アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】理想都市:常夏の狂宴祭 IC-6「逃げるか戦うか」行動前 翻訳

パチパチと目を覚まさせたスティッチは、二人の見慣れた面影が目に入る。

クロッチ
クロッチ

アヴドーチャさん、着替えを持ってきたよ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ありがとうございます。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

クロッチさん、今後はお酒を控えたほうがいいですわよ。

クロッチ
クロッチ

あはは、ごめんごめん。でもさ、結果オーライじゃん?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

どこがオーライなんだか……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

はぁ、もういいです。ほかの場所で着替えてきますわね。

そして、その二人もまたスティッチの目覚めに気が付く。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

あら、ご機嫌よう、スティッチさん。

スティッチ
スティッチ

オレは、どうしたんだ?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

気絶してましたのよ、憶えていません?

スティッチ
スティッチ

確かオレは船を操縦して、イェギーが飛び乗ってきたんだが、その後は……ッ……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

それから船は暴走し、岸辺に上がってあなた方二人を振り落としたんですのよ。

スティッチ
スティッチ

……イェギーは?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

先に目が覚めて、エリジウムさんと一緒に測定へ向かわれましたわ。

スティッチ
スティッチ

そうだ、船に積んであった装備は!?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

船に積んであった装備ならほとんどは使い物にならなくなってしまいました。測定装置は……急遽デコルテに作らせてもらいましたわ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

岩盤掘削の装置なら使うまでもありませんわね。

スティッチ
スティッチ

どういうことだ?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

さっきからうるさいと思いません?

アヴドーチャはやるせないながらも、そう遠くない場所を一瞥した。
彼女からの気付きを得て、スティッチもようやく理解が及んだのだ。さっきから騒々しいこの噪音は自然のものではない、何やらチェーンソーと崩れる岩が合わさった音のようだ。

(ガヴィルがチェーンソーを岩壁に向かって押し付ける)

スティッチ
スティッチ

ガヴィル、一体なにをやって……

ガヴィル
ガヴィル

見りゃ分かんだろ、岩壁を整えてんだよ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

船の衝突でここに大きな穴が開いてしまいましたが、それでもまだ簡単には通れませんの。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

掘削装置は使い物にならなくなってしまったものですから、本当ならしばらく予備が届くまで待つ必要があると思いましたけれど――

アヴドーチャ
アヴドーチャ

まあ、見ての通りですわ。

ガヴィル
ガヴィル

はは、鉄道の修理や測定よりも、こっちのほうアタシに性に合うぜ!

周囲を見渡すと、スティッチは断面がキレイに整えられた岩のブロックと、人が二人肩を並べても十分通れるほど広くなった洞窟の穴を見つけた。
間違いない、これはガヴィルの仕業だ。
つまり、掘削装置が全壊してしまった状況の中、ガヴィルはたった己の力だけで、トンネルへ通ずる道を切り拓いていたのだ。
アカフラで聞いた荒唐無稽なガヴィルの無敵伝説も、もしかしたら一部は真実なのかもしれないと、スティッチは疑い始めてしまったほどである。

ガヴィル
ガヴィル

おっ、エリジウムじゃねえか、やけに帰りが早いな?

エリジウム
エリジウム

……

ガヴィル
ガヴィル

どうしたんだよ?イェギーは?

エリジウム
エリジウム

まずいことになった、ガヴィル。

ガヴィル
ガヴィル

なんだ?まさか巨大なオリジムシとかが出たのか?プロヴァンスからシエスタでそういうのを見たって聞いたぜ。

エリジウム
エリジウム

生き物程度だったら、今もキミと冗談を交わす余裕ぐらいはあったさ。

エリジウム
エリジウム

ともかく、ついて来てくれ。

崩落した箇所を通り抜け、一同はトンネルの中へと入って行った。
中の空間は、トンネルと言うよりかは洞窟と言ったほうが近しい。広くも暗闇が広がっている。
だが流石はナビゲートのプロフェッショナルだ、エリジウムがガイドしてくれたおかげで、一同は難なく洞窟の中を進んでいく。
なぜこんな短時間にトンネル内の構造を把握できたのか、もしやエリジウムはこのトンネルを一度通ったことがあるではないかと、疑えてしまうほど順調に奥へ進んでいく。
だがエリジウムが足を止め、一同がその先にあった光景を見た時、なおさら先にこの洞窟へ入って行ったエリジウムとイェギーたちを疑うのであった。
一同が目にしたのは、岩壁から露になった源石の鉱脈であった。
それに、源石に少しでも理解を持っている人なら容易に気付くことができるだろう、この源石鉱脈はすでに活性化して久しいと。
そして活性化は、即ち――
爆発を引き起こすことを意味する。
あるいは――
災いを意味すると言ったほうが妥当だろうか。

スティッチ
スティッチ

なっ、そんなバカな!?

イェギー
イェギー

都市を建てる以前にもこの方角で源石鉱脈の存在を観測していたんだが、なんせトンネルから距離がとても離れていたものでな――

エリジウム
エリジウム

以前起こった大地震のせいで鉱脈がここまで引っ張られてきた可能性はない?その後も何度か小さな余震も起こったとかなんとか。

エリジウム
エリジウム

明らかにこの鉱脈は地層から高く突き出ているように見えるよ。

イェギー
イェギー

その可能性もなくはないが……

イェギー
イェギー

いや、その通りかもしれん!以前の地震のせいでここまで引っ張られてきた可能性も十分にある!

イェギー
イェギー

それにゆっくりと活性化までさせられた。

イェギー
イェギー

ワシらのドームに備えられていた源石の測定装置はずっと壊れたままでな、だから発見も遅れてしまったのだろう……

スティッチ
スティッチ

そんな……じゃあオレがあの時……

イェギー
イェギー

お前のせいではない、スティッチ。

イェギー
イェギー

あれはワシら全員が投票して決めたことだ。

イェギー
イェギー

しかしな……

イェギー
イェギー

ワシらが先ほど歩いた距離は500mにも満たん。もしこんな近い場所で活性源石の鉱脈が爆発しようものなら……

イェギー
イェギー

ゼルエルツァは無事では済まんぞ。

???
市内放送

緊急のお知らせです。

???
市内放送

先ほどの水泳大会によって開いたトンネルに、マスター・イェギー率いる選手数名が調査へ向かったところ……

???
市内放送

都市から直線で約1kmのポイントに、源石の鉱脈を発見しました。

???
市内放送

測定の結果、状況は芳しくありません。

???
市内放送

ゼルエルツァ建設の際に行われた初期の測定では、この鉱脈はゼルエルツァから約3kmの地層付近に存在しておりました。

???
市内放送

しかし半年前の地震が原因として地層に変化が生じ、鉱脈は都市付近まで移動してしまった上に活性化してしまいました。

???
市内放送

現在、この鉱脈は間もなく爆発を引き起こす恐れがあると、緊急測定したマスター・イェギー率いるほか専門家が判断しております。

???
市内放送

詳しい情報はまた後ほどお届け致します。

???
市内放送

ゼルエルツァの市民におかれましては、速やかに避難の準備をしてください。

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

ん?活性化した源石鉱脈が爆発するだって?急に何を言い出すんだ?

酩酊したドゥリン
冷静なドゥリン

市内放送の内容から察するに、以前の地震でドームが壊されてしまった後、そのドームに備え付けられていた源石測定機能を修復してやれなかったから、発見が遅れたってことだろう。

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

なんか、マスター・イェギーも昔に同じようなことを言っていたような気がするな。

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

まっ、こうなっちまった以上は仕方ねえ。

イナム
イナム

あなたたち……“大水溜まり”を作ったことは間違いだったって思わないの?

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

俺たちはこの結果を受け入れてんだよ、なんでそう思わなくちゃならないんだ?

酩酊したドゥリン
冷静なドゥリン

そうさ、私たちは一度だってマスター・イェギーの警告を無視したことはない。

酩酊したドゥリン
冷静なドゥリン

ドームの修復よりもあの“大水溜まり”を作るって決めた時から、マスター・イェギーは何度も警告してくれていた。

酩酊したドゥリン
冷静なドゥリン

でも私たちはそんな潜在的な危機があることを理解した上で、“大水溜まり”の建設に踏み切ったんだ。

酩酊したドゥリン
冷静なドゥリン

だから今、私たちはただ回って来たそのツケを背負うだけだよ。

イナム
イナム

……

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

そうそう、だからお前さんらが俺たちを同情する必要なんて一ミリもないぜ、地上人。

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

考えを変えてみりゃ、俺たちは少なくとも長い夏を過ごしてきたんだ、違うかい?

[冷静なドゥリン]まったくその通りだ。

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

しかし、避難ねぇ……何を持って行って何を残していけばいいか全然整理がつかないぜ……お前さんは?

酩酊したドゥリン
冷静なドゥリン

私は君と違って、私が持っている今の自宅は当時私が一番理想としていたデザイナーハウスだ、それを残して避難なんてできるものか。

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

そっか、ならあの鉱脈がそう簡単に爆発しないことを祈るばかりだな、俺も少しは整理整頓しておくか。

酩酊したドゥリン
冷静なドゥリン

じゃあ一先ず飲みに行くってのはどうだい?ミード酒は如何?

フラつくドゥリン
だらけたドゥリン

興味ないな、飲むつったらやっぱりセブンスリキュールだろ。

イナム
イナム

ここのドゥリンたちもいま上にいるアダクリス人たちと大差ないと思っていたんだけれど……そうでもなさそうね。

イェギー
イェギー

はぁ……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

イェギーさん、どうですか?

イェギー
イェギー

完全に測定するにはもう少しだけ時間がかかる。だがワシの経験則によれば――

イェギー
イェギー

一か月もしないうちに爆発するだろうな。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

一か月もしないうちにですって?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

なら今すぐ鉄道を敷いて、市民たちをトンネルへ向かわせて避難させたほうがいいですわ。

イェギー
イェギー

いや、それだと間に合わない。

イェギー
イェギー

もっと深い場所を掘って一時的に避難所を作ったほうがいい。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

確かに、この距離にある源石鉱脈が爆発しても、ドームが少なからず被害を軽減してくれるでしょう。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

しかし問題は爆発した後の源石粉塵です!

アヴドーチャ
アヴドーチャ

もし粉塵が市内全域を覆ってしまえば、妾たちは全滅ですのよ!

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ですので今は危険承知の上、鉄道を敷いて障碍を除去し、全員を避難させたほうがいいですわ!

イェギー
イェギー

だがな、今じゃトンネル内も源石まみれなんだぞ、トンネルを無事に通過できるはずもない!

イェギー
イェギー

今ゼルエルツァには数十万人がいるんだ、細心の注意を払いながら多くて二十人程度が横に並べる程度の広さしかないトンネルを進んでも、どれだけの時間がかかると思ってるのだ!?

ガヴィル
ガヴィル

おい、こんなとこでケンカしてる場合か?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

あなたは黙ってなさい、ガヴィル。ではお聞きしますがイェギーさん、それよりもいい方法はありますの?

イェギー
イェギー

今すぐ源石鉱脈の反対方向に掘り進めたほうがいい。

イェギー
イェギー

全員を収容できる小型の避難所を建てた後、戻ってきた道を封鎖してからさらに奥へ掘り進めれば……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

この都市は数十万もの人口を有していますのよ!いくらゼルエルツァのテクノロジーを以てしても、短時間にそれを完成させるには無理があります!

アヴドーチャ
アヴドーチャ

それにその後の数十万人もの生活をどう維持すればいいのですか!?

イェギー
イェギー

じゃあトンネルのほうを行けば無事で済むと言いたいのか!?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

少なくとも一番危険な源石が生えてるエリアを通過すればチャンスはあります!

アヴドーチャ
アヴドーチャ

もしその避難所に立てこもった時に、唯一ほかの都市へ通じてるトンネルが源石に覆われてしまえばどうするのですか!

アヴドーチャ
アヴドーチャ

それこそ、妾たちはみなゆっくりと死を迎えるだけじゃないですの!

イェギー
イェギー

むむむ、お前の言ってくることも筋は通ってるが、しかしやはりだな……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

危険なのは妾だって理解しておりますわ、しかし今はもうこれしか方法はないんです!

ガヴィル
ガヴィル

……なあ、アヴドーチャ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

急を要することでなければ後にしてくださいませんか、ガヴィル?

ガヴィル
ガヴィル

いや、アタシだって邪魔するつもりはねえよ?でもさ――

ガヴィル
ガヴィル

そのトンネルも通れねえってなったら……

ガヴィル
ガヴィル

残った方法はトミミが言っていたあの超便利ビッグエレベーター一号を直して、全員をアタシらの部族んとこに避難させるぐらいしかねえ。

ガヴィル
ガヴィル

方法ならまだあっただろ、なんでそこまで言い争ってるんだよ?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

それは……地上へ向かうということですか?

ガヴィル
ガヴィル

ああ。

ガヴィル
ガヴィル

えっ、まさかお前ら……思いつかなかったのか?

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました