アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ブレイズ(煌 Blaze)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「ロドスのオペレーター、ブレイズだよ。はい、これが私の配属権限委任状、ケルシー先生のサインは貰ってるよ。さあてドクター、他のチームに私たちの実力を見せてあげよう!」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職前衛レアリティ★★★★★★
職業身長172cm
精通縦深作戦、パルクール、アーツスキル(ガス)出身ヴィクトリア
戦闘経験歴7年種族フェリーン
誕生日未公開所属機関ロドスアイランド
イラストレーター唯@WCV中原麻衣
オリパシー感染状況
医学報告書を参照したところ、感染者であることが確認されています。
客観的経歴
ロドスのエリートオペレーター。機動戦、殲滅戦及び奇襲作戦において高度な戦闘スキルと素質を見せている。
現在はアーミヤの指揮下で、陣地戦の中心として活躍している。

基本ステータス

ブロック数2→3攻撃速度1.2s
初期コスト20最大強化時コスト24
再配置時間70s
特性
ブロック中の敵全員を同時に攻撃

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期12083081560
初期最大16494292240
昇進I最大21155813030
昇進2最大28217653700
信頼度最大6045

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1第1素質強化攻撃力+28第2素質強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
緊急蘇生術昇進1HPが25%を下回る時、1度だけHPを50%回復し、3秒間HPが50%未満にならない
昇進2HPが25%を下回る時、1度だけHPを50%回復し、6秒間HPが50%未満にならない
昇進2 潜在3HPが25%を下回る時、1度だけHPを50%回復し、7秒間HPが50%未満にならない
スパルタ訓練の成果昇進2配置から15秒後、自身にレジスト(スタン、寒冷、凍結の継続時間が50%減少)を付与
昇進2 潜在5戦場に配置された12秒後に抵抗を得る(スタン、コールド、フリーズの持続時間が50%に減少)

スキル効果

スキル名スキル内容
強撃γ発動タイプ攻撃回復,自動発動
必要SP/持続時間必要SP2
効果次の通常攻撃時、攻撃力が290%まで上昇
鎖鋸拡張モジュール発動タイプ自動回復,自動発動
必要SP/持続時間必要SP70
効果攻撃力+100%、防御力+35%、攻撃範囲拡大
退場まで効果維持
ボイリングバースト発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP25/必要SP35/10秒
効果攻撃力と防御力が徐々に+80%まで上昇し、前方1マスにいる敵全員を攻撃。
効果時間終了後、一定範囲内の敵全員に攻撃力の400%の物理ダメージを与え、自身のHPが25%減少

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
火力発電α初期発電所発電所配置時、ドローンの回復速度が1時間ごと+10%
鉄を切って鋼を断つ昇進I加工加工所で建築材料を加工時、副産物の入手確率+80%

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容ステータス強化/配置コスト+2/スキル「鎖鋸拡張モジュール」習得/素質「緊急蘇生術」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC初級装置初級アケトん
5030000554
昇進2強化内容ステータス強化/配置コスト+2/ブロック数+1/スキル「ボイリングバースト」習得/素質「緊急蘇生術」強化/素質「スパルタ訓練の成果」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級前衛SoCD32鋼上級装置
80180000446

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】優秀
【戦術計画】標準
【戦闘技術】優秀
【オリジ二ウムアーツ適正】優秀

関連アイテム

潜在上昇信物

ブレイズの潜在能力を高めるために使用する。

中がよく見えないガラス瓶。2、3回揺らせば瓶は暖かくなるので冬には手に持っておくと良い。

求人契約

ロドスオペレーターの最もホットなエリートオペレーターのブレイズは何処であろうと彼女の情熱を撒き散らすだろう。

頼むから、時々本当に暑いんだ。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】16%
明らかな感染の兆候が見られる。血液循環によるものか、結晶は主に胴体に分布している。

【血液中源石密度】0.24u/L
源石製品との接触が多く、源石が多数分布するエリアでの作戦にもよく参加するため、病状の進行はかなり深刻である。医療オペレーターは進行を極力抑えようとするが、彼女が戦線離脱を拒否するため難航している。
一部のエリートオペレーターにとって、自身の責任は身の安全より遥かに重要な事項である。こういった場合、彼らの健康状況は他のオペレーターに頼るしかない。

ブレイズ、今度また防具を付けないまま任務に出ようとしたら、お前に禁酒させるようにと、ケルシー先生に言いつけてやる。
ーー医療オペレーターY.P

資料1

文章表示

「そんなに難しいことじゃないよ。ほら、これ右手でしょ、これ左手でしょ、両手を叩くと、間の空気は押し出されるから。そういうこと。」
ブレイズはよくこういった言葉で自分のアーツを説明する。比較的に理解しやすいかもしれないが、アーツの分類と研究に貢献できないのは事実だ。
ブレイズのアーツは指定範囲内の気体を急速に加熱する。当然ながら、加熱できる温度に限界がある。「せいぜいめちゃくちゃ熱いくらいの程度だよ」だそうだ。
彼女のアーツは、物体に直接に作用しないうえに、有効範囲も限られている。さらに、有効なダメージを与えられない場合もある。つまり、作用する目標によってアーツの効果はかなり制限されているのだ。
それでも、テストと訓練を重ねた末、彼女は本来よりさらに高度かつ強力なアーツ効果を発揮できるようになった。
熱風の上昇を緩衝として利用するのも、作用範囲内の空気を加熱し、急速に膨張させて推力を出すのも、温度差を有する空気を極限まで圧縮し、小規模な爆発を起こすのも、彼女が自分のアーツを巧みに運用している証拠である。
さらに、彼女は自分の血液を加えることで、アーツの効果を強化させることも可能だ。加えた血液の量が多いほど、アーツの威力はより増幅する。
彼女が熱流を纏ったチェンソーを振りかざして敵を討つ時、相手は目の前のオペレーターは実は術師でないと悟るだろう。

なんですの、この紹介?あのチェンソーを見て、彼女は術師だと思う人なんているはずないもの。そもそも、どこからどう見ても、あれが術師だなんてありえませんわ!
ーー火炎系アーツを扱う、某匿名希望の術師オペレーターより

資料2

文章表示

ロドスの誰もが知っているエリートオペレーターの一人で、ブレイズはエリートオペレーターの中では最も表に出てくることがある人かもしれない。燃えやすく爆発しやすい性格と深刻な破壊をもたらす戦闘手法を得意ろしている。

特筆すべきことは、ブレイズは完璧に自分の任務をこなしており、前線で奮闘するオペレーターの中で、ブレイズは1、2を争う仕事っぷりと言える。

しかし、彼女が関与する任務は全てそういうような任務ばかりなので、大きな破壊を作り出してしまう。

これは彼女がそのような道にあるということをよく知って、ケルシー先生が彼女を必要とする場所に派遣しているためなのかか、ブレイズが任務に参加した紛争はこのような奔放とも言える手法で解決するのに値するものとなっている。

文字通り、紛争――鉱石、建築、犯罪者――等を直接的に解決する。衝突は無かったのだろう。

だが、これによってブレイズが何人かのオペレーターのように、仲間に迷惑をかけたり、独立を余儀なくされたということはない。

ブレイズの作戦参加能力は一級品であり、実際彼女はチームのアタッカーを担当している。お互いにサポート出来る安心さがあり、防御も出来るので任務目標の達成も可能だ。

そのようなブレイズを何故様々なチームは拒否するのだろうか?

それにはたくさんの理由がある。ブレイズの作戦手法と戦術から、いつも脱走し冒険をし、最大の戦果を得ることが出来るが、チームメンバーの個人的能力に対しても相当な要求を求められてしまう。

300メートル上からの自由落下を試してみると良い。彼女は「大丈夫、私がやるよ」と言うが、このようなことはまともな意識がある人は試しはしない。

長い間、ロドスはこの若くて情熱的なエリートオペレーターを信頼はしているものの、彼女を模範としては見たことはない。

や、やめろ。ブレイズの真似だけはよせ。

しかし、信頼は往々にして実力によるものだけではない。ブレイズは感染者の正当な権益のために戦い、全力を尽くした。

ブレイズは感染者の側にしっかりと達、公正な事業のために奮闘する全ての人の味方でもあった。

「彼女は信頼出来る。何故なら彼女はあなたのために命を捧げてくれているからだ」

資料3

文章表示

【アクセス履歴】

エリートオペレーターに特別なところなんてありません。それとも特別なところに行けば良いんですかね。

一人のオペレーター、いいでしょう。個人能力としてはかなり強いものを持っているかもしれませんが、一人のオペレーターが都市と軍艦に直面しているとして…国全体の工業と時間を掛けて積み上げてきた戦争の機械に対して、一人のオペレーターに勝算があると思いますか?

言う慣れば、3人の教宗騎士がリボルバーを持って、あなたに向かってきている時、どういう人がその攻撃を耐えられるのかってことですよ?

ですが、エリートオペレーターはいつも他のオペレーターよりも努力はしています。

メチャクチャな強さという訳ではないですが、一歩ずつ進んでいます。

もし目標に対して効果的なダメージを与えられないのであれば、多くの武器の構造の研究をし、エンジニアオペレーターと一緒に工夫を凝らして、改善をし、鍛錬をし、鍛えて、更に重くより強い装備を持ち上げます。

これ以上の被害に耐えられないから、自分の術が自分にダメージを与えるなら、何とかして克服をし、より多くの薬品を持って、友人が開発をした特性のペースメーカーを装着して、ショックからも立ち上がり、何度も立ち上がり、そしてもう一度戦闘に参加をします。

自身の戦闘スキルがいつまでもたりなものであれば、最も残酷な戦いに参加をし、経験で埋め合わせをして、無数の戦いで経験をした本能で自身を武装する。

その後は自分のアーツスキルと全ての努力を融合させる。

テストの成績が「一流」程度のものであっても、戦場で貢献する力は「超一流」のレベルに達しています。

それがロドスのエリートオペレーターです。高等課程の基礎教科書を読むときは頬杖をついていますけど。それでも彼女は読み続けていました。

エリートオペレーターとはこういうものです。

資料4

文章表示

【エリートオペレーター資料】

  1. 感染者
  2. 性格:責任感、実践派
  3. 個人情報:
    炎、ヴィクトリア
    血縁関係、外交事件
    感染者、遊蕩者、自由人
    これ以上の内容は漏洩させてはいけません
  4. 感染者の身分関係:関心を持つように。
  5. 戦術要旨:チームのリーダー、ハードターゲットの攻略、自律。
  6. ■■可能性:低い
  7. B類イベント:許可、参加推奨
  8. 異動許可:ケルシー、アーミヤ
    追加異動許可:ドクター

昇進2解放

文章表示

「プロフィールって誕生日も書いちゃダメなの?」
「ダメ。」
「ってことは誕生日会もできないの?」
「他のエリートに教えるのは問題ない。」
「……はぁ、ロドスに来てから二年も経ってるのに、私ってそんなに信用できないのかなぁ?」
「それは違う。君がエリートたちを信用していいということだ。
君は今後、彼らときっと良い関係を築けるでしょう。
私が君に保証できることは少ない。ロドスの力になれば、ロドスも君の助けとなるだろう。
ただ、これだけは保証しよう──エリートオペレーターは最も信頼に値する者たちだということを。」
「ええ?君よりも信頼できるっていうの?」
「ある意味では、そう。これは我々のエリート選抜基準の一つでもあるのだ。」
「えっと……つまり?」
「つまり、彼らにとって、君も同じく信頼すべき存在だ、ブレイズ。」

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命あのねえ、書類仕事なんて全然できないんだけど、本当に私に執務室の当番をさせる気?それより戦いに出す方がよくない?戦果が上がれば君だって嬉しいでしょう?
会話1感染者のために戦う、それが私の信条。私たちに降りかかる不条理は誰の目にもハッキリ映ってるはずなのに、ほどんどの人は見て見ぬふりでしょう?でも、私は見過ごせないし、見過ごさない。ロドスのオペレーターたちはみんな私をサポートしてくれる、だから、みんなの期待は絶対裏切れないんだ。
会話2ロドスで働いている理由?そりゃ行くところかなかったからに決まってるでしょう?というより、ロドスより条件のいいところは見つからないと思うよ。給料もいいし、医療設備も最新のものばかりだし、その上かわいいうさぎちゃんもいる、最高でしょう?
会話3私は、ロドスの強襲担当オペレーターって言っても、戦局をひっくり返すようなアーツも、一人で敵の大軍を相手にできる技術も持ってない。でも、ふふっ、私の得意技二つを組み合わせれば、ドッカーン、効果抜群!こういうの化学反応ってやつかな?
昇進後会話1アーミヤちゃんは私が知る中では一番戦士の才覚に恵まれてる子よ。戦局の判断はハッキリしてるし、あのアーツは見るだけでも震えが来る。でも、ゆくゆく考えてみれば、あの年でどうやってこれだけの力を身に着けたのかな?正直、こんな力は持たない方が幸せでしょうに……
昇進後会話2もし私の助けが必要なら、遠慮せず言って頂戴!君が私を信じて、私も君を信じる、君が指揮を執って、私が戦う、そういうこと!私たちこそロドスのベストコンビだよね!あっ、今言ったこと、アーミヤちゃんには内緒だからね。
信頼上昇後会話1君に会う前、たくさんの人が記憶喪失前の君について話してくれたよ。まあ、今の君はあの人たち語るドクターとはちょっと違うみたいだけどね。前のドクターと今のドクター、別人で考えた方がいいかな、へふふ
信頼上昇後会話2ドクター、いつか君は自分の本当の責任を背負う日が来るって、ケルシー先生が言ってた。私は、命を救ってくれた先生のことは信頼してるし。君は何者か、自分の目で確かめろ、とも言われた。もちろんそうするつもりよ、オリパシーが私の命を奪うまではね。
信頼上昇後会話3ああ、ドクター、タオル取って。うん、今日のトレーニングはこれでおしまい。毎日欠かさず六時間のトレーニングを積んで、命令が来たら、いつでも出られる臨戦態勢にしておくなくちゃいけないんだ。よし、お待たせ、今日はどこ行く?いい、今回はドクターの奢りだからね。
放置もしドクターを寝室まで運ぶどころを見られたら、誤解されちゃうかな?いっそう、このまま寝かせておこうか……
入職会話ロドスのオペレーター、ブレイズだよ。はい、これが私の配属権限委任状、ケルシー先生のサインは貰ってるよ。さあてドクター、他のチームに私たちの実力を見せてあげよう!
経験値上昇こういう戦いは何度も経験してきたけど、もっと厳しいものが、後に待ってるんだろうね
昇進Iっふ、周りの空気が熱くなってきたのを感じる?分からない?へー、じゃもすごし温めて見ようかな?いや、ムードを盛り上げようっと思って。
昇進2アーミヤちゃん、ケルシー先生、そして今の君、ロドスの仲間が君たちを認めてるのは、君たち一度だって、みんなのことを諦めなかったからだよ。感染者たちのために戦うことは正義だって、私は信じてる。私たちの戦いには途轍もない価値があるんだよ、ドクター
編成時戦いに行くの?私も頭数に入れておいて!
隊長任命おっ、私が指揮か。まあ、敵を全員片付ける方法くらい、よーく知ってるよ!
作戦準備強襲オペレーターの基準は厳しいよ、私の動きに付いてきて!
戦闘開始ちょっと乱暴だけど、硬い金属とか、シェルターを切り裂くのが好きなんだ!
選択1高温気体力学はめちゃむずなんだから!
選択2エリートオペレーターから教わった切断術を見せてあげる!
配置2この辺、温度が低く過ぎるかな。
配置2チェーンソーの唸り声が聞こえる?
作戦中1もしどこかが急に発火したら、それはただの副作用だからね!
作戦中2このチェーンソーで真っ二つにされたくなかったら、さっさと投降しちゃって!
作戦中3私が振りまく血で、大盛り上がり間違いなし!
作戦中4鮮血は武器を染め、戦場を沸きたかせる!
星4で戦闘終了無駄な犠牲だって、代価のない勝利だって存在しないんだ
星3で戦闘終了感染者の権利は、感染者自身の手で取り戻す!
星2以下で戦闘終了次はがんばろ、私たちはいつでももっと上を目指せる、そうでしょう?
任務失敗残念だけど、今回はツキに見放されちゃったみたいだね
基地配属何か新しい施設は増えたかな?
タッチや、やめてよ!
信頼タッチなんか、暑くなってきたね、汗かいて来ちゃったよ
タイトルアークナイツ
挨拶ドクター、次の任務はいつ?
タイトルとURLをコピーしました