アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー6章7話「断弦」

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロート!何処にいるのですか?

グレイスロート
グレイスロート

アーミヤ。私はもう近衛局と合流をした。今は近衛局の小隊と戦っているんだ。

アーミヤ
アーミヤ

私達もすぐにその戦場に向かいます!

アーミヤ
アーミヤ

エリートオペレーター各員、聞いて下さい。今回は龍門で唯一の、そして最後の大規模な作戦になるかもしれません。

アーミヤ
アーミヤ

自分の第一任務を達成することを優先目標としてください。

アーミヤ
アーミヤ

敵の指揮官による包囲攻撃に私と私の小隊は全力をもって参加します。

アーミヤ
アーミヤ

一つだけ覚えておいて下さい。私達の一番の目標は契約内容を完遂することで、それは近衛局と一緒に龍門の安全を保障することです。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、今回の戦闘では感染者と一般市民との摩擦を減らし、相互の衝突を減らすことも任務となっています!

アーミヤ
アーミヤ

どんな気持ちで作戦に参加していようと、私達はまず第一にロドスの一員でもあります!

アーミヤ
アーミヤ

いつだろうと、どこだろうと!

アーミヤ
アーミヤ

当然のことながら、私達の行動が事実として私達の基準に違反するものなのであれば、すぐに戦闘は停止です!

アーミヤ
アーミヤ

ですので、私達はこの作戦において責任を持つべきなのです。

ブレイズ
ブレイズ

まるで私に聞かせているみたい。

ブレイズ
ブレイズ

彼女は心配しすぎなのよね…。

プレイヤー
プレイヤー

・早くしないと間に合わないよ。

ブレイズ
ブレイズ

仕方ないでしょ、さっきの感染者達がどれほど厄介なのか、あなたもこの目で見たでしょ。これはオペレーターや小隊が対処できるほどの量でも質でも無いんだから。

ブレイズ
ブレイズ

やっぱり、あの時屋上であいつを直接引き受けるべきだったかなあ。

ブレイズ
ブレイズ

あ、通信。

アーミヤ
アーミヤ

もしあなたが待ち伏せの準備を出来ないのであれば、私は過去一年間のあなたの全ての違反資料をケルシー先生に渡しますから!

ブレイズ
ブレイズ

…。

ブレイズ
ブレイズ

ちゃんと行くから!慌てないで!もうすぐ着くから!

プレイヤー
プレイヤー

・アーミヤ!彼女は私のコートを掴んでいるんだぞ!

・…

・申し訳ないけど、私を降ろしてから通信してくれない?

アーミヤ
アーミヤ

ブレイズ!

ブレイズ
ブレイズ

私も仕方ないと思ってるよ、でも道は急がないと…。

ブレイズ
ブレイズ

(覚えてなさいよ、絶対に割を食わせてやるんだから!)

アーミヤ
アーミヤ

そうですね、あなた達の位置と行動を知られればそれで良いです。

アーミヤ
アーミヤ

あなた達、とても良い関係になりましたね。

ブレイズ
ブレイズ

そうだね!

アーミヤ
アーミヤ

…そうですか?

ブレイズ
ブレイズ

…。

ブレイズ
ブレイズ

(いや、どういうこと?どう答えたら良いの?)

プレイヤー
プレイヤー

・(分からない)

・(分からない)

・(分からない)

ブレイズ
ブレイズ

(危ないよ!これ危ないから!私の心理状態に悪いから、ちゃんと指揮してよ!)

アーミヤ
アーミヤ

頑張ってくださいね。

ブレイズ
ブレイズ

あいつ切りやがった!

ブレイズ
ブレイズ

終わった。私終わったわ。

ブレイズ
ブレイズ

どうせもう着くんだし、少し座ろうよ。

プレイヤー
プレイヤー

・ここはエリアの一番高いところか?

ブレイズ
ブレイズ

あ~しまった。

ブレイズ
ブレイズ

私高いところが好きなんだよね。とにかく2つのポイントの直線で一番短いところを、私達は後から飛び降りれば良いから。

プレイヤー
プレイヤー

・こんなにも高いのに?飛び降りる?

ブレイズ
ブレイズ

そうだよ。ふわぁ~あ。

ブレイズ
ブレイズ

待って。私の見間違いじゃなければ…待ち伏せエリアに移動しているのって、東の方のはメフィストのチームだよね、

ブレイズ
ブレイズ

それと…鱗のある子ども?

ブレイズ
ブレイズ

あいつチームを連れてまだ何と戦っているんだろう。あの黒い圧は何?

ブレイズ
ブレイズ

…牧群?あの数一体どういうこと?!

ブレイズ
ブレイズ

ここで遊んでいられないよ。いこう、ドクター、これが最後の戦いだ!

ブレイズ
ブレイズ

もしもし、アーミヤ、もしもし!

ブレイズ
ブレイズ

すぐにドクターと一緒に戦場に入るから!

スワイヤー
スワイヤー

何か予定でもあるの?

チェン
チェン

…。

チェン
チェン

私はレユニオンの雑魚どもは逃してスラム街に向かい追跡を行う。

スワイヤー
スワイヤー

あなたはその特殊部隊に手柄をあげるの?

チェン
チェン

だが、この状況を利用すればスラム街に再びに入ることも可能だろう。

チェン
チェン

私はもう一度状況を調べに行くことで、もう一つのことを明確にすることが出来る。私達がいる限りは特殊部隊は大胆に行動することは出来ない。

チェン
チェン

戦いが終わるまでは特殊部隊も手を出すのは難しいだろう。

スワイヤー
スワイヤー

あなた上司から命令されるのは怖くないの?

チェン
チェン

誰が「このチームは私のだ」と主張した?

スワイヤー
スワイヤー

いいわね、計算がとても得意で。それでスラム街の状況はどう?

チェン
チェン

その線でずっと調べてはいるが、少数の連絡がない地域を除けば、私達が把握している情報は他の奴らよりもずっと多いものだろう。

スワイヤー
スワイヤー

この賭けは大きいものだけど、掛けてみるのも良いかもね。

チェン
チェン

特殊部隊を回避することが出来るのは近衛局だけだ。

チェン
チェン

アーミヤ、聞こえるか?

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官、私達はもう位置に着きましたよ。

チェン
チェン

…ああ。

チェン
チェン

以前、レユニオンが感染者を拉致したことも含めて、私は謝罪する。もっと周到に考えてさえいれば、こんなことは起こらなかっただろう。

アーミヤ
アーミヤ

…近衛局がスラム街を前もって行動したからこそ、龍門は前もってレユニオンの浸透に対抗する方法を計画しました。

アーミヤ
アーミヤ

戦略上はチェン長官に責任は無いと思います。個人的な問題としては…。

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官、ミーシャは死んでもう生き返ることはありません。

チェン
チェン

…。

アーミヤ
アーミヤ

それにチェン長官の感染者に対しての見方には同意は出来ません。それはチェン長官自身もよく知っているでしょう…。

アーミヤ
アーミヤ

龍門で、龍門を愛する龍門人が龍門のために戦っています。身分に関係はありません。

スワイヤー
スワイヤー

あら、この子ウサギ、やってくれるわね。

アーミヤ
アーミヤ

これはスワイヤーさんの声ですか?

チェン
チェン

あいつには構うな。

スワイヤー
スワイヤー

もしもーし!

チェン
チェン

お前の意見には賛成だ。アーミヤは龍門のために戦い、確かに様々な人と団結することが出来る――レユニオンは除いてだが。

チェン
チェン

だが龍門で暮らしたいということとは別だ。時間が全てを変えるとは思わない。

アーミヤ
アーミヤ

そうでしょうね。ですが私達が全てを変えます。

チェン
チェン

その考えは甘すぎる。感染者と一般人の間には大きな隔たりがあるからだ。

アーミヤ
アーミヤ

ミーシャの死、無数の感染者の死、このようなことに対して私は無関心では

いられません、チェン長官。

アーミヤ
アーミヤ

このような隔たりが彼らを死地に追いやったのです。この隔たり自体が、私達がわだかまりを無くすべきでないという理由になっていませんか?

チェン
チェン

…。

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官には本当に理解をしてほしい。なぜ私達ロドスの感染者が非感染者と龍門のために戦うのかを。

アーミヤ
アーミヤ

来ました。チェン長官。

チェン
チェン

戦闘準備。

レユニオン構成員
幻影射手

待ち伏せエリアです!近衛局が包囲網を縮小しています!

ファウスト
ファウスト

スラム街を突破する。俺たちにはクラウンスレイヤーの消息は分からないが、スラム街はそれでも俺達の唯一の脱出口だ。

ファウスト
ファウスト

彼を連れて行く。

レユニオン構成員
幻影射手

どうしますか?

ファウスト
ファウスト

俺はいくつかの小隊を誘導しておいた。…”牧群”は…ここに集まってくる。

ファウスト
ファウスト

あいつらは俺を攻撃はしない。その特性を利用すればあいつらと一緒に戦うことが出来る。

近衛局隊員
近衛局隊員

奴らの戦線を爆破しろ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

もう長くは耐えられない!

メフィストの護衛
牧群

が…がああ!!

近衛局隊員
近衛局隊員

特殊感染者がいる!気をつけろ!

レユニオン構成員
幻影射手

…あなたが殿をするんですか?

レユニオン構成員
幻影射手

あなたは戻らないつもりでしょう。

ファウスト
ファウスト

…。

メフィスト
メフィスト

んん、んー!!

レユニオン構成員
幻影射手

…。

ファウスト
ファウスト

言わせてやると良い。今の様子だとアーツは使えないようだ。

メフィスト
メフィスト

何をするんだ!

ファウスト
ファウスト

メフィスト…。

メフィスト
メフィスト

君は何をするんだ!何をするつもりなんだ!!戻ってこい!必要ない、そんなの必要ない!早く戻ってこい!

ファウスト
ファウスト

お前に言ったんだ、俺はお前が何かしてほしいというならお前に全部してやると。

メフィスト
メフィスト

サーシャ!

ファウスト
ファウスト

お前も言ったことがあったな、お前は自分の選択はしたくないって。

ファウスト
ファウスト

だが、もしお前が本当に自分の考えを持っているならば、俺はそれについていきたい。俺は…お前が何を選ぼうと責めはしないから。

ファウスト
ファウスト

だからさ…メフィスト。それで、良いんだよ。

ファウスト
ファウスト

だけどな…。

ファウスト
ファウスト

もう選ぶ余地は無いんだ。

ファウスト
ファウスト

これから俺が話すことは俺からの最後の願いだ。

メフィスト
メフィスト

…サーシャ。何を言っているの、よく分からないよ!

近衛局隊員
近衛局隊員

あいつらを行かせるな!あいつらの指揮の中心を撃ち殺せ!

グレイスロート
グレイスロート

あ…!

ファウスト
ファウスト

…ロドスのツバメ?

ファウスト
ファウスト

(口パク:お前は引き金を引くべきだ)

近衛局隊員
近衛局隊員

気をつけろ、伏せろ!火力が強すぎて、俺達は両側から挟撃されている!

グレイスロート
グレイスロート

――!

近衛局隊員
近衛局隊員

ロドスの射手、先に撤退しろ!この通路はこの時のために用意されている!

レユニオン構成員
幻影射手

ファウスト!撤退しましょう!

ファウスト
ファウスト

いいや。

ファウスト
ファウスト

射手達、俺はフロストノヴァがここに向かっていると信じているんだ。クラウンスレイヤーは行方不明だが、彼女の部隊はまだ龍門のスラム街の中にいるかもしれない。

ファウスト
ファウスト

フロストノヴァが来れば彼女は自動的にお前的の指揮権を獲得することとなる。

ファウスト
ファウスト

俺はフロストノヴァを信じている。彼女が来ればお前たちは生き残れるんだ。

ファウスト
ファウスト

それに俺のアーツは実はお前たちが移動中でもステルスを掛けることも出来るんだ。

レユニオン構成員
幻影射手

ファウスト、俺たちは知っているんですよ、使わないで下さい!それを使ってしまうとあなたの感染器官が破裂してしまう!

ファウスト
ファウスト

大丈夫だ。それに俺がそれを使わない理由も無い。

ファウスト
ファウスト

命令だ。撤退しろ。

ファウスト
ファウスト

…彼を連れて行け。チェルノボーグには行くなよ。

レユニオン構成員
幻影射手

…ファウスト…。

メフィスト
メフィスト

そんなことはするな!

ファウスト
ファウスト

…。

ファウスト
ファウスト

俺は一人でも生きてほしいんだ。

ファウスト
ファウスト

死ぬなよ。

ファウスト
ファウスト

――それが俺の最後の願いだ。

メフィスト
メフィスト

サーシャ!!サーシャ!!!

ファウスト
ファウスト

…俺は人を傷つけたくはない。俺は他人から傷つけられたくはない。この2つのことは、俺は絶対に嫌なんだ。

ファウスト
ファウスト

出来るなら、あの時俺たちは逃げるべきだったんだ。

ファウスト
ファウスト

俺たちは元は…逃げているんだから。

メフィスト
メフィスト

サーシャ、約束しただろ、約束しただろ!一緒に生きていこうって言っただろ!

ファウスト
ファウスト

遅すぎたんだ。俺は…

ファウスト
ファウスト

…もう疲れたんだ。

メフィスト
メフィスト

サーシャ!!!

ファウスト
ファウスト

もう良いんだ、イーノー。

彼はボウガンの矢をクロスボウに掛けて弦を張らせた。

そして彼は最後にもう一度狙いを定めた。

(戦闘)

レユニオン構成員
幻影射手

…。

レユニオン構成員
幻影射手

彼は泣かないんだな。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

だが彼の目つきは脳が死んでしまっているのと同じだ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

彼は可哀想には思わないな。俺はファウストが可愛そうだよ。彼は俺の命を救ってくれたんだ。良い指揮官だった。

レユニオン構成員
幻影射手

ファウストはメフィストを俺たちに任せたんだ。これが彼の最後の命令だ。俺たちなら出来るさ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

何をしているんだ?

レユニオン構成員
幻影射手

一緒に都市を出られれば、お前たちも生きられる可能性が高いだろ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…そうだな。行こう。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

彼をどこに連れて行くんだ?

レユニオン構成員
幻影射手

ファウストは彼をチェルノボーグに連れて帰ることは望まないと言った。。

レユニオン構成員
幻影射手

…彼は何処に行けば良いんだ?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

お前たちとファウストはどのくらい一緒だったんだ?

レユニオン構成員
幻影射手

ふむ…最初は彼が俺たちに着いてきていたんだ。

レユニオン構成員
幻影射手

4、5年前のファウストはあまり戦術を使いはしなかったし、ボウガンの扱いも良くなかった。こういうのは俺たちが彼に教えてあげたんだ。

レユニオン構成員
幻影射手

彼は学び続け、練習を重ねて、雪怪と切磋琢磨し、パトリオットの兵士とともに訓練を重ねてきた…。

レユニオン構成員
幻影射手

パトリオットもフロストノヴァも彼に教えていたんだ。そして彼は俺達のリーダーとなった。俺たちはあまり彼をそう呼びはしなかったが、彼は名実ともにだった。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…お前たちはラッキーだったんだな。。

レユニオン構成員
幻影射手

メフィストはどうであれ、ファウストは俺たちに何かをするように強要したことは無かった。

レユニオン構成員
幻影射手

射手達には高爆性のクロスボウはやめてくれって。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

そのクロスボウなら近衛局にもしばらくは対抗できたんじゃないのか?

レユニオン構成員
幻影射手

ファウストは俺達の死んだチームメイトのためにずっとそうするんだと主張していたんだ。

レユニオン構成員
幻影射手

「敬意を表するのは無駄なことじゃないんだ」

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロート?

グレイスロート
グレイスロート

彼は…。

アーミヤ
アーミヤ

私の記憶に間違いが無ければ彼はメフィストのそばにいた射手で、レユニオンのもう一人の指揮官です。

アーミヤ
アーミヤ

…彼を知っているのですか?

グレイスロート
グレイスロート

知らない。知らないし、私と彼は…知り合いとは言えない。

プレイヤー
プレイヤー

・ロドスで出来ることなんて本当は多くはない

・…

・私達は本当に感染者の何かを助けたことがあるのだろうか?

アーミヤ
アーミヤ

そうですね。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスはこういうことをしていますが…ほとんどの場合はそうですね。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、少しでも出来ることがあるのであれば私達はやります。

アーミヤ
アーミヤ

私達は必ず向かいます。

グレイスロート
グレイスロート

昔はロドスは感染者のために戦うものだって思ってた。

グレイスロート
グレイスロート

でも今、私達の下に倒れているのは感染者ばかりだ。

グレイスロート
グレイスロート

アーミヤ…。

グレイスロート
グレイスロート

ロドスはどうして戦っているの?

ブレイズ
ブレイズ

今更そんな質問をしているの?

アーミヤ
アーミヤ

ブレイズ。

ブレイズ
ブレイズ

…って言ってよ。

アーミヤ
アーミヤ

この問題は私も常に聞いてきています。

アーミヤ
アーミヤ

感染者も一般人も毎日目の前で死んでいく。

アーミヤ
アーミヤ

…私達は出来なかった。「一度の死を阻止する」だけではだめなんです。この大地では、それでは意味はない。

アーミヤ
アーミヤ

今のように…私達が直面しているこの戦いのように。

アーミヤ
アーミヤ

戦いで双方を死なせたのは、クロスボウだけじゃありません。アーツ…爆発や傷。

アーミヤ
アーミヤ

私達が勝たなければいけないのは、これら全てを生んでいるからです…それが一般人が感染者を敵視し、感染者が一般人を敵視し、彼らが殺し合う理由。

アーミヤ
アーミヤ

私達は恨みを生む土壌を一掃しなければならない。クスリを使って、或いは行動をして。

ブレイズ
ブレイズ

あ――。

ブレイズ
ブレイズ

それでレユニオンは撃ったの?

アーミヤ
アーミヤ

…あれはオリジ二ウムアーツを施したクロスボウ弾ですから。

ブレイズ
ブレイズ

ひどい花火だな。

ブレイズ
ブレイズ

二アールの話によれば、チェルノボーグの時、この鱗の男の子はかなり強い戦闘力を持っていたって。

ブレイズ
ブレイズ

彼女はその時、腕が全部折れそうになったって、私の彼女に対しての理解を鑑みれば少なくとも私じゃ耐えられないだろうね。

ブレイズ
ブレイズ

さっきのを見た限り彼の弦は既に駄目なものだと感じたよ。クロスボウ弾にもあまりアーツは残ってない。

ブレイズ
ブレイズ

何なんだろうね、この小僧。

アーミヤ
アーミヤ

私が思うに、彼は…もう戦う理由が無かったんだと思います。

ブレイズ
ブレイズ

って言ってるけど、アーミヤ、彼はアーツで攻撃を避けてた可能性はない?

アーミヤ
アーミヤ

…すいません

ブレイズ
ブレイズ

何誤ってんの。私はただあの男の子が惜しいなあって。私の目で見た限り、彼の腕は悪くない。

グレイスロート
グレイスロート

今は何を言おうが遅すぎる。

アーミヤ
アーミヤ

遅くはありません。

アーミヤ
アーミヤ

過去に埋没した悲劇は、今花を開き結果として…未来の悲劇を阻止する力があります。

グレイスロート
グレイスロート

…。

グレイスロート
グレイスロート

彼のクロスボウを回収してくる。

ブレイズ
ブレイズ

彼女は納得したの?

アーミヤ
アーミヤ

彼女の過去を知らないのです?

ブレイズ
ブレイズ

彼女は私には教えてくれなかったよ?私達そんな仲でもないし。

アーミヤ
アーミヤ

彼女の両親はオリパシーの学者で、感染者のためにオリパシーの研究をしていたのですが、感染者と当局の衝突の中で死んでしまったのです。

アーミヤ
アーミヤ

彼女はただ、私達が遭遇したことと彼女が遭遇したことは同じだと思っています。

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロートはあなたが思っている以上に敏感なんですよ。彼女は言いたくないだけ。

ブレイズ
ブレイズ

話したくないか、分からないよ…。

グレイスロート
グレイスロート

…。

???
???

彼は君の友達なのかい?

グレイスロート
グレイスロート

…分からない。

グレイスロート
グレイスロート

あんたは誰?

???
???

自己紹介は必要?

グレイスロート
グレイスロート

いいや。

???
???

感染者と友だちになるのは危険だ。

グレイスロート
グレイスロート

友人が感染者かどうかなんて気にしない。

???
???

そうか…。

???
???

ご愁傷さま

グレイスロート
グレイスロート

…どうして私にそういうことを聞くの?

???
???

君が感染者と友達になることが怖いからだよ。

ブレイズ
ブレイズ

アーミヤ、通信。

アーミヤ
アーミヤ

こちらアーミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

ガヴィル?何処にいるのです?

アーミヤ
アーミヤ

スラム街底の通路。新しい通路がある、どういうことですか?。

アーミヤ
アーミヤ

…黒い雨衣と…。

アーミヤ
アーミヤ

雪怪小隊?彼はスラム街に逃げ込んだレユニオンと合流しているのですか?

ブレイズ
ブレイズ

…最悪のことが起きたみたいだな。

タイトルとURLをコピーしました