アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳「黒夜生誕 DM-7 亀裂」前編

サルカズ戦士
サルカズ戦士リーダー

お前…何処で見たような…同胞よ。俺たちは戦場で会ったことがあるよな。

サルカズ戦士
サルカズ戦士リーダー

…あー、えー。お前はチェルノボーグに来るべきじゃなかったな。ロドスの情報は既に部隊全員に配られているし、お前も部下も死ぬことになる。

サルカズ戦士
サルカズ戦士リーダー

でもまあ、お前たちがいくら優秀であってもWの担当する防衛線をそんなに簡単に通り抜けられないだろう。あれを除いて…

サルカズ戦士
サルカズ戦士リーダー

そう言えば、彼女がそんな選択をしていたな。まあ俺たちも予想していたが。

プレイヤー
プレイヤー

・お前たちの中には私達と一緒に戦った人がいるだろう。

・それが私達が戦場で話をしている唯一の理由だ。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

…テレジアは卓越した指導者であり、彼女は多くの人々のこの大地に対する見方を変えてくれた。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

理想的な見方というものを。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

焦って反論なんてするなよ。俺はカズデルが直面している残酷さをお前よりも知っているからこそ、彼女を否定したくはない。だがな、俺達は偉大な過程よりも取るに足らない結果が欲しいんだ。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

今の摂政王の手腕だけがサルカズに新たな未来をもたらす。決して氾濫した善意じゃなくな。

プレイヤー
プレイヤー

・私達は手を携えて一緒にやってみてもいいだろう、少なくとも共倒れする必要はない。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

愚かな考えだ。サルカズの長い憤懣をどうやって鎮める?長きに渡る傾きをどうやって正すというんだ?

サルカズ戦士
サルカズ戦士

未感染者、ウルサス、感染者、レユニオン、サルカズ、カズデル。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

同じことなんだよ。レユニオンに取り組んできた日々の中でそれはより確信出来るものだった。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

摂政王殿下は俺達のための新しい家を開拓することが出来る。俺はその可能性に従うことを選んだだけだ。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

昔のようにお前たちはテレジアに従っているようだな。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

…良いだろう。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

Wがお前を中に入れたからにはお前は何か代価を支払ったんだろう。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

何を支払ったんだ?時間を稼ぐためにお前を庇って命を落とした部下か?そしと…お前自身か?

プレイヤー
プレイヤー

・…。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

今のお前の名前を教えろ。

プレイヤー
プレイヤー

・――Scout。

・傭兵は全員偽名なんだろう、ガルソンだ。

サルカズ戦士
サルカズ戦士

・選択肢1
よく耳にするコードネームだが尊敬の意を表すために、お前の本名をこの刀に刻ましてもらいたい。

・選択肢2

…お前の言う通りだ。

 

 

イネス
イネス

抵抗はやめろ。

イネス
イネス

…それとお前の12人の隊員は既に全滅したことが確認されている。

イネス
イネス

レイファ、ミミ、サムタックはレユニオンの術師の包囲網のど真ん中で死んだ。一人は立って死んでいたな。

イネス
イネス

マリー、ロングトーン、スリンカー、スコーピオンの前線は占拠されW自らが先頭に立った。

イネス
イネス

ムラム、カクテル、ユランは私達の小隊によって共に死んだ。包囲を突破した者もいたようだが、それらはヘドリーの刀兵によって斬首された。

イネス
イネス

プータルは先程のビルの下で死んでしまったが、変わってるなと思うが逃げることが出来なかった平民を救うためだったようだな。

イネス
イネス

ソラナはまだ息は残っていたから連れられていったが、まああいつのことだから自殺する方法でも見つけるだろう。

イネス
イネス

…まだ黙っているつもりか?

イネス
イネス

隠れようとするな。お前には聞こえているだろう。影がはっきりとしているからな。お前の息はひどく乱れているし、傷も軽くない。

Scout
Scout

どうして彼らの名前を知っている?

イネス
イネス

Wがわざわざ言っていたんだよ。お前たちのような者は兵牌のようなものを身につけるってな。

イネス
イネス

「少なくともこれで誰を殺せば良いのか分かるのよね。ここはカズデルじゃないから、間違って殺しちゃったら大変だもの」とな。

Scout
Scout

あれは兵牌じゃない。犠牲になったオペレーター達だって…兵士ばかりという訳じゃないんだ。

Scout
Scout

俺はWが自分でやるものだと思っていた。

イネス
イネス

あいつは…ふん。私があいつが自分の手でお前を処理するのが忍びないのだと言ったらお前は信じるか?

イネス
イネス

摂政王の派遣してきた指導者はお前に既に殺されたんだ。引き受けたいのはあいつ一人だけじゃないし、あいつは今は忙しい。

イネス
イネス

あの時のお前がWと約束をしたようにな。

イネス
イネス

お前が任務を完了させたら、私達は「奥の知恵」で全力でお前を殲滅しに掛かる。

Scout
Scout

イネス
イネス

…お前は市街戦の途中で未だに時間を割いて個人を救っている。だが今、それに関しては私達の管轄範囲ではないだろう。

イネス
イネス

それにパトリオットがそこにいるし、お前には必要はないことだ。

Scout
Scout

…それならば、それでいい。

Scout
Scout

お前たちは…変わったな。過去のWはわざわざ死者の名前を覚えるような人では無かったのに。

イネス
イネス

あいつは確かに変わった。だがそれ以上に多くの時間で狂人となってしまった。

イネス
イネス

お前の純然たる戦地での経験はファウストのオリジ二ウムアーツに匹敵するものがある。もしかしたらお前の動揺を誘うためだけに、私にわざとアーツで捕らえさせて故意に名前を書き留めようとしたんじゃないのか?

Scout
Scout

…変わらないな。いつも何かを楽しもうとする機会を見逃さないところは。

イネス
イネス

お互い様だ。お前だってWしか思いつかないような狂っている取引に応じたのだろう。

Scout
Scout

俺の命をチャンスと引き換えだ。またこのチャンスを掴むべき人に握らせるのもいいだろう。

Scout
Scout

それに俺の犠牲になった隊員達も同じだ。あいつらは自分の理念のために死んだ。あいつらがいなければ成功はしない。

イネス
イネス

…時だけが経っているように見えたが、みんな少しずつ変わっているんだな。

Scout
Scout

お前もな、過去のお前であれば今のように敵に一息付かせる時間を与えることは無かっただろう。

Scout
Scout

ヘドリーがお前に注意していただろう。

イネス
イネス

――

イネス
イネス

ならば何故抵抗をする?

イネス
イネス

…チッ、いなくなったか…。

イネス
イネス

…。

イネス
イネス

このまま逃げ切ってくれれば良いんだが…

イネス
イネス

(こっちの方向からか?)

イネス
イネス

(…)

イネス
イネス

(間違いない、ここだ。早いな)

イネス
イネス

(面倒な奴だな。あいつが怪我をしていなければ、私は誰かに顔を合わせることすら出来ないんだが…)

イネス
イネス

(待て。)

イネス
イネス

(あいつ…城の中心へと移動しているのか?)

イネス
イネス

…くそ!

イネス
イネス

中心にこんなにも近づいて、お前は一体何をしたいんだ?

イネス
イネス

どうして素直にチェルノボーグから離れてくれないんだ!?

Scout
Scout

…お前はサルカズとは似てない部分があるな、イネス。

Scout
Scout

――これからも積み上げていくべきなんだ、お前はサルカズの傭兵なのだから。それにここは戦場だ。

イネス
イネス

今のお前は走れないはずだ、出血が多すぎるし、めまい、手足も冷えてしまっている。立っていられるはずがない。

Scout
Scout

自分の傷くらい分かっているさ。ましてやここには多くのレユニオンもいる。

Scout
Scout

お前たちに対して…お前とヘドリー、そしてWに…一つ提案がある。

イネス
イネス

…殿下の身に免じて。

Scout
Scout

お前の目で真実を見るんだ。その前に無駄死にはするんじゃないぞ。

Scout
Scout

俺たちは…サルカズはこのまま利用されるべきじゃないんだ。

イネス
イネス

アーツの話をしているのか?それで何が見えるんだ――

イネス
イネス

――

イネス
イネス

――――

イネス
イネス

――これは…こ…誰が…

タルラ
タルラ?

タルラ
タルラ?

…サルカズか?

イネス
イネス

――!

イネス
イネス

あり得ない、気付かれただと――!?

Scout
Scout

(チャンスだ――!)

ヘドリー
ヘドリー

久しぶりだな。

Scout
Scout

ん…お前は?お前が…生きていたとは。

ヘドリー
ヘドリー

ああ。

ヘドリー
ヘドリー

俺はずっとお前に付いていた、イネスを頼りにな。お前のような達人は苦手だしな。

ヘドリー
ヘドリー

取引の内容には命を賭けるが、俺たちとて手加減をするつもりは無い。でもまあやっぱり俺はお前が欲しいんだがな…。

ヘドリー
ヘドリー

だが、今はもうお前にチャンスを与えることは出来なくなったんだ。ここは中心に近すぎる。Wは誰の注意もここにはさせたくない。

Scout
Scout

ああ…聞いている…今は彼女が隊長なんだろう…

Scout
Scout

お前は…それで…。

ヘドリー
ヘドリー

…すまない、もう寝てくれ、旧友。

Scout
Scout

お前たちは…ここにいるべきじゃない…。

ヘドリー
ヘドリー

…分かっているさ、古い友人。

ヘドリー
ヘドリー

ずっと分かっていたんだ。

イネス
イネス

ヘドリー!

ヘドリー
ヘドリー

さっきは動揺していたがどうしたんだ?

イネス
イネス

――早く行け!

イネス
イネス

私達はすぐにWに知らせなければいけない――

イネス
イネス

ちっ!あいつが近づいてくる!

タルラ
タルラ

タイトルとURLをコピーしました