アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】11章 淬火塵霾 11-5「等価交換」行動前

1098年
2:55p.m. 天気/曇り
ロンディニウム

ジャスミン
ジャスミン

ゴールディング先生、やっと来てくれたんですね!

ゴールディング
ゴールディング

ごめんなさい、間に合いましたか?

ジャスミン
ジャスミン

もちろん。みんな先生の帰りを待ちわびていましたよ。これから本番を想定したリハーサルですので、ぜひ見てやってください。

ゴールディング
ゴールディング

でしたら、いい席に座って楽しまないといけませんね。

ジャスミン
ジャスミン

さあさ皆さん、準備はいいですか?

???
やんちゃな子供&純粋な子供

オッケー!

ゴールディング
ゴールディング

では、お願いします。

ジャスミン
ジャスミン

明かりを消してください――

第一幕
――
第一場

純粋な子供
農民

おはようございます!何やら悩ましいお顔をされておりますが、どうされたのですか?

やんちゃな子供
貴族

勝利の角笛はすでに城壁の上で三日三晩も響き渡っているのに、なぜ私の心は今もなお焦燥に駆られているのだろうか?

純粋な子供
農民

私たちの偉大なる将軍なら、すでに凱旋されたではありませんか?あのお方の恐れを知らぬ勇気を共に讃えましょうよ!

やんちゃな子供
貴族

勇気?恐れを知らぬだと?フッ、それもそうか、なぜならお前はヤツが戻って来た際の眼光を見ていないからな!ヤツはまるで羽獣を狙う肉食獣のような様で王冠を狙っていたさ!

純粋な子供
農民

なんと!?貪欲というものは、かような良い人間であっても地獄に堕としてしまうのですね。

やんちゃな子供
貴族

そしてそれをさも「当然だ」と思い込むのが人というものだ。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

以上がこちらの条件だ、アラデル殿。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

とある“ブツ”をロンディニウム内に運び込みたいと仰ったな。しかし数量にしろ重量にしろ……提示された情報を見ても、今までとは訳が違う。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

何を、そしてなぜ運んでいるかは詮索しないでおくよ。だがそんなものを運べばこちらも被害を受けかねん、ご理解頂きたい。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

そちらも分かっているのだろう?今じゃそちらに手を貸したくても厳しい状況下にあるんだ。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

物流網もサルカズたちに厳しく監視されている。もし水面下でこのような取引がされていることを知られれば、私もあなたも生きてロンディニウムから出ることは叶わんぞ。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

いくらあなたの後ろ盾が固かろうと、今までの条件で運び込むのは無理だ。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

もう少しリスクに見合うぐらいの報酬を頂かなければな。

アラデル
アラデル

……

アラデル
アラデル

ご意見に感謝するわ、プティ殿。そちらが提示してくれた条件なら、考慮しておくよ。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

時間は人を待ってはくれんぞ。なるべく早く決めて頂きたいね。

(ロンディニウムの商人が立ち去る)

クロヴィシア
クロヴィシア

中々値を張ってきたな。

アラデル
アラデル

こういった値段交渉は今じゃ当たり前ね、王立造幣局は今やサルカズの手元にあるから仕方がないわ。この情報もきっとすでにマグナ区にいる銀行家たちを通して全国に広まっているかも。

アラデル
アラデル

ああいった密輸を生業としてる商人たちが一番心配しているのは、貰った金が次の瞬間には紙屑にならないかにある。だから自ずと長期間価値を保持してくれる報酬を求めてくるのよ。

クロヴィシア
クロヴィシア

それで、あの条件を呑むのか?

アラデル
アラデル

プティ殿の言った通り、「時間は人を待ってはくれない」からね。

アラデル
アラデル

準備時間は多く見積もっても五日程度。都市防衛軍の司令塔攻略となれば、当然ながら大量の武器を市内へ持ち込まなければならないわ。

クロヴィシア
クロヴィシア

……だが向こうが要求してきたアレ、キミにとってはとても大事なものじゃ……?

アラデル
アラデル

……

アラデル
アラデル

フッ。

アラデル
アラデル

今の私はもうこんなザマになってしまったわ。

アラデル
アラデル

惨めね。

アラデル
アラデル

そんな私に、どうしてアレが大事だと言えるのかしら?

クロヴィシア
クロヴィシア

それは……

アラデル
アラデル

予想が外れたわね、クロヴィシア。

アラデル
アラデル

今でもこの私を、あのカンバーランド公の者だと思っているのかしら?

アラデル
アラデル

あの時、あなたはまだ生まれてもいなかったはず。でも私は、あのヴィクトリアに座す獅子王が宮殿の庭園で絞首刑に処された場面をこの目で見てきた。

アラデル
アラデル

我が名はカンバーランド、かの陛下の最も忠誠なる友である。このことを知らない者はいないでしょうね。

アラデル
アラデル

私が今こうして五体満足であなたの前に立っていられるのも、議会に居座ってる連中が慈悲を与えてくれたからに過ぎないわ。

アラデル
アラデル

今も頻繁に裏切者のレイトン中佐のパーティへ参加しているのも、向こうからすれば私はまだ民衆を宥めるだけの利用価値があるからに過ぎない。

アラデル
アラデル

もちろん、こちらもただただ向こうに従っているわけじゃないわ。こちらもきちんと利用させてもらっているもの。

クロヴィシア
クロヴィシア

キミが出してくれた犠牲にはとても感謝している、アラデル。キミがいなければ、自救軍はここまで持ちこたえられなかったはずだ。

アラデル
アラデル

……ありがとう。でもね、私はもうオモチャをせがむような子供ではないわ。

アラデル
アラデル

あそこに置かれているものがどうなろうと、もうどうだっていいの。

アラデル
アラデル

アレはもう、ただの屑鉄でしかないのだから。

アラデル
アラデル

……エルシー。

アラデル
アラデル

アレを運び出したいから、少し手を貸してちょうだいな。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

……

アラデル
アラデル

その沈黙、私の決定には賛同できないということかな?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

……お答えできません、お嬢様。

アラデル
アラデル

言ってちょうだい。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

……アラデルお嬢様、どう悪く言おうが構いませんが、あれは……あれはカンバーランド家の蒸気鎧ですよ!

侍女のエルシー
侍女のエルシー

カンバーランドの青き血は、まさにそこから始まったのです。あの鎧はヴィクトリアから賜ったカンバーランド家の栄誉、カンバーランド家の“永久なる高潔”の象徴ではありませんか。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

戦火に燃えようと、ほかの高潔なる者に譲り渡すことはいいとして……あのような汚らしい欲まみれな商人どもに引き渡すだけは許されません!

アラデル
アラデル

プティ殿には、所有する資格はないと?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

古くから伝わる我らの鎧を!ただのコレクションとして!低価で買い叩かれるなんてことは――

アラデル
アラデル

ねえエルシー、あなたはずっと私の傍にいてくれたわね。生まれてからずっと。

アラデル
アラデル

ずっと二人三脚で、もはや“存在しない”カンバーランド家を、今日まで保ち続けてきた。

アラデル
アラデル

かつてのカンバーランド家なら“栄誉”や“忠義”、“純潔”あるいは“善良”といった言葉から支えられてきたけど……そんなもの、今はもうとうに消え果ててしまったわ。

アラデル
アラデル

今のカンバーランド家を支えているのは、私と、そしてあなたよ。違う?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

……本当に、差し出してしまうのですね。

アラデル
アラデル

ええ。それで……向こうから返事は来た?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

いいえ、今はまだ。

アラデル
アラデル

そう……

アラデル
アラデル

実はねエルシー、まだ……あの演奏が、頭の中から離れないの。

アラデル
アラデル

かつてこの屋敷は国王を迎え入れたことがあったけど、そんな国王もどこへ消えてしまったのでしょうね。

(シージが近寄ってくる)

シージ
シージ

……

アラデル
アラデル

アレクサンドリナ殿下!これは大変失礼な物言いを――

シージ
シージ

……ヴィーナでいい。

アラデル
アラデル

では……ヴィーナ。

シージ
シージ

先ほど戦士たちと巡回にあたっていた。

アラデル
アラデル

正体を打ち明けて、なおかつそのまま自救軍と共に任務にあたるとは、大したものね。

シージ
シージ

手をこまねいているだけは性に合わんのでな。

アラデル
アラデル

ここにいるだけでもいいのに。

シージ
シージ

クロヴィシアから話は聞いたぞ、アラデル……

アラデル
アラデル

ああ、あれのこと?ただの置物よ、そろそろ断捨離してやろうと思ってたからちょうどよかったわ。

アラデル
アラデル

けど、あそこは埃まみれなの。次期陛下になられるお方の手を借りて手伝わせるわけにはいかないわ。

シージ
シージ

……

シージ
シージ

アラデル。

シージ
シージ

貴様がやむを得ずあの鎧を売りに出すところなど、私は見たくない。

アラデル
アラデル

それはやめろとのご命令かしら?

シージ
シージ

貴様に命令する資格など私にはないさ、アレの所有者は貴様だからな。

シージ
シージ

自救軍にとって、最善の策を講じてやれるのも貴様だ。あの鎧は限りあるチャンスを生み出してくれると知って売りに出したのだろう。

シージ
シージ

だが……少しだけ私に時間をくれないか?

シージ
シージ

私が別の方法を考える。

アラデル
アラデル

……私に構わなくてもいいのに。

シージ
シージ

それは自救軍のオークタリッグ区管轄責任者としての命令か?

アラデル
アラデル

あはは、あなたには敵わないわね。

アラデル
アラデル

もしも、もしもあの日常が今も続いていたら、私たちは……

アラデル
アラデル

いや、やめておきましょう。起こってしまった以上、妄想したところで何もかも無駄ね。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ハイディさん!

ハイディ
ハイディ

あら、どうでした?ゴールディングのほうからは何か?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ゴールディングさんからのメッセージなら、すでにそちらの端末に届いていますよ。本屋からだそうです。

ハイディ
ハイディ

そうですか……ありがとうございます。

(通信の受信音)

ハイディ
ハイディ

こっちは安全、って書いてますね。オークタリッグ区での計画も順調に進んでいると。

ハイディ
ハイディ

すみませんが、彼女に返信をお願いできますか?ドクターの部隊が先ほどハイバリー区へ潜入できたと。ロドスに協力してくださった、あの傭兵方のおかげですね……

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

キャサリン、九番搬出口のベルトコンベアがちょっとおかしくなっちまった、診てくれないか?

キャサリン
キャサリン

分かった。

キャサリン
キャサリン

……

キャサリン
キャサリン

ネジが一本緩んでるわね。

キャサリン
キャサリン

パットッ!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

なんですか?

キャサリン
キャサリン

今日の当直はあんただ。こっちはもう時間がないって言うのに、なんだこの杜撰さは?

キャサリン
キャサリン

進捗が遅れたせいで、サルカズたちがあんたの脳みそをコンクリにぶち込まれても知らないよ!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

すいません……

キャサリン
キャサリン

……レンチを寄越しなさい。

ロンディニウムの商人
ロンディニウムの商人

はい……

???
???

ほらよ。

キャサリン
キャサリン

フンッ。仕事のほうもそうやってテキパキとしてくれりゃ文句はない……って……

キャサリン
キャサリン

……

キャサリン
キャサリン

……あんた、戻って来たのかい。

フェイスト
フェイスト

久しぶりだな、婆ちゃん。

フェイスト
フェイスト

ただいま。

キャサリン
キャサリン

……

キャサリン
キャサリン

パット!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

へい、頭……

キャサリン
キャサリン

仕事が終わったら、あんたんとこの班長に報告するからね。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

えぇ!?

キャサリン
キャサリン

工場で一番大事な搬入口は関係者以外お断りだ、追い出さないだけ感謝しな。

フェイスト
フェイスト

……婆ちゃん、パットは関係ねえよ、オレが勝手に入ってきたんだ。

キャサリン
キャサリン

そうかい。ならパット、トムとダンもまとめて報告させてもらうわよ、連帯責任だ。

フェイスト
フェイスト

……

キャサリン
キャサリン

それと横にいるあんた。そう、見るからに怪しい恰好をしてるあんただよ……

ドクター
ドクター

・私のことか?
・……

キャサリン
キャサリン

ついて来な。

第三幕
――
第七場

やんちゃな子供
騎士

そこのお方、なぜ宮殿がこんなにも静かなのですか?

純粋な子供
老人

宮殿?どこに宮殿なんかがあるんだい?

やんちゃな子供
騎士

今そうして寄りかかっているのが宮殿の外壁になります。

純粋な子供
老人

……お前さんちょっとどいとくれんか、日光浴の邪魔じゃよ。

純粋な子供
老人

それにワシが寄りかかっているのは、もう誰も住んじゃおらん空き家じゃよ。

やんちゃな子供
騎士

私は邪悪と不義を振り払う蒸気の騎士です!宮殿内で一体何が起こったのか教えてください!

純粋な子供
老人

もう何もかも終わってしもうたさ、若いの。

やんちゃな子供
騎士

いいえ、そんなことはありません!

やんちゃな子供
騎士

我々が善悪を見定めている限り、憚らず選択を打ち出す限り、終わりが来ることはないのです!

やんちゃな子供
騎士

そのために私はここへ来た!我が隊列に加わる意志のある者であれば、誰であれ歓迎しよう!

やんちゃな子供
騎士

そも、今あなたも、そうやって悔しさのあまりに拳を握りしめておられるではありませんか!

エンジニア部オペレーター
ロドスオペレーター

まずいですよアーミヤさん、バレちまいました!

アーミヤ
アーミヤ

敵の数は?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

偵察班が言うには、少なくとも傭兵で構成された巡査部隊が四つこっちに向かって来ています!

アーミヤ
アーミヤ

でも、都市防衛軍の司令塔に向かうには、どうしてもこの先の街を通らないと……

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

なんでこんなことに……ついさっきこの街に入ったばっかりだって言うのに!

アーミヤ
アーミヤ

この対応速度、きっと待ち伏せでしょうね。

アーミヤ
アーミヤ

予備のルートの状況はどうですか?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

傭兵連中が真正面からこっちに向かってきていますから……

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

ダメだ、予備のルートも使えなくなっちまいました!

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

あと、何者かが急速にこっちへ近づいてきています!ついさっき自救軍が発見しました!

アーミヤ
アーミヤ

詳しくお願いします。

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

自救軍がサディアン区から撤退した時、ちょうどそいつらとやり合ってたんです!あの悍ましい連中は……

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

あ、ありゃ“ヒト”じゃないって、そう言ってました!

アーミヤ
アーミヤ

……ブラッドブルードの手下ですね。

アーミヤ
アーミヤ

全部隊に通達!本作戦を一時中断、直ちに撤退します!

(複数の矢が飛んでくる)

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

クソ、もう追いつかれた!ブラッドブルードめ、どんだけ足が速いんだよ……じ、自救軍のほうもすでに交戦してるみたいです!

アーミヤ
アーミヤ

目標を変更、自救軍の援護に向かいます!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

あのコータスはどこだ!

自救軍の戦士
自救軍の戦士

なんだよコータスって!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

とぼけるな!ヤツが数日も貴様らとつるんでいたのは知っているんだ!

自救軍の戦士
自救軍の戦士

なに訳分からんことを言ってんだ!知ったとして、お前なんかに答えるかっつの!殺しても口だけは割らねえぞ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

クソが!どいつもこいつも石みてえな頑固野郎どもめ!

自救軍の戦士
自救軍の戦士

ギャアアアア!なんだこれ!?ムシ!?ムシか!?こんのクソッタレめが!

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

ロドス部隊、到着した!持ちこたえてくれよあんた!

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

隊列を整えろ!あのうじゃうじゃいるムシたちを逃すな!

アーミヤ
アーミヤ

重装オペレーター、自救軍の撤退の援護に回ってください!

アーミヤ
アーミヤ

この敵はロドスが引き受けます!

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました