究をさせるようなことができるのはどこの誰なのか?

酩酊した男
酩酊した男

普段そこのラボたちはちんけな特許のために相争っているってのに、一緒に仲良く同じ研究資料をシェアさせることなんて、普通考えたら無理な話だ。

酩酊した男
酩酊した男

それとだ……

酩酊した男
酩酊した男

あの生き残った被験者たちが、クルビアから送り出される前はどこの手に渡ると思う?

ドクター
ドクター

それってまさか……

???
???

あらあら、もうすでに大盛り上がりじゃないですか。

???
???

どうやら少し遅れてしまったようですね。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました