【アークナイツ】世界観や勢力、用語について

あらすじ/世界観

アークナイツの舞台は莫大なエネルギーを持つ鉱石「源石(オリジ二ウム)」によって急速に発展を遂げた世界。

オリジ二ウムは工業利用することで莫大なエネルギーを手に入れることができ、そのエネルギーを利用することで「先民」と呼ばれる生物たちはこれまでの遊牧生活を捨て移動都市を建設し、天災から逃れながらも豊かな生活を送っていた。

しかし、オリジ二ウムには利用することで「鉱石病(オリパシー)」と呼ばれる不治の病と天災の頻度を増加させる代償が存在していた。オリパシーに感染した者は「感染者」と呼ばれ蔑まされ、身柄拘束や都市からの追放、処刑という冷酷な処遇を受けることになる。

そんな差別を受けていた感染者達は「レユニオン・ムーブメント」と呼ばれる反抗組織を結成。感染者を蔑んできた世界に対して復讐するかのように混乱をもたらした。プレイヤーは表向きは一製薬会社に過ぎない組織「ロドスアイランド」の指揮官としてロドスアイランドの表向きの代表者であるアーミヤと共に様々な勢力の思惑が渦巻く世界に身を投じる事となる。

勢力/国家/企業

ロドスアイランド

略称は「ロドス」。表向きは単なる製薬会社となっているものの、実態は感染者の雇用や救護、居住地の提供、戦地への介入といった感染者に関する様々な事案を解決する感染者に対しての専門家とも言える立場となっている。

雇用されている人たちは感染者が大半なものの、中には感染者に対して支援を行いたい者や他企業から派遣された者といった非感染者達も在籍している。種族や出身も様々。

現在の代表者は「アーミヤ」となっているものの、交渉事や作戦指揮に関しては「ケルシー」、作戦指揮代行はプレイヤーである「ドクター」が受け持っていることが多いため、この2人がロドスアイランドを大きく動かしていると言える。

レユニオン・ムーブメント

種族など一切関係なく、他者や国家に蔑まれてきた「感染者」達が結成した組織。

結成当初は特に大きな騒動を起こすこともなく、名前だけが知られている目的のない組織だった。しかし新たな指導者である「タルーラ」の登場により蜂起を開始し、ウルサス帝国の領地であるチェルノベルクを破壊し占拠、世界に対し暴力で変革を起こそうとする。

アークナイツの物語はロドスアイランドとレユニオン・ムーブメントによる争いが中心となっている。

龍門

高層ビルが立ち並ぶ現代中国をモチーフにしたきらびやかな国家。厳密な階級制度と厳しい選抜試験によって成り立っている国家で、権力は全て政府に集中している。

龍門の対応は情けを掛けるのこと無い非情なものとなっている一方で非常に効率的。武力として龍門近衛局を要しており、戦力としては非常に高いものの、増加する一途の感染者に対してはやや手を焼いている様子。

感染者に対しての処置は非常に冷酷で龍門近衛局に捕まった場合は収監や流刑、更には処理されてしまうこともある。

貧富の差が激しく中心地はきらびやかな高層ビルが立ち並ぶ一方で貧民街も存在しており、そこには多数の貧困層や、難民、感染者が住み着いている。

現在はロドスアイランドとはレユニオン・ムーブメントへの対応のために条件を挟んでの協力関係にある。

ペンギン・ロジスティクス

龍門に拠点を置く運送会社。運送するものは小さな荷物から得体の知れない荷物、更には要人警護という名の要人輸送と輸送であれば種類を問わない。輸送中の戦闘に対してもきちんと対応を行うために武装警備員も所属している。

現状では運送会社の中だとペンギン・ロジスティクスのみが稼働している様子。ペンギン・ロジスティクスの広告では99%以上の迅速かつ正確な輸送を保証しているものの、依然として届かない荷物や顧客自体行方不明になってしまうことも中にはあるようだ。

ブラックスチール・インターナショナル

世界最大の民間警備コンサルタント会社。暴動の鎮圧や天災後の物流の確保や支援、救援といった様々な範囲を幅広くカバーしている。最近になって感染者による紛争が多くなったため「生物学的防護対応チーム」も設立された様子。

一方で感染者を擁しているロドスアイランドと比べると、どうしても感染者に対しての情報量は劣ってしまうため、ロドスアイランドとは競合他社の関係だが作戦間では協力関係にあることが多い。

ただし、ロドスアイランドは公には戦地への介入等は公表していないため、表向きは単なる競合他社同士となっている。

用語

源石(オリジ二ウム)

原因不明の天災の後に天災に見舞われた大地に突如として出現した鉱石。見た目は黒い半透明の結晶で、鉱石の中には莫大なエネルギーが秘められている。

先民と呼ばれるアークナイツの世界に住む住民たちはオリジ二ウムを工業利用する方法となる「オリジ二ウムエンジン」を開発することで文明レベルを一気に昇華されることに成功し、豊かな生活を送ることが可能となった。

また「アーツ」と呼ばれる物質の形を変える魔法のような技術にもオリジ二ウムは使用されており、一般的にはオリジ二ウムを利用して作成した道具がなければ術師はアーツを使用することは出来ない。

一方でオリジ二ウムには使用することによる代償も存在し、オリジ二ウムは天災の主な発生原因とされ、更にはオリパシーと呼ばれる感染症を引き起こす要因となっている。

鉱石病(オリパシー)

「鉱石病(オリパシー)」はオリジ二ウムに長い間侵されることで発症する病。患者の体質によって発症するまでの期間は異なるものの必ず発症する。

症状は身体の表面や体内のあらゆる場所に結晶が生成されてしまうというもので、ステージはI~IIIまで分かれている。末期となると体液が結晶化してしまい、それが致命傷となり死亡する。現段階では症状の進行を遅らせる薬はあるものの完治させることは出来ない。

感染者

オリパシーに感染した者達の総称。見分けとしては身体に鉱石が発生しているかが主な判別内容となる。

感染者達は生存している間は他者にオリパシーを感染させることは無いものの、死亡した場合はオリパシーを拡散させてしまうため、各国において忌み嫌われる存在となってしまっている。各国による感染者への対応は様々で身柄拘束や都市からの追放、処遇が厳しい国では処刑されることもある。

そのため、感染者達には居場所が存在せず、路頭に迷った結果「レユニオン・ムーブメント」を結成させてしまうこととなる。

プレイヤーが所属する企業「ロドスアイランド」はこの感染者達の救済とも呼べるような活動を行っており、表向きは単なる製薬会社となっているものの、実態は感染者の救護、居住地、仕事の提供、紛争の解決等を行っている。

天災

世界中で頻繁に発生している自然災害の総称。災害の内容は暴風雨、吹雪、大雨、洪水などだけではなく隕石の落下等も含まれている。オリジ二ウムを利用し始めてから天災の頻度は年々増加している。

自然災害の発生頻度などの規則性は無く、発生する場所や大まかな時期については予測出来るものの、完璧な予測は出来ていないため、天災の発生が予測よりも早まることも多くある。

天災が発生した場所に一般人がいた場合はオリパシーを発症してしまう可能性があり、感染者であろうとも無傷でやり過ごすことは非常に難しい。

天災の後、天災に見舞われた場所にはしばしばオリジ二ウムが形成されており、研究ではオリジ二ウムこそが天災の主な原因なのではないかと指摘されている。

移動都市

頻繁に発生し、大規模な被害をもたらす天災から逃れるために開発された都市システム。

オリジ二ウムエンジンが開発されて以降、現在では多くの国家がこの移動都市を用いている。都市はそれぞれのエリアにて切り離すことが可能となっており、万が一の場合にはエリアの一部を隔離してしまうことも可能。

タイトルとURLをコピーしました