アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】11章 淬火塵霾 11-12「迫り来るは」行動後 翻訳

シージ
シージ

着いたぞ、ここは……宮殿と公爵邸が繋がっている道だな。

シージ
シージ

(小声)……金色の鬣。

トター
トター

今なにか言ったか、ヴィーナ殿?

シージ
シージ

いや、なんでもない。彼らに会うのは久しぶりなものでな。

アラデル
アラデル

ついこの前も、私たちはちょうどこの道から逃げてきたのよ。でも今日またこの古い石畳の道を歩くことになったとはね。この道も、ここまで頻繁に歩かれるのは初めてなんじゃないのかしら。

アラデル
アラデル

だってこの道、本来なら緊急用なんだもの。

トター
トター

だが、公爵邸の者だろうが宮殿に住まう者だろうが、その者たちの緊急時に使われ
ることもなかったということか、この道は。

ダグザ
ダグザ

傭兵、酒の席以外でのそういう冗談はやめろ。

トター
トター

悪かった。

シージ
シージ

アラデル、前に私はこの道から諸王の息吹を持ち帰ったと言っていたが……

シージ
シージ

実は何も思い出せないんだ。

シージ
シージ

おかげでこっちは焦りに焦ってる。まるでわざと大きな責任から逃れているような錯覚に陥ってしまうんだ。

アラデル
アラデル

気にしなくていいのよヴィーナ、あの頃のあなたはまだ幼かったんだもの。

アラデル
アラデル

言葉を覚えたばかりの子供に責任を強いるような人がいるとしても……それは向こうのエゴでしかないわ。

アラデル
アラデル

あっ、ごめんなさい……もしかしたらあなたの親しい人たちの悪口になってしまったかしら……

シージ
シージ

いや、貴様の言ってることは正しい。

シージ
シージ

だがそれでも、私たちはここへ帰ってきた。

シージ
シージ

“責任”?“奇跡”?当時の自分が、周りからどんな期待を背負わされていたかは分からんが、今はもう何も気にしてはいないさ。

シージ
シージ

私が今ここにいるのは、為せねばならないことがあるからに過ぎない。

シージ
シージ

大義も名分も、私は付けるつもりはない。なぜならば……人々の平穏な暮らしを取り戻すために戻って来たのだからな。

アラデル
アラデル

ふふっ……なら、また一歩目標に近づいてきたわね。

アラデル
アラデル

それじゃあみんな、あそこのレンガで塞がれた壁を壊してちょうだい。でも静かにね、大きい音を出したらバレてしまうから。

アラデル
アラデル

ここから下に降りる必要があるわね……

シージ
シージ

ああ、では私が……

暗闇を突き進む中、背後から足音が聞こえてきた。
金色の鬣も……

アラデル
アラデル

ヴィーナ、どうかした?

シージ
シージ

……

シージ
シージ

なんでもない、進もう。

トター
トター

追っ手は来ていないな。

ヴィクトリア傭兵
ヴィクトリア傭兵

サルカズは思いもしないだろうな、まさか俺たちが地下に潜っているだなんて。

ヴィクトリア傭兵
ヴィクトリア傭兵

なんせあいつらは今、上でドンパチ騒ぐのに夢中になっているんだしよ。

シージ
シージ

だがその上で苛烈に繰り広げられている戦いでの犠牲者のうちに、我々の仲間も含まれていくかもしれん。

シージ
シージ

だからアラデルがこの作戦を提案した時、私は迷っていたんだ。

シージ
シージ

本来なら私も自救軍と一緒に……ロドスのみんなと一緒に戦うべきだったからな。

アラデル
アラデル

でも、私たちの作戦がバレないようにするためがドクターたちの計画でもあるのよ。

アラデル
アラデル

上がどんな状況になっていようが、私たちは諸王の息吹を手にしなければならない。それが最優先事項よ。

アラデル
アラデル

だってあれはサルカズの計画を破壊しうる存在だからね、なんなら戦局を根本的に変えうるほどのものでもあるわ。

モーガン
モーガン

その剣のことだけど……吾輩はおとぎ話でしか聞いたことがないわね。

アラデル
アラデル

あれはね、歴代アスラン王が所持していた宝剣なのよ。

アラデル
アラデル

伝説では、草原に住まう精霊がアスランのために作った剣とされているわ。古代にいたとされるパーディシャが、その剣でバケモノの王の首を斬り落としたとも。

アラデル
アラデル

それからアスランがヴィクトリアにやってきて、ここの王になってからその剣は王権の象徴になった。

アラデル
アラデル

一部の文献の記載によれば、まだ移動都市もなかった時代に、時の王たちはその剣で天災を切り伏せたと書かれているわ。

アラデル
アラデル

そのため数百年もの間、ロンディニウムは一度も都市を破壊しうる嵐に遭ったことはないんだとか。

アラデル
アラデル

おかげでその諸王の息吹さえあれば、ロンディニウムはどんな強敵にだって打ち勝つことができるって、口伝されているぐらいだわ。どんな強大なバケモノだろうが、恐ろしい天災だろうがね。

シージ
シージ

……

モーガン
モーガン

それを信じてる人なんているのかしら……

ダグザ
ダグザ

アタシは信じるぞ。

インドラ
インドラ

俺は……俺はヴィーナを信じる。

モーガン
モーガン

あんたそりゃ話をすり替えてるよ、吾輩だってヴィーナを信じてるさ。でも今の話、明らかにただの子供騙しのもんでしょ、そんなことあるわけ……

アラデル
アラデル

いいえ、“天災を切り伏せた”っていうのはもっぱらアスラン王たちの王権神話を誇示するために作られた話でもなんでもなく、実際にそういうことができるのよ。

アラデル
アラデル

もし嵐を引き起こすことができるザ・シャードがロンディニウムの矛だとすれば、天災を切り伏せる諸王の息吹はヴィクトリアの盾ってところね。

アラデル
アラデル

その矛は今じゃ誰にも知れ渡ってはいるけれど、盾はもはや伝説でしか存在しないもの扱いとなってしまったわ。

アラデル
アラデル

だからもし私たちがその力を手に入れれば、サルカズの野心も必ず阻止するこができるはずよ。

シージ
シージ

アラデル、我々の宝剣について詳しいのだな。

アラデル
アラデル

それはまあ……カンバーランドの者としての務めでもあるからね。

シージ
シージ

間近でその剣を見たことがあるのか?

アラデル
アラデル

……

アラデル
アラデル

あるわ、でも一回だけよ。

アラデル
アラデル

あの時見た情景というのは、ホント思い返すと、夢でしかありえないものだったわね……

ダグザ
ダグザ

なあなあ、それは一体どういう剣なんだ?

アラデル
アラデル

あの剣は……とても美しかったわ。

アラデル
アラデル

心を打ち震えるほどのパワーも秘められていた。それを見れば、みんなもきっと勝てないものなどないと思えてしまうはずよ。

モーガン
モーガン

本当にそんなにすごい剣なの?

インドラ
インドラ

伝説……伝説か。

インドラ
インドラ

もしかしてそれって、サルカズを暗喩してるんじゃねえの?ぶった斬ったら、サルカズにだけ特別効くとか?

モーガン
モーガン

……あんたぶった斬るぶった斬るってそればっかりね?

モーガン
モーガン

もしあの日、吾輩らを追い掛け回してた大君とかってヤツの脳天にヴィーナがハンマーを振り下ろしていたら、二百年後にもそのハンマーに同じような話が付け加えられるとは思わない?

アラデル
アラデル

うふふ、本当にそうなるかも。

アラデル
アラデル

じゃあその時ハンマーを授けた精霊は……ロドスになるわね。

ダグザ
ダグザ

……そうなったらクロージャは大喜びだろうな。

モーガン
モーガン

「荒地を行く神の船!王の帰還なり!」ってね。

インドラ
インドラ

それのどこがおとぎ話なんだよ、まるっきり事実じゃねえか!

インドラ
インドラ

だったら二十年後、ウチらの近所で走り回ってるガキんちょ連中も、きっとみんな「偉大なる女王ヴィーナ、ロンディニウム人を導いてサルカズを追い払ってくれた」ってそこら中に言いふらしてるに違いねえ。

モーガン
モーガン

じゃあヴィーナの物語となると、もっとしっかり構成してやらないといけなくなるわね……むむむ……

シージ
シージ

……私だけの物語ではないぞ。

シージ
シージ

恐れ知らずの勇敢なる“ハンナ・インドラ”、聡明で叡智ある“ケイト・モーガン”、忠誠にして不屈なる“イザベル・モンタギュー”。

シージ
シージ

そして……高潔で実直なるアラデル・カンバーランドも。

シージ
シージ

これは私たち全員の物語だ。

アラデル
アラデル

……ふふッ。

シージ
シージ

さあ、このまま進もう。

シージ
シージ

物語は自分で自分を書き下ろしてはくれないからな。

諸王の息吹。
シージは心の内で思っていた、私はそれを見たことがあるはずだと。
だが思い出すのは靄にかかったような記憶の断片と、曖昧な声だけであった。

(回想)

???
激昂する声

さあ、我が娘よ。この剣を持ってみなさい。

???
激昂する声

剣に呼ばれている感覚はあるかね?

???
激昂する声

感じるのだ、その剣を。

???
激昂する声

その声を。

???
激昂する声

ヴィクトリアを。

そこは燃え盛る宮殿であった。
その日シージは外に出て、どんな催し物が開かれているか見てみたかった。国王の生誕祭の日は、毎年とても賑やかであるからだ。
だが彼女が目にしたのは、怒り狂うように吠えたてる炎と、その炎から逃げ惑い、あるいは地面に倒れ伏している制服を着た人々だけであった。
地面も揺れが止まらない。そこで彼女はふと、枕元に置いてあるガラス作りの羽獣を思い出した。あれは彼女がつい最近、貰ったばかりのプレゼントである。近頃は毎晩、その精巧に作られた小物を抱えなければ眠りにつけないのである。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

アレクサンドリナ殿下!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

中に入ってはなりません、危険です!しかし殿下が外に出ておられたのは幸いでした。ヤツらの狙いは陛下と貴方様なのですから……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

ただ陛下は……もう……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

いや、今はそれどころではありません。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

陛下から最後の命令をお受けしました。必ず貴方様をここからお連れ致します。

(回想終了)

アラデル
アラデル

ヴィーナ、どうしたの?さっき地下に下りてからずっとそんな感じだけど。

シージ
シージ

少し……思い出したんだ。もうとっくに忘れてしまっていたはずのことを、思い出した。

アラデル
アラデル

それは辛いほう?それとも楽しかったほう?

シージ
シージ

いや……まだ声しか思い出せていないんだ。

(回想)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

……申し訳ございませんが殿下、ここからはご自分で歩くことになります。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

少し前もここを訪れたことはあるはずですよね、憶えておられますか?

(複数の何者かの足音)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

ヤツらが追ってきた。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

いいですか殿下、何があってもこの道を進むのです。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリアの将校

決して振り返ってはなりませんよ。

(戦闘音と走り去る足音)

彼女は言うことに従って、ひたすら奥へ進んでいった。
この先に広がっているのは一面の漆黒ではあるが、彼女は自分の背後を追いかけてくる星屑の如く優しい光のほうがなおのこと恐ろしく感じた。
彼女はひたすら逃げた。その道の始まりも終わりも忘れてしまうほどに、涙も枯れてしまうほどに。だが目の前に伸びる道は、いつまでも果てしない。
しかし逃げていくうちに、彼女の下から金色の鬣が現れた。
まるで自分も四本の足で駆け回る獣になったかのように、幼い彼女はその暖かな金色にしがみついた。
そうしてついに、彼女はもはや自分を追いかけて来る悪夢に恐れることはなくなり、自分が失った何もかものために涙を流すこともなく、自由自在に暗闇の中を駆け巡るのであった。

やがてそういった幻は消え、記憶も波のように引いていった。
気が付くと、彼女は長い長い道の真ん中に立っていたのである。
その道の突き当りには門が構えている。その門は生と死を隔てるものであった。生から死へ、あるいは死から生であるか。どちらにせよ、その門はヴィクトリアの王たる者にしか開かれないのである。

シージ
シージ

……ここだ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました