アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳「騎兵と狩人」 GT-1「真昼の決闘」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

???
???

…。

???
???

…すごく暑い…。

???
???

痛い…。

???
賞金稼ぎ

あの女、まだ話さないのか?

???
???

喉が乾いて…喉が火に焼かれているよう…。

???
???

…一体どれくらい経ったの…?

???
賞金稼ぎ

すごいな、こんなに日に吊らされて、よく我慢できるものだ。

???
乱暴な賞金稼ぎ

おい、あの女を死なせるな。宝のありかをまだ言ってないんだぞ!

キャロル
キャロル

…出来ません…あなたには教えられません…。

賞金稼ぎ
賞金稼ぎ

あの女には喋るまで水を飲ませるな!

キャロル
キャロル

私は死ぬの…かな?

???
???

…。

???
???

まさかカジミエーシュに着くとは思わなかった。

???
???

暴漢ってどこでにもいるものなんだね。

賞金稼ぎ
賞金稼ぎ

あ?お前はどっから来た、まだ生きたくねえのか?

賞金稼ぎ
賞金稼ぎ

おい、ちび、早く俺に渡さねえと――。

乱暴な賞金稼ぎ
乱暴な賞金稼ぎ

あ、い、痛え。

乱暴な賞金稼ぎ
乱暴な賞金稼ぎ

よく見ろ。あの格好を…この辺りの人間じゃねえみたいだ。

賞金稼ぎ
賞金稼ぎ

やつがどこから来たかなんて関係ねえ!あいつは一人だ、死にに来ただけだろ!

グラニ
???

それで、あなた達の問題は全て解決したの?

乱暴な賞金稼ぎ
乱暴な賞金稼ぎ

ぐはあ!

乱暴な賞金稼ぎ
乱暴な賞金稼ぎ

くっ…。

グラニ
???

はい、これであいつらはしばらくは目覚めないはずだよ。急いでここから離れよう。

キャロル
キャロル

あ、あなたは…。

グラニ
???

心配しないで。もうあなたを傷つける人はいないから。私が連れて行くよ。

キャロル
キャロル

――

キャロル
キャロル

すみません、わ、私、頭が…目眩が…。

グラニ
???

顔色が良くないね。大丈夫、私がおぶるよ。

グラニ
???

しっかり掴んでね。

キャロル
キャロル

はい…。

晴/視野度 14km

とある村の中

賞金稼ぎ
賞金稼ぎ

銃を持ったちびを見なかったか?

村民
村民

私はずっと家にいたから外で何が起きたか知らん。

賞金稼ぎ
賞金稼ぎ

もしお前がやつらを隠していることを知ったら、ただじゃおかねえからな!

村民
村民

――――

村民
村民

あいつらは帰りました。グラニ騎警さん、クローゼットから出てきても大丈夫ですよ。

グラニ
グラニ

はぁ~!。

グラニ
グラニ

またおじいさんに助けられちゃったね。

村民
村民

キャロルも大丈夫かい?本当にお疲れ様。

キャロル
キャロル

ルークおじさん、ありがとうございます。もう大丈夫です。

グラニ
グラニ

みんなの助けがあってあなたを助けることが出来たよ。

村民
村民

キャロル、心配するな!

村民
村民

騎士のお嬢さんとはもう相談しているんだ。彼女は必ず村を救ってくれる!

キャロル
キャロル

え?お嬢さん?

グラニ
グラニ

あ、はい、私も女の子だよ。

キャロル
キャロル

へ?

グラニ
グラニ

う!私だって女の子としてのプライドくらいあるよ!

キャロル
キャロル

ご、ごめんなさい。

キャロル
キャロル

…。

キャロル
キャロル

服装は似ていないけど…。

キャロル
キャロル

もしかして、あなたは…新しく就かれたカジミエーシュの騎士さまですか?

キャロル
キャロル

あなたは私達の村を救った後、税金を徴収するつもりなのでしょうか?

グラニ
グラニ

いやいやいや、私はカジミエーシュでもないし、ましてや騎士でもないよ。

グラニ
グラニ

ヴィクトリアにも騎士はいるけど、私は以前は騎警だったんだ!

グラニ
グラニ

騎警は騎士と違って、公務治安が職務なんだ。騎馬警察が仕事をしてもリターンは求めないから税金は徴収されないよ。

キャロル
キャロル

ヴィクトリア?

グラニ
グラニ

カジミエーシュの外にあるところだよ。私の祖先もカジミエーシュから移住したクーランタ人なんだ。

グラニ
グラニ

今回のあなた達の依頼を受けたのも、カジミエーシュにも行ってみたいからなんだ。両親の故郷はどうなっているのか…。これほど深刻な事態になっているとは思ってもいなかった。

キャロル
キャロル

…メッセンジャーに依頼した手紙は全て海に沈んだと思っていました。

キャロル
キャロル

何しろ民間の互助組織は私達のこんな辺鄙なところは気にしないから。

グラニ
グラニ

しかし、どうしてカジミエーシュ政府は支援の手を差し伸べないんだろう?

キャロル
キャロル

んん…首都の騎士達が私達のような遠い村に注目すると思いますか?

キャロル
キャロル

それ故に数年の間、私達はむしろ穏やかな暮らしが出来ています。都市の不安定な暮らしはあまり私達を惹きつけませんでしたし。

キャロル
キャロル

滴水村の人たちは代々この山間地帯の近くに住んでいます。

キャロル
キャロル

ここでの生活はそれほど豊かではありませんが、少なくとも自給自足は出来ます。

キャロル
キャロル

時には災害を避けるために一時的に村を移すことはありますが、それでもここが私達の家なんです。

キャロル
キャロル

ですので、この土地を諦めるということは出来ません…。

グラニ
グラニ

だけど今、村は賞金稼ぎ達によって破壊されてしまっている――。

キャロル
キャロル

…騎士の宝というもののせいで。

キャロル
キャロル

ここ数年、近くのいくつかの村は賞金稼ぎのよく向かう場所となってしまっています。

キャロル
キャロル

カジミエーシュ北部の支配区では常に動乱があるので、賞金稼ぎがそこに行って金儲けの機会を探しているんです。滴水村はその北へ向かう際の必須の通り道となっています。

キャロル
キャロル

もともと賞金稼ぎはこの村を出入りしていたのですが、被害は何もありませんでした。

キャロル
キャロル

一ヶ月ほど前、山中でお供の騎士の石棺を掘り出した賞金稼ぎの一団が小箱の埋葬金を持ち出しました…。

グラニ
グラニ

これってカジミエーシュの紋章が描かれた金貨だよね?

 

グラニ
グラニ

私がここに来たばかりの時に賞金稼ぎが来て面倒なことになったんだけど、この金貨はその謝罪としてもらったんだ。

キャロル
キャロル

はい…その金貨は賞金稼ぎの間で伝説となり、私達に大きな迷惑を掛けているのです。

キャロル
キャロル

”カジミエーシュの古代騎士たちは彼らの精神と財産を持ち、故郷の名も無き地に葬れば、永久に土地を守るだろう。”

キャロル
キャロル

犠牲を恐れず、危険を恐れないカジミエーシュの血脈こそが、あらゆる障害を打ち破る”

キャロル
キャロル

このような伝説がどんどん遠くまで広がっていき、賞金稼ぎが近くに集まったのです。

キャロル
キャロル

最初、賞金稼ぎたちは大きな騎士の宝の見つけ方を探していましたが、いつの間にか”滴水村の誰かが騎士の宝の行方を知っている”という報せが入ってきて――。

グラニ
グラニ

――――しっ!みんな話さないで!

賞金稼ぎ
賞金稼ぎ

ダメだ、見つからねえ。もう一度最初から探し直せ!

グラニ
グラニ

ここにいるのは安全じゃないね。おじいさんをいつまでも巻き込む訳にはいかないし。

グラニ
グラニ

とりあえず、ここから離れよう。

村民
村民

お前さんたちは自分の安全に気を付けるんだ。騎士…いや騎警の嬢ちゃん、村長はあんたに任せた!

グラニ
グラニ

おじいさん、安心してよ、私が必ず守るから――。

グラニ
グラニ

え?村長?

キャロル
キャロル

…滴水村村長キャロル、就任してまだ半年ですが私にだって村長としてのプライドくらいはありますよ。

 

(戦闘)

 

グラニ
グラニ

廊下が暗い!そして狭い!

キャロル
キャロル

す、すみませんが身を隠すのには便利なのはこの小さな屋根裏部屋なんです。

キャロル
キャロル

製粉所や穀蔵、配電所、村の多くの施設が賞金稼ぎによって破壊されてしまいましたが、彼らはこのような小さな所は気にしません。

グラニ
グラニ

そうだね…うん、それでも私達はよくこんな隙間に入ることが出来たね?!

グラニ
グラニ

キャロル、顔が近すぎるよ!

キャロル
キャロル

ごめんなさい…えっと、騎警様?

グラニ
グラニ

騎警様なんて呼ばなくていいよ。グラニって呼んで。

キャロル
キャロル

あの、グラニ。あなたは先程私達の村から騎士の宝を見つけたいという依頼を受けたと言いましたが…

グラニ
グラニ

うん、そして依頼の中にはあなたが既に宝の情報を持っているとあったけど?

キャロル
キャロル

宝を開けるために必要な鍵と宝の位置は、歴代の村長が代々口伝えで秘密にしています。

キャロル
キャロル

具体的にはまだ言えません…ごめんなさい。あなたには隠すつもりは無いのですが。

グラニ
グラニ

問題ないよ。少なくともあなたが私のことを信頼してからで大丈夫だから。

キャロル
キャロル

この情報を知った賞金稼ぎは、村人達を脅し続けました。

キャロル
キャロル

彼らは村の田畑を壊し、越冬の食糧を奪い、村民に迷惑を――もしあの時私が立ち上がらなければ、村は本当に終わってしまいます。

キャロル
キャロル

彼らに宝の情報を知らせれば、少なくとも彼らは他の村人は傷つけないでしょう。

グラニ
グラニ

そんなに辛い思いをしても…。

キャロル
キャロル

…はい、よく分かっています。これは一時しのぎに過ぎません。

キャロル
キャロル

良かったです。あなたが来てくれて。

グラニ
グラニ

あの、キャロルさん…。

キャロル
キャロル

依頼の内容は宝を集めてくれる人が欲しいというものでしたが、私達が望んでいるのは賞金稼ぎを追放し、村に安寧を取り戻して欲しいということだけです。

キャロル
キャロル

宝は私達にとって、今唯一の解決手段です。

キャロル
キャロル

金貨は花のように1日で無くなってしまいますが、私達はずっとこの土地で暮らしているのです。この土地は私達にとって唯一の故郷なのです…。

グラニ
グラニ

宝物を使って賞金稼ぎを追い払う。良いね。

グラニ
グラニ

十分な活動資金があれば、小さな部隊くらいなら雇えるよ!

キャロル
キャロル

はい。

グラニ
グラニ

目的が明確になったうえでの急務は、やっぱりこのごろつきだらけの村から後にすることだ。

グラニ
グラニ

ここの窓から外が見えるけど――うーん、ちょっと高いね。

グラニ
グラニ

キャロルさん、この窓から外は見える?賞金稼ぎはまだ探しているかな?

キャロル
キャロル

わ、私にも届きません。窓が高すぎます…

グラニ
グラニ

じゃあ抱き上げるよ…

グラニ
グラニ

ふぅ!これなら見える?

キャロル
キャロル

はい、見えます――――

キャロル
キャロル

えっ?!

グラニ
グラニ

キャロルさん!動かないで!

キャロル
キャロル

で、ですが、あれは何でしょうか…。

キャロル
キャロル

先程誰かが窓の外を飛んでいった…?

タイトルとURLをコピーしました