アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】緑野の幻夢 DV-S-1「心の苦しみ」 翻訳

フェルディナント
フェルディナント

君が欲しがっていたデータだ。

ドロシー
ドロシー

ありがとう、フェルディナント。まさか自分から持ってきてくれるなんてね。

フェルディナント
フェルディナント

君と政府部門が動いてくれたおかげで、ローキャンの水槽に残っていた大部分のデータを回収できた。あまり人に知られたくないことだから助かったよ。

フェルディナント
フェルディナント

それに……君にもこの部分のデータがなぜこうなったかを理解してもらいたくてね。

ドロシー
ドロシー

……

ドロシーは静かに目の前にあるモニターを、呼吸さえ軽んじてしまうほどに注視する。
モニターにはとある映像記録が流れ、そこに一人の白髪の少女が映っていた。
ほとんどの時間、その少女は睡眠と食事を取り、あるいは空っぽな空間の中で呆けている。
また、たまに実験室まで連れて行かれ、1メートル余りもある隔離壁を隔てて、その向こう側にある実験室の中で机や椅子をくず鉄に捻りつぶしていくだけだった。

ドロシー
ドロシー

美しい子ね。

フェルディナント
フェルディナント

ローキャン・ウィリアムズを思い出すような言い方だな。イカレた連中でしか被験者を“傑作”としてそこら中に見せびらかすようなことはしないと思っていたよ。

ドロシー
ドロシー

そうね、最低限の倫理観すら無視しているって大勢から責めれれていたわ。

フェルディナント
フェルディナント

倫理観?フッ、そんなもの、リスク回避のために凡人が自分につけた足枷に過ぎんさ。

フェルディナント
フェルディナント

いつだって科学とは常識を逸脱するものなのだよ。倫理観をもって科学者を批評することは最大の侮辱にすら当たる。

フェルディナント
フェルディナント

ウィリアムズが叱責された原因は、彼が果てしない未知に狂ってしまい、科学者のあるべき理想を失ってしまったことにある。

フェルディナント
フェルディナント

最後のところの映像記録を見てみるといい、君が口にしたその“美しい子”がいかにして実験室を天災の現場に様変わりさせたかを――

そう言って、モニターの画面に変化が起こった。
当時の監視カメラに音声は記録されていない、だが抑揚ある悲鳴はそれでもモニターを貫き、数年先の未来にあるこの実験室まで届いていた。
地面を染める夥しい血の池、どれほどの崩れたレンガだろうとそれを覆い隠すことはできない。

ドロシー
ドロシー

……

ドロシー
ドロシー

この子は……結局どこに行ってしまったのかしら?

フェルディナント
フェルディナント

彼女が関わっていたデータには明らかに改竄された痕跡が残っていた。分かると思うが、ローキャン水槽にある遺産同様、この子も一部組織からすればまだ利用価値があるということになる。

ドロシー
ドロシー

ねえフェルディナント、私この子を探したい。

フェルディナント
フェルディナント

……

フェルディナント
フェルディナント

ウィリアムズの実験を継続したいと思っての発言ではないんだろうな?

フェルディナント
フェルディナント

言っておくが、彼女はもうコントロールが効かない。そんな大きなリスク、ライン生命じゃ到底受けきれんぞ。

ドロシー
ドロシー

……あの子は自らの意志であの実験室に入ったわけじゃないんだから、そんな残酷なことなんか要求できないわよ。

フェルディナント
フェルディナント

じゃあ治療してやりたいのか?

フェルディナント
フェルディナント

私たちは医者じゃないんだぞ、この実験の全過程を見た人であれば、尚更そんな妄想を抱くべきではない。

ドロシー
ドロシー

違うの、フェルディナント。

ドロシー
ドロシー

私はただあの子を探して、そして……抱き締めてあげたいだけなの。

フェルディナント
フェルディナント

だ、抱き締める……?

ドロシー
ドロシー

あの子は……孤独なの、あまりにも。

ドロシー
ドロシー

彼らはあの子の家族を奪って、あの子を誰とも違う人間に作り変えてしまった。

ドロシー
ドロシー

だからどうしても考えてしまうのよ……あの子は今どこにいるのかって。

ドロシー
ドロシー

友だちはできたのかしらって、また敵と出会ってしまってないかしらって。

ドロシー
ドロシー

あの子の声が、どうしても聴きたいの……

ドロシー
ドロシー

過去は変えられなくとも、少なくとも未来ならまだ変えられるでしょ?

フェルディナント
フェルディナント

ドロシー、君はいつもそうだ……まったく掴みどころがない印象を抱かせる。

フェルディナント
フェルディナント

君みたいな感情で動く科学者はめったにいない。理性に囚われることがなければ、君もいずれはローキャンよりもイカレてしまうことになるだろうな。

ドロシー
ドロシー

……イカレてしまうこと?そんなの、夢の中で何度も見てきたわ。

ドロシー
ドロシー

だからこそ、あの子を見つけてあげたいの。

ドロシー
ドロシー

もしあの子がまだ生きていたのなら……誰かがあの悲惨な過去からあの子を救ってあげたのなら……

ドロシー
ドロシー

いつか私が狂っても、きっと誰かが私を止めてくれるって、そう信じているわ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました